正しいクレンジング

クレンジングのすべてがわかる!!

正しいクレンジングT

クレンジングの役割とは?

メイクアップ料や日焼け止めを落とすことが目的
クレンジングの役割は、ズバリ、油性の汚れ、つまりメイクアップ料を落とすことです。

 

油性の汚れを落とすには、油分で浮かせないと落としきれません。
そのため、メイクをした日はクレンジングが必須となるわけです。
クレンジング料には、メイクを浮かす油分とともに、界面活性剤が配合されています。

 

界面活性剤と聞くと、”肌によくないもの”と認識している人も多いようですが、油分で浮かせた油性の汚れを水で流すには、界面活性剤という橋渡し役がどうしても必要になります。
界面活性剤によって、油分と水が乳化して混ざり合い、短時間でスッと簡単に水で流せるようになるのです。

 

クレンジング料には色々な形状があります。
オイルタイプやクリームタイプ、ミルクタイプなどです。

 

これらは、油分と界面活性剤、水分の配合バランスによって形状が異なり、洗浄力にも差が出てきます。
洗浄力が高いということは、肌への負担も大きくなるので、慎重に選ぶ必要があります。

 

また、実際に使うときに、正しい方法でクレンジングを行えていない人がけっこういらっしゃいます。
使い方が正しくないと肌を傷つけてしまい、肌トラブルの原因になることもあります。
自分の肌に合ったクレンジング料を選び、正しく使うことが、美肌への第一歩となります。

 

スキンケア用語解説
界面活性剤
油と水を混ざりやすくする物質で、油性の汚れを水で流す橋渡しの役割を果たす。
界面活性剤は多すぎると肌のうるおいを奪うので注意が必要。
そのほか、乳液やクリームをつくるときにも界面活性剤は用いられるが、この場合は乳化剤と呼ばれている。

正しいクレンジングU

肌に優しいのはクリームタイプのクレンジング

クレンジン料のなかで、肌に負担が少なくバランスがよいのはクリームタイプです。
油分を適度に含み、メイクを浮かせるのに適するからです。
ジェルタイプもよいですが、ジェルの場合は、油分を含んで乳化してあるものがよいでしょう。

 

いずれも硬めのテクスチャーのものが、肌をこすらないのでベターです。

 

反対に、肌に負担をかけやすいのはオイルやリキッドタイプ。
これらは界面活性剤が強いものが多いようです。
ミルクタイプも優しいイメージで最近人気ですが、ミルクは水分が多いため、メイクとのなじみが悪くなり、そこを埋め合わせるために界面活性剤を強くしてあるものもあるようです。

 

総合的に考えるとクリームか乳化ジェルがよいといえますが、これらのタイプならなんでもよいともいえません。
もちろんよしあしはあるので、自分の肌で試して、優しいものを選ぶのが、クレンジング選びのポイントです。

クレンジングの種類と特長
シートタイプ

手軽だが、摩擦で肌にこまかい傷がつき、長く使い続けると、シミができやすくなることもあります。
旅行先などでの使用にとどめてください。

リキッドタイプ

油分をほとんど含まず、界面活性剤を主体にするものが多い。
サラッとした使用感が手軽だが、毎日使うと肌の負担になることもあります。

オイルタイプ

毛穴の奥から汚れが落ちるイメージがあって人気ですが、洗浄力が強いものが多いです。
ハードメイクをしたときにとどめる方がベターです。

ジェルタイプ

油分を含む乳化ジェルタイプはバランスがよい。
ただし、ものによっては、やはり刺激が強いものもあるので、見極めは重要です。

クリームタイプ

適度な油分を含み、肌への優しさと洗浄力のバランスが良いタイプ。
デイリー使いにオススメ!
ただし、メーカーによっては多少バラつきがあります。

ミルクタイプ

水分が多いため、メイクとの馴染みがよく、それを補う界面活性剤が多めに配合されているものもあります。
ミルクという言葉の響きの優しさにつられないように気をつけてください。

正しいクレンジングV

クレンジングは焼く1分で手早く終わらせる

あなたはクレンジングを行うとき、どのくらい時間をかけていますか?
しっかりとメイクを落とそうとして、長い時間をかけている方も多いのではないでしょうか。
しかし、クレンジング料が肌に触れている時間が長いほど、肌のうるおいは奪われてしまいます。

 

クレンジングの段階で、メイクアップ料を完璧に落とそうとしなくても、その後の洗顔でもある程度落とせるので問題ありません。
クレンジングをしてすすいだときに少しぬるっと残っているくらいで大丈夫。
そのまま次の洗顔へ進みましょう。

 

そのほか、クレンジング時に気をつけたいのは、きちんと適量を使うことです。
使う料が少ないとつい肌をこすってしまい、摩擦で肌が傷みます。
クリームタイプなら、さくらんぼ2個分くらいは必要です。

やりがちなまちがいクレンジング

なかなか自分では気づきにくいまちがい。
ここで多くの人がしがちな間違いクレンジングのベスト5をご紹介します。
自分が当てはまっていないか、チェックしておきましょう!
NG1

クレンジング兼洗顔のアイテムを使う
クレンジングと洗顔を兼ね備えた、いわゆるW洗顔不要のアイテム(泡タイプなどに多い)は、1ステップで落とすために洗浄力が強くできています。
やはり簡単なものは何かを犠牲にしているといえます。

NG2

使う量が少ない
使う量を特に意識していない人が多いですが、量が少ないと、肌をこすってしまいまい、角層を傷つける恐れがあります。

NG3

ポイントメイクは、専用のリムーバで落としている
アイメイクや口紅のポイントメイクを落とすための専用リムーバリムーバーは、落ちがいい分、肌への刺激も強いようです。
ポイントメイクが落ちにくい人はオリーブオイルで落としましょう。

NG4

しっかり落とすために肌をこする
メイクをしっかり落としたいがために、無意識に力が入りすぎて、こすってしまっている人はけっこう多いようです。
こすると肌が乾燥するだけでなく、摩擦によって黒ずんでくることもあるので注意してください。

NG5

クレンジングしながらマッサージしている
毛穴の汚れや角栓、肌のざらつきをとるためにクレンジングでマッサージをする人がいますが、クレンジング料は界面活性剤を含むので、肌に長く触れていると肌のうるおいまで溶かし

 

出してしまいます。
1分以内でクレンジングは終らせるようにしましょう。

How to正しいクレンジング

ポイントメイク落としからスタート!
ポイントメイク落とし編

ポイントメイク落としには精製オリーブオイルを使用
一般に売られている専用リムーバ―は、刺激が強いので、薬局やドラッグストアで売られている精製されたオリーブオイルで落とすことを推奨します。

 

オイルでメイクを浮かせてから、顔全体のクレンジングを行います。
ポイントメイクを落とす際は、コットンでこすらないように注意してください。
@コットンの裏にしみるくらい塗布
クレンジングはポイントメイク落としから。
コットンの裏にまでしみるくらい、精製オリーブオイルをたっぷり含ませておきます。
これを3枚用意
A目元や口元に1分間のせておく
@で用意したコットン3枚を両目と口元にのせて密着させます。
ポイントメイクが浮いてくるまで、そのまま1分待ちましょう。
B絶対にこすらず、優しく拭き取る
コットンをゆっくり動かし、浮いたメイクアップ料をぬぐうようにして優しく拭き取ります。
少々メイクが残っていても、顔全体のクレンジングに進みます。

顔全体のクレンジング編

@適量を手のひらにとる
クレンジング料を適量手のひらにとります。
少ないと肌を摩擦して傷めるので、量は多目がベター。
クリーム状ならさくらんぼ2個、液状なら500円玉くらいが目安。
ATゾーンからのせていく
顔の中でも比較的皮膚が強い額と鼻のTゾーンにまず半量のクレンジング料をのせる。
指の腹を使ってメイクとなじませていきます。
B次のUゾーンに広げる
残りの半量を頬などのUゾーンにのばします。
肌を卵だと思って、卵を割らない程度の優しい力加減でメイクとなじませていってください。
C最後に目元や口元にもなじませて
もっとも皮膚の弱い目元や口元には最後にのばしてなじませます。
ここはすでにポイントメイクで落としているので、特にさっとなじませるだけでOK。
Dすすぎはぬるま湯で素早く!
人肌程度のぬるま湯で、素早く洗い流していきます。
多少ベタツキが残ったとしても、次の洗顔で落ちるので問題ありません。

ここまでトータルで約1分をめざしましょう。

 

鼻の黒ずみ:TOPページ