鼻の毛穴の黒ずみを治す方法を教えます。

鼻の黒ずみの治し方を紹介します。
あなたもこの方法で鼻の黒ずみを改善し自信を取り戻してください。

 

鼻の毛穴の黒ずみを治す

鼻パックをしても黒ずみが取れない。

 

あなたはこんな悩みを持っていませんか?

 

実は、鼻パックをすると、
パックをした直後は綺麗になったようにみえますが、
必要な角質までも取ってしまっているのです。

 

そのため、実は以前よりも毛穴の広がりを大きくしているのです。

 

そうすると、どうなるかおわかりですよね?

 

そうなんです、前よりもより多くの汚れが付着し、より大きな黒ずみとなってしまうのです。

 

では、どうしたらお鼻の黒ずみ治す事が出来るのでしょうか?

■温めると、お鼻の黒ずみは取れる?
温めると毛穴は開きますが、黒ずみはとれません。

 

■ゴシゴシ念入りにこすれば綺麗になる?
強くこすっても、黒ずみは落ちません。

 

■クレンジング時に小鼻を中心にクルクルと洗えば綺麗になる?
 メイクは落ちますが、素肌の汚れは落ちません。

 

このケースでは、洗顔を丁寧にしないと、クレンジングの油が毛穴に残り、
ニキビの原因となったりします。 

 

貴方のお鼻の黒ずみを治す方法は間違っています。

 

 

あなたに、確実にお鼻の黒ずみを治す

 

とっておきの方法を、お教えします。

 

決して、病院に通ったりとか、高額なエステに通ったりとか、
美顔器を買ったりとかいう事ではありません。

 

どれだけ、エステティックやクリニックでお肌が綺麗になっても、
お家でのケアを怠ったら、せっかくの素肌美も台無しです。

 

本当に大事なのはホームケアです。

 

ホームケアでは、クレンジングや洗顔後でも、
汚れや油分が肌に残ったままという状態が、よく見かけられます。

 

これでは、キチンとスキンケアをしたつもりになっているだけで、
肌に届くものが届かず、汚れが蓄積し、黒ずみ、ごわつきの原因になります。

 

今までは、汚れ落ちを追求すると、お肌がつっぱったり、カサカサしたり、
必要な油分までも取り除いてしまいました。

 

逆に、お肌がパサつかないようにすると、汚れが落ちにくくなるという、矛盾がありました。

 

鼻の黒ずみを治すにはクレンジングを変える

でも、ここではっきり言います。

 

鼻の黒ずみが治らないのは、あなたのクレンジング選びが間違っているからなんです。

 

まず、鼻の黒ずみを治すには美容液よりもクレンジングに投資しましょう。

 

といって高額なクレンジングを使用するということではありません。

 

「美容液は効果が高いから少しぐらい高くてもしょうがないよね〜」と思っている方が多いのですが、

 

美容液という呼び名には定義はなく、化粧品会社が美容液と言えば美容液になるのです。

 

実態は、ほぼ化粧水や乳液と変わりはありません。

 

もちろん、素晴らしい美容液もあるのですがほんの一握りで探し出すのが難しいくらいです。

 

それよりも、必須アイテムのクレンジングにこだわった方が賢明ということなんです。

 

ズバリ!鼻の黒ずみを治すにはオイルクレンジングを使います。

 

そして、いつもクレンジングが終わったら、再度お鼻の黒ずみが気になる部分に良質な「油脂クレンジング」を載せ、
5分ほど放置してから洗い流すのを毎日約2週間〜1ヶ月続けます。

 

それだけで、鼻の黒ずみの症状が軽い人は肌のターンオーバーの期間である
約1ヶ月で鼻の黒ずみが治ります。

 

鼻の黒ずみが治ったら、それ以降は通常のメイク落としのクレンジングだけでOKです。

 

「えっ!でもオイルクレンジングは肌を乾燥させるし界面活性剤が配合されているから、肌には良くないと言われているよ!」

 

いえいえ、オイルクレンジングは乾燥するというのは誤解です。

 

NGなのはミネラルオイル(鉱物油)配合のオイルクレンジングです。

 

動植物から摂れるオイル(油脂)は別です。

 

ミネラルオイル(鉱物油)は、石油からプラスチックやその他工業製品を作ったあとに出る廃油から作られているのですが、安全性は高いです。

 

しかし、脱脂力が強いので確かに肌が乾燥してしまいます。

 

しかし、油脂は人間の皮脂によく似た構造をしていて、もし肌に残っても保湿成分となってくれるのです。

 

逆に皮脂が仲間として受け入れてくれるので、皮脂を外に逃がさず肌が乾燥することはありません。

 

界面活性剤は確かに使われているのですが、非常に低刺激の非イオン系界面活性剤で、静電気を一切帯びず毒性や刺激はほぼありません。

 

界面活性剤は洗浄機能のために配合されているわけではなく、ベース剤の油を水で流すことができるように配合されているのです。

 

油脂オイルクレンジングは、メイク汚れはしっかり落とすのに、乾燥は一切しない優秀なオイルクレンジングなんです。

 

油脂クレンジングは、肌への負担がほとんどないのでニキビ肌でなければW洗顔不要で、
アトピー肌や乾燥肌の人でも問題なく使える場合がほとんどです。

 

確かに、ここ数年はオイルクレンジングが肌に良くないという説が広まったことで、ミルククレンジングやクリームクレンジングが人気です。

 

しかし、これらは洗浄力は優しいのですが、その分メイクを落すのに時間がかかったり、肌を長くこすることになるので肌に負担をかけていることになります。

 

また、知らないうちに必要な皮脂まで洗い流していることがあります。

 

鼻の黒ずみの原因である角栓、皮脂は油で落とすほうが負担が少なく済みます。

 

油は油に溶けやすいという性質を利用しているので摩擦などを強く加えなくても自然に角栓・皮脂を落せます。

 

でも、こんな油脂クレンジングはNG

油脂クレンジングに配合される油脂には、皮膚刺激を生む、ゴマ油やアーモンド油などの酸化しやすい油脂があります。

 

鼻の黒ずみを治すために使用するオイルクレンジングは、酸化しにくいマカダミアナッツ油、アボガド油、アルガンオイル、米ぬか油などが配合されたオイルクレンジングです。

 

特にマカダミアナッツ油、アボガド油は、年齢ともに減少する「バルミトレイン酸」が豊富なので、アンチエイジングにも効果的です。

 

さらにマカダミアナッツ油、アボガド油にはお肌を柔らかくする作用もあります。

 

市販のオイルクレンジング

市販で販売されている安価なオイルクレンジングのほとんどが炭水化水素油の『ミネラルオイル(鉱油)』や『ジメチコン(シリコーン油)』が主成分です。

 

ですので、オイルクレンジングを購入するときには成分表をよく確かめてください。

 

油脂が配合されていて、なおかつ酸化しにくく、アンチエイジングにも効果があり、さらにお肌を柔らかくする作用があるマカダミアナッツ油、アボガド油が配合されているオイルクレンジングを探すのは大変ですが、

 

ここにその条件を満たすオイルクレンジングを紹介します。

お薦めのオイルクレンジング

MIMURAクレンジングオイル

  • 合成香料フリー
  • タール色素フリー
  • パラペンフリー
  • 鉱物油フリー

W洗顔不要で、お風呂でも使えます。
マツエクもOK!

 

前述のマカダミアナッツ油、アボガド油を含む6つの植物オイル(他にホホバオイル・モリンガオイル・ウチワサボテンオイル・ツバキオイル)+3つのセラミドが贅沢に配合されています。

 

【全成分】
成分:パルミチン酸エチルヘキシル、テトラオレイン酸ソルベス−30、アボカド油マカデミア種子油、トリエチルヘキサノイン、水、グリセリン、BG、ビルベリー果実エキス、サトウキビエキス、オレンジ果実エキス、レモン果実エキス、サトウカエデ樹液、ホホバ種子油、ワサビノキ種子油、スクワラン、ツバキ種子油、セラミドNP、セラミドAP、フィトスフィンゴシン、セラミドEOP、オプンチアフィクスインジカ種子油、コレステロール、カルボマー、キサンタンガム、ラウロイルラクチレートNa、トコフェロール、フェノキシエタノール、ラベンダー油、ベルガモット果実油、ローズマリー葉油

 

通信販売でよくある初回割引はありませんが、1本の購入で約2か月使用できます。

 

値段も定価 3,240円(税240円)で、とてもリーズナブルです。

 

毛穴の奥の汚れもすっきりと洗い流し、洗い上がりも潤いが続きます。

 

いちご鼻を改善するスキンケアミムラ クレンジングオイル

 

 

ホットタオル

ここで紹介したオイルクレンジングなら基本W洗顔は必要ないのですが、

 

効果が目に見えて出るまで、1週間に1回〜2回のペースでホットタオル使った洗顔をすることで効果が早く実感できます。

 

鼻の黒ずみを早く治そうとホットタオルを毎日実行するのも逆効果で乾燥肌の原因にもなったりするのでやり過ぎには注意してください。

 

「ホットタオル」を使用する方法を紹介します。

 

「ホットタオル」はオイルクレンジングでメイクを落としてから使用します。

 

鼻 黒ずみ 治し方

ホットタオルはクレンジングをする前に準備しておきます。
フェイスタオル全体を水に濡らし、絞ってから電子に入れ500W or 600Wで1分〜1分30秒暖めます。

 

ここで注意することは、フェイスタオルはできるだけ柔らかくてボリュームがある物を使用し、電子レンジをかけた後に温度差がでないようにタオルを均等に濡らすことです。
クレンジングの後に、この「ホットタオル」を顔にのせます。

 

しかし、注意してくださいね、あまりに熱いと火傷をしてしまいますし、冷たいと効果が出にくいです。

 

電子レンジから取り出してまだ暖まっていない時には時間を10秒づつ追加して様子をみながら暖めてください。

 

逆に熱すぎる時はタオルを広げてバタバタさせながら冷ましてください。
適温と判断したら顔に2分〜3分のせます。

 

ホットタオルは気持ちがよいのでリラックス効果もあるのですが、時間をすぎると顔を冷やすことになるので時間はキチンと守ってください。

 

洗顔

ホットタオルの後は洗顔をします。
洗顔もクレンジングと同じように優しく洗います。

 

生クリームのような濃厚な泡で手と肌は触れないで泡を動かして洗うイメージです。

 

保湿

洗顔の後はしっかりと保湿をします。

 

保湿というとすぐに乳液をしっかりつけないといけないと思われがちですが、化粧水をしっかりとすることが重要です。

 

ホットタオルで広がった毛穴を化粧水で引き締めるイメージです。

 

化粧水は使用する前には冷蔵庫で冷やしておくとより効果的です。
この方法はお薦めですよ。

 

化粧水は手にたっぷりと取って、もうこれ以上は染み込まない、というくらいお肌に水分を与えます。

 

以上が、鼻の黒ずみを治す方法です。

 

この鼻の黒ずみの治し方を、まずは2週間〜1ヶ月も続けることであなたのお肌に変化がきっと見えてくるはずです。

 

鼻の黒ずみの原因

「NGクレンジング」

黒ずみ毛穴の代表的な原因は”メイク汚れ”です。

 

毛穴の黒ずみは、皮脂が酸化したものです。

 

これを解消するには、夜のクレンジングをしっかり行い、
酸化した皮脂や毛穴に入り込んだメイク汚れをしっかり落とすことが必要です。

 

 

あなたはキチンとクレンジングでメイクを落とせていますか?

 

間違ったクレンジングが黒ずみを作っている原因でもあるんです。

 

これを機会に正しいクレンジングを行いましょう。

 

 

また、メイク汚れ落としを完璧にするためにメイク落としの後に洗顔をしますが、
「ダブル洗顔」をしっかり行いすぎている方が多いようです。

 

ダブル洗顔を必要以上に行うことで、肌に必要な皮脂までとってしまい、
逆にお肌に負担をかけていることがあります。

 

鼻の黒ずみを治すには、しっかりメイクは落としながら潤いを保ち毛穴ケアが出来る、オイルクレンジングがおすすめです。

 

皮脂の過剰分泌

ご存じののように鼻の毛穴の黒ずみの原因は皮脂にあるんです。
特に鼻は皮脂の分泌量が多く鼻の毛穴は奥が深いことから皮脂が溜まりやすいのです。

 

ではオイリー肌の人が全員黒ずみができるかというとそうではありませんよね。

 

毛穴の黒ずみは詰まらなければ「黒ずみ」にはならないのです。

 

顔が脂っぽいからと、あぶらとり紙や強力な洗顔料を使用したりするスキンケア過剰。
実はこれが逆効果なのです。

 

過剰に肌のアブラが取られることで、肌の免疫反応で皮脂の過剰分泌が始まります。

 

そのために黒ずみになりやすい原因を自らが作り出しているのです。

 

つまりは、肌をキレイにしようと洗い過ぎたり手入れをしすぎたりすると、肌が乾燥して皮脂も過剰分泌され毛穴が開くことで汚れが詰まりやすくなり角栓もできやすくなります。

 

逆に肌のスキンケア不足で毛穴が黒ずんでしまうことがありますが、これはきちんとした肌へのスキンケアを実行すれば解消されます。

 

まず、化粧を完全に落とすために正しいクレンジング選びから始め、洗顔料も適切な物を使用することで毛穴の黒ずみは解消されます。

 

自分の顔はテカリやすいからオイリーだと思っていても、実は乾燥肌のために肌が反応して皮脂を多く出していることもあります。

 

そんな場合には、肌質を根本から変えて行く必要があります。

乾燥肌を治すには

もう一つの鼻の毛穴の黒ずみの原因は乾燥にあります。

 

乾燥することで鼻の毛穴の周りの皮膚が固まり、角栓が詰まるのです。

 

乾燥肌は名前の通り肌が乾燥している状態を言いますが、正式には角質層の水分が30%以下で「皮脂」や「セラミド」などの保湿機能がうまく働いていない状態をいいます。

 

角質層は肌のバリア機能の働きをもっていて、外からのウイルスや紫外線からの刺激から守り、肌の内部の水分が逃げないようにして肌のなめらかさを保っています。

 

このバリア機能が壊れている状態が「乾燥肌」です。

 

毛穴の黒ずみの対策でも、乾燥肌だけど過剰スキンケアでオイリー肌になっているのか、本当にオイリー肌なのかを見分けることが重要で、それによってお手入れ方法もかわってきます。

 

乾燥肌だけどオイリー肌の人は過剰なスキンケアをやめ保湿ケアを進めることで、肌は正常にもどり毛穴の黒ずみも解消されるはずです。

 

本当にオイリー肌の人は、適正なクレンジングと洗顔を行うことで毛穴の黒ずみは解消されます。

 

しかし、以上の考え方できちんと手入れをしても毛穴が開ききったままでは、またすぐに前の黒ずんだ状態に戻ってしまいます。

適正なスキンケアをした後には毛穴を引き締めることが大事です。

毛穴を引き締めるためには、1日や1週間では治りません。

 

ターンオーバーを正常化させ、セラミドなどの保湿成分を復活させなくてはいけないので結構時間がかかります。

 

けれども、やることはとてもシンプルなので根気よく続けてください。
毛穴を引き締める方法ですが、余分なケアは一切やめてオイルククレンジングを正しく行うだけです。

 

余分なケアとは「毛穴パック」「角栓シート」「ピーリング」などを指します。

 

これらは、その場ではキレイになりますが根本的な対策にはならず、逆に肌へダメージを与え、悪化させるだけです。

 

正しいオイルクレンジングをすることで、1ヶ月もすれば、肌はみるみるキレイになっていきますよ。

 

鼻の黒ずみを治す「マメ知識」

鼻の新陳代謝を上げる

・鼻のツボ・マッサージを紹介します。

 

小鼻の両脇に”迎香(げいこう)”というツボがあります。
迎香から目の方に指を滑らすと”鼻痛点(びつうてん)”というツボがあります。

 

2つのツボは血行が悪くなると固くなりやすいので、ここをほぐすことで鼻の新陳代謝を高めます。

 

皮脂を摂りすぎると逆効果になります!

皮脂は”飽和皮脂量”があり、一定量まで増えると皮脂腺に圧力がかかることで分泌が止まります。

 

つまり、皮脂を出てくる都度に取り除くと圧力がかからず、常に出ている状態になります。

 

そのために、皮脂を除去後は必ず保湿が必要なのです。

 

角栓に対する注意点

1.常に紫外線対策をする
2.皮脂分泌量が増えるので気温が高いところには長時間いない
3.鼻の新陳代謝をあげるために角栓洗浄前に鼻のツボ・マッサージをする。
4.皮脂が止まらなくなるのでキチンと保湿をする。

 

毛穴は夏に一気に老化します。
貴方の毛穴も、老化していませんか?

 

気温が上昇するとともに皮脂分泌量は増え、紫外線を浴びる事で活性酸素が発生し、
毛穴が黒く酸化します。

 

また、紫外線は角質にもダメージを与え角質が溜まる原因にもなります。

 

鼻の黒ずみをとる簡単な方法:TOPページ

毛穴に効く秘密はゲルの粘性を利用したゲルクレンジングです。クレンジン後の「うるおい」に驚きます。汚れ落ちの効果が高いクレンジングは敏感肌の人には、あまり向かないのですが、敏感肌の方にもこれなら安心して使って頂けます。使用したの人がズット使い続けたいと語っています。毛穴が目立たなくなった。気にならなくなった。すべすべする。黒ずみがなくなった。皮脂が減ったという回答を貰っている実績抜群のクレンジングです。一度、このクレンジングで試してみてください。きっと、満足する結果が得られるはずです。私が使って実感した自信を持って薦められる商品です。毛穴に自信がもてなかったあなたのために・・・以下に該当する貴女にお薦めします。鼻の黒ずみが気になる方毛穴の開きにお困りな方実年齢より老けてみられる方成分にこだわりたい方アレルギー、アトピー、ニキビ含め、敏感肌で炎症気味のお肌の方無添加にこだわりたい方鼻の黒ずみマナラは10年も前からクレンジングが肌トラブルの根源である事実に着目し、以来研究を重ねてきました。その成果の末に誕生したのが、マナラホットクレンジングゲルです。マナラホットクレンジングゲルは、2年連続クレンジング売り上げシェアNO.1で、今までに600万本以上の販売実績があります。ひょっとしたらあなたも名前だけは聞いたことがあるかもしれませんね?マナラホットクレンジングゲルは肌を乾燥させないで、メイク汚れや毛穴の汚れもしっかり落としてくれます。しかも、着色料、合成香料、鉱物油、石油系界面活性剤、エタノール、パラペン、紫外線吸収剤が無添加で肌にとても優しいクレンジングです。それだけではありません、温感ゲル効果で毛穴の汚れを根こそぎ絡め取ってくれるのです。マナラホットクレンジングゲルは、91.4%が美容成分で、ヒアルロン酸、セラミド、スクワラン、ローヤルゼリー、コラーゲンが配合され、クレンジングをするたびに潤いをしっかりと補給してくれます。クレンジン後でもオリーブ油脂肪酸エチルへキシルの効果で、その後に使うスキンケアアイテムの浸透をサポートしてくれるんです。鼻の黒ずみそして、翌朝は、鼻のトラブル対策用美容液Remery(リメリー)」でW対策です。リメリーは医薬部外品で、朝から1日中皮脂の分泌を抑えてくれます。リメリーはプラセンタ&大豆イソラフラボンで徹底保湿をしてくれます。マナラホットクレンジングゲルと、リメリーのW対策で、あなたの鼻の毛穴の黒ずみは解消されるでしょう。鼻の黒ずみを取る方法を要因から教えます。鼻の黒ずみ鼻の毛穴の黒ずみは、夏に強くなる傾向が強いですが、夏だけではありません、鼻の黒ずみの原因は紫外線によるところが大きいので、冬でもお手入れが悪いと鼻が黒ずみます。1つ1つをキチンとケアすることで、鼻の黒ずみをとり、ブス鼻を治し、毛穴美人になりましょう。そのために鼻の黒ずみを取る方法を説明します。鼻の黒ずみを取るには、まず詰まりの元を知る必要があります。角栓の成分は約7割が角質(タンパク質)で、残りの約3割が皮脂です。角栓を今まで”脂”だと思ってクレンジングしていても、あまり効果がなかったのはこれが原因です。角栓の成分の大半が角質(タンパク質)だったからです。今までの「鼻の脂(あぶら)を溶かす」考えは横に置いて、鼻を守り、代謝をあげることでお鼻のケアをすることが大事です。ここに紹介するクレンジングは、クリームやオイル、乳液タイプの商品のように「油(メイク)を油で制す」というタイプではありません。ゲルの粘性や他の配合成分の力でメイクや毛穴に詰まった汚れを無理なく落とします鼻の黒ずみを取る方法:毛穴吸引器の使い方、注意点鼻の黒ずみを治すために、色々試してみたけれど効果があまり良くなかった人は一度、毛穴吸引を試してみたらどうでしょうか?鼻の黒ずみを取る方法:毛穴吸引毛穴吸引というとエステティックサロンの施術が思い浮かびますが、最近では市販で毛穴吸引器が販売されていますので、簡単に自宅で行う事ができます。鼻の黒ずみを取る方法:毛穴吸引パナソニック 毛穴吸引スポットクリア リセ EH2592PP-P/スポットクリア/毛穴吸引器/■毛穴吸引器を使う前には、必ずメイクをしていたらクレンジングでメイクを落とし、洗顔を済ませておきます。次に毛穴吸引器を使用する前に毛穴を開かせます。毛穴を開く方法は、レンジで1分ほど温めた蒸しタオルを顔(鼻)に数分乗せて毛穴を開かせます。毛穴吸引器は防水タイプもありますので、体全体が温まって毛穴が開いている、お風呂の中で使ってもいいでしょう。まず、お鼻全体に毛穴吸引器をすべらせ、その後、気になる部分に集中的に使います。気をつけなくてはいけないのは小鼻のわきは皮膚が薄いので、あまり回数多く毛穴吸引器を使用しないようにしてください。毛穴吸引器を使うと、角栓が目に見えて取れるので、気持ちがよくなって一気に取ろうとしがちですが、毛穴の角栓を1回で取ろうと何度も毛穴吸引器を使うと、色素が沈着したり、やりすぎると皮がむけたり、鼻が真っ赤になってトナカイのようになってしまいます。やりすぎると大きなニキビが出来てしまうこともありますので注意してください。使用回数としては、週に1回ぐらいの使用がいいと思います。そして毛穴吸引器を使ったあとは、必ず化粧水や美容液、乳液などを使って保湿ケアを行います。そのままにしておくと、乾燥を補おうと皮脂の分泌が活発になり逆にキレイになった毛穴がまた皮脂で塞がれてしまいます。また、毛穴が開きっぱなしになっているので、毛穴吸引器使用後は必ずきちんと毛穴ケアをする必要があります。毛穴吸引器を使用した後の毛穴ケアには氷マッサージをするといいでしょう。鼻の黒ずみを取る方法:毛穴吸引鼻の黒ずみケアに氷マッサージエステサロンでの毛穴吸引エステティックサロンでも毛穴吸引ができるので、エステを利用するのもひとつの方法です。しかし、費用がかさむのと、他の施術も勧められる事が多いので、より経済的な負担も大きくなります。エステティックサロンなら1回の毛穴吸引できれいになると思いがちですが、自身で毛穴吸引器を使うのと同じで肌への負担が大きくなるので3回くらいは通う必要があります。クリニックでも鼻の黒ずみ治療はできます。毛穴吸引は行わないですが、クリニックの毛穴治療は、ケミカルピーリング、イオン導入、レーザー治療などの方法があります。正しい毛穴ケアの方法を原因から説明します。鼻の黒ずみを取る方法,鼻の黒ずみ,毛穴トラブル毛穴トラブルがないつるつる、すべすべの肌だったら、もっと自分に自信が持てるのにと、
毎日、鏡に写る自分の素肌を見る度に憂通になっていませんか?「あ〜、この毛穴さえ何とかなったら・・」と悩んでいる方は沢山います。あきらめるのは早いです。毛穴のトラブルは解消できます。あなた自身の毛穴トラブルの原因を確認して、正しい毛穴ケアを実践しましょう。毛穴トラブルの原因1、毛穴が開きっぱなしオイリー肌の人にも、乾燥肌の人にも見られます。過剰な皮脂が出ている状態です。水分力を上げる必要があります。たっぷり水分を補給しましょう。2、毛穴に角栓が詰まっている皮脂と角質が混ざり合って毛穴をふさいでいる状態です。毛穴を開いて角栓を取り除くのですが、無理に行うと傷が残ります。優しくケアします。3.毛穴が黒ずんでいる角質や皮脂が毛穴に溜まり、酸化しています。紫外線を浴びるとさらに黒くなります。毛穴に汚れを溜めず酸化させないようにメイクはしっかり落とします。4.毛穴のたるみ年を取ることででき来る症状で帯状毛穴とも言われます。水分やハリが無くなって毛穴が伸びきった状態です。顔の筋トレ、保湿、エイジングケアをしましょう。