SIMIホワイト

SIMIホワイト

「SIMIホワイト」はシミ改善というメインの効果に加えて日焼け対策も同時にできます。

 

また、妊娠中、産後の方の栄養補給、お子様向けにも効果を発揮する安心できる医薬品です。

 

「SIMIホワイト」はビーグレンの姉妹ブランド、ビーグレンファーマから発売されています。

 

「SIMIホワイト」は、デパートや有名モールでも販売していない通販限定商品。

 

「SIMIホワイト」はシミ色素沈着を改善できるだけでなく、同時に日焼け対策もできるんです。

 

服用は7歳児以上のお子様から可能なので、お子様の日焼け対策にも使用することができます。

 

女の子のお子さんは特に日焼け対策なんか気になるところです。

 

学校のプールの授業などでは、日焼け止めを濡れないので女の子にとってはとても助かります。

 

また大人でも日焼け止めを細かく回数塗ることもできないので重宝です。

 

「SIMIホワイト」なら1回1錠で1日2回に飲むだけで日焼け止め対策ができてしまうんです。

 

安全性からいっても妊娠中や授乳中のお母さんの服用もOKです。

 

というよりもむしろ妊娠中や授乳中のお母さんに飲んで貰いたいぐらいの商品なんです。

 

というのは、「SIMIホワイト」は妊娠中とか授乳中の栄養補給にも使えるものとして開発されているからです。

 

「SIMIホワイト」は、それだけ安心して飲んで貰うことができる商品です。

 

産後、女性ホルモンのバランスが一気に変わるので、シミが増えて悩むお母さんが多いのですが、なかなか時間がなくて化粧品もゆっくりつけることができなかったりします。

 

そんな方にも、「SIMIホワイト」なら1日2回飲むだけでケアできるので、とてもおすすめです。

 

「SIMIホワイト」には第3類医薬品としては最大量の240mgのLシステインが配合されています。

 

Lシスティンの効能

強力な抗酸化力

Lシステインの大きな効能の一つに強力な抗酸化力があります。

 

強力な抗酸化力によって活性酸素を消去してくれます。

 

活性酸素

人が生きて呼吸しているだけで発生しているのですが、過剰に発生してしまうと活性酸素から身を守ろうとしてシミが作られてしまうのです。

 

活性酸素が大量に発生すると細胞を傷つけてしまうのですが、傷つけようとするところから守ろうとしてメラニンが作られるのです。

 

子供とか若いうちは、活性酸素を自ら消去する力が備わっているのですが、年齢を重ねると自ら消去しようとする力がどんどん減っていってしまいます。

 

メラニン色素を薄くする

できてしまったメラニン色素を薄くする効果があります。

 

ターンオーバーを促進する

Lシステインはアミノ酸の一種なので細胞そのものを元気にすることができるので、ターンオーバーを整えてくれます。

 

年齢を重ねることでターンオーバーも遅くなってくるので、シミを排出する力も遅くなってきます。

 

するといつまでたってもシミが肌に残ってしまうんです。

 

Lシステインはしっかりとターンオーバーを整えてシミの排出を高めてくれます。

 

その他の効能

「SIMIホワイト」を服用することで、髪に艶が出てきたという方もいるようです。

 

爪がもろかったり、二枚爪になりやすい方にも爪がしっかりしてくる効果もあります。

 

さらに、意外な効果ですが二日酔いにも効果があるんです。

 

二日酔いに良いとされている食品にシジミがあります。

 

シジミはアルコールを分解する酵素を増やす働きがあるのですが、効果を出すにはお酒を飲む前にのんでおかなくてはいけません。

 

Lシスティンは、アルコールで出てくるあの悪い物質アセトアルデヒドを直接無害化することができるので、飲んでしまった後でも効果を発揮します。

 

Lシスティンは飲んでから約30分で血中濃度が最大になると言われています。

 

ですので、アッ、ちょっとまずいな?と思ってから飲んでも即効性があるので心強いです。

 

「SIMIホワイト」はアルコールと一緒に服用しても問題ありません。

 

美白化粧品と医薬部外品の違い

美白化粧品、いわゆる医薬部外品は、シミソバカスを防ぐ効果が認められていますが、シミ改善の効果はありません。

 

言い方を変えると美白化粧品にはシミを改善してしまうような成分は入れることができないのです。

 

もちろん、シミをしっかり防ぐことも大事ですが、出来てしまったシミの改善は医薬品に頼ることが必要です。

 

また、美白化粧品は外から塗るものなので、効果が出るのは塗ったところだけです。

 

しかし、「SIMIホワイト」は服用タイプなので全身に効果が行き届きます。

 

手が届かない背中のシミなどにも効果を発揮します。

 

「SIMIホワイト」は、虫に刺された時のかぶれによる色色素沈着にも効果があります。

 

飲む日焼け止めサプリとの違い

効果は医薬品なのかサプリメントなのかで大きく違います。

 

「SIMIホワイト」は医薬品ですので日焼け対策も効果が認められています。

 

なおかつシミ改善も一緒にできることが認められています。

 

対してサプリメントは日焼けに対する効果は認められていないので補助として対策することになります。

 

Lシスティンは医薬品なので、飲む日焼け止めサプリには含まれることができませんが、紛らわしい名前のLシスチンは配合することができます。

 

LシスチンはLシスティンに体内で変換されないと効果が発揮できません。

 

Lシスティンはそのまま効果を発揮することができます。

 

ですので、スグに効果を適確に出すにはLシスティンを取り入れた方がいいことになります。

 

塗る日焼け止めとの違い

塗る日焼け止めは正しくしっかり塗れば効果が高いと言われていますが、よく言われているのが正しく塗れている方が非常に少ないことです。

 

SPF50と書かれていても、その効果を発揮するためには、想像している以上に多くの量を塗らなければいけないんですが、

 

ほとんどの方が少ししか塗っていなかったり、こまめに塗り直さなかったりします。

 

そうすると、せっかく正しく塗ると効果があるのに効果が発揮できていない方が多く、うっかり日焼けしてしまう方が多くいるんです。

 

あと、敏感肌の方など日焼け止めが肌に合わない方もいます。

 

また、波長が長い紫外線A波は窓ガラスを通過して入ってくるので、家の中にいても知らず知らずのうちに日に焼けてしまうこともあります。

 

そうするとシミやシワなどの肌の老化の原因につながっていきます。

 

ですので、飲んだ方が手っ取り早く効果が発揮できます。

 

「SIMIホワイト」を飲んでいても、日焼け止めを塗ってWでケアしても問題はありません。

 

SIMIホワイト薬学博士監修!シミを薄くする医薬品「SIMIホワイト」

 

 

鼻の黒ずみをとる方法:TOPページ