ターンオーバー正常化

鼻の黒ずみ解消するにはターンオーバー正常化が重要

ターンオーバー正常化

鼻の黒ずみ、いちご鼻を解消するには、お肌のターンオーバー正常化がとても大事です。

 

適正なスキンケアをしていても、ターンオーバーが乱れていては鼻の黒ずみの解消にはなりません。

 

でも、よく耳にするターンオーバーですが皮膚細胞を入れ替えるということは、漠然とわかっているのですが、

 

詳しいことは案外知られていません。

 

ここではターンオーバーについて詳しく解説することで、鼻の黒ずみの改善につなげてもらえればと思います。

 

ターンオーバーとは

鼻の黒ずみ解消だけではなく、ニキビ、シミ、シワなどお肌の運命を左右するのが「ターンオーバー」です。

 

ターンオーバーを簡単に説明すると「肌の生まれ変わり」です。

 

ターンオーバーが行われる場所

ターンオーバーは表皮で行われる新陳代謝活動です。

 

表皮の下の真皮ではターンオーバーは行われません。

正確には真皮もターンオーバーするのですが周期がとても長く3年以上かけて入れ替わります。

 

真皮の老化もエイジングケアなどに大きな影響をもたらすのですが、詳細を説明すると長くなるので、またの機会に説明します。

ターンオーバーは基底層で新しい細胞が生まれることから始まります。

 

ここで誕生した新細胞は14日間かけて「角質層」の手前まで押し上げられます。

 

そして、その後の14日間で角質層としてバリア機能の役目を果たし、

 

最後に垢として剥がれ落ちます。

 

ターンオーバーの周期

ターンオーバーの周期は28日と言われていますが、年齢や生活環境により一人ひとり違います。

 

参考になるターンオーバーの周期は

 

自分の年齢×「1.5」と言われています。

 

ですので28日周期は20歳前後の人の健康な場合の周期になります。

 

ただ、これもあくまで目安です。

 

角質層とは

ターンオーバー正常化

角質層と角質細胞間脂質によって構成されていて、水分保持とバリア機能の役目を果たしています。

 

外部からの刺激(紫外線、異物、細菌・ウイルス)から守り、内側の水分が外に蒸発しないように防いでくれているのです。

 

例えるなら食品を包むラップに似ています.

 

ラップはあの薄さで、外部からのホコリの混入や水分の蒸発を防いでくれます。

 

角質層も実は「0.02o」と超薄いのです。

 

新細胞が角質層に押し上げられたときに、核が無くなるので、実は角質層は死んだ細胞の集まりなのです。

 

しかし、この角質層には保湿成分の「セラミド」「NMF」がたっぷりと含まれています。

「NMF」:アミノ酸や尿素などで構成され、セラミドの次に重要な保湿の要。

セラミドが不足すると、皮膚に粉吹きの現象が現われます。

 

水分を保持してくれるセラミドが減少すると肌の内部から水分がどんどん蒸発していくので「乾燥肌」の状態になるからです。

 

過度な洗顔や、クレンジング、スキンケアをしていると「セラミド」はドンドン流れていってしまいます。

 

ターンオーバーが早いとどうなる?

肌が新しい細胞と生まれ変わるのなら、ターンオーバーはどんどん早くすればいいのでは?

 

と考えがちですが、その考えは誤りです。

 

ターンオーバーが通常より早いと、正常に成長していない細胞が角質層にでてくることになり、
バリア機能が正常に働きません。

 

「セラミド」「NMF」は適正な日数をかけて保湿成分を作り出し、角質層に出るころには、

 

細胞自体は死んでいるのですが、細胞が死ぬことにより、本来の除湿・バリア機能を最大限発揮しているのです。

 

ターンオーバー正常化

ターンオーバーが早くなると、新細胞が角質層に出てきてもまだ生きています。

 

この状態では、角質としても役割を果たすことができない、役立たずな細胞なのです。

 

これにより、保湿、バリア機能が働かないので、肌がゴワゴワ、乾燥肌、敏感肌を招きます。

 

この状態は、皮膚にとってはよくないので自然な防御本能が働き皮脂が過剰に分泌されることになります。

 

そうすることで皮脂が毛穴に溜まりやすくなり鼻の黒ずみの原因になるのです。

 

そして、それを改善しようとさらに過度な洗顔やスキンケアを繰り返すことで、

 

負のサイクルが繰り返されるのです。

 

ターンオーバーが遅いとどうなる?

矛盾するかもわかりませんが、ターンオーバーが早いと、ターンオーバーが遅くなるんです。

 

どういうことかというと、ターンオーバーが正常だと「セラミド」などを溶かす「分解酵素」が自然に生成され、

 

古くなった角質を自然に剥がれ落としてくれるのですが、ターンオーバーが早くなることで「分解酵素」が十分に生成されず、古い角質がいつまでも肌に残ってしまうのです。

 

ターンオーバーが遅い場合には、「ピーリングをしましょう」とか、

 

「ターンオーバーを早くしなければいけません。」

 

とか書かれていたりするのを見かけますが、この通りに実行すれば、

 

さらにターンオーバーが早まり肌がボロボロになってしまいます。

 

原因

原因は前述したように過度な洗顔、クレンジング、スキンケアですが、

 

もう一つ、真逆の原因もあるんです。

 

それは「洗わなさすぎ」です。

 

忙しい時など、洗顔やクレンジンしないまま眠っていませんか?

 

ターンオーバー正常化

または、水洗顔している場合もこのケースに当てはまる事があります。

 

さらにもう一つの原因として、「油性化粧品」を多く使っている場合です。

 

油性化粧品は色々考えられますが、乳液やクリーム、美容液などですね。

 

古くなった角質を「油」でくっつけてしまっているのです。

 

ターンオーバーが正常に働いていれば「分解酵素」はちゃんと生成されているので、

 

肌がゴワゴワすると感じたら、これらの化粧品の使用頻度を少なくしてみてください。

 

ターンオーバーを正常化させるには?

生活習慣を見直す

生活習慣が乱れていると、いくらスキンケアに力を入れても肌の状態はよくなりません。

 

睡眠をしっかり取る

ターンオーバーは眠っているときに行われます。

 

午後10時〜午前2時はお肌のゴールデンタイムで美容エキスが分泌される時間です。

 

でも、なかなかこの時間に眠ることが難しい方も多いと思います。

 

ターンオーバーが行われる時間は、だいたい6時間といわれているので、

 

6時間以上の睡眠が確保されていれば問題はありません。

 

逆に無理に10時に寝ようとすればストレスを抱えることになるので、かえってよくありません。

 

寝る前に運動しない

ターンオーバーするにはエネルギーが必要です。

 

軽いストレッチなどは「質の良い睡眠」を招くので問題はありませんが、ダイエットなどのランニング、筋トレなどの激しい運動は寝るまえには控えましょう。

 

寝る前に食事をしない

食物を消化するにもエネルギーを使います。

 

また胃もたれや便秘になる可能性も高いです。

 

寝る前の食事は、3時間前までには済ませておきましょう。

 

寝酒をしない

アルコールを分解するために大量の水分が体内で消費されることで、体内は乾燥します。

 

ビタミンも大量に消費するので寝酒は絶対に止めましょう。

 

正しいスキンケア

過剰な洗顔や過剰な角質ケアなどの「間違ったスキンケア」がターンオーバーを乱します。

 

ターンオーバーを正常化するには、適正なスキンケアが必要です。

 

このサイトには、色々なやり方を紹介しているので、あなたにあった適切なスキンケア方法が見つかると思います。

 

前述した生活環境を見直し、2〜3ヶ月続けることで、あなたが今まで見たことがないような綺麗な肌を手に入れることができるはずです。

 

メラニン毛穴

ターンオーバーが正常に働けば、メラニン毛穴もターンオーバーとともに基底層から角層に押し上げれれ、

 

角質とともに垢として剥がれ落ちます。

 

メラニンがシミになることも防ぐことができます。

 

ただ、紫外線を長時間浴び続けることでダメージがあまりにも大きいとメラニンの生成も過剰になり、

 

ターンオーバーで排出されずに残ってしまう事もあるので、日頃の紫外線対策はしっかりおこなうようにしてください。

 

鼻の黒ずみを取る方法:TOPページ