皮脂が毛穴につまらない肌を作る

正しいスキンケア、皮脂が毛穴につまらない肌を作る

鼻の黒ずみ

鼻の黒ずみを無くすには、様々な方法がありますが、

最終的にあなたの肌が、
「毛穴が詰まらないような肌質」に変わらなければ、
どんな治療をしても、
お鼻の黒ずみからは完全には解放されません。

 

毛穴が詰まらない肌とは、言い換えれば健康で強い肌の事です。
「それができれば苦労しないわよ」
そんな声が聞こえてきそうですね。

 

大丈夫です。

 

きちんとしたステップを踏んでいけば、あなたの肌は、見違えるように生まれ変わります。
黒ずみは毛穴に皮脂が詰まることで起こります。

 

だから、黒ずみができると、誰でも皮脂を落とそうとします。
あなたも心たりありませんか?

 

たとえば、皮脂や毛穴の汚れを落とそうと一日に何度も洗顔したり、
オイルタイプのクレンジングでメイクを落としたり。
皮脂を少しでも減らそうと、洗顔後には化粧水だけしかつけなかったり。

 

実は、これらは全部、黒ずみにとって逆効果になる危険性が高いNGスキンケア
代表的なものたちです。

 

皮膚の表面には角質層という薄い層があり、角質層の中に含まれる水分が、
肌に潤いと弾力性を与えています。

 

その上で、皮脂が皮膚の表面を覆うことで肌を乾燥から守り、
肌の潤いをしっかり保ってくれています。

 

要するに、皮脂と水分のバランスによって私たちの肌は
健康で柔らかく保たれているわけです。

 

洗顔のしすぎや、洗顔後のケアを怠ることで皮脂が極端に失われると、
肌の乾燥が進み、肌は弾力性を失います。

 

すると、肌の乾燥を補おうとしてより多くの皮脂が分泌されるようになり、
角質層の中はかさかさなのに、皮膚表面はべとべとのバランスの悪い肌になってしまいます。

 

バランスが悪い肌では、角質が硬くなって毛穴がふさがりやすくなる上に、
皮脂が過剰分泌されることで黒ずみが出来やすくなります。

 

また、オイル・クレンジングの中には界面活性剤がたくさん入っています。
そのため、肌に残りやすく洗い流しにくい性質があり、肌を刺激し、ダメージを与えます。

 

ならば、黒ずみにやさしいスキンケアとはどういうものでしょうか?
それは、一言で言うと

 

「皮脂は落としすぎず、しかし汚れは しっかり落とした上で保湿する」
ということです。

 

黒ずみ用化粧品を使ったからと言って、必ずしも効果があるわけではありません。
それどころか、却って悪化させる場合もあります。

 

では、それぞれのタイプの黒ずみ用化粧品に潜む落とし穴について説明します。

 

◎肌につけるとスーッとするタイプの化粧品
スーッとする清涼感は、配合されている揮発性成分によるものです。

 

揮発性成分の代表的なものに、アルコールがあります。

 

アルコールは、肌に刺激を与えますし、肌の水分も奪ってしまうため、
肌はますます乾燥してしまいます。

 

ですから、肌の乾燥が原因で起こる黒ずみには逆効果です。

 

◎毛穴を引き締める、収れんタイプの化粧品
このタイプの化粧品の多くはアルコールを使っていますから、
肌を刺激し、乾燥させます。

 

収れん作用も一時的なものです。

 

◎肌を殺菌するタイプの化粧品
殺菌する成分そのものが強すぎる場合があります。

 

このタイプの化粧品を使うことで炎症が悪化することがあります。

 

大切なのは、あなたに合う化粧品を見つけること。

 

肌にできるだけ刺激を与えないため、成分としてアルコール・界面活性剤・オイルが
入っていないものを目安に選んでみて下さい。

 

そして、さっぱりするよりも、肌が潤う化粧品を選んでみてくださいね。

 

一般的に、合成素材のものよりも、天然素材のものを選ぶほうが、
肌に優しい場合が多いです。

 

ただし、体質が1人1人違うのと同じように、他の人には大丈夫な成分でも、
あなたにとっては合わない場合があります。

 

先ずは、今の化粧品を見直してみてください。

 

あなたの肌に黒ずみがあるということは
少なくとも今の化粧品が合っていない
可能性が高いです。

 

表示成分を見比べて、あなたの肌にとってのNG成分の候補を洗い出してみてくださいね。
肌のターンオーバーは2週間です。

 

今の肌が新しい肌に入れ替わるのに2週間かかりますから、
ちょっと使ってみて肌に合う、合わないを決めるのは性急です。

 

化粧品の効果が現れるのは少なくとも2週間後からで、
実際は一ヶ月後を目安に、気長に試してみてくださいね。

 

鼻の黒ずみ:TOPページ