ダブル洗顔はいい?悪い?

お肌にとってダブル洗顔はいいのでしょうか?悪いのでしょうか?

昔はダブル洗顔が基本と言われていましたが、ある時期からダブル洗顔は悪いといわれ、また最近ではダブル洗顔は必要だという声も出始めています。

 

いったい、どちらが正しいのでしょうか?

結論からいいますね。

ダブル洗顔がよい、悪いと決めつけるのではなく、あなたが行っているメイク、使用しているクレンジングによってダブル洗顔がよいか悪いかが決まるのです。

 

ダブル洗顔はいい?悪い?

クレンジング商品の中にはダブル洗顔不要とうたっている商品があります。

その商品ならその通りにすればいいということです。

 

また、その日のメイクによってもダブル洗顔するかしないかが決まってきます。
結局は自分の肌と使うアイテムによって変わるということです。

 

大事なのは情報に振り回されるのではなく、自分の肌で試してみると良いでしょう。

 

お肌は十人十色です。
どちらが絶対に良いとは言い切れませんが、あえて決めるのなら、皮脂がとても少なく乾燥しやすい人でニキビができにくい人は、ダブル洗顔は不要でしょう。

 

逆に皮脂が多い、もしくは混合肌の人、ニキビが出来やすい人はダブル洗顔がオススメです。

自分の手で実験してみる

まずは、自分が納得できるように自分の手の甲に口紅やファンデーションなどを付けてクレンジングします。

 

そこで、思っていたほどメイクが落ちなかったり、これでよかったということが分かると思います。

 

顔の皮膚と手の甲は違うと思われるかわかりませんが、化粧品会社の宣伝でも手の甲を使って比べているので問題はありません。

 

使用後、乾燥や肌の突っ張り具合などを確かめてください。

メイクに合わせたクレンジング

落ちにくいベースメイク(水や皮脂に強いウォータープルーフタイプなど)をしている場合は、洗浄力が高いオイルタイプ。

 

パウダーファンデーションがメインなら、肌への負担が負担が少ないミルクタイプのクレンジング

 

アイメイクは専用リムーバーを使い、ベースメイクとは別のクレンジングを使用する。

ダブル洗顔とは?

クレンジングと洗顔料の2つを使用することです。
クレンジングで油溶性のメイク料を落とした後に、水溶性の洗顔料で汗やホコリを洗い流すことをいいます。

ダブル洗顔がよくない理由

2回も洗顔することで肌に刺激を与え、余分な皮脂まで落としてしまうので肌の乾燥につながったり、肌トラブルの原因になってします。
洗顔が1回で済むために肌の乾燥を防ぎます。

 

ダブル洗顔が不要なクレンジングは洗浄力が強すぎる可能性があり、ダブル洗顔をすることで肌への負担を大きくするだけになってしまいます。

 

クレンジングをすればメイクはもちろん、肌の表面についている汚れや雑菌も綺麗にしてくれます。
なので、もう一度わざわざ洗顔をする必要はありません。

 

ダブル洗顔をする人にはメイク汚れが毛穴に残っていないか、クレンジン剤が完全に落ちていないか心配という人がダブル洗顔をしているのですが、肌に負担をかけるダブル洗顔が本当に正しいのでしょうか?

 

肌にはうっすらと皮脂が覆っている状態がベストです。
皮脂が肌の水分の蒸発を防ぎ、外部からの刺激や、雑菌・ウイルス・ホコリ・チリなどから守ってくれます。

 

しかし、ダブル洗顔をすることで皮膚は皮脂というバリア機能を失い、常に肌が乾燥した状態になります。

 

そして、皮膚の自己防衛本能により短時間で皮脂を作り肌バリアを作ろうと過剰に皮脂分泌を出す行動が繰り返されます。

 

そのために、過剰分泌された皮脂が毛穴に詰まりやすくなり、詰まった皮脂は紫外線などにより酸化され、汚れと混じり合って「毛穴の黒ずみ」や「ニキビ」になってしまうのです。

 

ダブル洗顔がよくないのは皮脂を徹底的にそぎ落としてしまうからです。

ダブル洗顔が必要かも?

気合を入れてメイクを濃いめに行った場合は、毛穴の奥深くまでメイクが入り込んでいるので、クレンジングでしっかり落とした後、クレンジング成分が毛穴に残らないように洗顔料を使ってのダブル洗顔が必要な時もあります。

 

ただし、ダブル洗顔をした後は、たっぷりの化粧水と乳液、クリームなどを使って肌の保湿を行ってください。

ダブル洗顔がよい理由

クレンジング料が肌に残ることでニキビが増える可能性があります。

 

クレンジングだけでは油性のメイクは落とせても、汗・ほこり・古い角質などは落とせないから、別途洗顔料で洗う必要があるという考え方です。

 

また、クレンジン料自体が肌に残ってしまうので洗顔料を使って洗い落とすという目的もあります。
クレンジング剤と洗顔料を比べると、絶対的にクレンジング剤の方が肌に悪いです。

 

しかし、洗顔料だけではメイクは落ちません。
クレンジン剤を使えばメイクは簡単に落ちますが、それはほとんどのクレンジン剤に強力な合成洗剤(合成界面活性剤)が含まれているからです。

 

合成界面活性剤は台所用洗剤にも使われているのですが、つまりクレンジング剤を使うことは台所洗剤でクレンジングしているようなものなのです。

 

合成界面活性剤は肌を乾燥から守る細胞間脂質(NMF)もひと拭きで落としてしまいます。

 

ダブル洗顔をしないでメイクを完全に落とそうと思ったら、時間をかけて丁寧にクレンジングをする必要があります。

 

しかし、肌に悪いとわかっているクレンジングの使用は1秒でも短くしたいです。

 

そのために、クレンジング剤ではメイクを大雑把に落とし、後はマイルドな洗顔料で隅々まで綺麗にすることで肌への負担を減らすことができます。

 

もちろん、洗顔料も洗剤の一種なので洗いすぎは肌に良くないのですが、クレンジングと比べればはるかに肌への悪い影響は少ないです。

注意
クレンジン剤でメイクを完璧に落としきってから洗顔料で洗うというのは止めてください。
それは最悪のパターンです。
クレンジングで汚れは落ちているので洗顔は肌を痛めるだけにしかなりません。

あくまでもダブルで洗顔するのではなく、1回の洗顔をクレンジングと洗顔料でバトンタッチする気持ちで使用するとわかりやすいかと思います。

 

ただ、これは比較の話でシングル洗顔よりはダブル洗顔の方がまだマシという意味です。

まとめ

私的には普段はシングル洗顔で、気になるときだけダブル洗顔をすればいいのではないかと思います。

 

私が使用しているクレンジングを紹介しますね。
このクレンジングは界面活性剤を全く使わなくてもメイク汚れをきれいに落とし、しかも潤い成分はしっかりと残してくれるクレンジングです。

 

もちろんダブル洗顔は必要ありません。

 

ご存じかもしれませんが、日本一売れているホットクレンジングで、ついに販売本数が700万本を突破したそうです。

 

ダブル洗顔はいい?悪い?ダブル洗顔不要のクレンジング【マナラ ホットクレンジングゲル】

 

鼻の黒ずみを取る方法:TOPページ