メガネ跡の色素沈着を消す2つの方法と対策!

メガネ跡の色素沈着を消す方法は2つあります。

メガネ跡の色素沈着

ついたばかりのメガネ跡を消す方法

下着などの締め付けと同じで、血行が悪くなっているだけなので、それ以上の負担をかけなければ自然に消えていきます。

 

早く消すには患部に蒸しタオルをあててマッサージをすることで血行が良くなり改善します。

 

やっかいなのは、長年放置して色素沈着を起こしてしまっているメガネ跡です。

 

色素沈着を起こしたメガネ跡を消す方法

この場合のメガネ跡は、なかなか取れません。

 

メガネをかけ続けていることで患部が刺激を受け続けメラニン色素が発生しシミになっているのです。

 

この場合はシミと同じケアが必要になってきます。

 

シミは皮膚の奥にできてしまっているので、洗顔料などでは落とすことができません。

 

シミを無くすにはハイドロキノン入りの化粧品を使用するか、皮膚科やクリニックで治療を受けることになります。

 

ただ、ここで注意してほしいのですが、テレビなどのCMやドラッグストアで市販されているシミ予防の美白化粧品では、できてしまったメガネ跡のシミは消すことができないんです。

 

市販で美白化粧品で医薬部外品と謳っている化粧品には、シミを分解する効果があるハイドロキノンが含まれていないのです。

 

実は、ハイドロキノンが含まれていると厚生労働省の決まりで美白と広告で表示することができないので、

 

多くの化粧品会社が厚生省が認可した「予防型成分」だけの配合なんです。

 

メガネ跡のシミが消えた後なら、予防型でいいのですができてしまったシミを取り除くにはハイドロキノン入りの化粧を品使う必要があります。

 

皮膚科やクリニックで治療を受ける以外で、そんなハイドロキノン入り化粧品があるの? という心配ですが、ハイドロキノンが配合されたおすすめの化粧品を紹介します。

 

それは、サイエンスコスメ「ビーグレン」の乳液クリーム「QuSomeホワイトクリーム1.9」です。

 

シミ・色素沈着>

 

「QuSomeホワイトクリーム1.9」には「シミ漂白型成分」のハイドロキノンが配合されているのでメガネ跡にできたシミを薄くしてくれます。

 

ハイドロキノンは、「シミ漂白型成分」でメラニン色素を作るメラノサイト(色素細胞)の働きを抑制し、メラニンを生成する酵素チロシナーゼの働きを阻害してくれます。

 

ビーグレンは、医薬部外品の申請をするとハイドロキノンの成分含有量が制限されるので、あえて医薬部外品の申請はしていません。

 

しかし、これまでにハイドロキノン配合化粧品の販売で10年以上の実績があり、累計販売実績で600,000本を販売している信頼ある会社です。

 

国際特許取得の浸透テクノロジー「QuSome」で、肌のバリアに拒まれることなくメラニンの元までハイドロキノンが浸透してくれます。

 

ビーグレンの「QuSomeホワイトクリーム1.9」を使用すれば皮膚科やクリニックの治療を受けることなくシミを改善することができるはずです。

 

洗顔料、毛化粧水、美容液、クリームが入った5点セットのホワイトケアトライアルセット(7日分)が71%OFFの1,800円(税抜)で購入できます。

 

送料無料で365日返金保証もついています。

 

メラニン毛穴を治す方法ホワイトケアトライアルセット「ビーグレン」

 

メラニン毛穴 洗顔

 

関連記事:メラニン毛穴

 

メガネ跡が消えた後のメガネのかけ方

せっかく、メガネ跡のシミが消えても、同じメガネのかけ方をしていればまた再発してしまいます。
これを機会にメガネのかけ方も見直してみましょう。

 

メガネの調整、変更

  • メガネが顔に合っていないことが考えられるので、鼻パット(鼻当て)やメガネフレームの幅などサイド調整をしてもらう。
  •  

  • 費用は掛かりますが厚みがあって重いガラスレンズはやめて軽くて薄い負担の少ないプラスチックレンズに変える。
  •  

  • 同じようにメガネフレームも軽いものに変える
  •  

  • 鼻パット(鼻当て)がプラスチック製ならシリコン製に変えることで肌への負担を軽減できます。
  •  

  • メガネからコンタクトレンズに変える。

    これなら鼻への負担は一切ないのでメガネ跡に悩むこともなくなります。

まとめ

メガネをかけていることで、メガネ跡がシミになるなんて思いもしなかった人がほとんどです。

 

メガネを外した時に「跡がついているな」という程度であまり気にしていないと思うのですが、ふと気が付いたらシミになっていることがあるので気を付けましょう。

 

鼻の黒ずみをとる方法:TOPページ