メラニン毛穴

メラニン毛穴を治す近道はハイドロキノン配合化粧品

鼻の黒ずみの原因は、大きく分けて2つあります。

 

一つは、皮脂や角質が毛穴の中で詰まり角栓となり、酸化することで黒くなる黒ずみです。

 

もう一つは、紫外線や肌への刺激によりメラニン色素が生成され色素沈着してしまったメラニン毛穴による黒ずみです。

 

メラニン毛穴を治す近道はハイドロキノン配合化粧品

どちらも見た目は、同じ黒ずみですがケア方法は全く違います。

 

洗顔や角栓を取り除くケアをしっかりしているのに、少しも鼻の黒ずみが改善されないのは、メラニン毛穴による黒ずみの可能性が大です。

 

メラニン毛穴か、皮脂の詰まりや肌のタルミによる黒ずみかの確認は、
手で触ってみるとすぐにわかります。

 

手で触るとザラザラした感触があれば皮脂や角質の酸化による黒ずみです。

 

ザラツキ感を感じなければメラニン毛穴による黒ずみです。

 

ここでは、メラニン毛穴による黒ずみの解決策を説明します。

 

角栓が原因のケア方法は詳しく説明しているページがあるので、そちらをご覧ください。

 

⇒角栓の酸化による鼻の黒ずみのケア方法

 

メラニン毛穴の原因

メラニンは日焼けや、シミ、そばかすの原因として有名ですが、

 

メラニン毛穴も、鼻の毛穴に日焼ができて、シミになっているということなのです。

 

原因

鼻は顔全体の中でも特に皮脂の分泌が多い部位で、いくら紫外線対策でUVカット剤などを使用していても、

 

毛穴の部分が皮脂によりUVカット剤となじみ、崩れることにより紫外線を受けやすい状態にあるからです。

 

メラニン毛穴の原因は、もう一つあって刺激によってもメラニンが生成されるのです。

 

毛穴パックや強すぎる洗顔料やクレンジングの使用など、肌に合わない化粧品すべてが刺激となってメラニンが生成されやすくなります。

 

メラニン毛穴の治し方

メラニン毛穴を治す近道はハイドロキノン配合化粧品

メラニンは紫外線を浴びたり刺激を受けることで、皮膚の奥深くにある「基底層」の「メラノサイト」から生まれます。

 

これは皮膚が紫外線を浴び続けると、皮膚の細胞が壊死したり癌になりやすくなるのを防ぐために、
日傘の役目をして守ってくれているからです。

 

このことからわかるようにメラニンは皮膚奥に生成されているので、洗顔料などで洗い流すことはできません。

 

しかし、ターンオーバーがしっかりと行われていれば、メラニンは皮膚の奥で生まれた新しい細胞によって外に押し出され剥がれ落ちます。

 

けれども、加齢や生活習慣の乱れ、間違ったスキンケアなどで、肌が荒れたりターンオーバーが乱れていると、

 

剥がれ落ちてくれません。

 

メラニン毛穴を治すには、まずターンオーバーを正常化させることが最も大事なのです。

 

夏にできた水着の跡が消えるのが冬に入った頃というように、
ターンオーバーが正常化されても、メラニン色素がターンオーバーによって剥がれ落ちるのには、かなりの時間が必要です。

 

メラニン毛穴の治し方@

過剰な洗顔やクレンジングなどを改め、肌にやさしい化粧品に切り替えることで、
肌の荒れによる刺激を抑える。

 

洗顔後も、タオルで顔を拭くときに擦りつけるのではなくて、やさしく押し当てるようにして水分を拭き取ります。

 

メラニン毛穴の治し方A

紫外線対策を徹底することで新たなメラニンを発生させない。

 

いくら適切なスキンケアをしても、紫外線対策がおろそかでは、いつまでたってもメラニン毛穴は改善されません。

 

紫外線対策は夏だけではありません、冬でも対策が必要です。

 

紫外線は1年中降り注いでいるのです。

 

雲った日でも例外ではありません。
車の中や室内にもはいってきます。

 

日焼毛止めクリームやUVカット化粧品を使用するなどして、しっかりと紫外線対策をします。

 

メラニン毛穴の治し方B

メラニンの生成を抑える化粧品を使用する。

 

頬のシミケアと同じように、いわゆる「美白ケア」が有効です。

 

「美白ケア」をすることで、メラニン毛穴が改善されるスピードが大きく変わってきます。

 

メラニン毛穴対策には「美白ケア」です。

 

メラニン毛穴 ハイドロキノン

美白化粧品はとてもたくさんあるので、どれを選んだらいいのか迷ってしまいます。

 

こんな時には、「厚生労働省が認可している美白成分配合の医薬部外品」を参考に選ぶようにしてみてください。

【厚生労働省が認可した医薬部外品・美白成分一覧】
プラセンタエキス、ビタミンC誘導体、エラグ酸、リノール酸、トラネキサム酸、ルシノール、カモミラET、4MSK、ハイドロキノン、マグノリグナン、コウジ酸、アルブチン

ビタミンC誘導体は、どちらかというと保湿、シミ予防に向いています。

 

ハイドロキノンの配糖体のアルブチンも予防向きです。

 

既にできてしまったメラニン色素の解消に、高い効果が期待できるのはハイドロキノンです。

 

ハイドロキノンにはメラニンの浄化作用があるので他の成分にはない効果的な作用が働きます。

 

メラニン毛穴の治し方C

ターンオーバーを早く正常化させ、早くメラニンを外に追い出し皮膚を早く生まれ変わらせるには、

 

古い角質や皮脂を除去する必要があります。

 

週に1度のピーリングをすることで皮膚の再生を促進させることができます。

 

やりすぎは肌荒れをおこし逆効果になるので使用頻度は多くても週に1度以下にするようにしましょう。

 

鼻の黒ずみを取る方法:TOPページ