鼻の黒ずみ原因と除去方法

鼻の黒ずみの原因と除去方法

一口に鼻の黒ずみといっても原因は大きくわけて3つにわけられます。
『毛穴の詰まり』 『メラニン』 『うぶ毛』の3つです。

 

原因が違えばそれぞれに対処方法も違います。
それぞれ自分にあった方法を実践することで鼻の黒ずみをキレイにして下さい。

 

鼻の黒ずみの手入れをしているのだけれど、一向に改善されないという方は、今一度、鼻の黒ずみのお手入れ方法を見直してみる必要があるかもしれません。

毛穴の詰まり

このタイプは古くなった角質皮脂が混じり合った角栓が毛穴に詰まって起きる症状です。
自分で鼻を触ってザラザラするのはこのタイプです。

 

鼻の黒ずみの原因と除去方法

角栓が全て鼻の黒ずみの原因ではありません。

毛穴に角栓があることで外部の細菌から毛穴を守ってくれます。

 

黒ずみのない綺麗な鼻の人でも角栓はできます。

 

問題なのは、毛穴が角栓や、ホコリ、化粧カス等の汚れで詰まり、それが酸化して黒ずみになることです。

 

角栓が溜まると毛穴を押し広げます。
そうすることで毛穴がさらに目立ち影が黒く見えます。

 

*うぶ毛も触るとザラザラするので鏡を使ってうぶ毛が生えてのザラザラか、角栓によるザラザラかを確認してください。

対処方法

正しい洗顔を行う

余分な汚れや皮脂は洗い落とす必要がありますが洗い過ぎると肌への負担をかけるのでよくありません。
また洗い過ぎることで必要な皮脂までとりのぞくことで肌を防御するものがなくなり肌が乾燥しやすくなります。

保湿

洗顔の後はしっかりと保湿をします。
保湿が足りないと肌が乾燥し皮膚が引っ張られることで毛穴が開きやすくなります。

 

この時も乳液・美容液などのつけすぎに注意してください。
つけすぎると毛穴を詰まらせる原因にもなります。

メラニン

鼻を触ってザラザラを感じなければメラニンが原因の鼻の黒ずみです。
メラニンはご存じのように紫外線などの刺激を受けて出来るのですが、摩擦や肌に合わない化粧品を使うことで出来ることもあります。

 

皮膚に出来たメラニンが時間をかけて肌の表面にでて消滅すればいいのですが、そのまま残ることで黒ずんで見えることになります。

対処方法

メラニンによる鼻の黒ずみ対策は、『紫外線対策』『肌の調子を整える』『正しい洗顔方法』『保湿』の4つです。

 

『正しい洗顔方法』『保湿』は前述の「毛穴の詰まり」と同じです。

鼻の黒ずみの原因と除去方法

紫外線対策

紫外線によるメラニンが生成されるのを抑えます。
外出時には日焼け止めや日傘で紫外線をカットします。

 

室内でも紫外線は入るのでできたらカーテンなども遮光カーテンにしたり窓にUVカットシールを貼るのも効果的です。

肌の調子を整える

肌は毎日、新陳代謝を繰り返しています。
肌のお手入れはもちろんですが、規則正しい日常生活、十分な睡眠、適正な食生活が大事です。

 

お肌の外側からのお手入れだけでなく体の内側を整えることでお肌も調子を整える事ができます。

うぶ毛

鏡で確認すると毛穴から生えているうぶ毛を確認する事ができます。
鼻を触るとザラザラすることでもわかります。

対処方法

鼻の黒ずみの原因と除去方法

うぶ毛のお手入れは自分でするのはやめた方がよいです。

顔の皮膚はとても薄く、自分で処理することで肌を傷つける心配があります。

 

毛抜きで抜くのも厳禁です。

 

次にうぶ毛が生えてくる時には、より太くなって生えてくることがあります。

 

うぶ毛の処理は皮膚科や美容外科に相談することをおすすめします。

 

鼻の黒ずみ対策、間違った角栓ケア

鼻の黒ずみの原因は角栓ですが、その角栓ケアで意外と間違った対策をしている方が多いので正しい鼻の黒ずみ、角栓ケア対策を説明します。

 

鼻の黒ずみは、鏡を見たときに一番目につきやすい位置にあるので、どうしても気になります。
黒ずみだけでなく、白い角栓もあります。

 

しかし、それらの角栓を無理にとろうとすると逆に肌を傷め、トラブルを引き起こすことになります。

毛穴パックの間違い

鼻の黒ずみ対策として、一番手っ取り早いのが鼻用に作られた毛穴パックです。

 

毛穴パックは使用すると見事に、黒ずみなどの角栓がとれるので、びっくりするとともに効果が期待できると病みつきになる人がいます。

鼻の黒ずみ

しかし、この方法はNGです。

 

毛穴パックは角栓だけでなく、鼻の周りの角質層も一緒にはがしてしまいます。

 

角質層には、肌の水分をキープしたり、外部からのアレルゲンの異物から肌を守る役割があります。

 

しかし、毛穴パックで角質層がはがされることで、肌の水分の保持と外部からの刺激を
防ごうとに、皮脂が余計に分泌されます。

 

またはがされた角質層を厚くしようと角化がはじまり角栓が余計にできてしまいます。

 

皮脂と角質が凝縮したものが角栓ですから、鼻パックの使用により皮脂が増え角化が早まることで、さらに角栓ができやすくなるのです。

 

角質層がはがされた時のトラブル

角質層が鼻パックによりはがされると前述のように角栓が出来やすくなるばかりでなく、バリア機能が低下しているので紫外線に弱く、シミやシワができやすくなります。

 

また、にきびや吹き出物の原因となるアクネ菌なども増殖します。
鼻パックで、毛穴が開いているところには、汚れがたまりやすく、さらに角栓に悩まされることになります。

 

これは、毛穴パックだけでなく、指や器具などで角栓を押し出しても同じことで肌にはよくありません。

鼻の黒ずみ対策ケア

鼻の黒ずみ対策は、決して毛穴を無理にこじ開けないようにすることです。

 

蒸しタオルを顔にあて自然に毛穴が開くのを待ってから、細かく泡立てた泡で洗顔をすることで角栓がたまりにくくなります。

 

洗顔には「どろあわわ」がお薦めです。

 

それでも角栓が気になる時には、蒸しタオルで顔を暖めたあとにオイルでマッサージする方法もありますが、この方法も鼻パックと同じで角質層を傷つけてしまいます。

 

鼻の黒ずみ、角栓とりには「リメリー」がおすすめです。

 

角質層を痛めることなく鼻の黒ずみ、角栓を取り除くことができます。

鼻の黒ずみ:3つの勘違い

鼻の黒ずみが気になり何とか鼻の黒ずみを取ろうと悩んでいる人は多いですが、黒ずみが治らないという人の中には勘違いをしたお手入れをしている方も多く見かけます。

 

ここでは鼻の黒ずみの原因とお手入れの3つの勘違いについて取り上げます。

勘違い@

鼻の黒ずみの原因と思われる毛穴のつまりを皮脂だと勘違いしている人が多いです。

 

もちろん皮脂がゼロとは言いませんが毛穴の詰まり「角栓」は70%が古い角質(タンパク質)で皮脂は30%しかありません。

 

角質対策ではなく皮脂対策ばかりしていては毛穴の詰まりは解消できません。

勘違いA

洗顔やクレンジングで毛穴の奥まで綺麗にできると勘違いしている人がいます。
通常の洗顔やクレンジングでは毛穴の奥までは綺麗にできません。

 

洗浄力がどんなに強くても、スクラブが入っていても洗浄力は角栓の表面しか届きません。
前述のように角栓は70%がタンパク質なので、クレンジングオイルでも溶けることはありません。

 

通常の洗顔やクレンジングでは逆に水分保持力の80%を保持する角質層の細胞間脂質(セラミドなど)が溶け出して乾燥肌を作り出してしまいます。

 

黒ずみが落ちないからと、こすりすぎると摩擦による刺激で角質層にダメージを与え逆に肌の防御機能が働き、角質層が厚くなってしまいます。

勘違いB

鼻の黒ずみの原因は角栓だけではありません。
鼻の黒ずみの原因には角栓の他に次の原因があります。

  • メラニンが毛穴の入口に溜まり黒く見える
  • 肌が乾燥することで毛穴が開き黒く見える
  • 毛穴のまわりがすり鉢状になっている
  • ニキビ跡がクレーター状になっている

それぞれの原因にあわせてケアをしないと鼻の黒ずみはいつまでたっても改善はしません。

鼻の黒ずみ除去方法

角栓詰まり対策

通常の洗顔やクレンジングを使用するのではなく、どろあわわ「リメリー」を使い優しく角質層へのダメージを最小限におさえ合わせて保湿をする

メラニン毛穴対策

美白化粧品を使用することでメラニンの排出や生成を阻止する

乾燥毛穴対策

角質層の潤い成分である、「細胞間脂質」に近い成分がベースの「リメリー」>を使用することでセラミドなどの保湿成分を補う。

すり鉢状毛穴対策

すり鉢状になった毛穴に酸化した皮脂が残らないように1日に2回、優しく洗顔をし日中はティッシュや脂取り紙で皮脂を取り除く。

 

ただし、やりすぎると逆効果になります。

クレーター毛穴対策

クレーターが浅い場合は、肌のターンオーバーを繰り返すことで改善しますが、深い場合はターンオーバーでは改善が難しいので皮膚科で適切な処置を受けることが望ましいです。

 

鼻の黒ずみ:TOPページ