いちご鼻の原因&解消方法

いちご鼻の原因&解消方法

果物のいちごはキレイですが、いちご鼻は、極端な言い方ですが気持ち悪いですよね。

 

鼻は顔の中でTゾーンにあって一番目立ちやすいので、どうしても気になりますし、あなたを見ている相手も気にします。

そんな、いちご鼻の原因と解消方法を解決します。

イチゴ鼻の治し方

いちご鼻になる原因

いちご鼻は、黒ずみが目立つばかりでなく触った時に凸凹感があり鼻の表面がざらついています。

 

いちご鼻の主な原因は、毛穴が開いたり、皮脂成分が過剰に分泌されたり、メイクの汚れなどが毛穴につまり角栓ができ、

 

その角栓が空気に触れ酸化することで黒くなります。
また皮膚の代謝が鈍化することでも起こります。

 

角栓が黒くなることで毛穴が目立つようになり「いちご鼻」になります。

 

肌の乾燥もいちご鼻の原因になりやすいので注意して下さい。

いちご鼻の間違ったお手入れ方法

いちご鼻は、間違ったお手入れをするとさらに悪化してしまいます。
悪化を防ぐためにも間違ったお手入れはしないようにしてください。

 

>>鼻の黒ずみ対策 3大NG 

いちご鼻の解消方法

自宅でのいちご鼻の治し方

いちご鼻の原因&解消方法

いちご鼻が気になって、鼻パックをするのですが、
なかなかうまく取れないときがあります。

 

どうしても頭だけが出て残ってしまうんですよね。

 

そんな時には、こうするといちご鼻を直すことができます。

 

まず厚手のタオルを湿らして、
袋にいれて30秒ほど電子レンジでチンします。

 

タオルを袋から取り出し、タオルが冷たくなるまで顔にあて、
しっかり蒸します。

 

その後、クレンジングでしっかりマッサージした後、洗顔します。
毛穴の黒ずみをなくしお肌を引き締めるには洗顔の方法が大事です。

 

「毛穴ケアには洗顔」というくらい重要なのです。

 

正しい洗顔方法を説明します。

 

洗顔石鹸や洗顔フォームを、きめ細やかな泡が立つまで指先でこねて泡立てます。
はじめは慣れないかもわかりませんが、少しづつ水を足しながら焦らず根気よくこねます。

 

すぐにコツをつかめると思います。

 

きめ細やかな泡は弾力性がありますので、手を逆さにしても落ちません。

 

泡立てが簡単にできる市販の泡立て用網を使えば、あっという間に泡立ちます。

 

オリジナル泡立てネットが付いてる洗顔フォームもあります。
この泡で毛穴の掃除をします。

 

泡の力で毛穴を綺麗にします。
指や手に力を入れずに優しくお鼻を中心にお顔全体に滑らせます。

 

ここで大事なことは力を入れ過ぎると、
せっかく開いた毛穴が閉じてしまうので注意が必要です。

 

次にすすぎですが、泡が残らないようにすみずみまで丁寧にすすぎます。

 

お湯の温度はぬるめのお湯が最適です。

 

熱すぎると肌が乾燥してしまいます。
この後が大事です。

 

洗顔、すすぎの後は、化粧水を浸したコットンでお肌が冷たくなるまで、
しっかりとパッティングします。

 

以上の正しい方法を毎日、実践することで、あなたのいちご鼻は治りますよ(^^)

 

どろあわわ洗顔だけで2トーン上の明るい肌に!?【どろあわわ】

皮膚科治療

一番確実で治療効果が早いのが、皮膚科に通って治療することです。
自分で治そうとするのもいいですが、ひどくなって自分の手に負えなくなったら、やはり皮膚科に相談するのが一番です。

 

なんだ、そんな事わかっているよ! という声が聞こえてきそうですが、皮膚科医がすすめる治療法ですので、きっとあなた自身の治療の参考になると思いますので是非、最後まで読みすすめてもらえると嬉しいです。
まず、皮膚科医の治療方法を紹介します。

 

■ケミカルピーリング
くすみやざらつき、炎症を起こしたニキビの治療には、この療法が向いています。
この治療法は古い角質や毛穴に詰まった汚れを溶かすことで、いちご鼻を改善します。
改善日数としては7〜10日感覚で6〜7回の治療が必要となります。

 

■レーザー治療
皮膚科で最も多く行われている治療法は、たくさんあるレーザー治療法の中ではメラニン色素に反応するレーザー治療です。
メラニン色素をピンポイントで破壊することで、黒ずみの原因である古い角質や角栓を取り除きます。
皮膚の真皮層にレーザーを当てることでコラーゲンの再生も促し肌のハリも出て毛穴が目立たなくなります。

 

■化粧品・サプリメン
肌を健康に保つのに良いとされるビタミンAはビタミンEと一緒に摂取することで、より高い効果を得る事ができます。
ただし、妊婦さんにはビタミンAの摂り過ぎは良くないので、摂り入れるならβ-カロテンを摂るようにします。
皮膚科ではビタミンAや美白効果のあるビタミンCが含まれた化粧品を推奨していますので、それらの成分が含まれたものを選ぶことで治療効果が高まります。

 

プラセンタ成分も代謝を高めるのでお薦めです。

 

*保険適用治療
ビタミンB群や抗生物質(内服・塗り薬)、抗菌塗り薬などの処方
*保険適応外治療
ピーリングやレーザー治療

いちご鼻治療後のケア

せっかく皮膚科の治療でいちご鼻が改善されても、また再発してはどうしようもありません。
また同じいちご鼻で苦しまないためにも改善後は生活習慣も改善しましょう。

  • 生活のリズムを守る
  • 食事は偏らない、バランスよく
  • 刺激物、脂肪分が多く含まれる食事、加工食品は控える
  • タバコやアルコールは出来たらやめるか量を少なくする
  • 継続して適度な運動を行う
  • ストレスを溜めない

 

鼻の黒ずみ:TOPページ