男のいちご鼻の治し方

いちご鼻 男 化粧水

果物のいちごはキレイですが、いちご鼻は、極端な言い方ですが気持ち悪いですよね。

 

いちご鼻は、黒ずみが目立つばかりでなく触った時に凸凹感があり鼻の表面がざらついています。

 

鼻は顔の中でTゾーンにあって一番目立ちやすいので、どうしても気になります。

 

特に女性は男のいちご鼻に「不潔」という印象を持っています。

 

女性の一番嫌うタイプは「不潔な男性」です。

 

そのままだと、モテないだけでなく嫌われてしまいますよ。

男性のいちご鼻は乾燥と皮脂の過剰分泌が原因です。

皮脂の過剰分泌はわかるけれど、乾燥とはどういうこと?
俺の肌は乾燥なんかしていないよ!

という男性は多いのですが、

 

思春期の男性ホルモンの分泌が盛んな時期を通り過ぎるとホルモンの減少などで洗顔のし過ぎで肌が乾燥してくるのです。

 

あなたは泡洗顔をしていますか?

 

きっと、あなたは普通の石鹸で男らしく勢いよくゴシゴシと汚れを落としていると思いますが、これが男性の肌にはよくなく乾燥肌を生み出しているのです。

 

乾燥してくると肌はこれ以上水分を肌から蒸発させまいとして過剰に皮脂を分泌して自己防御します。

 

つまりは、いちご鼻をなくそうと一生懸命洗顔していることが逆に作用して皮脂の分泌を増やすことで毛穴が詰まりやすくなり、いちご鼻を作っているのです。

 

あなたは毎日、朝と晩に洗顔をしていますか?

 

男性は朝1回きりの洗顔で晩の洗顔は多くの方がしていません。

 

ここで言う洗顔とは水洗いではなく、きちんとした洗顔料を用いての洗顔のことです。

 

あなたが、いちご鼻で悩んでいるのなら毎日、朝晩の洗顔をおすすめします。

 

あなたはストレスを抱えていますか?

 

皮脂はストレスを抱えていると自律神経の働きが乱れて皮脂が過剰に分泌するようになります。

 

いちご鼻を気にし過ぎることでストレスが生まれ、悪いサイクルになってしまうので適正なケアを早急にする必要があります。

 

まず、毛穴を気にして触れば触るほどいちご鼻は酷くなるので、あまり触らないようにします。

 

そして、正しい洗顔と保湿を繰り返すだけで、
今まで何も手入れをしてこなかった男性ならいちご鼻を短期間で治すことができます。

 

いちご鼻の解消方法

自宅でのいちご鼻の治し方

いちご鼻が気になって、鼻パックをするのですが、
なかなかうまく取れないときがあります。

 

どうしても頭だけが出て残ってしまうんですよね。

 

そんな時には、こうするといちご鼻を直すことができます。

 

まず厚手のタオルを湿らして、
袋にいれて30秒ほど電子レンジでチンします。

 

タオルを袋から取り出し、タオルが冷たくなるまで顔にあて、
しっかり蒸します。

 

その後、クレンジングでしっかりマッサージした後、洗顔します。
毛穴の黒ずみをなくしお肌を引き締めるには洗顔の方法が大事です。

 

「毛穴ケアには洗顔」というくらい重要なのです。

 

正しい洗顔方法を説明します。

 

洗顔石鹸や洗顔フォームを、きめ細やかな泡が立つまで指先でこねて泡立てます。
はじめは慣れないかもわかりませんが、少しづつ水を足しながら焦らず根気よくこねます。

 

すぐにコツをつかめると思います。

 

きめ細やかな泡は弾力性がありますので、手を逆さにしても落ちません。

 

泡立てが簡単にできる市販の泡立て用網を使えば、あっという間に泡立ちます。

 

オリジナル泡立てネットが付いてる洗顔フォームもあります。
この泡で毛穴の掃除をします。

 

泡の力で毛穴を綺麗にします。
指や手に力を入れずに優しくお鼻を中心にお顔全体に滑らせます。

 

ここで大事なことは力を入れ過ぎると、
せっかく開いた毛穴が閉じてしまうので注意が必要です。

 

次にすすぎですが、泡が残らないようにすみずみまで丁寧にすすぎます。

 

お湯の温度はぬるめのお湯が最適です。

 

熱すぎると肌が乾燥してしまいます。
この後が大事です。

 

洗顔、すすぎの後は、化粧水を浸したコットンでお肌が冷たくなるまで、
しっかりとパッティングします。

 

以上の正しい方法を毎日、実践することで、あなたのいちご鼻は治りますよ(^^)

 

男性のいちご鼻を治す洗顔方法

男 いちご鼻 治し方

洗顔の前に手をよく洗う

手は雑菌の温床です。

 

手を洗わないで洗顔すれば、雑菌を顔にこすりつけることになってしまいます。

 

また、雑菌の影響でせっかくの洗顔料の洗浄力も半減されてしまいます。

 

洗顔の前には必ず手を洗うようにしましょう。

 

蒸しタオルで毛穴を開く

いちご鼻の原因は、毛穴が広がった部分に皮脂や古い角質層、空気中のホコリやゴミなどが混じり合って毛穴に栓ができ、それが酸化して黒くなります。

 

この黒くなった角栓をまず取り除く必要があります。

 

電子レンジで濡らしたタオルを約1分ほど温めて洗顔前に顔全体に数分のせます。
こうすることで、毛穴が開き鼻の毛穴につまった汚れが落ちやすくなります。

 

男性は面倒くさがり屋なので、毎回洗顔の前に蒸しタオルは面倒くさいと思う人が多いと思います。

 

そんな方は、蒸しタオルはしなくてもいいので、洗顔の前にぬるま湯(35〜40℃)で素洗いだけでもするようにしてください。

 

ぬるま湯で素洗いしておくことで毛穴を開かせ汚れが落ちやすくなります。

 

泡洗顔で優しく洗顔

男は男らしく勢いよくゴシゴシと汚れを落とす。ということは厳禁です。
絶対にやめてください。

 

洗顔料をしっかりと泡たてて優しく洗顔をします。
洗顔する時には冷水ではなく、ぬるま湯で洗顔します。

 

冷水で洗顔をすると、せっかく広げた毛穴が閉じてしまうので黒ずみの原因である汚れが取れなくなってしまいます。

 

洗顔のポイントとしては、手が直接に顔の皮膚にふれないようにモコモコの泡で洗うことです。

 

泡たてネットを使うと簡単に沢山の泡を立てることができます。
100均でも売っています。

 

ゴシゴシと洗いすぎると皮膚を傷めニキビや肌トラブルの原因になったりします。

 

洗い残しがないようにしてください。

 

この時にできれば黒ずみケア専用石鹸を使うといいです。

 

泡立ても簡単だし、市販の洗顔料とは黒ずみに対する効果が随分違います。

 

いちご鼻 男黒ずみ専用石鹸くろあわわ

 

くろあわわ

 

ここで疑問がわいてくると思います。
女性用のスキンケア商品男性が使ってもいいのか? です。

 

答えは大丈夫です。
何ら問題がありません。

 

ただし、スキンケア商品を使用するときは「脂性肌」「乾燥肌」「混合肌」「敏感肌」など肌質別に分かれているので、あなたの肌質にあったスキンケア商品を選ぶようにしてください。

すすぎは大事

洗顔の後のすすぎが不充分だと洗顔料が顔に残ることでニキビの原因になったりします。

 

また、この時もゴシゴシこすらないようにしてください。

 

手にすくったぬるま湯の中に顔を浸けるようにしてすすぎます。

 

水が飛び散りますが、バシャバシャと顔にかけるようにしてもOKです。

 

つまり、直接に手のひらと顔が接触するのを少なくして皮膚への刺激を抑えるようにすることが大事です。

 

タオルでの拭き取り

この時も顔をこすらないようにしてください。

 

清潔なタオルで優しく顔を押さえるようにして水分を拭き取ります。

 

男のいちご鼻には保湿が大事

洗顔後は化粧水だけでなく、乳液を使い保湿はきちんと行いましょう。

 

保湿をないがしろにすると、洗顔の後の皮膚は乾燥しているので、これ以上水分を皮膚から逃さないように皮脂の分泌が活発になり毛穴がまた詰まってしまいます。

化粧水を使う

洗顔後は肌の保湿成分が無くなっているのと、毛穴が開いた状態なので毛穴を引き締めるためと水分、栄養分を補給するために化粧水を使います。

 

化粧水は肌の奥までしっかり届くようにたっぷり使いましょう。

 

毛穴を引き締めたり、皮脂を抑える効果があるビタミンCが肌に浸透しやすいように開発されたビタミンC誘導体が配合されている化粧水がおすすめです。

クリームを使う

化粧水だけだと主成分は水なので蒸発してしまいます。
蒸発を防ぐために乳液を使います。

 

男性の中には、化粧水は使うけれどクリームは使わない人が多いのですが、クリームには油分が含まれ保湿効果があがるので両方使うことをオススメします。

 

クレンジングを使った方がよい?

男性はメイクをしないのでクレンジングは必要ないように思われますが、日焼け止めを塗ったときなどはクレンジングをすることをおすすめします。

 

メンズ化粧品おすすめ

洗顔後に保湿ケアをきちんとすることがいちご鼻の改善の近道です。

 

保湿には化粧水だけでは不十分で、乳液、美容液、クリームなどを使った保湿ケアが重要です。

 

しかし、男性がこれだけを毎日使うということは面倒に感じると思います。

 

そこであなたにおすすめしたいのがセラミドが配合されたクリームです。

 

セラミド配合クリームなら、これをつけるだけで保湿ケアは十分です。

 

セラミドは「最強の保湿成分」と言われていて、いちご鼻ケアに使う成分として、もっとも高い効果が期待できます。

 

保湿効果がずば抜けているだけでなく、肌もふっくらするので、毛穴が小さくなり目立ちにくくなります。

 

原価が非常に高いのですが、「小林製薬ヒフミドエッセンスクリーム」なら価格設定がかなり良心的です。

 

鼻の黒ずみ 取れない

ヒフミドエッセンスクリーム
【内容量】22g(約1ヶ月〜1ヶ月半分)
【価格】4,320円(税込)

セラミド配合の化粧品は多いのですが、セラミドの配合量が1%を超えているのは全体の1割もありません。

 

セラミドは一定以上の濃度配合されていないと効果が実感できないと言われています。

 

小林製薬ヒフミドエッセンスクリームは、セラミド配合量(4%)を誇り、おそらくセラミド化粧品の中ではトップクラスです。

 

ヒフミドには天然セラミドの「グルコシルセラミド」も配合されています。

 

さらに、ヒアルロン酸の2倍の保水力があるとされている高保湿成分「リピジュア(ポリクオタニウム-51、ポリクオタニウム-61)」も配合されています。

 

「アルコールフリー・無香料・無着色料」の低刺激性も魅力です。

 

初回はトライアルセットがお得です

 

鼻の黒ずみ 取れない【小林製薬】ヒフミドトライアルセット

 

セラミド

サプリメント

肌を健康に保つのに良いとされるビタミンAはビタミンEと一緒に摂取することで、より高い効果を得る事ができます。

 

ただし、ビタミンAの摂り過ぎは良くないので、摂り入れるならβ-カロテンを摂るようにします。

 

男のイチゴ鼻 皮膚科治療

一番確実で治療効果が早いのが、皮膚科に通って治療することです。

 

自分で治そうとするのもいいですが、ひどくなって自分の手に負えなくなったら、やはり皮膚科に相談するのが一番です。

 

皮膚科医の治療方法を紹介します。

ケミカルピーリング

くすみやざらつき、炎症を起こしたニキビの治療には、この療法が向いています。

 

この治療法は古い角質や毛穴に詰まった汚れを溶かすことで、いちご鼻を改善します。

 

改善日数としては7〜10日感覚で6〜7回の治療が必要となります。

 

レーザー治療

皮膚科で最も多く行われている治療法は、たくさんあるレーザー治療法の中ではメラニン色素に反応するレーザー治療です。

 

メラニン色素をピンポイントで破壊することで、黒ずみの原因である古い角質や角栓を取り除きます。

 

皮膚の真皮層にレーザーを当てることでコラーゲンの再生も促し肌のハリも出て毛穴が目立たなくなります。

 

保険適用治療

ビタミンB群や抗生物質(内服・塗り薬)、抗菌塗り薬などの処方

保険適応外治療

ピーリングやレーザー治療

いちご鼻治療後のケア

せっかく皮膚科の治療でいちご鼻が改善されても、また再発してはどうしようもありません。
また同じいちご鼻で苦しまないためにも改善後は生活習慣も改善しましょう。

  • 生活のリズムを守る
  • 食事は偏らない、バランスよく
  • 刺激物、脂肪分が多く含まれる食事、加工食品は控える
  • タバコやアルコールは出来たらやめるか量を少なくする
  • 継続して適度な運動を行う
  • ストレスを溜めない

男のいちご鼻ケアでしてはいけない行為

鼻パック

鼻パックを使うと確かにいちご鼻の原因である角栓は取れるのですが、あくまでも一時的です。

 

毛穴パックは無理に角栓を取ることで肌を傷め、毛穴が開いた状態になってしまいます。

 

毛穴が開いた跡は元に戻りにくく、またその毛穴に汚れが溜まり角栓ができてしまいます。

 

毛穴パックのような物理的な開放だと逆に毛穴が大きく目立ってしまいます。

 

爪やピンセットを使う

爪やピンセットなどを使って男性はよく角栓を押し出していますが、これも毛穴パックと同じで物理的に肌に刺激を与えるのでNG行為です。

 

汚れた手指での行為は特に絶対やってはいけません。

 

ピーリング

ピーリングは「はぎ取る」という意味があるように、使った時には驚くほど黒ずみが取れるので、ついつい使いたくなるのですが、周りの角質までとってしまうので肌の潤いや免疫機能までも奪ってしまい、かえって毛穴が開く原因になってしまいます。

 

いちご鼻はサウナで治る?!

いちご鼻 サウナ

 

いちご鼻はサウナに入ると治ると思い込んで、スーパー銭湯やトレーニングジム、スイミングスクールなどのサウナに長い時間入っている人を見かけますが、

 

残念ながらサウナに入っただけでは、いちご鼻を治すには大きな効果はありません。

 

でも、全く効果が無いかというと効果はあるので、利用しないよりは利用した方が良いのですが、効果を最大限に引き出す方法を教えますので、このまま読み進めてくださいね。

 

まず、毛穴と汗が出る汗腺は同じではないので、汗と一緒に毛穴に詰まった黒ずみが出ることはありません。

 

サウナの良い点は、熱さで血管を開かせることで、血流の流れがよくなり新陳代謝が進むことです。

 

新陳代謝が進みターンオーバーが正常化されれば、角栓汚れが落ちやすくなり毛穴も小さくなります。

 

サウナでの効果を最大限に活かすには、サウナを出た直後に洗顔をすることです。

 

サウナで温まり毛穴が開いているので、洗顔料がより早く毛穴に浸透し、汚れを取り除いてくれるからです。

 

その後に、冷水で洗い流すとキュッと毛穴が引き締まりますが、これは一時的です。

 

男性といえども、いちご鼻を治したいのなら、洗顔料を使って洗顔した後に化粧水を使って保湿をし、

 

せっかくの保湿が肌内部からの蒸発によって失われないように乳液で防御膜をつくることです。

 

出先でそこまでするのは恥ずかしいという方は、サウナでなくても自宅でお風呂で温まった後とか、前述した蒸しタオルを使った後に洗顔、保湿をすれば問題ありません。

 

いちご鼻は男性の方が女性よリ多い

男性は、女性と違って化粧することがないので化粧のつまりによるいちご鼻はありません。

 

しかし、男性は女性の肌に比べて皮脂の分泌量が多く、脂っぽくきめが荒いので鼻が黒ずむいちご鼻に悩む人は女性より多いです。

 

男のいちご鼻の治し方
<p>

いちご鼻の原因である皮脂はホルモンによって影響されますが、男性ホルモンは皮脂分泌を活発にする働きがあるので尚更やっかいです。

 

皮脂の分泌は女性は20代をピークに少なくなるのですが男性は年齢による大きな変化はありません。

 

そのため、若いうちにキチンと手入れをしておかないといちご鼻は年齢を重ねても無くなることはなく、ひどくなったりします。

 

男性は女性と違っていちご鼻を化粧でカバーすることができないので、気がついた時にキチンと手入れをすることが重要です。

 

 

しかし、いちご鼻で悩む男性は女性よりも多く、本人は悩んではいるのですが何もしないのが実情です。

 

男性は女性よりもホルモンの関係で皮脂の分泌量が多く、肌のキメも粗いです。

 

それに毛穴も深く大きいので角栓も大きくなりやすくいちご鼻がより目立ってしまうのです。

 

そしていちご鼻に大きな影響を及ぼす紫外線にまったく無頓着なことも男性にいちご鼻が多い原因になっています。

 

それでいて、毎日こまめに洗顔するとか、化粧水や乳液でスキンケアをする人なんて皆無に近いです。
(最近はスキンケアをする男性が増えてきています。)

 

いちご鼻対策をするとしても男性は、指で押しだしたり、毛抜きで引っこ抜いたり、毛穴パックを使ったりなど強引に力まかせに処理しようとします。

 

こんなことをすれば、逆に毛穴を広げたり、毛穴の炎症を起こしてしまうことがわかっていないんです。

 

そして、いちご鼻を治すどころか余計に悪化させてしまうんです。

 

男性は化粧をすることもないし、スキンケアをするなんて男らしくない(キリッ!)なんて妙にカッコつけたりしちゃうんですよね

 

わかりますその気持ち。

 

でも、いちご鼻を治したいのならある程度のスキンケアはどうしても必要です。

 

男のいちご鼻の原因

いちご鼻の主な原因は、毛穴が開いているところに、皮脂成分が過剰に分泌されることで毛穴が詰まることです。

 

皮脂が毛穴に詰まることで角栓ができ、その角栓が空気に触れ酸化することで黒くなり、まるでイチゴのようになります。

 

また角栓の詰まりだけでなく、皮膚の代謝が鈍化することでも起こります。

 

肌の乾燥もいちご鼻の原因になりやすいので注意して下さい。

 

男性ホルモンは皮脂腺に働きかけて皮脂の分泌を活発にする機能があるので、どうしても思春期の頃に肌がテカったり、オイリー傾向になります。

 

男のいちご鼻の治し方

そのため分泌しすぎた皮脂によって毛穴がつまり古くなった角質や、ほこりなどと混じり硬くなり溜まって黒ずみとなるのです。

 

逆にオイリー肌ではなく、乾燥肌なのにオイリー肌だと思い込み、さかんに皮脂を取ろうとすることで逆に肌の潤いを保とうと皮脂を余分に分泌させてしまうこともあります。

 

皮脂は20℃前後で固まり、体温より少し高い37〜40℃で溶け出します。
運動をする機会が少ない人は、皮脂がたまりやすくなります。

 

スポーツ選手などは、皮脂が詰まることがないのでいちご鼻が目立つ人はほとんどいません。

いちご鼻を気にしていつも触っている

いちご鼻がきになり、いつもゴシゴシこすっていると、周りの古い角質(垢)が毛穴に押し込まれ黒ずみになりやすく、肌のキメも荒れることから、さらに毛穴が開きやすくなります。

 

メラニン型のいちご鼻は回復が遅い

人間は紫外線を浴びると自然な体の防御本能が働いて紫外線から皮膚を守るためにメラニン色素を生成します。

 

皮膚を守ってくれるのはいいのですが、これがいちご鼻の原因になってしまうんです。

 

通常なら28日周期のターンオーバーでKずみメラニンも剥がれ落ちるのですが、メラニンが残ってしまう事もあります。

 

毛穴に皮脂や角質がつまり角栓となった黒ずみと違い、このメラニン型のいちご鼻は治すのに長期戦を覚悟する必要があります。

 

通常であればターンオーバー周期の1〜2ヶ月あればメラニンは分解または体外に排出されるのですが、

 

メラニン型のいちご鼻はそれ以上の時間が必要になります。

 

夏に日焼した水着跡がキレイに無くなるのが冬頃ということがあるように、
毛穴に蓄積されたメラニンを除去するには、それぐらいの期間が必要になるということです。

 

日焼け止めを塗る

せっかく正しいケアをしていちご鼻が消えても、紫外線対策をしなければまた、いちご鼻になってしまいます。

 

メラニンン型いちご鼻を治すには紫外線ケアが一番大切です。

 

日頃から営業で外へ出かける機会が多い人や、日中屋外での仕事の人は日焼け止めを塗ることをおすすめします。

 

大丈夫です。
今の日焼け止めは塗ったことが全然わかりませんから。

 

飲む日焼け止め

最近は飲む日焼け止めサプリが注目されています。

 

飲むだけで紫外線をカットする効果があり、塗るタイプの日焼け止めと違い、ベタつきもなく敏感肌の方でも大丈夫です。

 

紫外線対策は“塗る”から“飲む”時代に変化しています。

 

焼かないだけでなく、紫外線による光老化を防御+抑制する便利なサプリです。

 

男のいちご鼻の治し方キレイになる♪ 飲む日焼け止めサプリ【ホワイトヴェール】

 

男のいちご鼻はモテません

男のいちご鼻の治し方をまとめましたが、
男のいちご鼻を女性が見た時の印象を知りたくありませんか?

 

まず、一番気になるのが男のいちご鼻は女性にモテるのかモテないかですよね?

 

結論から言ってしまいますと、想像もついていると思いますがモテません。

 

いちご鼻 男 化粧水

 

顔の造りがよっぽどイケメンであれば多少は許されるかもわかりません。

 

これは男性が女性を見て、少しくらい肌が荒れていても可愛ければOK!と同じ感覚ですね。

 

でも、それも程度次第です。
いちご鼻はマイナス材料ということに変わりはありません。

 

女性が男性のいちご鼻を見た時の第一印象は、

 

「ん・・・。(汗)」です。

 

会話をしていても、どうしても鼻に目が行ってしまうので会話が耳に入ってこないこともあるようです。

 

この時、心の中で思っていることは「不潔!!」です。

 

不潔から連想が始まると、この人は下着も、部屋も、すべてが不潔。

 

この人は自分にお金をかけないのかも?と思われ

 

極端かもしれませんが生き方まで不潔と思われることがあります。

 

あなたのいちご鼻がどの程度かわかりませんが、ここでは

 

「男のいちご鼻の治し方」を詳しく解説しているので、まずはその通りに実行してみて下さい。

 

いちご鼻が治れば、あなたの印象はぐっと良くなるはずです。

 

友達から「お前のいちご鼻すごいな!」と言われるようになったら終わりですよ。

 

脂ぎった肌を治した体験談

男性のいちご鼻は、脂性肌を改善するところからがスタートです。

 

体験談をいちご鼻を治す参考にして下さい。

 

私は33歳の男性です。いい歳したおっさんではありますが、これでも一丁前に肌に関する悩みがあります。
それは顔の肌が脂ぎっている事。

 

これにつきます。
これは夏でも冬でも関係なく、常に脂ぎっており、テカテカに輝いています。

 

「男だから気にするな」と言われればそれまでですが、私は仕事は営業ですし、社内でも人の前に立って話す事が多いので、やはりこれは気になります。
とは言え、どうすれば改善できるのか?

男のいちご鼻の治し方

今までは漠然と時間のある時にトイレなどで洗面してやり過ごしていましたが、これでは解決にはなりません。
とは言え病院とかに受診して治るものなのかどうかも分かりませんし、これだけで皮膚科とかに行っていいものなのかどうかも私には分かりませんでした。

 

ちなみに私が本格的に「この肌どうしよう?」と思ったのは、実は今年に入ってからです。
今年に入ってから営業で重要なお客様を担当させて頂ける事になりました。

 

なのでこの脂ぎった顔で悪影響を与えるというのは絶対に避けなければなりません。
上記で書いたように病院に行けばいいのかも分からなかったので、とりあえずはネットで調べてみる事に。

 

まず分かったのは病院には行く必要はないという事。
十分に自分の力だけで何とか対策を立てれるというのが分かりました。

 

その対策の前に、どうしてこんな「脂ぎった肌」になるのか?
その原因も判明しました。それは何と、「水分不足」が原因との事。

 

「水分は全く関係ないだろ」と思っていた私にとって軽い衝撃がありました。
そう言えば家にいてもあまりお茶は飲まないし、仕事中も飲む事はあまりありません。

 

なのでこんな脂ぎった肌(ちなみに脂性肌と言うらしい)になってしまったという事です。
それならば対策は簡単です。

 

水分を多く摂るようにすればいいのですから。
なのでまずは食事時に必ずお茶を一杯、お代わりする事を心掛け、そして仕事中も500mlのペットボトルを携帯して小まめな水分補給を心掛けました。

 

他の対策としては、「洗顔」と「あぶらとり紙で小まめに油を取り除く」です。
洗顔に関しては十分過ぎる程にやっていたので、あぶらとり紙の購入に走りました。

 

そんなに大した金額でもなかったので多めに購入し、仕事で携帯している鞄に入れ、外出先でも使えるように準備。
営業で回る前や、会議前のちょっとした時間に使用しています。

 

私の調べた対策としてはこれ位です。
これならば誰でも簡単にとりかかれます。

 

この脂性肌、放っておくとニキビが出来たり、毛穴が黒ずんだりもするみたいですから、早めのケアが重要です。
皮脂の分泌量の関係で脂性肌は女性より男性に多いみたいなので、世の中の男性は要注意です!

 

いちご鼻をとる方法:TOPページ