鼻の黒ずみケア:化粧品選びのポイント

鼻の黒ずみケアに必要な化粧品選びのポイントを解説します。

鼻の黒ずみケアとして、ここでは毛穴のトラブルを3つに分類して解説します。

 

鼻の黒ずみや開いた毛穴、ニキビなどの毛穴トラブルに悩んでいても、きちんとした毛穴ケアを行わずに、メイクやマスクでごまかしている方も多くいます。
しかし、毛穴対策を根本的に原因から解明して適切な毛穴ケアを行わなければ、毛穴の状態はさらに悪化していきます。

 

毛穴が汚れで詰まっている

原因

メイクが落としきれなかったり、ホコリや古い角質などが、皮脂と混じり合うことで角栓ができます。
この角栓が毛穴を詰まらせるのですが、無理に洗顔で強くこすったり、毛穴パックを何回も行ったりすると逆効果になります。

 

肌に必要な角質までをはがしてしまうからです。

化粧品選びのポイント

「W洗顔不要」「簡単」とうたわれるクレンジングが増えていますが、お肌のためには油溶性の汚れはクレンジング剤で落とし、水溶性の汚れは洗顔料で落とすというのが理想です。

 

またクレンジングも、オイル、ミルク、クリーム、水・・・多くの種類がありますが、皮膚と細胞の間にある細胞間脂質に最も成分が近いとされているゲル成分をベースにしたクレンジングが肌への負担を少なくします。

毛穴がたるんでいる

原因

毛穴が開いて楕円形状になってしまうのは、毛穴がたるんでいるからです。
主な原因は加齢により毛穴を支える真皮のコラーゲンやエラスチンが弱ってきているために起こります。

化粧選びのポイント

毛穴のたるみにはビタミンCが配合されている化粧品を選びます。

 

ビタミンCはコラーゲンの生成を助ける効果がありますが、成分自体が壊れやすく外部からも浸透しにくい性質を持っています。

 

最近では、肌への浸透力が高い誘導体型のビタミンCが開発されているので成分表に「リン酸アスコルビル」「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」と表示されているものを選ぶと良いでしょう。

毛穴が帯状になっている

原因

毛穴と毛穴が、小じわで繋がっている状態ですが、放っておくと大きなしわの原因にもなります。
これは乾燥肌や皮脂の過剰な分泌によって開いた毛穴がたるむことで起こります。

 

毛穴が帯状になる人には皮脂の分泌量が多い脂性肌の人に多く見られます。
皮脂を取りのぞこうと過度に洗顔などを行うと逆に、肌が皮脂が不足していると判断して皮脂の分泌を増やすことになるので注意が必要です。

化粧品選びのポイント

毛穴が帯状にならないためには、肌を乾燥させないように保湿ケアを行うことが必要です。
糖類のセラミド・ヒアルロン酸・トレハロースなどは肌を潤してくれる保湿成分です。

 

化粧品選びは、これらの成分が配合された化粧品を選ぶようにしましょう。

 

鼻の黒ずみをとる方法:TOPページ

鼻の黒ずみは、重曹洗顔や重曹パックで取れるでしょうか?

重曹を使って「重曹洗顔」や「重曹パック」をすることで、鼻の黒ずみが取れる美容法がネット上で評判になっています。
「鼻の黒ずみが取れた」「角栓がポロポロと落ちた」など、色々な効果があった記事を目にしますが、果たして本当でしょうか?

重曹を使った洗顔法とは

洗顔剤を泡立てた後に重曹をひとつまみ加え、優しく洗顔し洗い流す。
この方法は重曹のスクラブ効果、洗浄効果で鼻の黒ずみや角栓を解消する効果があると言われています。

重曹を使ったパック方法とは

重曹に水を加え、顔に塗布しても、垂れないくらいのペースト状に仕上げ鼻の黒ずみが気になるところに塗り、約10分放置した後に洗い流す。
重曹パックをすることで、鼻の黒ずみや角栓が取れ、ブツブツ・ザラザラ感が解消できると言われています。

皮膚医学的に重曹洗顔、重曹パックは有効でしょうか?

食品としても使用される重曹は、温泉の成分でもあり安全性は高いです。
弱いアルカリ性なので水に溶かすことでピーリング効果が少しはあります。

 

それによって鼻の黒ずみ、古い角質が取れることはあります。
しかし、スキンケアとして継続して使うことは、よくありません。

 

市販で食用として販売されている重曹は粒子が大きく、使用方法によっては過度に皮膚に「摩擦」を起こします。
摩擦によって皮膚は「慢性炎症」を起こし、悪影響が出ることがあります。

 

例えば、長年メガネをかけている人の鼻の付け根が黒くなっていたり、花粉症の人が何度も鼻をかむことで鼻の周りが茶色くなったり、アトピー性皮膚炎で目や首をかいてしまう人は目や首の周りが茶色く色素沈着を起こす症状です。

 

これらは、すべて摩擦が原因で慢性炎症が起こることでメラニンが余分につくられてしまった結果です。

 

ネット情報は、万人にOKな情報ばかりではありません。たまたま、その人の肌にあっていただけ。
という情報も混ざっているので、そのまま信用することなく慎重になることが大事です。

結論

重曹洗顔で表面的に見える鼻の黒ずみは取る事はできますが、あくまでも対処療法です。
鼻の黒ずみの原因である毛穴の奥に詰まった古い皮脂は取り除く事はできません。

 

鼻の黒ずみを根本的に解決するには毛穴の奥に詰まった古い皮脂を取り除く必要があります。
古い皮脂が取り除かれると、新しい新鮮な皮脂が生まれてきます。

 

新鮮な皮脂は乾燥を防いでくれるので、乾燥肌とは無縁になるダブルの効果があります。
重曹はコストパフォーマンスは良いですが、食用や洗剤として販売されているのでスキンケア用には作られていません。

 

したがって、スキンケアにはスキンケアように作られた物を使用するのが安全です。
あくまで使用するなら自己責任です。

 

鼻の黒ずみを取る方法:TOPページ