黒ニキビ(いちご鼻)を治す

黒ニキビ,(いちご鼻)を治す方法、予防方法

いちご鼻や、鼻の黒ずみ、黒ニキビは呼名は色々ですが、同じことを表わしています。

 

いちご鼻、鼻の黒ずみ、黒ニキビは、鼻の毛穴に過剰に分泌された皮脂が古い角質と混じり合い角栓となり、その先端が皮膚の表面に押し出され空気に触れ酸化され過酸化脂質となり黒く変化した状態をいいます。

 

黒ニキビ,(いちご鼻)を治す方法

黒ニキビは、まだアクネ菌が繁殖していないので炎症が起きていない状態ですが、症状が進むとニキビ菌(アクネ菌)が繁殖し炎症を起こし赤ニキビになったり、化膿して黄ニキビなどに悪化します。

 

ニキビができると、つい触りたくなりますが指で直接触れることは止めてください。

 

指は様々なバイキンがついているので、汚い指で触れることで炎症を起こす可能性を高めます。

 

皮脂を分泌する皮脂線は顔の中ではTゾーンと呼ばれる鼻の部分が一番発達しています。

 

思春期以降に皮脂線が発達し肌のバリアーとしての機能をはたします。

 

しかし、鼻の部分は皮脂の分泌は多いのですが皮膚がかたいので、なかなか炎症を起こす赤ニキビは出来にくいです。

 

黒ニキビができると肌が汚く見え、見た目も悪く、不潔な印象を与えることもあるので、つい指で芯を押し出そうとしたり、毛穴パックをしたりしたことが誰でも一度や二度はあるのではないでしょうか?

 

実は、これらの行為は黒ニキビ(いちご鼻)にとってはNG行為です。

 

では、どうすれば黒ニキビは治すことができるのでしょうか?

 

実は黒ニキビを治すのは簡単です。
適切な処置を行うことで28日のターンオーバーの周期を数か月続けることでキレイになります。

 

黒ニキビができ炎症が起きるとニキビ跡が残る心配もあるので一刻も早く黒ニキビを治す必要があります。

 

ひょっとしたら、あなたは治す方法も大事だが、先に黒ニキビを取り除く方法を知りたいと思っているのではないでしょうか?

 

残念ですが、ここでは黒ニキビを取り除く方法は教えません。

 

というのも、黒ニキビは取り除けば取り除くほど悪化するからです。

黒ニキビが悪化する悪い例

毛穴パック

黒ニキビ,(いちご鼻)を治す方法

毛穴パックは、確かによく取れますが、黒ニキビと一緒に肌のバリアに必要な健康な薄皮まで取り除いてしまいます。

 

バリア成分が取り除かれることで肌の乾燥を促進し皮脂の過剰分泌を引きおこします。

 

また、強力ゆえに黒ニキビが取れた跡は、大きな毛穴がぽっかりと空いています。

 

その後のケアで毛穴がふさがればいいのですが、そうでないとその毛穴に汚れや皮脂が溜まりやすく、かえって黒ニキビが悪化することもあります。

油とり紙

必要な皮脂まで取り除くほどの吸収力を持っているのが油とり紙です。

 

必要な皮脂まで取り除かれることから、毛穴パックと同じように過剰な皮脂の分泌を促します。
鼻の皮脂が気になるときには軽く抑えるようにしてティッシュオフします。

黒ニキビを治す方法

黒ニキビを取り除くには、適切なケアで角質がちゃんと生まれ変わるターンオーバーを正常化させ、黒ニキビを徐々に排出してくれる方法が、遠回りなようですが一番の近道です。

 

黒ニキビを治すには「洗顔」と「保湿」が重要です。

洗顔

しっかり泡立てた洗顔料で余分な皮脂や毛穴の汚れを洗い落とします。

 

常に肌を清潔に保つことで黒ニキビの悪化を防ぎ治りを早くします。

間違った洗顔

毎日の洗顔方法が間違っていると、まちがった積み重ねにより黒ニキビが繰り返しできることになります。

時間をかけすぎている

クレンジングや洗顔で時間をかけ過ぎると、肌に必要な皮脂まで洗い流し乾燥肌を作り出してしまいます。

 

肌の汚れの吸着が早く、洗顔時間も短縮できるクレイ(泥)を使用した洗顔料
黒ニキビ,(いちご鼻)を治す方法おすすめのクレイ洗顔料

ポイント1

クレンジングで、アイメイクやリップメイクを一緒に落とそうとすると目元や口元に時間がとられすぎてしまいます。

 

その間に肌の「バリア成分」も落ちてしまうので「ポイントメイク用のリムーバ」を使ってアイメイクやリップメイクは別に落とします。

 

美容成分が90.4%配合されていて、まるで美容液のようなクレンジング
黒ニキビ,(いちご鼻)を治す方法今なら100円モニター募集中

ポイント2

黒ニキビ,(いちご鼻)を治す方法

泡洗顔で洗顔していても「ポンプ式の洗顔料」は泡のキメが粗いので毛穴の奥に入りこむまでに時間がかかってしまい汚れを落とすのに時間がかかってしまいます。

 

泡洗顔は泡立てネットを使用して自分できめ細かい泡を作るようにしましょう。

 

キメが細かいので、密度の濃いもっちりとした泡が素早く毛穴の中に入り込むことで洗顔時間が短くなります。

 

泡はこするのではなく、のせるだけでOKです。

ポイント3

洗顔後は清潔な柔らかいタオルで、包み込むようにやさしく肌を押さえるようにして水分を拭き取って下さい。

 

決してゴシゴシとタオルで顔を拭き取らないでください。

熱いお湯で洗っている

皮脂の油は熱いお湯でよく落ちるし、洗う時にも気持ちがいいからと熱いお湯で洗っていませんか?

 

熱いお湯で洗うと、肌を守る「皮脂」や「細胞間脂質」なども一緒に洗い流してしまいます。

 

肌にとっての熱い温度は35℃以上です。
洗顔の理想の温度は、水を感じるくらいの32℃です。

スクラブ洗顔をしている

スクラブ洗顔をさすがに毎日している人はいないと思いますが、週に1回でもおすすめできません。

 

肌の古い角質を取り除くには有効なアイテムですが、古い角質だけでなく有効な角質までも擦り落としてしまうからです。

 

肌を外からの刺激から守ったり水分の蒸発を防ぐバリア成分までも洗い流してしまうんです。

 

バリア成分が減少することで、「シミ・シワ・乾燥・ニキビ」など様々な肌トラブルを引きおこす可能性があります。

 

それに毛穴にガッチリと張り付いている黒ニキビのところには入り込めません。

 

せいぜい黒ニキビの表面を削るぐらいです。

保湿

洗顔後の肌は乾燥しているので保湿をしっかりします。

 

そのままにしておくと、乾燥を防ごうとする自衛本能が働いて皮脂を過剰に分泌します。

化粧水

黒ニキビ,(いちご鼻)を治す方法

洗顔後の皮脂が分泌され皮脂膜が回復するのに約1〜2時間がかかります。

 

この間の皮脂膜の役目を果たすのが化粧水です。

 

あまり高価な化粧水だともったいない気持ちが働くので、本来ならバシャバシャ使う必要がある化粧水の使用が抑えがちになります。

 

これは肌にとって最悪なので、化粧水はシンプルであまり高くないもので十分です。

美容液

鼻の黒ずみ専用の美容液を使用することで、黒ニキビの予防はさらにアップします。

 

頑固な黒ニキビの予防には美容液でケアをします。

 

朝から夜まで1日中皮脂の分泌を抑える美容液
黒ニキビ,(いちご鼻)を治す方法鼻の黒ずみ、黒ニキビ対策専用美容液

黒ニキビ予防

黒ニキビを治すことと同じくらい重要なのが、症状を繰り返さないように予防することです。

 

睡眠不足、運動不足、食生活などを改善させるなどの生活環境の改善でホルモンのバランスが守られターンオーバーの正常化につながります。

 

また、ニキビ改善に必要な栄養素を破壊してしまうたばこやアルコールも控えましょう。

 

鼻の黒ずみを取る方法:TOPページ