正しい洗顔 間違った洗顔

正しい洗顔方法、間違った洗顔方法

洗顔方法の正しい方法を意外と知らない方が多いです。

 

誰でもが、自己流の洗顔方法で良いのかな?と疑問に思っています。
そして、残念なことに間違った洗顔方法をしている方がほとんどなのです。

 

洗顔は、鼻の黒ずみ解消にはもちろんですが、美しい肌のための最も基本的なスキンケアです。

 

正しい洗顔方法、間違った洗顔方法

美肌のための基礎づくりには正しい洗顔方法はとても重要です。

 

間違った洗顔方法で洗顔を行うと、角質層にダメージを与えることになり、様々なトラブル(乾燥肌や敏感肌、脂性肌、毛穴、シミなど)の原因になります。

 

鼻の黒ずみや、イチゴ鼻を治そうと評判の専用化粧品を使用しているのに改善が見られず肌トラブルを抱えている方は、一度洗顔方法を見直してみてください。

 

毎日、行う洗顔です。
方法を変えるだけで肌への負担を減らし健康な肌を保つことで美肌効果が期待できます。

 

洗顔の役割、間違った洗顔方法、正しい洗顔方法を紹介します。

洗顔の役割

洗顔の大事な役割は、汚れや埃、酸化した皮脂やメイクの汚れを落とすことです。

 

洗顔料には、保湿成分や美容成分の含有を強調している商品もありますが、あまりそこにこだわりすぎることで、本来の目的を忘れないようにしましょう。

 

お肌には自浄作用があるので、汗とホコリはぬるま湯で十分に落とすことができます。

 

過度な洗顔は、お肌に必要な皮脂や、角質層の細胞間脂質(セラミドなど)や天然保湿成分(NMF)など、お肌の潤いを保つ成分まで洗い流してしまいます。

 

酸化した皮脂は肌への刺激となるので除去する必要がありますが、お肌を乾燥やアレルゲンなどから守る必要な皮脂、細胞間脂質、天然保湿成分(NMF)は、大切なお肌のバリアの役目を果たしています。

洗いすぎても洗顔後、保湿をすれば大丈夫!?

正しい洗顔方法、間違った洗顔方法

洗顔による洗いすぎで皮脂や細胞間脂質、天然保湿成分を洗い流しても、「洗顔後に化粧水と乳液で保湿をすれば大丈夫?」

と思われますが、一度失われた成分が回復するのには一晩〜数日が必要です。

 

また、必要成分が失われているので、お肌のバリア機能も低下し、乾燥やアレルゲン、紫外線などの刺激を受けやすくなっています。

 

ですので、洗いすぎによるお肌への負担は出来るだけ少なくした方が良いです。

間違った洗顔方法

冷水、または熱いお湯で洗っている

毛穴が引き締まる効果があるといわれる冷水で洗う方がいますが、冷水の効果は一時的で、
逆に赤ら顔や乾燥の原因を作り出しています。

 

また逆に、皮脂や汚れが落ちやすいからと熱めのお湯を使う方がいますが、これも皮脂を落とし過ぎることで乾燥肌などの原因になることがあります。

泡立ての時の水が少ない

泡立てネットを使うことで、ほとんど水なしでもモコモコの泡をつくることができます。

 

見た目はボリューム感もあり、とてもいいのですが、適正な水分が含まれていない為に摩擦を起こしやすく、肌への負担を高めることになります。

 

泡立てネットを使う時でも、適度に水を足しながら泡を作るようにします。

こすり洗いをする

ゴシゴシと擦り洗いすることは厳禁です。
摩擦によって肌への負担が増し、乾燥を招きます。

 

特に皮膚が最も薄いとされている目元や口元は優しい力加減で洗います。

洗顔時間が長い

適正な洗顔時間は1〜1.5分です。
長ければ皮脂や汚れが取れるから良いというものではなく、肌への負担が増し乾燥する原因にもなります。

タオルで擦っている

正しい洗顔方法、間違った洗顔方法

タオルは洗顔時よりもお肌に刺激を与えやすいので、強く擦るように拭き取らないでください。

 

使い古したタオルなどはケバケバで、水分吸収率が悪いためついつい強く擦ることになってしまいます。

洗顔の回数が多い

肌の脂っぽさが気になるからと1日に3回以上も洗顔をする人がいます。

 

肌には適量の皮脂は必要です。
洗顔のし過ぎで皮脂を落とし過ぎると、肌の自浄作用が働き逆に皮脂量を増やしてしまうことになります。

 

皮脂を減らすつもりが逆に皮脂を増やし、自らが脂っぽい肌にしてしまっています。

泡パックをする

洗顔時に泡パックをする方もいますが、洗顔料にはさまざまな成分が配合されていて、どんなに肌に優しい成分配合と謳われていても肌には少なからず負担となります。

 

泡パックをすることで、肌内部に洗浄成分が入り込み、肌内部の細胞間脂質や天然保湿因子(MNF)まで洗い流してしまいます。

 

泡パックをする時には、洗顔料ではなく専用の泡パック商品を使うようにして下さい。

正しい洗顔方法

1.手を洗う

正しい洗顔方法、間違った洗顔方法

手には見えない雑菌が多数付着しています。

汚れを落とさないで洗顔料を泡立てると、洗顔することで手の汚れを顔にこすり付ける事になってしまいます。

 

手に付いている雑菌が顔に移らないようにしましょう。
また、手に脂が残っていると洗顔料も泡立ちにくくなります。

 

必ず洗顔前には、石鹸やハンドソープで手をキレイにして下さい。

2.ぬるま湯で顔を洗う

洗顔料で洗顔する前に、ぬるま湯(32〜34℃)で汚れを落としておききます。
(お湯の温度はあまり高いと必要な皮脂まで落とし過ぎてしまいます。)

 

事前に汚れを落としておくことで、洗顔料を使った洗顔時間を短くすることができます。

2.洗顔料をよく泡立てる

適量の水を混ぜながら良く泡立てます。
泡立てが苦手な方は泡立てネットを使うと良いでしょう。

3.Tゾーンから洗いはじめる

顔の中で一番皮脂が多いのがTゾーンです。

 

皮脂が多い部分から優しく洗います。
次に頬を洗います。

 

最期に目元や口元を洗うのですが、乾燥しやすいので泡をのせるだけです。

4.ぬるま湯でしっかりすすぐ

洗顔料がお肌に残らないようにお湯(33℃〜36℃)で最低20回以上はすすぎます。

 

手のひらにお湯をため、顔を近づけてぬるま湯に浸けるという感じで、

 

洗顔料の洗浄成分が残りがちな髪の生え際や、あご回りも残らないようにしっかりすすぎます。

5.清潔なタオルで水分を取る

タオルで顔を押さえるように優しく水分を取り除きます

6.洗顔後はスグに保湿

洗顔後は肌から水分の蒸発が始まっています、水分が蒸発するときに角層から水分を奪うために乾燥肌になりがちです。

 

洗顔後、すぐに十分な保湿をするようにしましょう。

洗顔の回数

正しい洗顔回数は朝1回、夜1回です。

 

朝は、眠っている間の汗や皮脂を落とすため。
夜は、日中の汗やホコリ、皮脂やメイク汚れを落とすためです。

 

眠っている間にバリア機能が回復しているので、朝に洗顔のし過ぎで、回復したバリア機能を低下させることがないようにしてください。

 

もともと皮脂が少ない乾燥肌の人は、乾燥がヒドイときには朝は洗顔料を使わないで、夜1回のみにします。

洗顔料の選び方

洗顔料はフォームタイプ、固形タイプ、ジェルタイプ、泡タイプなど多くのタイプに分かれていますが、

 

大きく分けると「洗顔フォーム」と「洗顔石鹸」に分類できます。

 

この違いは成分の違いでもあり、「洗顔フォーム」は石油由来の合成成分で作られた合成界面活性剤が含まれ洗浄効果が高く泡立ち成分も配合されているため泡立ちもしやすいです。

 

「洗顔石鹸」は、植物や動物など天然成分でできた界面活性剤が配合され、「洗顔フォーム」よりは洗浄効果や泡立ちは弱いです。

 

ですが、すすぎの時の泡切れはさっぱりしています。

 

しかし、成分が強力な「洗顔フォーム」を使用することで酸化した余分な皮脂だけでなく、必要な皮脂も落としてしまう可能性があります。

 

鼻の黒ずみなど、すでに肌トラブルを抱えている方は、肌に優しい洗顔石鹸がおすすめです。

 

肌にとっての一番のストレスは洗顔料の刺激です。
乾燥肌の人には、肌の汚れの吸着が早く、洗顔時間も短縮できるクレイ(泥)を使用した洗顔料が良いでしょう。

 

正しい洗顔、間違った洗顔おすすめのクレイ洗顔料

 

鼻の黒ずみを取る方法:TOPページ