美容液・化粧水

鼻の黒ずみ解消に化粧水・美容液は重要です。

多くの方が毛穴の悩みを抱えています。
でも、気がついたら毛穴を隠すことばかりに一生懸命になっていませんか?

 

 

鼻の黒ずみ・毛穴の開き・角栓などを解消するには、「洗顔」と「保湿」が重要です。

 

この2つさえ正しく行われていれば、鼻の黒ずみ・毛穴の開き・角栓などはできないし、

 

できてからでも、「洗顔」「保湿」を正しく行えば解消することができます。

 

洗顔については、こちらで詳しく解説しているので参考にしてみてください。

 

鼻の黒ずみ解消に化粧水・美容液は重要です。正しい洗顔 間違った洗顔

 

鼻の黒ずみ解消に化粧水・美容液は重要です。

ここでは、保湿についてお話をさせていただきます。

 

保湿というと、すぐに思い浮かぶのが「化粧水」です。

 

ですが化粧水よりも、もっと重要な基礎化粧品があるんです。

 

それは美容液です。

 

順番に説明していきますね。

 

化粧水

化粧水は、どれだけよいものであっても成分は基本的にほとんどが水分です。

 

肌に伸びてスッと馴染みやすいように有効成分が水で薄められているのです。

 

だからといって、化粧水が必要ないというわけではありません。

 

化粧水は、美容液を浸透しやすくするのに必要なんです。

 

詳しくは美容液のところで説明します。

 

収れん化粧水

毛穴の引き締め効果があると宣伝している「収れん化粧水」がありますが、使わないようにしましょう。

 

高濃度のエタノールやタンパク質変性作用のあるエキス類が成分に含まれていて、肌への負担も大きく、

 

引き締め効果も2〜3時間の一時的しかありません。

 

毎日、使い続けることで毛穴が小さくなることは絶対にありません。

 

アルコール蒸発効果による一時的に毛穴がギュッとしまるだけです。

 

お肌を乾燥させたり毛穴の目立ちをひどくすることから、最近は、信頼できるメーカーではほとんど取り扱っていません。

 

化粧水の使い方

化粧水は洗顔後、皮膚が乾燥しないように5分以内に使用します。

 

使用する化粧水は、高価な物でなくてもいいので、たっぷりとつけるようにしましょう。と言われていますが、
実際に使用するのには”500円玉大”で十分です。

 

どんなに優れた化粧水でも100%中身が良い成分ということはありえません。

 

少量なら問題がない成分も量が増えると刺激になることがあります。

 

化粧水を必要以上に塗り重ねることは刺激のリスクも積み重ねることになるのです。

 

また、化粧水は「角質層」までしか浸透しません。

 

角質層で余った成分はただ「蒸発」するだけです。

 

さらに言うと、角質層の主成分である「ケラチン」は水分を含みすぎると弱まる性質があります。

 

湯船に長く浸かると皮膚がふやける現象と同じです。

 

若い健康な肌なら問題はありませんが、年齢がいったり敏感肌の方は化粧水の塗りすぎが続くと肌バリアを弱めることにもなります。

 

効果的な使い方

鼻の黒ずみ解消に化粧水・美容液は重要です。

@手を温めておく

つめたい手で化粧水をつけると、顔の肌がギュッと締まってしまうので、使用前に手をあたためておきます。

 

こうすることで、お肌に化粧水が受け入れやすくなります。

 

お風呂上がりなら問題はありませんね。

 

A顔を包み込むように優しく押さえる
化粧水を顔に伸ばしたら、温かい手で頬を中心に包み込むように優しくそっと押さえることでお肌に化粧水がよりなじみます。

 

Bコットンを使わない
化粧水はコットンを使用してという説明が多いですが、
確かに化粧水のつけムラは少なくなりますが、

 

水分を吸ったコットンは硬くなるので、お肌への摩擦刺激が意外に大きく肌にダメージを与えます。

 

美容液

化粧水と美容液の大きな違いは、美容液は化粧水よりも
保湿成分等の有効成分が多く含まれていることです。

 

濃度が濃いことから化粧水よりもとろみがあります。

 

美容液の中には、ほとんどが水分の化粧水と違って、水が1滴も加えられていない高濃度な美容液もあります。

 

美容液の選び方

毛穴タイプ別に効果的な成分が配合された美容液を選びます

詰まり毛穴

「保湿」が最も重要な毛穴です。
保湿成分をしっかり与えることが重要です。

  • セラミ
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • ビタミンC  など
たるみ毛穴

ハリや弾力を改善させるためにコラーゲンなどの生成を促す成分が必要です。

  • ビタミンC
  • コエンザイムQ10
  • ペプチド   など
開き毛穴

皮脂の過剰分泌を防ぎ分泌を抑制する保湿成分成分が効果が期待できます。

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • ビタミンC  など
メラニン毛穴

メラニンの排出を促す成分が配合された美容液

 

関連記事:メラニン毛穴の改善 美容液

 

あなたの毛穴タイプに合わせて美容液を選びましょう。

 

美容液の使い方

鼻の黒ずみ解消に化粧水・美容液は重要です。

美容液は保湿成分等の有効成分が多く含まれていることから「とろみ」があるので、

 

そのままお肌につけてもなかなか浸透しません。

 

美容液を使う前に化粧水でお肌を湿らせ柔らかく馴染ませておくことで、美容液のお肌への浸透がしやすくなるのです。

 

乾いた土に、とろみのある液体をかけても浸透しませんが、先に水で湿らせておくと浸透しやすくなるのと同じ原理です。

 

乳液・クリーム

乳液・クリームは美容液を使用した後、お肌内部からの水分の蒸発を防ぐ防御膜です。

 

お肌内部の保湿には適していません。

 

お肌の保湿にもっとも重要な役割を持っているのは美容液です。

 

おすすめの美容液

【ぱっくり毛穴用】ソワン

BEAUTY AWARDに選ばれ、スキンケア大学にも掲載された毛穴用美容液です。

 

2017年モンドセレクション銀賞も受賞しています。
世界が認めた品質です。

 

今なら初回970円モニター募集中。60日間返金保証

 

毛穴の黒ずみや角栓対策に効果的なビタミンC誘導体「開き」「黒ずみ」「角栓」専用美容液

 

ソワン

 

ビーグレン

濃度のピュアビタミン配合の美容液Cセラム

 

気楽に試せる「毛穴ケアプログラム」セットが57%OFFで購入できます。

 

トライアルセットは4点セットなのですが、注目のクレイ洗顔もはいっています。

 

365日間の返金保証付きです。

 

鼻の黒ずみ解消に化粧水・美容液は重要です。ビーグレン:豪華4点毛穴専用トライアルセット

 

毛穴

 

オールインワンゲルは効果ある?

忙しい、朝や夜など複数の基礎化粧品がひとつにまとまったオールインワンゲルが人気です。

 

ただ、オールインワンゲルは安価な製品には注意してください。

 

なかには、合成ポリマー(カルボマー・ジメチコン・シクロメチコンなど)で誤魔化してお肌の上にゲルがのっているだけで、

 

角質層にまったく浸透していないというケースもあるのです。

 

合成ポリマー自体は水分を抱えるのですが、お肌に保水力を与えるという効能はまったくありません。

 

鼻の黒ずみ・毛穴の開き・角栓などのケアを真剣に考えるのなら、

 

化粧水・美容液・乳液・クリームなどの手順をしっかり守ることで保湿を高めることが大事です。

 

鼻の黒ずみをとる方法:TOPページ

鼻の黒ずみ解消に美容液・化粧水は重要記事一覧