毛穴の黒ずみを隠すメイク方法

毛穴の黒ずみを隠すメイク方法は、これでバッチリ!

鏡をのぞくと、ついつい気になる鼻の黒ずみ。

 

いろいろ黒ずみ解消ケアを試しているけれど、どうしてもスキンケアでキレイにできない場合は、メイクで隠すことができます。

 

しかし、毛穴の黒ずみを隠したいからと、ファンデ―ションを厚塗りすることは本末転倒です。

 

毛穴の黒ずみを隠すメイク方法

黒ずみを隠して、きれいなマット肌にするにはコツがあるんです。

 

まず、洗顔後には美容液や乳液で、しっかりと保湿をしてください。

 

保湿をしっかりすることで、肌がふっくらし毛穴が目立たちにくくなります。

 

肌が乾燥することで皮脂量が増え化粧崩れの原因になるので保湿はとても大事です。

 

次にメイクの順番ですが、化粧下地⇒リキッドファンデーション⇒フェイスパウダーの順でメイクをします。

 

光を分散させてくれる化粧下地は、鼻の黒ずみや毛穴の開きを目立ちにくくしてくれます。

 

鼻は皮脂がでやすいところなのでメイク崩れを防ぐためにも化粧下地はオイルコントロールできるものがおすすめです。

 

オイルコントロールできる化粧下地を使うことで毛穴の開きも抑えやすくなり、テカりによる化粧崩れも防ぐことができます。

 

リキッドファンデーションは、肌にピタッと密着するので肌をマット肌に近づけてくれます。

 

しかし、リキッドファンデーションだけだと、空気中のホコリなどを肌に吸いつけてしまうので、化粧崩れが起きやすくなります。

 

毛穴の黒ずみを隠すメイク方法

ですので、リキッドファンデーションの次にはフェイスパウダーを使用します。

 

多くのフェイスパウダーは、通常パフが内臓されていますが、黒ずみを隠すにはパフで黒ずみの上をなぜるだけでなく、
気になる黒ずみ部分に少し多めにパウダーを乗せ、大きめのフェイスブラシを使って毛穴の中まで馴染ませるようにします。

 

その時に余分な粉もフェイスブラシで丁寧に落としていきます。

 

さらに自然に仕上げるには、顔の中心よりも一段濃いパウダーで顔に陰影をつけることでより自然にみえます。

ファンデ―ションだけでは隠せない場合

鼻の黒ずみが濃い場合は、ファンデ―ションだけでは、きれいに隠せない場合があります。

 

そんな時の毛穴の黒ずみを隠す裏技がコンシーラーです。

 

コンシーラーにはスティックタイプや練りタイプ、リキッドタイプなどがありますが、これらを部分に合わせて使い分けます。

 

よく動く小鼻は薄づきで柔らかい塗り心地のリキッドコンシーラ。

 

鼻の頭のような動きが少ない部分や、しっかり隠したい部分にはスティックコンシーラーが、
毛穴がしっかり開いていてもしっかり隠すことができます。

スキンケアの手順

  1. 化粧水を手に取り、肌に押し当てるように手のひら全体でゆっくりと馴染ませます。
  2. 美容液を適量、指に乗せ化粧水と同じように肌に押し当てるようにゆっくりと馴染ませます。

    乾燥が気になるところには、重ねづけをします。

  3. 適量のクリームまたは乳液を、乾燥しやすい部分を中心に、ゆっくり手のひら全体で馴染ませます。

つけすぎは油分が多くなりすぎてしまうので、適量を薄く延ばすようにしてください。

メイク手順

化粧下地

パール大ほどの量を手の甲にだし、額・両目の下・鼻・アゴの5か所に乗せます。

  1. 広い部分の頬やおでこなどを、指の腹を使って内側から外側に向かって塗っていきます。
  2. 次に目の周りや口周りを塗っていきます。
  3. 気になる鼻の黒ずみ部分は毛穴を埋める感じで指をクルクル回しながら塗っていきましょう。
  4. 手のひらを使い下地を均一に馴染ませ、余分は下地はティッシュオフします。

化粧下地は毛穴を全部埋めようと厚塗りしがちですが、これは毛穴を消すどころか化粧崩れが起こりやすくなるので逆に毛穴が目立ってしまいます。

ファンデ―ション

  1. ファンデ―ションを手の甲に取り、片頬ずつ中指を使って、顔の中心から外側に向かって広げていきます。
  2. 額は皮脂が多くメイクが崩れやすいので、ファンデ―ションの量は頬よりも少なくします。
  3. 気になる鼻の部分も皮脂量が多く分泌される部分なので、量は少なめで薄く塗るようにします。

    小鼻はくるくる円を描くように指先で馴染ませて下さい。

  4. よく動く口元や目の周りも化粧が崩れやすいので、厚く塗らず軽く押さえるようにして馴染ませます。
  5. フェイスラインから首筋をスポンジを使って顔だけが浮いてしまわないように軽くぼかします。

フェイスパウダー

  1. パウダーがパフ全体に馴染むように手の甲で調整します。
  2. 頬・額・鼻・目の周りと口元・フェイスラインの順で乗せていきます。

まとめ

毛穴の黒ずみを隠すメイクは、とにかく「薄く」「ムラなく」が基本です。
「たっぷりと厚塗り」は逆に肌のアラをだしてしまいます。

 

特に鼻などは厚塗りをすることで、そこだけが色が違ったり周りの肌との化粧ヨレに原因にもなったりします。

 

鼻の黒ずみ:TOPページ