シミを消す化粧品はハイドロキノン配合化粧品!

シミ 消す 化粧品 ハイドロキノン

 

ハイドロキノンは細胞にメラニンを作らせない効果が、他のどんな美白成分よりも優れていて、「シミ」に効果があることは知られていますが、市販の化粧品ではハイドロキノン配合の化粧品をなかなか見つけることができません。

 

これは、ハイドロキノンは「シミ・美白」に効果があるのだけれど、酸化しやすいので長期間の品質を保った安定した保存が難しいこと、それにより効果や刺激性が変性してしまうこと。

 

また、人によっては「かぶれ」などの肌トラブルを招く恐れがあることが原因しています。

 

ハイドロキノンはアメリカでは20年以上も前から、美白材として認められている成分ですが、

 

日本では2002年までは皮膚科、クリニックなどの医療機関での取り扱いだけでした。

 

しかし、2002年に日本でも化粧品に使えるように認可されたのですが、冒頭でも説明したような理由で、一般のドラッグストア、薬局ではほとんどハイドロキノン配合化粧品は販売されていません。

 

ドラッグストアなどで、よく目にするのはテレビCMでよく見かける「シミ予防化粧品」ばかりです。

 

「シミ予防化粧品」では、どれだけ頑張ってお手入れしても、できてしまったシミは消すことはできません。

 

皮膚科やクリニックに頼らずに、化粧品でシミを消すにはハイドロキノン配合化粧品しかありません。

 

ありがたいことに、ここ最近になってようやくインターネットで誰でも気軽にハイドロキノン配合化粧品を購入できるようになってきました。

ハイドロキノン配合化粧品が効く「シミ」の種類

シミ 消す 化粧品 ハイドロキノン

 

シミにも色々な種類がありますが、よくみられるのが「加齢によるシミ」です。

 

若い女性に見られるのが、顔に対照的に現れる淡い褐色のシミ「肝斑(かんぱん)」と呼ばれるシミです。

 

他には、ニキビの跡、慢性的な湿疹や火傷の後に生じる色素沈着もよく見られます。

 

ハイドロキノンは、これらのシミに一定の効果を示します。

 

一定の効果というのは、ハイドロキノンの効果が作用するのは、皮膚の浅い部分にできたシミまでだからです。

 

ハイドロキノンは、分子量が小さい成分のため、肌内部に入りやすいのですが、皮膚深層部までは届きにくいです。

 

皮膚の深層部にできたシミはハイドロキノンを塗るだけでは効果が期待できません。

 

皮膚の深層部にできたシミには、レーザー治療が必要になります。

 

【関連記事】 シミ取りレーザーの効果や料金を体験者の生の口コミ!

 

皮膚の浅いシミ、深いシミをどう見分けるかというと、
浅いシミは、皮膚の表面を触っても段差が感じられない「平坦な茶色いシミ」。

 

皮膚の奥深く入り込んだシミほど、見た目が黒く、または青くみえたり、盛り上がったりしています。

ハイドロキノン配合比率

シミ 消す 化粧品 ハイドロキノン

 

ハイドロキノン化粧品に配合される濃度は、アメリカでは「2%」までと決められています。

 

日本では、ハイドロキノンの濃度はまだ規制されていません。

 

ハイドロキノンの濃度が高いほど、シミを除去する美白効果は高くなるのですが、副作用の心配がでてきます。

 

ハイドロキノンは細胞毒性があるので、使用方法を間違えると「炎症(赤み・痒み)、かぶれ」などの肌に悪影響を及ぼします。

 

ハイドロキノンの濃度が高くなればなるほど、美白効果は高くなりますが、副作用が出る可能性も高くなります。

 

漂白効果と副作用のバランスを考えた、医学界で推奨されている濃度は「4%〜5%」と言われています。

 

ただし、人の肌は個人差があるので、濃度が低くても効果が出る人や、濃度が高くないと効果が感じられない人もいます。

ハイドロキノン配合化粧品の使い方

シミ 消す 化粧品 ハイドロキノン

 

ハイドロキノン配合化粧品を使用するときには、まず肘の内側などに塗ってパッチテストをしましょう。

 

1日経って「かぶれ」の症状が出ないことを確かめてください。

 

パッチテストでは大丈夫だったのに、かぶれてしまった場合は、すぐに使用を中止し、医師の診断を受けましょう。

1日1回の使用

夜の洗顔のあとに使用します。

 

ハイドロキノンは紫外線に当たると、逆にシミを濃くしてしまう作用があります。

 

ですので、朝のハイドロキノンの使用は避けて下さい。

 

塗る時には、「シミ」の部分に部分的に塗るようにしますが、顔全体に塗る時には、洗顔後、化粧水や乳液で肌を整えた後に、薄く塗るようにします。

ハイドロキノン配合化粧品保存方法

ハイドロキノンは変性しやすい成分なので、冷暗所で保存するようにして、開封後は早めに使用するようにします。

 

ハイドロキノン配合化粧品を、半年以上続けても効果を感じられない時は、使用をやめてレーザー治療など別の方法を考えた方がいいです。

 

長期間ダラダラと使用していてると、「白斑(しみ部分だけが白く浮き出てしまったり、肌の一部だけが真っ白になってしまう)」が出現するリスクが高くなることがあります。

ハイドロキノンの種類

シミをとりたい。ハイドロキノン成分

 

ハイドロキノンには次の3つの種類があります。

  • 純ハイドロキノン
  • 安定型ハイドロキノン
  • ハイドロキノン誘導体

純ハイドロキノン

純粋なハイドロキノンで、皮膚科やクリニックで処方されます。

 

化粧品に使用される「安定型ハイドロキノン」と区別するために使われています。

安定型ハイドロキノン

肌への刺激を抑えるために、純ハイドロキノンに他の成分を混ぜ合わせたものです。

 

表記されている濃度は、「ハイドロキノン単体」ではない場合があります。

ハイドロキノン誘導体

ハイドロキノンとは別の成分でハイドロキノンのような皮膚刺激性はありませんが、美白・効果もハイドロキノンとは異なります。

 

作用としては、ハイドロキノンよりもアルブチンに近いです。

 

商品を選ぶ際に注意してください。

ハイドロキノン配合化粧品

効果が実感できる期間

濃度

効果

効果実感

注意事項

1〜2% 半年後に、ちょっとシミがうすくなる 半年以上 顔全体に使用してもOK
3〜4% そばかすのような薄めの茶じみに効果的 3〜5ヶ月 ・パッチテストしてから顔に使用する

・気になる部分にピンポイントで使用

5〜6% 濃いシミにも効果が期待できる 1〜3ヶ月 ・気になる部分にピンポイントで使用

・長期的に使い続けると、肌荒れや白斑のリスクも出てくるので最長6ヶ月で様子を見る

表からもわかるように、配合濃度が濃いほど、効果を早く実感でき、濃いシミにも効果が期待できるのですが、

 

初めてハイドロキノン配合化粧品を使用される方、また敏感肌の方は、まずは1〜2%程度の低い濃度からスタートし、肌への刺激具合を確認することをおすすめします。

ビーグレン:QuSomeホワイトクリーム1.9

ハイドロキノン配合率:1.9%

初めての方におすすめなのが、ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9です。

 

ハイドロキノン濃度は1.9%ですが、ビーグレン独自の国際特許・浸透技術でハイドロキノン4%配合と同等の効果が期待できます。

 

肌への刺激が少ないので、お顔全体の使用も可能です。

 

今ならトライアルお試しセットがあります。

 

シミ・色素沈着

ハイドロキノン集中美白クリーム

純ハイドロキノン配合率:3%

世界保健機関(WHO)など国際機関が本部を置く美容医療の先進国スイスの商品です。

 

6種類の有効成分がハイドロキノンをサポート。

 

顔以外の全身にも使用することができます。

 

ハイドロキノン集中美白クリーム

White HQ Cream

純ハイドロキノン配合率:5%
  • 専門機関レベルの純ハイドロキノンを5%高濃度配合
  • 12の美肌成分を贅沢に配合
  • 肌への負担軽減 7つのフリー

SNSでも人気のWhite HQ Cream

 

塗って寝るだけの3秒ケア

 

ほとんどの純ハイドロキノン配合クリームは、水がベースになっているので、酸化が早く分離したりします。

 

しかし、White HQ Creamはベースがグリセリン(保湿成分)なので、酸化しやすいデメリットを解消し、安定性を極限まで高めています。

 

LANTELNO(ランテルノ)ホワイトHQクリーム

アンプルール

新安定型ハイドロキノン配合

ハイドロキノンの酸化しやすい、長持ちしない、刺激が強いを改良した新安定型ハイドロキノンが配合されています。

 

湿度や熱などにも耐性があります。

 

2001年の薬事法の改正から、いち早く安定して配合できる「新安定型ハイドロキノン」の研究を始め、世界ではじめてこの製品開発に成功しました。

 

2003年から「新安定型ハイドロキノン」を配合した化粧品を販売していて長年の実績があります。

ラグジュアリーホワイト

ビハクシア

ハイドロキノン誘導体配合

シミや乾燥小ジワに効果的だけでなく「医薬部外品」として13の効能があります。
抗シワ試験評価済み
トリプル有効成分配合

  • ハイドロキノン誘導体
  • ビタミンC誘導体
  • グリチルリチン酸2K

美白薬用クリーム