メラニン毛穴を治す方法:美白化粧品は予防するだけで治りません

メラニン毛穴を治す方法

メラニン毛穴 洗顔

 

メラニン毛穴は日焼けや刺激によってできるシミが原因なので、角栓詰りの毛穴の黒ずみケアとは改善方法は全く違います。

 

間違っても、毛穴パックを乱用したり、強力な洗顔料やクレンジング剤を使わないようにしてください。

 

逆に、肌に負担をかけ肌トラブルを起こす原因になったりします。

 

皮膚の奥にできたメラニンは、皮膚の表面だけの汚れを落とす洗顔料を使った洗顔では落とすことはできません。

 

メラニン毛穴を治すには、角栓を取り除く毛穴ケアではなく、美白ケアをしなければ治りませんが、

 

市販の美白化粧品ではメラニン毛穴を治すことはできません。

 

市場に出回っている化粧品はほとんどがメラニン毛穴の原因であるメラニンを予防する効果しかなく、できてしまったメラニンを分解する効果はありません。

 

ほとんどの広告で紹介されている美白化粧品は、毛穴のシミ(メラニン毛穴)に効果的と書かれていますが、確かに予防には効果的ですが、残念ですができてしまった毛穴のシミ(メラニン毛穴)には効果はありません。

 

つまり、美白化粧品をいくら使用しても、できてしまった毛穴のシミ(メラニン毛穴)は改善しないということです。

 

市販の医薬部外品の美白化粧品には「シミ予方型」成分しか入っていません。

 

メラニン毛穴を治すのと、メラニン毛穴を予防する、抑えるのでは使用する化粧品は全くちがってきます。

 

メラニンができるのを予防する成分は「ビタミンC誘導体」「アルプチン」「トラネキサム酸」です。

 

メラニンを分解する「シミ漂白型成分」は「ハイドロキノン」や「トレチノイン」です。

 

化粧品を購入する時にはよく確認をしてください。

 

では、どうして美白化粧品に「ハイドロキノン」や「トレチノイン」成分などを配合しないかというと、今の制度では化粧品に「美白」と表示ができないからなんです。

 

やはり、「美白」という表現があるなしでは訴求力が全然違いますからね。

 

そして、これらの化粧品には小さく「予防」と小さく書いてあるんです。

 

誤解を招く表現は良くないと思いますが、美白化粧品を探している多くの方は、黒ずみやシミが気になってきたからだと思うんですよね。

 

だからこそ、広告につられてシミを無くそうと美白化粧品を購入して一生懸命に塗っているんです。

 

だけれども、シミ予防成分しか入っていないので、美白化粧品をいくら使ってもできてしまった毛穴のシミ(メラニン毛穴)が消えないという声が多く聞かれるのです。

 

 

できてしまったメラニン毛穴(シミ)を治す方法について詳しくお話しします。

 

メラニン毛穴を治すにはハイドロキノン

メラニン毛穴を治す成分

シミやメラニンを改善する成分はハイドロキノンとトレチノインですが、
トレチノインは日本では未認可の医薬品なので米国の製品を輸入することになります。

トレチノインを輸入して使用することは自己責任で行うことになりますが、
皮膚科や美容外科で診察をすれば外用薬として処方してもらえます。

ですので、メラニン毛穴を治すには日本ではお医者さんにトレチノインを処方してもらうか、ハイドロキノン配合の美容液やクリームを使用して改善していくことになります。

 

ハイドロキノンは化粧品として手軽に手にはいるのですが、強い成分なので肌に合わない方もいます。

 

そんな方は、他の美白ケア成分であるビタミンCやアルブチン配合の化粧品に変えることをおすすめしますが、

 

ビタミンCやアルブチンはメラニンを抑えることはできますが、できてしまったメラニンを取り除くことはできません。

 

できてしまったメラニンを取り除くことができるのは「シミ漂白型成分」のハイドロキノンが配合された化粧品です。

 

ハイドロキノンを毎日塗布して、週に1〜2回ぐらい古い角質や老廃物を溶かし、皮膚再生を促進する作用があるピーリングを1ヶ月ぐらい続ければ効果がでてくるはずです。

 

メラニン毛穴を治す方法

 

ここでは敏感肌の方でも使用できるハイドロキノン配合の美容液やクリームを紹介しますが、

 

皮膚科で処方してもらう内服薬や外用薬で改善する方法も紹介します。

 

メラニン毛穴 治す方法:ハイドロキノン配合の化粧品に変える

メラニン毛穴ケアを治すにはハイドロキノン

美白化粧品はとてもたくさんあるので、どれを選んだらいいのか迷ってしまいます。

 

こんな時には、「厚生労働省が認可している美白成分配合の医薬部外品」を参考に選ぶのもいいですが落とし穴もあるんです。

【厚生労働省が認可した医薬部外品・美白成分一覧】
アルブチン、エラグ酸、ルシノール、プラセンタエキス、トラネキサム酸、ビタミンC誘導体、リノール酸、t-AMATHA、カモミラET(カモミールから抽出した成分)

ビタミンC誘導体はメラニンの生成を抑制する効果はあるのですが、できてしまったメラニンを無くすには不向きです。

 

どちらかというと保湿、シミ予防に向いています。
ハイドロキノンの配糖体のアルブチンも予防向きです。

 

厚生省が認可した「美白成分」が含まれている医薬部外品はメラニン毛穴を治す効果が化粧品よりも高いと思いがちですが、
厚生省が認可した美白成分9種類はすべて「予防型成分」なんです。

 

既にできてしまったメラニン色素の解消に、高い効果が期待できるのはハイドロキノンです。

 

ハイドロキノンはイチゴやコーヒーなどに含まれている天然成分です。

 

管理が難しいことから2001年に規制緩和される前までは医師の処方のみで使用が許されていた成分です。

 

皮膚科で数十年前から処方され、世界中で肝斑治療に使われているハイドロキノンはできてしまったシミを淡色化=漂白できる最強成分と言われています。

 

ハイドロキノンは、メラニン色素を作るメラノサイト(色素細胞)の働きを抑制し、メラニンを生成する酵素チロシナーゼの働きを阻害する作用があります。

 

その効果は従来の美白成分であるビタミンCやアルブチンの10〜100倍といわれています。

 

ハイドロキノンはシミができるのを予防するだけでなく、黒く酸化したメラニンでも、
その酸化を還元する作用があるので、できてしまったシミにも効果が期待できます。

 

かなりシミの解消に期待ができる成分です。

 

しかし、厚生労働省の認可している美白成分ではありません。

 

そのため、ハイドロキノンが配合されたスキンケア商品は、どれだけメラニンを還元する効果があっても医薬部外品としては認定されず、化粧品という分類になるのです。

 

勘違いしている人が多いのですが医薬部外品の美白化粧品はできてしまったシミにも効果があると思われていますが、

 

医薬部外品の美白化粧品は残念ながらシミを予防する効果はあるのですが、できてしまったシミを取り除く効果はありません。

 

医薬部外品の美白化粧品には「シミ予方型」成分しか入っていないからです。

 

医薬部外品の美白化粧品にハイドロキノンは低濃度であれば配合できますが、美白有効成分として認められていません。

 

それでも多くのメーカーが医薬部外品を取得するのは「美白」を広告で謳うことができるからです。

 

 

シミが消えた後の予防には医薬部外品の美白化粧品もいいですが、できてしまったシミを取り除くには「シミ漂白型成分」のハイドロキノンが配合された化粧品でないとシミは還元されません。

 

とはいっても、ハイドロキノンの効果でシミが改善できるのは、表皮(肌の表面)にできたシミまでで、
その奥の真皮(肌の奥)にできたシミには効果を期待することはできません。

メラニン毛穴

真皮にできたシミを改善するには美容皮膚科の治療が必要になります。

美容皮膚科によるメラニン毛穴治療法は⇒こちら
料金、期間、施術方法を紹介します。

ハイドロキノンの副作用

ハイドロキノンは良いことばかりではありません。
正しく使わないとトラブルを起こすこともあります。

 

メラニン毛穴赤みや炎症
ハイドロキノンはとても強い成分なので、敏感肌の人だけでなく、
今までに肌トラブルを起こしたことがない方でも赤身や炎症を発症することがあります。

 

自分の肌は大丈夫と思っている方も必ずパッチテストをしてから使用するようにしてください。

 

メラニン毛穴白斑
ハイドロキノンの長期使用で肌の一部分だけが白くなる白斑ができることもあります。

 

ハイドロキノンは商品に含まれる濃度が高いほど効果は高くなりますが、リスクもそれだけ高くなることを意味します。

 

 

こう書くとハイドロキノンの使用が怖くなりますが、大丈夫です。

 

国内の市販品では配合できる成分濃度は2%までと決められています。
それ以上は医師による処方か輸入品でしか入手することができません。

 

 

濃度が高い方が良いと輸入品を使用するときは、自己責任になるので注意が必要です。

 

■カネボウ美白化粧品の白斑事件
2013年7月4日にカネボウが発表したカネボウの美白化粧品で白斑を引き起こした事件です。

 

白斑状態を確認できた方は約2万人で、現在も該当商品の回収、対応を行っています。

 

白斑とは皮膚の一部の色が抜けてしまいその部分だけが白く見える病気です。

 

色素を作るメラノサイトが死んでしまったために起こります。

 

原因はハイドロキノンではなく、カネボウ化粧品独自の研究で開発された成分ロドデノールです。

ハイドロキノン配合化粧品おすすめ

シミ・色素沈着

 

メラニン毛穴を治すのに、ハイドロキノンが配合されたお薦めの化粧品を紹介します。

 

それは薬学博士が開発したサイエンスコスメ「ビーグレン」の乳液クリーム「QuSomeホワイトクリーム1.9」です。

 

「QuSomeホワイトクリーム1.9」なら、普通に塗るだけでは肌に浸透づらく肌の奥まで届かなかった「ハイドロキノン」を、

 

独自の浸透テクノロジー「QuSome(R)キューソーム」で「ハイドロキノン」を皮膚に近い成分でコーティングすることにより、

 

表皮の肌バリアを通過して肌の奥まで届かせることができます。

 

医薬部外品の美白化粧品を使用してもシミが薄くならないのは「シミ予防成分」しか入っていないからです。

 

その点、ビーグレンは「シミ漂白型成分」のハイドロキノンが配合されているので、今あるシミが薄くなるのです。

ビーグレンは医薬部外品の申請をするとハイドロキノンの成分含有量が制限されることで「今あるシミを薄くする効果」が追求できなくなるためにあえて医薬部外品の申請はしていません。

 

ビーグレンはハイドロキノン配合化粧品の販売で10年以上の実績があり、累計販売実績で600,000本を突破しています。

ビーグレンは医療技術として開発された浸透テクノロジー「QuSome」(国際特許取得)により肌のバリアに拒まれることなくハイドロキノンがメラニンの元まで浸透します。

 

浸透性が高いことからハイドロキノンの配合がが1.9%程度でも4%同等の効果が期待できます。

 

「QuSome」カプセルに包まれていることから肌への刺激も軽減できているので顔全体に使用することができます。

 

美容外科のレーザーを頼ることなくシミを改善することができるのが「QuSomeホワイトクリーム1.9」です。

 

メラニン毛穴

 

また、この浸透テクノロジーは「スローリリース機能」により「ハイドロキノン」をお肌の中に長時間とどまらせ、効果を持続させることも可能にしています。

 

今なら「QuSomeホワイトクリーム1.9」の他に、洗顔料、毛化粧水、美容液、クリームが入った5点セットのホワイトケアトライアルセット(7日分)が71%OFFの1,800円(税抜)で購入できます。

 

送料無料で365日返金保証もついています。

 

美白ケア(trial)

ホワイトケアトライアルセット

クリーム:「QuSomeホワイトクリーム1.9」

ハイドロキノンを「QuSome」カプセルに包み込むことで、ハイドロキノンの配合量が1.9%でも4%と同等の効果が期待できます。

 

また、肌への負担の軽減も実現しました。

洗顔料:クレイウオッシュ

お肌の必要な潤いを残しながら、くすみの原因となる汚れや古い角質を超微粒子の天然クレイ「モンモリロナイト」が吸着し取り除きます。

 

化粧水:QuSomeローション

日中も寝ている間も2種類のビタミンC誘導体がお肌を潤いで満たし、透明感を引き出してくれます。

 

美容液:Cセラム

即攻性の高いピュアビタミンCが高濃度(7.5%)も配合され、肌コンディションを整えることで、トラブルの発生をブロックします。

 

クリーム:QuSomeモイスチャーリッチクリーム

潤いを長時間満たし、お肌のコンディションを整えてくれるエイジングケアクリーム。

 

「コンシーラーは、もういらない!」という喜びの声が続々!

 

 

若い時と違って、いつの間にか顔中にシミができてしまったのですが、
トライアルを使って1週間くらいでメラニン毛穴が薄くなり効果を感じたので購入しました。


 

QuSomeホワイトクリーム1.9を使い始めてから顔にある大きなシミが消えました。
顔全体に薄く塗ってからシミが目立つところだけに重ね塗りしています。
シミが薄くなるスピードが速いので塗りがいがあります。


 

今までのケアでは赤みが出たり皮がむけたりしたのですが、これは効果が高いハイドロキノンが配合されているのに刺激はまったく感じません。
目の周りや顔全体にも積極的にアプローチしています。


メラニン毛穴を治す方法ホワイトケアトライアルセット「ビーグレン」

 

メラニン毛穴 洗顔

◆メラニン毛穴(シミ)を改善する医薬品◆

 

メラニン毛穴(シミ)を改善し美肌に整える医薬品が発売されました。

 

医薬部外品ではありません。
厚生労働省より配合されている有効成分の効果が認められた「医薬品」です。

 

飲むだけでシミ改善、日焼け対策ができる医薬品

 

ここで、紹介しているハイドロキノン配合化粧品、アメリカ発のコスメブランド、ビーグレンの商品です。

 

医薬品のみに配合されるL-システインが最大クラス配合されています。

 

紫外線対策にも効果を発揮するので、日焼け止めケアもできて一石二鳥です。

 

ハイドロキノン配合化粧品の「QuSomeホワイトクリーム1.9」を併用して使用することでよりメラニン毛穴改善の効果が高まります。

 

飲むシミケアなので、腕や首筋、背中、手の甲など全身のシミに働きかけます。

 

7歳児から服用できる安心シミケア医薬品です。

 

公式ページでも説明しきれない効能を紹介しています。

メラニン毛穴

ハイドロキノンの危険性

ハイドロキノンが人気ですが、同時に危険性についても話題になっています。

 

ハイドロキノンは良いのか悪いのかどちらなのでしょう?

 

危険性について調べてみました。

ハイドロキノンは肌を保護するメラニンを破壊するので紫外線が直接肌にアタックするのでお肌のコラーゲンを壊してしまう。

これは正しいです。ただし、

 

ハイドロキノンはメラニンを破壊するのではなく、メラニン色素を作らなくします。

 

ですので、メラニン配合化粧品を使用している間は、必ずUVクリーム等を使用する必要があります。

 

このことは、必ず化粧品の注意書きにも書いてあるはずなので必ず守るようにしましょう。

アメリカ、日本では化粧品では濃度2%までが販売可能です。

病院では4%〜6%のハイドロキノン配合クリームを処方してくれます。

 

基準を守った化粧品、お医者さんの指示に従っていれば問題はありませんが、
早くシミを治したいという気持ちが先行するのか海外のハイドロキノンが高濃度配合された化粧品を購入する方がいます。

 

海外輸入だと濃度の制約がないので合法で輸入することができるのです。

 

医者の診断なく高濃度のハイドロキノン化粧品を使用すると、肌が敏感になって真っ赤になったり、逆にシミが濃くなったりすることがあります。

ハイドキノンは美白効果では優れた効果を発揮する原料です。
ですが使い方を間違える逆効果になります。

 

ハイドロキノンは劇薬です。
でも食塩も劇薬なんです。

 

ようは正しい使い方が大事ということなんです。

 

ハイドロキノンでは皮膚への吸収が低いということで、必要以上に塗布することはいけません。

 

高濃度のハイドロキノンを使用するときには必ず皮膚科医に相談しましょう。

メラニン毛穴にハイドロキノン配合洗顔料?

市販ではハイドロキノンが入った洗顔料は販売されていません。

 

通販でよく見かけるのは、ハイドロキノン洗顔料と書いてありますが紹介している商品は、クリームや美容液だったりします。

 

ネットで数種類、ハイドロキノン含有洗顔料を見かけることはありますが、どれもピーリング石鹸で
古い角質を剥がすことでターンオーバーを早める効果を狙っていると思われます。

 

しかし、ピーリング石鹸は肌への負担も大きく、必要な皮脂まで奪ってかえって乾燥が進んだり、
刺激によりメラニンを逆に発生させることにもつながったりします。

 

メラニン色素が作り出されるのは、皮脂が紫外線を浴びて酸化し過酸化脂質に変わることで、
皮膚がその刺激から肌を守ろうとする時です。

 

肌に余分な皮脂を残さない洗顔は、さらに皮脂の分泌を過剰にさせる作用が働くので、メラニン毛穴を予防するにはよくありません。

 

また、通常のハイドロキノンは水溶性の成分のため、肌バリアにはじかれてしまうため肌トラブルのもとまで届くことはありません。

 

普通の洗顔料でも、洗顔をするときに過剰に摩擦をかけたり、こすったり、熱いお湯で洗ったりすることでメラニンを発生させることがあります。

メラニン毛穴の治し方:ターンオーバー

メラニンは紫外線を浴びたり刺激を受けることで、皮膚の奥深くにある「基底層」の「メラノサイト」から生まれます。

メラニン毛穴

このことからわかるようにメラニンは皮膚の表面の汚れを落とすだけの洗顔料ではメラニンを取り除くことはできません。

 

しかし、ターンオーバーがしっかりと行われていれば、美白化粧品を使わなくてもメラニンは皮膚の奥で生まれた新しい細胞によって外に押し出され剥がれ落ちます。

 

 

ただし、加齢や生活習慣の乱れ、間違ったスキンケアなどで、肌が荒れたりターンオーバーが乱れていると、
メラニンは剥がれ落ちてくれません。

 

メラニン毛穴を治すには、まずターンオーバーを正常化させることが最も大事なのです。

 

夏にできた水着の跡が消えるのが冬に入った頃というように、
ターンオーバーが正常化されても、メラニン色素がターンオーバーによって剥がれ落ちるのには、かなりの時間が必要です。

 

一度、メラニン毛穴ができてしまったお肌は、メラニンが蓄積しやすい状態になりメラニン毛穴の色がだんだん濃くなることもあるので適切な対策が必要です。

 

メラニン毛穴を放っておくと、シミやソバカスの原因にもなります。

 

メラニン毛穴はターンオーバーを正常化することで解消することができます。

 

きちんとケアをすることで、表皮にできたメラニン色素は28日で垢となって剥がれ落ちます。

 

適切な化粧品の使用で周期を短くすることはできます。

 

しかし、表皮より奥の真皮にできたメラニンは3年以上かかることがあります。
というのは真皮のターンオーバーの周期は3年以上と長いからです。

メラニン毛穴 治す方法:ピーリング

メラニン毛穴はメラニンを早く追い出すことでメラニン毛穴も早く改善されます。

 

それには古い角質や老廃物を溶かし、皮膚再生を促進する作用があるピーリングが効果的です。

 

 

ハイドロキノンの塗布や美白ケアを毎日行いながら週に1度のピーリングをすることで、
個人差はありますが早い人で1ヶ月もすれば効果が出てきます。

 

 

メラニン毛穴

ピーリングには「皮をはがす」という意味があり、エステでのピーリングのトラブルが多発したこともあり、

現在ではエステのピーリング施術は禁止されています。

 

 

ガイドラインに沿ったピーリングのみが医療機関で行われています。
化粧品ではピーリング効果のある成分濃度を非常に薄くすることで販売は可能になっています。

 

 

化粧品と医療機関での成分濃度は10倍の開きがあります。
そのぶん、トラブルは少なくなっています。

 

 

よく勘違いされるのがピーリングによって「ターンオーバーが早まる」と思われていることです。

 

それは間違いでピーリングは「ターンオーバーを正常化させる」ものです。
肌のお手入れがよくないと未熟な角質細胞がどんどんでてきて皮膚ができそこないの角質層で厚くなってしまいます。

 

いわゆる「ターンオーバーが乱れている」状態ですね。
ピーリングは厚くなった角質層を取り除くことで角質を薄くし、肌を正常化させるのです。

 

ピーリングによってターンオーバーが正常化することでメラニン色素の排出が促進され美白効果が期待できるのです。
また、肌のトーンも明るくなりくすみも改善できます。

 

しかし、注意してください。

 

過度なピーリングは角質を剥がしすぎて乾燥肌や敏感肌を招くことになります。

 

ご自身でやられるピーリングは、お肌への負担が少ないマイルドピーリングの低刺激のものにして下さい。

 

初めは10日に一度ぐらいから始め、基本的には1週間に1回までに収めるようにしましょう。

 

ヒリヒリしたら即中止してください。

 

市販品のピーリング系ジェルを使用すると、消しゴムのようなカスがポロポロでてきますが、
これは角質ではありません。

 

ジェルに含まれる「ゲル化剤」が固まっただけです。

 

市販品の有効成分は濃度が薄いので、ここまで角質がポロポロ取れてくるという事はありません。

 

使用後に、肌がすべすべしていると感じるのは、「陽イオン界面活性剤」のせいです。

 

これは刺激が強いので頻繁に使うことはやめてください。

 

ピーリングをしたいけれども刺激が心配という方におすすめがあります。

 

安価だし、生きた細胞を傷つけることなく死んだ細胞の古い角質だけに反応する優れもので、
ターンオーバーを早く正常に戻す効果が期待できます。

 

メラニン毛穴ホイップピールパック(角質除去パック)

 

メラニン毛穴 治す方法:皮膚科

内服薬

メラニン色素の生成を抑え、肌のターンオーバーを促進する働きのある成分(ビタミン類やトラネキサム酸、ハイチオール)などが配合された内服薬を処方して貰うことで改善します。

 

抗酸化作用があり、副作用もほとんどなく予防にも効果があります。

 

費用は処方される成分により異なりますが、およそ1ヶ月分が3,000円くらいです。

 

効果が実感できるようになるのには時間がかかります。

 

外用薬

皮膚科で処方されるハイドロキノン配合の外用薬は市販のものよりも濃度が高いので効果が期待できます。

 

ただ、費用は少し高いです。

 

幅がありますが相場は五千円〜四万円ほどです。

 

メラニン毛穴 治す方法:美容皮膚科

美白ケアでメラニン毛穴を治すのも一つの方法ですが、正直時間もかかるし確実に無くなるという保証はありません。

 

 

合う合わない、効果がある無いなどで色々と化粧品を変えたりするよりは美容皮膚科のレーザー治療であれば、シミが定着している部分の細胞を一度破壊する事ができます。

 

メラニン毛穴を早く確実に治すなら、これもひとつの選択肢です。

 

自宅でケアできることにも限界があるので、まずは美容外科でプロに相談するのもいいですね。

 

 

美容皮膚科でまず思い浮かぶ心配なことは費用と、治療期間です。

 

全国展開している湘南美容外科クリニックなら、「ウルトラ美白レーザー」による治療で、
鼻なら1回 5,900円(税込)、顔なら1回10,800円(税込)です。

 

回数も1〜2週間毎5回ぐらいで完治しています。

 

 

施術による痛みはありません。
レーザーを照射した部分が少し暖かくなる程度です。

 

この治療方法なら施術の後でもすぐに洗顔したりメイクをすることができます。
思っていたよりも安く手軽そうではないですか?

 

この施術ならメラニンを除去するだけでなく、美白効果や毛穴収縮も得られ、つるつるの美白肌が期待できます。

ウルトラ美白レーザーの仕組み

メラニン毛穴

表皮の基底層にあるメラノサイトにレーザーによリ熱を集積させます。

 

↓  ↓  ↓

 

メラニン毛穴

メラニンを破壊するだけでなく、角質除去効果もあるのでターンオーバーが促進され皮膚のホワイトニング効果もあります。

 

↓  ↓  ↓

 

メラニン毛穴

繰り返し施術を行うことで、ターンオーバーも適正になり毛穴も収縮されます。

 

鼻の黒ずみ 美容外科【湘南美容外科クリニック】ホームページ

 

パソコン画面

ホームページTOP画面左側の「美容外科」をクリックしてから右上の検索窓に「鼻の黒ずみ」と入力し「検索」をクリックします。

鼻の黒ずみ 美容皮膚外科

 

画面が切り替わったら、「ウルトラ美白レーザー|湘南美容外科クリニック」をクリックします。

鼻の黒ずみ 美容皮膚外科

 

スマホ画面

画面上部の検索ボタンをクリック

メラニン毛穴

 

入力画面が表示されるので、そこに「ウルトラ美白レーザー」と入力

メラニン毛穴

 

表示されたウルトラ美白レーザーをクリック

メラニン毛穴

 

メラニン毛穴対策 ウルトラ美白レーザーの場面があらわれます。

メラニン毛穴

 

メラニン毛穴を予防する

これまでの対策でメラニン毛穴を取り除くことができたら、もしくは並行してメラニン毛穴が今以上増えないように予防しましょう。

メラニン毛穴を予防する:クレイ洗顔

お肌のターンオーバーがスムーズに行われないと、メラニン色素の排出も遅れ、メラニン毛穴、シミがなかなか消えません。

 

年齢ともに、自然に剥がれ落ちるはずの古い角質は肌表面に残ってしまいます。

 

メラニン毛穴が再発しないためにも、肌のターンオーバーを促進してくれる洗顔料を使うようにしましょう。

 

おすすめはクレイ洗顔です。

 

クレイ洗顔なら、古い角質、メイク汚れ、肌に不要な皮脂を優しく取り除いてくれます。

 

古い角質が取り除かれるので、洗顔後の化粧水の浸透力も高めてくれます。

 

クレイ(泥)というと、肌をこすって傷めるというイメージがありますが、
天然クレイ《モンモリロナイト(ベントナイト)》なら毛穴よりも小さな微粒子なので、お肌を傷めることなく、

 

クレイが持つ「マイナスイオン」と汚れが持つ「プラスイオン」が吸着しあうことで優しく汚れを取り除いてくれます。

 

クレイ洗顔なら古い角質だけでなく、毛穴の汚れ、ニキビ菌、角栓なども取り除いてくれるので、

 

ニキビができやすい人、いちご鼻を何とかしたい人、毛穴の開きが気になる人、肌のくすみが気になる人などにもおすすめです。

 

クレイ洗顔は、前述のビーグレン「ホワイトケアトライアルセット」に含まれています。

 

メラニン毛穴を治す方法ホワイトケアトライアルセット「ビーグレン」

 

美白ケア(trial)

メラニン毛穴を予防する:クレンジングを変える

過剰な洗顔やクレンジングなどを改め、肌にやさしい化粧品に切り替えることで、
肌の荒れによる刺激を抑える。

 

無意識のうちに掻いていたり、繊維などの摩擦もよくありません。

 

洗顔後も、タオルで顔を拭くときに擦りつけるのではなくて、やさしく押し当てるようにして水分を拭き取ります。

メラニン毛穴を予防する:紫外線対策

紫外線対策を徹底することで新たなメラニンを発生させない。

 

いくら適切なスキンケアをしても、紫外線対策がおろそかでは、いつまでたってもメラニン毛穴は改善されません。

 

メラニンケアで美白対策をしている間は、皮膚はメラニンの生成を抑えてくれますが、紫外線に対する抵抗力は普段の肌よりも弱くなっています。

 

ですので、紫外線対策をしっかりしておかないと美白ケア前よりもメラニンが悪化することもあります。

 

美白ケアをしている間は、いつもより強力な紫外線対策を心がけてください。

 

紫外線対策は夏だけではありません、冬でも対策が必要です。
紫外線は1年中降り注いでいるのです。

 

紫外線=太陽ではありません

 

雲った日でも例外ではありません。
薄曇りの日の紫外線でも晴れた日の60〜80%あるんです。

 

紫外線は地面からの照り返しもあるので日傘をさしていたり日陰なら大丈夫という事でもありません。

 

車の中や室内にもはいってきます。

 

日焼毛止めクリームやUVカット化粧品を使用するなどして、しっかりと紫外線対策をすることが大事です。

 

UV機能のついた下地や乳液で紫外線対策をするのですが、この時に使用するファンデーションはパウダータイプがおすすめです。

 

リキッドやクリームタイプと違ってパウダーファンデーションに含まれる色粉には、UV機能がなくても、紫外線を反射する作用があるからです。

 

飲む日焼け止め

最近は飲む日焼け止めサプリが美容業界でとても注目されています。

 

飲むだけで紫外線をカットする効果があり、塗るタイプの日焼け止めと違い、ベタつきもなくクレンジングも不要で、敏感肌の方でも大丈夫です。

 

紫外線対策は“塗る”から“飲む”時代へ

 

焼かないだけでなく、紫外線による光老化を防御+抑制する便利なサプリ

 

メラニン毛穴を治す方法キレイになる♪ 飲む日焼け止めサプリ【ホワイトヴェール】

 

メラニン毛穴と角栓毛穴の違い

メラニン毛穴は毛穴の周囲がメラニン色素の沈着によりシミのような状態になり黒ずんで見えることですが、
角栓が黒くなった黒ずみと勘違いされる方も少なくありません。

 

メラニン毛穴と黒ずみ毛穴は原因がまったく違います!

 

どちらも見た目は、同じ黒ずみですが原因が違えばケア方法も全く違います。

 

 

洗顔や角栓を取り除くケアをしっかりしているのに、少しも鼻の黒ずみが改善されないのは、メラニン毛穴による黒ずみの可能性が大です。

 

 

まずは、あなたの黒ずみがメラニン毛穴による黒ずみか、皮脂の詰まりや肌のタルミによる黒ずみか確認してみましょう。

 

 

確認方法は、手で触ってみるとすぐにわかります。

 

手で触るとザラザラした感触があれば皮脂や角質の酸化による黒ずみです。
ザラツキ感がなく触ってもツルっとしていればメラニン毛穴による黒ずみです。

 

メラニン毛穴の原因

メラニン毛穴ができる大きな原因は毛穴が日焼けしたり、皮膚への刺激によって起こる色素沈着したシミが原因です。

 

メラニンはカミソリによるムダ毛処理による刺激や、紫外線などによる外部からの刺激を受けることで、
肌が外部からの刺激を守るためにメラニン色素を発生させます。

 

メラニン毛穴の黒ずみといいますが、実際の色は茶色やこげ茶色がほとんどです。

 

すでにメラニン毛穴になっている方は改善も大事ですが、まずはこれ以上メラニン毛穴が悪化しないようにUV対策をしっかり行いましょう。

 

塗る日焼け止めだけでは心配なら、最近は飲む日焼け止めもあります。

 

体の中から紫外線を予防してくれるのでおすすめです。

 

メラニン毛穴 洗顔紫外線

メラニン毛穴を治す方法

メラニン毛穴は特に顔の中心にある鼻の部分に集中する傾向があります。

 

鼻は顔全体の中でも特に皮脂の分泌が多い部位で、いくら紫外線対策でUVカット剤などを使用していても、

 

毛穴の部分が皮脂とUVカット剤がなじむことで崩れやすくなり紫外線を防御できなくなることでメラニンができやすくなるのです。

 

メラニンができるのは悪いことばかりではありません。

 

皮膚が紫外線を浴び続けると、皮膚の細胞が壊死したり癌になりやすくなるのを防ぐために、
メラニン色素が日傘の役目をして守ってくれているのです。

 

 

紫外線を浴びたことで、メラニン毛穴がすぐにできるのではなく、
気がつかないうちに毎年、少しづつ蓄積され徐々に濃くなっていきます。

 

 

肌が健康であればターンオーバーによりメラニン色素は外部に排出されるのですが、
ターンオーバーがうまくいかないとメラニンが肌に蓄積されて色素沈着を起こします。

 

 

「あれっ?黒くなっている!」と気が付いた時には時間も経過しメラニン毛穴が進行してしまっていることがほとんどです。

 

そんなことになる前に、日頃から正しいケアを行うことが大事です。

紫外線を浴びたことでメラニンの生成が始まるのは2日後からといわれています。
紫外線を浴びてしまったら48時間以内のケアが勝負です。

 

メラニン毛穴 洗顔皮脂
皮脂は紫外線によって過酸化脂質に変わりますが、空気に触れることでも酸化します。

 

肌細胞は過酸化脂質からの刺激から守るためにメラニン色素を作り出します。
皮脂の分泌量が多い人ほどこの傾向が強くなります。

 

メラニン毛穴 洗顔生活習慣
シミを作る原因は他にも、夜更かし、短い睡眠時間、食生活が乱れなども影響します。

 

忙しい時や疲れている時などに、ついメイクしたまま寝たりすることもシミを作る要因になります。

 

メラニン毛穴は刺激でもできる

メラニン毛穴 洗顔

メラニン毛穴の原因は、もう一つあって刺激によってもメラニンが生成されるのです。

 

毛穴パックや強すぎる洗顔料やクレンジングの使用など、肌に合わない化粧品すべてが刺激となってメラニンが生成されやすくなります。

 

メガネがずっと当っている場所が色素沈着を起こすこともあるので、メガネをかけている方は要注意です。

 

黒ずみ毛穴を治そうとケアをしているうちに、力を入れすぎて摩擦などにより色素沈着が起こりメラニン毛穴になってしまうこともあります。

 

電動洗顔ブラシの繰り返しの使用により、メラニンが多く作られることもあります。

 

このような複合パターンは多くみられます。

 

こんなケースの場合は、毛穴をクリアにするクレイ洗顔料や酵素洗顔料を使用して、その後に美白ケアをするのがおすすめです。

 

結果を早く期待するのなら、細かい粒子を使用したスクラブ入りの洗顔料を週に1〜2回使用する方法もあります。

 

スクラブ入りの洗顔料は、毛穴の中の角栓を取り除く吸着力が強く、肌の代謝も促進させる作用があるからです。

 

肌の代謝が早くなることでターンオーバーも早くなり、メラニンも早く排出させる効果があります。

 

ただし、スクラブは肌への刺激もあることから使い方を間違えるとメラニンの生成を逆に過剰にしてしまいます。

 

ですので、スクラブ入りの洗顔料の使用は週に1〜2回を必ず守るようにしてください。

 

メラニンは年齢とともに、ジワジワ増えてきます

新陳代謝は年齢とともに大きく下がります。

 

例えば60代の人の場合、肌の生まれ変わりに10代のころの1.5〜2倍の時間がかかります。

 

すると、新陳代謝によリ排出されるべきメラニンが蓄積されシミとなって残り黒ずみになっていくのです。

 

また、最近の研究からメラニンができてしまった部位は、さらに新陳代謝が落ちることがわかってきました。

 

つまり、一度メラニンができると、そこからシミが広がり、さらに濃くなっていく可能性があるのです。

 

シミがシミを呼ぶ負の連鎖を断ち切るには、年齢に合わせた美白ケアが必要です。

 

「美白は効果がわからない」「年齢だから仕方がない」

 

とあきらめる前に、ここで紹介する美白ケアを一度試してみてください。

 

メラニンとメラノサイトの違いは?

メラニンとは

皮膚の表皮の最下部、基底層にあるメラノサイトから生成される色素。

 

紫外線による細胞核の中にあるDNAの破壊や皮膚ガンから、メラニンは守ってくれています。

 

メラニンができることで真皮まで紫外線が届かないように守ってくれるのです。

 

もし、紫外線を浴びたときにメラニン色素が生成されなければ、真皮まで紫外線の影響をモロに受けることで、肌はボロボロになってしまい皮膚がんになる可能性も高まります。

 

メラニンは諸悪の根源のように思われていますが、実は肌をガードしてくれる大事な味方なのです。

 

メラノサイトとは

皮膚の表皮の最下部、真皮に近いところにある基底層にあるメラニン色素を作る細胞です。

 

メラノサイトが紫外線や摩擦、炎症、女性ホルモンバランスの乱れ、乾燥などで刺激を受けるとメラニンを生成します。

 

強い紫外線や刺激を受け続けるとメラノサイト自体の数も増殖し活性化します。

 

その結果、メラニン色素も過剰に発生することになります。

 

基底層の細胞は細胞分裂によって皮膚の表面に押し上げられ、約1か月後には角質から垢になって剥がれ落ちるのですが、

 

この周期(ターンオーバー)が乱れたりすると排出が正常に行われずメラニン色素が沈着してシミになるのです。

 

 

鼻の黒ずみをとる方法:TOPページ