鼻の黒ずみ,ニベア

「ニベア」の使い方と注意点!

鼻の黒ずみ対策に「ニベア」は効果があります。

 

「ニベア」というとハンドクリームで有名ですが、スキンケアの万能クリームです。
顔のスキンケアとしても注目されていて雑誌などにも取り上げられています。

 

鼻の黒ずみ,ニベア

種類も「ニベアクリーム」「ニベアボディ」「ニベアサン」「ニベアソフト」「ニベアリップ」「ニベアフォーメン」などたくさんありますが、

 

鼻の黒ずみ対策に有効なのは青缶の「ニベアクリーム」です。

 

しかし、「ニベアクリーム」は鼻の黒ずみに効果的だからといって角栓を取り除く成分は含まれていません。

 

ニベアの効能は保湿効果が高いことにあります。
ニベアには肌にうるおいを与えるスクワラン・ホホバオイル・クエン酸などが配合されていて、これらが鼻の黒ずみ対策に有効に働くのです。

 

鼻パックなどと違って、ニベアを鼻に塗ることで毛穴がゆるみ角栓が柔らかくなり、肌に負担をかけずに汚れや黒ずみが取れやすくなるのです。

ニベアの使い方

基本は鼻にニベアを塗るのですが、最も効果的な方法は、
お風呂の時間を利用することです。

 

お風呂で体を温めることで毛穴が開き角栓が取り除きやすくなります。

 

ニベアを鼻が白くなるまで、たっぷりと塗り込みます。
この時に鼻をサランラップで覆いパックをすると更に効果的です。

 

こうすることで、ただニベアを塗るだけよりも格段に効果が高まります。

 

この状態で10分程放置した後に洗い流せばOKです。
とても簡単なケア方法です。

注意

ニベアを塗った部分はかなり油分が残ります。
水を使わずに、ぬるま湯で洗顔を使ってキレイに洗い流して下さい。

 

また、使用頻度が多くなると肌に成分を与えすぎる事になるので、逆に毛穴の詰まりや肌トラブルを引きおこす危険性があります。

 

使用頻度は多くても1週間に1回以上は超えないようにしましょう。
また、ピーリングやスクラブを同時に行うのも止めた方がいいです。

脂性肌の人

脂性肌の人は角栓自体も柔らかいのでニベアを使用してもあまり効果は期待できません。

 

逆にニベアの油分のために毛穴詰まりを起こしニキビや肌荒れを招く危険性があります。
脂性肌の人は使用しないか、自分にあった量を見つけるようにしてください。

ニベアの成分

ニベアが有名で人気な理由の1つに、「ドゥ・ラ・メール」という世界セレブ御用達で有名なスキンクリームとほぼ同じ成分が含まれていることです。

 

「ドゥ・ラ・メール」はNASA宇宙物理学者が12年の歳月をかけて開発した化粧品で、30mlで15,200円もします。

 

ニベアの青缶は56gで266円ですからコスパが凄すぎます。
若干の成分の違いだけなので活用したいですね。

ニベアの成分

水、ミネラルオイル、ワセリン、グリセリン、水添ポリイソブテン、シクロメチコン、マイクロクリスタリンワックス、ラノリンアルコール、パラフィン、スクワラン、ホホバ油、オレイン酸デシル、オクチルドデカノール、ジステアリン酸Al、ステアリン酸Mg、硫酸Mg、クエン酸、安息香酸Na、香料

ドゥ・ラ・メールの成分

水、ミネラルオイル、褐藻エキス、ワセリン、水添ポリイソブテン、マイクロクリスタリンワックス、ラノリンアルコール、ライム果汁、パラフィン、エタノール、硫酸Mg、オレイン酸デシル、ジステアリン酸Al、オクチルドデカノール、香料、クエン酸、ステアリン酸Mg、パンテノール、安息香酸Na、水添野菜油、シアノコバラミン、カロチン

ニベアと同じように話題になっているので「オロナイン」や「ベビーパウダー」「オリーブオイル」などがあります。

 

これらも詳しく解説しているのでよかったら覗いてみてください。

 

⇒鼻の黒ずみ解消にオロナインは効果ある?
⇒鼻の黒ずみ解消にベビーパウダーは効果あるの?
⇒鼻の黒ずみ対策にオリーブオイルを使うのはおすすめできません。

 

鼻の黒ずみ:TOPページ