鼻の黒ずみと界面活性剤

鼻の黒ずみと界面活性剤

鼻の黒ずみ対策には界面活性剤は大敵です。
しかし、界面活性剤はほとんどの化粧品に入っています。

 

界面活性剤って一体どんな成分で、肌にどんな悪影響があるのでしょうか?

界面活性剤とは、物質の界面に働きかけて、本来は馴染むことがない成分をなじませる物質です。
う〜ん、難しいですね。

 

界面とは、たとえば水と油は、なじみませんよね。その混じらない境目のことを界面といいます。
この本来なじまない成分が界面活性剤の働きで馴染むことができるのです。

鼻の黒ずみと界面活性剤

使われている化粧品の数は多く、クレンジング、日焼け止め、化粧品(乳液、化粧水、
美容液、ファンデ等々)シャンプー、リンスなどに含まれていて、実はなくてはならないものなんです。

 

しかし、この界面活性剤は鼻の黒ずみに悪いというか肌全体にとって、
すごく悪い成分なんです。

洗顔料にはすべてに「界面活性剤」が含まれていて、その効果で顔についた汚れや皮脂などを洗い流しています。

 

界面活性剤自体は問題はないのですが、「合成界面活性剤」が含まれているとかなりヤバイです。
合成界面活性材という言葉を聞き慣れている人もいると思いますが、そうです、食器を洗ったり、洗濯をしたりするときに使われているあの合成界面活性剤です。

 

テレビのコマーシャルの常連ですよね。
ひどい油汚れでも洗剤を使うことでヌルヌルがキュッキュッと音がするくらい油汚れが取れたり、スパゲティなどを服にこぼしても洗剤を使うことで真っ白になったりします。

 

油は、ご存知のように水をはじくので、水で流した洗ったりしても汚れを落とす事はできません。
しかし、この合成界面活性剤が含まれることで汚れがキレイに落ちてしまうのです。

 

主婦の方は、毎日、食器洗いや洗濯をおこなっているので手がシワシワになり潤いも少なくなっています。
ひどい場合には手に湿疹ができる人もいます。

 

ほとんどの主婦が手が荒れてしまっているのですが、この手荒れの原因が「合成界面活性剤」なのです。
「合成界面活性剤」は汚れを落とすには、とても強力な効果があるのですが、これを毎日顔に塗ったり、洗ったりしていてはどうなるでしょう?

 

おわかりですよね。手荒れと同じ様に肌も荒れてくるのです。
「合成界面活性剤」は肌の皮脂はもちろん、大事な保湿成分(セラミドなど)までも奪い取ってしまいます。

 

しかし、不思議ですよね、そんな悪い効果しかないのに使用したあとは、肌がしっとり潤っています。

 

実はこれが化粧品の罠なのです。

 

合成界面活性材により肌は大事なバリア機能を持つ「角質層」が傷ついています。
すると角質層の「細胞」と「細胞」の間に隙間でき、外部からの刺激に弱くなり肌の内部からの水分がどんどん蒸発していきます。

 

しかし、ほとんどの化粧品は、その隙間に人口の保湿成分が無理やり入れることで肌を騙しているのです。

 

それが継続されることで、いつの間にか敏感肌になったりして、さらに余分な保湿成分で偽装工作をするような悪いループにはまりこんでしまうのです。

 

最近は「合成界面活性剤」不使用をうたっている化粧品も増えてきました。
化粧品の購入には是非、成分表で「合成界面活性剤」が含まれているかどうか確認して購入するようにしてみてください。

 

そうでないと、良かれと思っている化粧が地獄のループに入り込んでしまっていることになりかねません。

 

当サイトで紹介しているクレンジング洗顔料は「合成界面活性剤」は使われていません。

 

鼻の黒ずみを取る方法:TOPページ