アーチチョーク葉エキスは化粧品に使われているけれど効果ある?なし?

「アーチチョーク葉エキス」は黒ずみケアに本当に効果があるの?

アーチチョーク葉エキス

 

最近、黒ずみケア化粧品の成分に「アーチチョーク葉エキス」が配合されているのをよく見かけるようになりました。

 

よく見かけるという事は、効果があるということなんだろうと思いますが、

 

「アーチチョーク葉エキス」が、なぜ黒ずみケアに効果があるのか、副作用やアレルギーの心配はないのか、調べてみました。

 

「アーチチョーク葉エキス」が気になる方はどうぞ読み進めてみて下さい。

 

「アーチチョーク葉エキス」とは

フランス料理にも使われる西洋野菜の1つ「アーティチョーク」の葉から抽出されたエキスを「アーチチョーク葉エキス」といいます。

 

「アーティチョーク」は、ヨーロッパの地中海沿岸やアフリカ北部に野生していて冒頭の写真のように、紫色の花を初夏から夏にかけて咲かせます。

 

高さは60〜200cmぐらいまで成長します。

 

料理には、主に花芽(つぼみ)部分がスープやサラダに使われ、
美容に効果がある成分は、花芽よりも葉部分に多く含まれています。

 

「アーチチョーク葉エキス」と「アーティチョークエキス」と似たような呼び名がありますがどちらも同です。

 

化粧品成分表示では「アーチチョーク葉エキス」。

 

医薬部外品表示では「アーティチョークエキス」と名称がわけられています。

 

ややこしいですね。

 

アーティチョーク(Artichoke、Globe artichoke)は、キク科チョウセンアザミ属の多年草で、日本語ではチョウセンアザミ(朝鮮薊)と呼ばれています。

 

「アーティチョーク」は、料理に使われるだけでなく、
西洋では昔から伝統的な植物療法でも活用されていました。

 

その歴史は古く紀元前のギリシア・ローマ時代までさかのぼります。

 

美容では美肌に効果的なハーブとしてヨーグルトに混ぜて美容パックとしても使用されていました。

 

「アーチチョーク葉エキス」が美容に効果的なのは「アーティチョーク」に含まれる「シナロピクリン」という成分が、

 

毛穴トラブルの原因にアプローチすることで肌と毛穴を引き締め、毛穴の黒ずみを目立たなくしてくれたり、

 

肌荒れを防ぎ、肌のハリや弾力をUPさせてくれるからです。

 

今美容業界で大きく注目を浴びている成分です。

 

また「シナロピクリン」は毛穴ケアだけでなく紫外線トラブル・くすみといった肌トラブルにも効果を発揮します。

アーチチョーク葉エキス

アーティチョークの栄養素

  • ビタミン(葉酸、ビタミンC)
  • ミネラル(マグネシウム、リン)
  • 水溶性食物繊維
  • フラボノイド(ルテオリン、スコリモサイド)
  • 苦味質(シナリン、セスキテルペンラクトン)
  • シナロピクリン
  • イヌリン
  • カフェ酸
  • クロロゲン酸
  • タラキサステロール

など、かなりたくさんの栄養素が含まれ、美白力はアルブチンの約5倍あると言われています。

 

美肌効果以外にも、利尿作用、消化促進、肝臓の保護、抗酸化作用、便秘の改善などの効能があり、

 

糖尿病予防などの生活習慣病の予防にも効果が期待されています。

 

抗酸化作用は肌が酸化しないので老化防止、利尿作用はむくみ予防になります。

 

「シナロピクリン」とは?

「シナロピクリン」効果

  • メラノサイト活性化抑制による美白効果
  • 肌荒れの予防効果
  • 肌のハリをもたらす効果
  • 炎症性物質が産生するのを抑制する効果

「シナロピクリン」は、毛穴トラブルの原因とされるたんぱく質「NF-κB(エヌエフカッパービー)」の過剰な働きを抑制してくれます。

 

難しい言葉が出てきましたが分かりやすく説明しますね。

アーチチョーク葉エキス

「NF-κB(エヌエフカッパービー)」とは?

人間は数万単位の遺伝子の情報によって身体が構成されているのですが、

 

その遺伝子の働きを調整する因子を「転写因子」と言います。

 

「NF-κB(エヌエフカッパービー)」は、その「転写因子」の一つです。

 

「NF-κB」は、人間の身体が外部から紫外線や、炎症などの刺激を受けると、外敵から体を守ろうとして活発化します。

 

具体的に説明すると、肌トラブルでターンオーバーの周期が早くなったりすると、肌のバリア機能が低下することから、表皮を厚くしようとしたり、

 

紫外線を浴びることで肌を守るためにメラニンを作り出したりするのです。

 

しかし、「NF-κB」が過剰に活性化すると癌やリウマチなどの病気に悪影響を及ぼしたり、

 

肌にも

  • 毛穴の黒ずみ
  • 毛穴の開き
  • 毛穴のたるみ
  • アトピー性皮膚炎
  • 光老化
  • 顔のたるみ、ほうれい線、シワ
  • 色素沈着やシミ
  • 角化異常や角質肥厚
  • ターンオーバーの乱れやくすみ

などの悪影響を及ぼします。

 

つまり、病気や肌トラブルなどは「NF-κB」の活性化を抑えることができれば予防することができるのです。

 

「シナロピクリン」は遺伝子の暴走を抑えてくれるのです。

 

「シナロピクリン」は「アーティチョーク」の花や茎にも含まれているのですが、最も多く含まれているのは葉の部分です。

 

「NF-κB」を抑制することができる「シナロピクリン」が含まれた「アーチチョーク葉エキス」が、実験の結果、毛穴トラブルや美白に有効な効果があると認められました。

 

アーチチョーク葉エキスは遺伝子レベルで毛穴のトラブルに対して効果を発揮してくれると証明されたのです。

 

「NF-κB」の活性化は、普段は刺激から身体を守る行動で何も問題はないのですが、「NF-κB」が過剰に活性化すると問題が発生するのです。

 

アーチチョーク葉エキスの副作用、アレルギー

アーチチョーク葉エキスは、10年以上の使用実績があり、現時点で重大な皮膚刺激またはアレルギーの報告はありません。

 

毒性も刺激性もなく安全性は確認されていますが、キク科の植物ですので、キク科アレルギーの方はパッチテストをするか、販売メーカーに問い合わせることをおすすめします。

 

「シナロピクリン」が配合された化粧品

商品名をクリックすると、公式サイトが開きます。

 

クレンジング

 

美容液

 

鼻の黒ずみを取る方法:TOPページ