メラニン毛穴 洗顔料

メラニン毛穴の改善は洗顔料ではなく美容液やクリームで治す

メラニン毛穴は洗顔では洗い流せない

メラニンは皮膚奥に生成されているので、洗顔料などで洗い流すことはできません。

 

逆に洗顔をするときに過剰に摩擦をかけたり、こすったり、熱いお湯で洗ったりすることでメラニンを発生させることがあります。

 

しかし、皮脂が紫外線を浴びて酸化し過酸化脂質に変わることで、

 

皮膚はその刺激から肌を守ろうとメラニン色素を作り出すので、肌に余分な皮脂を残さない洗顔はメラニン毛穴を予防するためには、とても大事です。

 

 

メラニン毛穴 洗顔

シミの元がメラニンですが、メラニン毛穴を改善するには洗顔ではなく美白ケアをしてメラニン色素を薄くしていくことが大事です。

 

 

メラニンはカミソリによるムダ毛処理による刺激や、紫外線などによる外部からの刺激を受けることで、
肌が外部からの刺激を守るためにメラニン色素を発生させます。

 

 

皮膚が紫外線を浴び続けると、皮膚の細胞が壊死したり癌になりやすくなるのを防ぐために、
メラニン色素が日傘の役目をして守ってくれているのです。

 

 

紫外線を浴びたことで、メラニン毛穴がすぐにできるのではなく、
気がつかないうちに毎年、少しづつ蓄積され徐々に濃くなっていきます。

 

 

肌が健康であればターンオーバーによりメラニン色素は外部に排出されるのですが、
ターンオーバーがうまくいかないとメラニンが肌に蓄積されて色素沈着を起こします。

 

 

「あれっ?黒くなっている!」と気が付いた時には時間も経過しメラニン毛穴が進行してしまっていることがほとんどです。

 

そんなことになる前に、日頃から正しいケアを行うことが大事です。

 

メラニン毛穴を改善する成分

シミやメラニンを改善する成分はハイドロキノンとトレチノインですが、
トレチノインは日本では未認可の医薬品なので米国の製品を輸入することになりますが自己責任で行うことになります。

*トレチノインは皮膚科や美容外科で外用薬として処方してもらえます。

ですので、日本ではお医者さんにトレチノインを処方してもらうか、ハイドロキノン配合の美容液やクリームを使用して改善していくことになります。

 

ハイドロキノンは化粧品として手軽に手にはいるのですが、強い成分なので肌に合わない方もいます。

 

そんな方は、他の美白ケア成分であるビタミンCやアルブチン配合の化粧品に変えることをおすすめしますが、

 

ビタミンCやアルブチンはメラニンを抑えることはできますが、できてしまったメラニンを取り除くことはできません。

 

ここでは敏感肌の方でも使用できるハイドロキノン配合の美容液やクリームも紹介しますが、
皮膚科で処方してもらう内服薬や外用薬で改善する方法も紹介します。

 

メラニン毛穴が洗顔料でなぜ改善できないのか、
メラニン毛穴の治し方を通じて詳しく解説します。

メラニン毛穴の治し方

メラニン毛穴を治す近道はハイドロキノン配合化粧品

 

メラニンは紫外線を浴びたり刺激を受けることで、皮膚の奥深くにある「基底層」の「メラノサイト」から生まれます。

 

このことからわかるようにメラニンは冒頭で説明したように洗顔料などで洗い流すことはできないのです。

 

しかし、ターンオーバーがしっかりと行われていれば、メラニンは皮膚の奥で生まれた新しい細胞によって外に押し出され剥がれ落ちます。

 

 

けれども、加齢や生活習慣の乱れ、間違ったスキンケアなどで、肌が荒れたりターンオーバーが乱れていると、
剥がれ落ちてくれません。

 

メラニン毛穴を治すには、まずターンオーバーを正常化させることが最も大事なのです。

 

 

夏にできた水着の跡が消えるのが冬に入った頃というように、
ターンオーバーが正常化されても、メラニン色素がターンオーバーによって剥がれ落ちるのには、かなりの時間が必要です。

メラニン毛穴はターンオーバーを正常化することで解消することができます。

 

きちんとケアをすることで、表皮にできたメラニン色素は28日で垢となって剥がれ落ちます。

 

しかし、表皮より奥の真皮にできたメラニンは3年以上かかることがあります。
というのは真皮のターンオーバーの周期は3年以上と長いからです。

メラニン毛穴の治し方@

過剰な洗顔やクレンジングなどを改め、肌にやさしい化粧品に切り替えることで、
肌の荒れによる刺激を抑える。

 

無意識のうちに掻いていたり、繊維などの摩擦もよくありません。

 

洗顔後も、タオルで顔を拭くときに擦りつけるのではなくて、やさしく押し当てるようにして水分を拭き取ります。

 

メラニン毛穴の治し方A

紫外線対策を徹底することで新たなメラニンを発生させない。

 

いくら適切なスキンケアをしても、紫外線対策がおろそかでは、いつまでたってもメラニン毛穴は改善されません。

 

 

紫外線対策は夏だけではありません、冬でも対策が必要です。
紫外線は1年中降り注いでいるのです。

 

 

雲った日でも例外ではありません。
車の中や室内にもはいってきます。

 

日焼毛止めクリームやUVカット化粧品を使用するなどして、しっかりと紫外線対策をします。

 

メラニン毛穴の治し方B

ターンオーバーを早く正常化させ、早くメラニンを外に追い出し皮膚を早く生まれ変わらせるには、
古い角質や皮脂を除去する必要があります。

 

 

週に1度のピーリングをすることで皮膚の再生を促進させることができます。

 

やりすぎは肌荒れをおこし逆効果になるので使用頻度は多くても週に1度以下にするようにしましょう。

 

メラニン毛穴の治し方C

メラニンの生成を抑える化粧品を使用する。

 

頬のシミケアと同じように、いわゆる「美白ケア」が有効です。

 

「美白ケア」をすることで、メラニン毛穴が改善されるスピードが大きく変わってきます。

 

メラニン毛穴対策には「美白ケア」です。

 

メラニン毛穴ケアにはハイドロキノン

美白化粧品はとてもたくさんあるので、どれを選んだらいいのか迷ってしまいます。

 

こんな時には、「厚生労働省が認可している美白成分配合の医薬部外品」を参考に選ぶようにしてみてください。

【厚生労働省が認可した医薬部外品・美白成分一覧】
プラセンタエキス、ビタミンC誘導体、エラグ酸、リノール酸、トラネキサム酸、ルシノール、カモミラET、4MSK、ハイドロキノン、マグノリグナン、コウジ酸、アルブチン

ビタミンC誘導体はメラニンの生成を抑制する効果はあるのですが、できてしまったメラニンを無くすには不向きです。

 

 

どちらかというと保湿、シミ予防に向いています。
ハイドロキノンの配糖体のアルブチンも予防向きです。

 

既にできてしまったメラニン色素の解消に、高い効果が期待できるのはハイドロキノンです。

 

 

ハイドロキノンはイチゴやコーヒーなどに含まれている天然成分です。

 

管理が難しいことから2001年に規制緩和される前までは医師の処方のみで使用が許されていました。

 

 

ハイドロキノンは、メラニン色素を作るメラノサイト(色素細胞)の働きを抑制し、メラニンを生成する酵素チロシナーゼの働きを阻害する作用があります。

 

その効果は従来の美白成分であるビタミンCやアルブチンの10〜100倍といわれています。

 

 

ハイドロキノンはシミができるのを予防するだけでなく、黒く酸化したメラニンでも、
その酸化を還元する作用があるので、できてしまったシミにも効果が期待できます。

 

かなりシミの解消に期待ができる成分です。

 

 

ただし、ハイドロキノンの効果でシミが改善できるのは、表皮(肌の表面)にできたシミまでで、
その奥の真皮(肌の奥)にできたシミには効果を期待することはできません。

 

真皮にできたシミを改善するには美容皮膚科の治療が必要になります。

美容皮膚科によるメラニン毛穴治療法は⇒こちら
料金、期間、施術方法を紹介します。

ハイドロキノンの副作用

ハイドロキノンは良いことばかりではありません。
正しく使わないとトラブルを起こすこともあります。

 

メラニン毛穴赤みや炎症
ハイドロキノンはとても強い成分なので、敏感肌の人だけでなく、
今までに肌トラブルを起こしたことがない方でも赤身や炎症を発症することがあります。

 

自分の肌は大丈夫と思っている方も必ずパッチテストをしてから使用するようにしてください。

 

メラニン毛穴白斑
ハイドロキノンの長期使用で肌の一部分だけが白くなる白斑ができることもあります。

 

ハイドロキノンは商品に含まれる濃度が高いほど効果は高くなりますが、リスクもそれだけ高くなることを意味します。

 

 

こう書くとハイドロキノンの使用が怖くなりますが、大丈夫です。

 

国内の市販品では配合できる成分濃度は2%までと決められています。
それ以上は医師による処方か輸入品でしか入手することができません。

 

 

濃度が高い方が良いと輸入品を使用するときは、自己責任になるので注意が必要です。

ハイドロキノン配合化粧品おすすめ

メラニン毛穴を改善するのに、ハイドロキノンが配合されたお薦めの化粧品を2つ紹介します。

 

 

1つはニキビケア対策で有名な「ビーグレン」です。

 

「ビーグレン」では、ハイドロキノンを独自の浸透テクノロジー「QuSome(R)キューソーム」のナノマイクロカプセルで包み込むことで有効成分を肌の奥まで届けてくれます。

 

従来のハイドロキノンは、普通に塗って肌に浸透づらく肌の奥まで届きませんでした。

 

ビーグレンは、皮脂に近い成分でコーティングされたQuSomeが皮脂を通過して肌の奥まで届きます。

メラニン毛穴 洗顔料

メラニン毛穴のお手入れにはもちろんのこと、ハイドロキノン化粧品にしては珍しく顔全体に塗れるのも「ビーグレン」の特徴です。

 

今ならホワイトケアトライアルセット(7日分)が71%OFFの1,800円(税抜)で購入できます。
送料無料で365日返金保証もついています。

 

メラニン毛穴ホワイトケアトライアルセット

 

シミ・色素沈着

 

 

 

もう一つのメラニン毛な対策にお薦めの化粧品は「プラスナノHQ」です。
「プラスナノHQ」は、ハイドロキノンが4%配合され累計で350,000本も売れています。

 

この実績はハイドロキノン市場初の販売数です。
楽天のフェイスクリームランキングでも2冠を達成しました。

 

 

今なら高濃度ピュアビタミンC美容液「プラスピュアVC25」とのお試しセットが44%OFFの2,980円(税込)で購入ができます。
メール便送料無料です。

 

メラニン毛穴W美活セット

 

透肌美活セット

 

皮膚科によるメラニン毛穴治療

内服薬

メラニン色素の生成を抑え、肌のターンオーバーを促進する働きのある成分(ビタミン類やトラネキサム酸、ハイチオール)などが配合された内服薬を処方して貰うことで改善します。

 

抗酸化作用があり、副作用もほとんどなく予防にも効果があります。

 

費用は処方される成分により異なりますが、およそ1ヶ月分が3,000円くらいです。

 

効果が実感できるようになるのには時間がかかります。

 

外用薬

皮膚科で処方されるハイドロキノン配合の外用薬は市販のものよりも濃度が高いので効果が期待できます。

 

ただ、費用は少し高いです。

 

幅がありますが相場は五千円〜四万円ほどです。

 

美容皮膚科でメラニン毛穴を治す

美白ケアでメラニン毛穴を治すのも一つの方法ですが、正直時間もかかるし確実に無くなるという保証はありません。

 

 

合う合わない、効果がある無いなどで色々と化粧品を変えたりするよりは美容皮膚科でメラニン毛穴を早く確実に治すこともひとつの選択肢です。

 

自宅でケアできることにも限界があるので、まずは美容外科でプロに相談するのもいいですね。

 

 

美容皮膚科でまず思い浮かぶ心配なことは費用と、治療期間です。

 

全国展開している湘南美容外科クリニックなら、「ウルトラ美白レーザー」による治療で、
鼻なら1回 5,900円(税込)、顔なら1回10,800円(税込)です。

 

回数も1〜2週間毎5回ぐらいで完治しています。

 

 

施術による痛みはありません。
レーザーを照射した部分が少し暖かくなる程度です。

 

この治療方法なら施術の後でもすぐに洗顔したりメイクをすることができます。
思っていたよりも安く手軽そうではないですか?

 

この施術ならメラニンを除去するだけでなく、美白効果や毛穴収縮も得られ、つるつるの美白肌が期待できます。

ウルトラ美白レーザーの仕組み

メラニン毛穴

表皮の基底層にあるメラノサイトにレーザーによリ熱を集積させます。

↓  ↓  ↓

メラニン毛穴

メラニンを破壊するだけでなく、角質除去効果もあるのでターンオーバーが促進され皮膚のホワイトニング効果もあります。

↓  ↓  ↓

メラニン毛穴

繰り返し施術を行うことで、ターンオーバーも適正になり毛穴も収縮されます。

鼻の黒ずみ 美容外科【湘南美容外科クリニック】ホームページ

 

ホームページTOP画面左側の「美容外科」をクリックしてから右上の検索窓に「鼻の黒ずみ」と入力し「検索」をクリックします。

鼻の黒ずみ 美容皮膚外科

 

画面が切り替わったら、「ウルトラ美白レーザー|湘南美容外科クリニック」をクリックします。

鼻の黒ずみ 美容皮膚外科

 

湘南美容外科「ウルトラ美白レーザー」ページに切り替わります。

 

メラニン毛穴の原因

メラニンは日焼けや、シミ、そばかすの原因として有名ですが、

 

メラニン毛穴も、鼻の毛穴に日焼ができて、シミになっているということなのです。

 

原因

メラニン毛穴 洗顔紫外線
鼻は顔全体の中でも特に皮脂の分泌が多い部位で、いくら紫外線対策でUVカット剤などを使用していても、

 

毛穴の部分が皮脂とUVカット剤がなじむことで崩れやすくなり紫外線を防御できなくなることもあります。

 

メラニン毛穴 洗顔皮脂
皮脂は紫外線によって過酸化脂質に変わりますが、空気に触れることでも酸化します。

 

肌細胞は過酸化脂質からの刺激から守るためにメラニン色素を作り出します。
皮脂の分泌量が多い人ほどこの傾向が強くなります。

 

メラニン毛穴 洗顔刺激
メラニン毛穴の原因は、もう一つあって刺激によってもメラニンが生成されるのです。

 

毛穴パックや強すぎる洗顔料やクレンジングの使用など、肌に合わない化粧品すべてが刺激となってメラニンが生成されやすくなります。

 

メガネがずっと当っている場所が色素沈着を起こすこともあるので、メガネをかけている方は要注意です。

 

メラニン毛穴 洗顔生活習慣
シミを作る原因は他にも、夜更かし、短い睡眠時間、食生活が乱れなども影響します。

 

忙しい時や疲れている時などに、ついメイクしたまま寝たりすることもシミを作る要因になります。

 

メラニン毛穴と角栓毛穴の違い

メラニン毛穴は毛穴の周囲がメラニン色素の沈着によりシミのような状態になり黒ずんで見えることですが、
角栓が黒くなった黒ずみと勘違いされる方も少なくありません。

 

メラニン毛穴と黒ずみ毛穴は原因がまったく違います!

 

どちらも見た目は、同じ黒ずみですが原因が違えばケア方法も全く違います。

 

 

洗顔や角栓を取り除くケアをしっかりしているのに、少しも鼻の黒ずみが改善されないのは、メラニン毛穴による黒ずみの可能性が大です。

 

 

まずは、あなたの黒ずみがメラニン毛穴による黒ずみか、皮脂の詰まりや肌のタルミによる黒ずみか確認してみましょう。

 

 

確認方法は、手で触ってみるとすぐにわかります。

 

手で触るとザラザラした感触があれば皮脂や角質の酸化による黒ずみです。
ザラツキ感がなく触ってもツルっとしていればメラニン毛穴による黒ずみです。

 

鼻の黒ずみをとる方法:TOPページ