シミは美白化粧品では治らない

シミは美白化粧品では治りません、騙されないでください!

シミは美白化粧品では治らない

 

年齢を重ねてくると、どうしてもシミができやすくなります。

 

そんなあなたはシミを何とか消そうと美白化粧品を使っていると思いますが、ハッキリ言います。

 

美白化粧品ではシミは治すことはできません。

 

しかし、できてしまったシミを消すことはできませんがシミを予防することはできます。

 

あなたが、まだシミができてなくて予防のために美白化粧品を使うのなら問題はありません。

 

シミの予防には効果があります。

 

美白化粧品メーカーもシミ予防とはっきりと謳っています。

 

しかし、よく見てください「シミが消える」「シミが治る」とはどこにも一言も書いてないはずです。

 

美白化粧品でシミが消えるなんて大きな勘違いなんです。

 

ある意味、化粧品会社の誘導広告といってもいいですね。

 

美白化粧品に含まれている主な成分は、ビタミンC誘導体やトラネキサム酸です。

 

これらの成分は厚生労働省が認可した医薬部外品の美白成分なのですが、すべてが「予防型成分」なのです。

 

既にできてしまたったシミを消すには、「シミ漂白型成分」のハイドロキノンが配合された化粧品を使用しなければシミを改善することはできません。。

 

ただ、日本ではハイドロキノンは美白成分として認められていません。

 

ですので、国内の化粧品メーカーはシミを治すことよりも医薬部外品の美白を広告で謳うことができる「予防型成分」で消費者をある意味騙してしているのです。

 

ハイドロキノンは、皮膚科で数十年前から処方され、世界中で肝斑治療に使われているシミを淡色化=漂白できる最強成分と言われています。

 

しかし、ハイドロキノンは効果が高い反面、副作用もあることから国内では配合できる成分濃度は2%までと決められています。

 

これ以上の成分濃度を求めるなら、医師による処方か輸入品でしか入手することができません。

 

ですので、シミを消そうと思ったら、医療機関による治療が一番なのです。

 

しかし、国内で唯一ハイドロキノンを配合してシミを治すために、あえて医薬部外品の美白認定の申請をしていない化粧品メーカーがあるんです。

 

配合成分は国内基準の2%に抑えられていますが、薬学博士が開発した独自の浸透テクノロジー「QuSome(R)キューソーム」(国際特許取得)で、

 

表皮の肌バリアを通過して肌の奥まで届かせることで4%同等の高い効果が発揮することができるんです。

 

その化粧品は「ビーグレン」の「QuSomeホワイトクリーム1.9」です。

 

「QuSomeホワイトクリーム1.9」なら医療機関のレーザーを頼ることなくシミを改善することができます。

 

今なら「QuSomeホワイトクリーム1.9」の他に、洗顔料、毛化粧水、美容液、クリームが入った5点セットのホワイトケアトライアルセット(7日分)が71%OFFの1,800円(税抜)で購入できます。

 

送料無料で365日返金保証もついています。

 

試してみるにはいい機会です。

 

シミは美白化粧品では治らないホワイトケアトライアルセット「ビーグレン」

 

シミは美白化粧品では治らない

 

シミは美白化粧品では治らない

 

鼻の黒ずみをとる方法:TOPページ