ターン オーバーを正常化するには

ターン オーバーを正常化するには

ターン オーバーを正常化するには

ターン オーバーが正常化していないと、念入りに洗顔したり高価な化粧水でスキンケアをしても、美肌を手に入れることはできません。

 

つまり、美肌を手に入れるには高価な化粧品よりもターンオーバーを正常化させることがとても重要なのです。

 

では、ターンオーバーを正常化させればいいわけですが、人によってターンオーバーの周期は違うし年齢によっても変化します。

 

ターンオーバーとは

でも、ターンオーバーって何? って思いを持っていませんか?

 

のちほど、詳しく説明しますがターンオーバーとは一口でいうと「垢が剥がれ落ちるサイクル」「肌の生まれ変わり」のことです。

 

まず、あなたの正しいターンオーバーの周期を知ることが美肌への一歩です。

 

ターンオーバーの周期

ターンオーバーは唇で7日前後、頭皮で30日〜45日、顔は28日前後といわれています。

 

しかし、年齢や生活環境により一人ひとり違います。

 

参考になるターンオーバーの周期は
自分の年齢×「1.5」でよく表されます。

 

ですので28日周期は20歳前後の人の健康な場合の周期になります。

 

目安としては、20代が約28日、30代が約40日、40代が約55日、50代が約75日、60代が約90日となります。

 

ただ、これもあくまで目安です。

 

あなたは自分のターンオーバーの周期を知っていますか?

ターン オーバーを正常化するには、まず自分のターンオーバーの周期を知る必要があります。

 

これは角質チェッカーを使えば簡単に診断ができます。

 

キットを肌に押し付けるだけでターンオーバーの状態を知ることができるばかりか、

 

ニキビの状態や毛穴の皮脂量、肌の水分量、肌荒れなどの肌の状態も知ることができます。

 

市販で販売されているので購入もできますが、デパートの化粧品売り場などで調べてもらえます。

 

または、皮膚科で診察を受ければより正確な情報を知ることができます。

 

ターンオーバーは遅くても早くてもお肌に悪影響を及ぼします。

 

なぜ、ターンオーバーが乱れるのか、ターン オーバーを正常化するには、その原因をきちんと把握することが大事です。

 

ターンオーバーが行われる場所

ターンオーバーは表皮で行われる新陳代謝活動。

 

表皮の下の真皮ではターンオーバーは行われません。

ターンオーバー正常化

この図はメラノサイトがターンオーバーによって排出される様子が描かれています。

正確には真皮もターンオーバーするのですが周期がとても長く3年以上かけて入れ替わります。

 

ほうれい線やしわなどの改善は真皮からのエイジングケアが必要です。

ターンオーバーは基底層で新しい細胞が生まれることから始まります。

 

ここで誕生した新細胞は14日間かけて「角質層」の手前まで押し上げられます。

 

そして、その後の14日間で角質層としてバリア機能の役目を果たし、

 

最後に垢として剥がれ落ちます。

 

ターン オーバーが乱れる原因

ターン オーバーが乱れる原因は生活の乱れと過度な洗顔、クレンジング、スキンケアですが、

 

もう一つ、真逆の原因もあるんです。

 

それは「洗わなさすぎ」です。

 

忙しい時など、洗顔やクレンジンしないまま眠っていませんか?

 

ターンオーバー正常化

または、水洗顔している場合もこのケースに当てはまる事があります。

 

さらにもう一つの原因として、「油性化粧品」を多く使っている場合です。

 

油性化粧品は色々考えられますが、乳液やクリーム、美容液などですね。

 

古くなった角質を「油」でくっつけてしまっているのです。

 

ターンオーバーが正常に働いていれば「分解酵素」はちゃんと生成されているので、

 

肌がゴワゴワすると感じたら、これらの化粧品の使用頻度を少なくしてみてください。

 

ターンオーバーが早いとどうなる?

肌が新しい細胞と生まれ変わるのなら、ターンオーバーはどんどん早くすればいいのでは?

 

と考えがちですが、その考えは誤りです。

 

ターンオーバーが通常より早いと、正常に成長していない細胞が角質層にでてくることになり、
バリア機能が正常に働きません。

 

「セラミド」「NMF」は適正な日数をかけて保湿成分を作り出し、角質層に出るころには、

 

細胞自体は死んでいるのですが、細胞が死ぬことにより、本来の除湿・バリア機能を最大限発揮しているのです。

 

ターンオーバー正常化

ターンオーバーが早くなると、新細胞が角質層に出てきてもまだ生きています。

 

この状態では、角質としても役割を果たすことができない、役立たずな細胞なのです。

 

これにより、保湿、バリア機能が働かないので、肌がゴワゴワ、乾燥肌、敏感肌を招きます。

 

この状態は、皮膚にとってはよくないので自然な防御本能が働き皮脂が過剰に分泌されることになります。

 

そうすることで皮脂が毛穴に溜まりやすくなり鼻の黒ずみの原因になるのです。

 

そして、それを改善しようとさらに過度な洗顔やスキンケアを繰り返すことで、
負のサイクルが繰り返されるのです。

 

ターンオーバーが遅いとどうなる?

矛盾するかもわかりませんが、ターンオーバーが早いと、ターンオーバーが遅くなるんです。

 

どういうことかというと、ターンオーバーが正常だと「セラミド」などを溶かす「分解酵素」が自然に生成され、

 

古くなった角質を自然に剥がれ落としてくれるのですが、ターンオーバーが早くなることで「分解酵素」が十分に生成されず、古い角質がいつまでも肌に残ってしまうのです。

 

ターンオーバーが遅い場合には、「ピーリングをしましょう」とか、

 

「ターンオーバーを早くしなければいけません。」

 

とか書かれていたりするのを見かけますが、この通りに実行すれば、

 

さらにターンオーバーが早まり肌がボロボロになってしまいます。

 

ターンオーバーを正常化させるには?

生活習慣を見直す

生活習慣が乱れていると、いくらスキンケアに力を入れても肌の状態はよくなりません。

 

睡眠をしっかり取る

ターンオーバーは眠っているときに行われます。

 

午後10時〜午前2時はお肌のゴールデンタイムで美容エキスが分泌される時間です。

 

でも、なかなかこの時間に眠ることが難しい方も多いと思います。

 

ターンオーバーが行われる時間は、だいたい6時間といわれているので、

 

6時間以上の睡眠が確保されていれば問題はありません。

 

逆に無理に10時に寝ようとすればストレスを抱えることになるので、かえってよくありません。

 

バランスがとれた食事

日頃からバランスが取れた食事を摂ることが大事ですが、ターンオーバーを正常化させるには、

 

お肌を健康的に再生するたんぱく質、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、 ビタミンE、亜鉛などの栄養素が含まれた食品を意識して摂取することが重要です。

 

寝る前に食事をしない

食物を消化するにもエネルギーを使います。

 

また胃もたれや便秘になる可能性も高いです。

 

寝る前の食事は、3時間前までには済ませておきましょう。

 

寝酒をしない

アルコールを分解するために大量の水分が体内で消費されることで、体内は乾燥します。

 

ビタミンも大量に消費するので寝酒は絶対に止めましょう。

 

適度な運動

適切な運動は、血流を促進し肌に酸素や栄養が行き届かせることで新陳代謝が活性化されます。

 

新陳代謝が活性化することでターンオーバーも正常化されます。

 

激しい運動をする必要はありません。

 

ストレッチやウォーキングなどで十分ですが、続けることが大事です。

 

ただし、寝る前には運動しないでください。

 

ターンオーバーするにはエネルギーが必要です。

 

軽いストレッチなどは「質の良い睡眠」を招くので問題はありませんが、ダイエットなどのランニング、筋トレなどの激しい運動は寝るまえには控えましょう。

 

喫煙をしない

喫煙は毛細血管を収縮させ血液の流れや細胞の働きを悪くさせます。

 

そのためターンオーバーを乱す原因になります。

 

ターン オーバーを正常化するには正しいスキンケア

過剰な洗顔や過剰な角質ケアなどの「間違ったスキンケア」がターンオーバーを乱します。

 

ターンオーバーを正常化するには、適正なスキンケアが必要です。

 

前述した生活環境を見直し、適正なスキンケアを2〜3ヶ月続けることで、あなたが今まで見たことがないような綺麗な肌を手に入れることができるはずです。

適正なスキンケア

基本は

  • 洗顔
  • クレンジング
  • 保湿
  • 紫外線対策  です。

スキンケアの基本と同じです。

洗顔

誤った洗顔はターンオーバーを乱れさせます。

 

汗やほこりが取り除けないと、皮膚常在菌のバランスが崩れることでニキビや肌荒れの原因になったりします。

 

また、皮脂が残っていれば皮脂が酸化して「過酸化脂質」を増やしてしまいます。

 

だからといって、洗いすぎたり洗浄力が強い洗顔料で肌を刺激するとターンオーバーを早めてしまいます。

 

こうしたトラブルを防ぐためにも正しい洗顔はとても大切です。

 

洗顔は朝1回、夜1回の1日2回で十分です。
決して3回以上の洗顔はしないようにしてください。

クレンジング

クレンジングは肌への刺激がありよくないのですが、メイク落としのためには必要不可欠です。

 

ターンオーバーの正常化のためには、ジェルタイプ、クリームタイプ、ミルクタイプがおすすめです。

 

界面活性剤に石油系が使われているのは厳禁で、アミノ酸系界面活性剤配合のものを選ぶようにしましょう。

 

濃いメイクを控えることも大切です。

 

メイクをした日は、必ずクレンジングをします。

 

クレンジングをしないと過酸化脂質ができ肌トラブルを引き起こします。

保湿

ターンオーバー正常化の基本は保湿です。

 

基礎化粧品を使う順番

  • 化粧水→美容液→乳液→保湿クリーム→美容オイル

 

  • 化粧水は水分を与え、美容液は水分を保持します。
  • 乳液、保湿クリームは水分の蒸発を防いでくれます。
  • 美容オイルは冬の乾燥肌対策で使います。

まだ若い20代は化粧水だけでも十分ですが、30代になったら美容液や保湿クリームも使うようにしましょう。

紫外線対策

紫外線を浴びると肌はダメージを受けます。

 

ダメージを受けることで肌は早く回復しようとターンオーバーを早めようとします。

 

紫外線を浴びることで、肌の防御機能が働きメラニンができたり、
細胞が過酸化するのを防ぐために肌の修復を早めようとするからです。

 

ターンオーバーを正常化させるためにも、日頃から紫外線を浴びないような対策をしておくことが重要です。

 

日焼け止めや、衣服や日傘、サングラスなども利用しながら紫外線対策するようにしてください。

 

冬でも紫外線は出ているので、冬でも紫外線対策はしてください。

 

抗酸化物質を豊富に含んだ食べ物を摂ることもよい対策です。

 

角質層とは

角質層と角質細胞間脂質によって構成されていて、水分保持とバリア機能の役目を果たしています。

 

外部からの刺激(紫外線、異物、細菌・ウイルス)から守り、内側の水分が外に蒸発しないように防いでくれているのです。

 

例えるなら食品を包むラップに似ています.

 

ラップはあの薄さで、外部からのホコリの混入や水分の蒸発を防いでくれます。

 

角質層も実は「0.02o」と超薄いのです。

 

新細胞が角質層に押し上げられたときに、核が無くなるので、実は角質層は死んだ細胞の集まりなのです。

 

しかし、この角質層には保湿成分の「セラミド」「NMF」がたっぷりと含まれています。

「NMF」:アミノ酸や尿素などで構成され、セラミドの次に重要な保湿の要。

セラミドが不足すると、皮膚に粉吹きの現象が現われます。

 

水分を保持してくれるセラミドが減少すると肌の内部から水分がどんどん蒸発していくので「乾燥肌」の状態になるからです。

 

過度な洗顔や、クレンジング、スキンケアをしていると「セラミド」はドンドン流れていってしまいます。

ターン オーバーが正常化すればメラニンも改善されます

ターンオーバーが正常に働けば、メラニンもターンオーバーとともに基底層から角層に押し上げれれ、

 

角質とともに垢として剥がれ落ちます。

 

メラニンがシミになることも防ぐことができます。

 

ただ、紫外線を長時間浴び続けることでダメージがあまりにも大きいとメラニンの生成も過剰になり、

 

ターンオーバーで排出されずに残ってしまう事もあるので、日頃の紫外線対策はしっかりおこなうようにしてください。

 

鼻の黒ずみをとる方法:TOPページ