40代からの毛穴ケア

40代からの毛穴ケア:外部ケア・内部ケア

40代からの毛穴ケアは、それまでの毛穴ケア方法とは変える必要があります。

 

というのも、毛穴はとても正直で加齢や真皮のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの減少により肌の弾力が格段にダウンすることで、

 

毛穴がだらしなく開き、形状も縦長に変化し「小じわ」のようになってしまうからです。

 

これが「帯状毛穴」と呼ばれます。

 

30代まではまだ、毛穴は楕円状で毛穴は目立ち始めはするのですが、それほどではありません。

 

「たるみ毛穴」と呼ばれるのはこの頃です。

 

しかし、年齢を重ね40代になると重力に耐えられなくなり肌がたるむのです。

 

また、「帯状毛穴」に溜まった皮脂が参加することで「黒ずみ毛穴」にも変わっていきます。

 

このようになってくると、もう今までの毛穴ケアだけでは対処ができなくなってくるのです。

 

そこで40代からの毛穴ケアが必要になってきます。

 

40代からの毛穴ケアは外側からだけのケアだけではだめで、内側からのケアも必要になってきます。

 

40代の外部からの毛穴ケア

■洗顔
クレンジングと洗顔で汚れをきっちりと落とします。
この時にこすりすぎないように、時間をかけすぎないように心がけましょう。

 

■保湿
洗顔した後は、間髪入れずに保湿をしてください

 

■美容液
美容液をつける時には、リフトアップも兼ね下から上に引き上げるようにします。
ハンドプレスで成分をお肌に押し込むことも忘れずに行います。

 

 

人の肌は毛穴を開け閉めしながら皮脂を分泌しているのですが、
一度開いた毛穴は自分で閉めることはできません。

 

ですので、そこに化粧残りや埃、ゴミが詰まったりすることで黒ずんだりするのです。

 

開いた毛穴を引き締めるには即効性のあるビタミンC配合の化粧水や美容液を使用するのがおすすめです。

 

40代の内部からの毛穴ケア

ビタミンCは外部からだけでなく、イチゴやブロッコリーなどの果物や野菜を食することで体の内部から摂るのも効果的です。

 

できたら毎日食べるようにすると良いです。

 

男性ホルモン

男性ホルモンは皮脂分泌量と密接な関係があります。

 

男性ホルモンによる皮脂の過剰分泌は年齢を重ねることで落ち着いてきますが、

 

ストレスや睡眠不足により男性ホルモンの分泌が促されます。

 

あまりに強いストレスや慢性的な睡眠不足が継続するようだと皮脂の過剰分泌により毛穴トラブルが悪化する要因になったりします。

 

ですのでストレスを溜め込まないように自分なりのリラックス法を見つけ、

 

疲れを感じたら、できるだけその日のうちに十分な睡眠をとることで疲れを溜め込まないようにしましょう。

 

鼻の黒ずみ解消に重要な化粧水・美容液について⇒こちらでより詳しく解説しています。

 

鼻の黒ずみをとる方法:TOPページ