角質とは

角質とは

角質とは皮膚の一番上に現われている表皮のことを指し、ケラチン(タンパク質の一種)でできている強くて堅い成分です。

 

しかし、すでに細胞は死んでいるので角質を取り除いても痛くはありません。
それでスキンケアでよく言われるのが角質を取り除いて綺麗な肌、瑞々しい肌を取り戻そうです。

角質とは

でも勘違いしないで下さい。
角質は不要なものではなく肌に必要なものなのです。

 

正しいスキンケアとは、余分な角質を取り除くことで、むやみに角質を取り除くことではありません。

 

どうしても、多くの方が角質をしっかり落としてスッキリしたい!という思いが強いために過剰な角質ケアをしてしまい、それが肌を傷めたり肌トラブルを引き起こす原因にもなったりしています。

 

水分を保持する能力が高い角質で覆われると、しっとりとした潤いのある肌を形成し、毛穴の広がりもおきません。

 

水分を保持する能力が低い角質で覆われると肌は乾燥しやすく硬くなり、カサカサ肌、荒れ肌ができやすく毛穴も広がります。

 

過剰に角質を取り除いた後に生まれる若い未熟な角質によって水分の保持能力が低い角質が生まれます。

 

これは正常な角質が強制的に取り除かれたために、予定よりも早く表皮に押し出された結果生み出されたもので、
それに気がつかないで過剰に角質の除去を繰り返していると、この悪循環に陥ります。

 

⇒過剰に角質を取り除かない角質ケア方法

 

必要な角質、不要な角質

角質は皮膚の奥の基底層から新しい細胞が生まれ、少しづつ肌の表面に押し上げられ角質層となり、やがて体から垢となって自然に剥がれ落ちます。

 

この現象をターンオーバーと言いますが、平均約28日間のサイクルで行われています。
加齢とともに期間は長くなります。

 

ターンオーバーが正常に働いていれば角質層は外部からの刺激から守ってくれます。

 

なので角質層がバリアー層と呼ばれることもあります。
死んだ細胞の角質なので痛みを感じない特性を利用して体のまわりに薄い防護膜を築いているのです。

 

ターンオーバーは人間が生きている限り続けられ人間の体を守ってくれています。

 

ターンオーバーが加齢により遅れたり、あるいは体を洗わないことで角質が剥がれることなく残ってしまうと、角質層はどんどん厚くなり、肌の透明感が無くなり、ガサガサして硬くなります。

 

また、剥がれ落ちるはずの角質が毛穴に詰まり出口をふさいだりして角栓となり、黒ずみを発生させます。

 

さらに古い角質がそのままに放置されると、角質に顔に残った汗や皮脂、化粧がこびりつき細菌を発生させ悪臭や炎症の原因になったりもします。

 

⇒角栓の詳しい説明はこちら
⇒皮脂の詳しい説明はこちら

 

古い角質をそのままにしておくと美容だけでなく健康にも悪影響を及ぼしますが、逆に角質が無くても体に良くない影響が現れます。

 

もし、皮膚に角質層がないと、紫外線が直接体内に入り込み健康に影響を与えます。
誤った角質除去をして角質を取りすぎると肌がヒリヒリしたり痛くなったりします。

 

つまり、古い角質は取り除き新しい角質は残しておくのが美容や健康にも一番良い方法なのです。

角質ケア

角質を過剰に取り除いてしまうと、紫外線などから肌を守ることができなくなり、シミやシワを作ってしまいます。
角質で紫外線が遮断されていれば、もし表皮にシミができてもターンオーバーによってシミはなくなります。

 

しかし、紫外線が直接、真皮に達した場合のシミは数年以上消えないか、一生残ることになってしまいます。

角質ピーリング

ピーリング効果が高いと謳っている製品は必ずスクラブが入っているかどうか確認しましょう。
スクラブは粒状で一種の研磨剤です。

 

スクラブが入ったピーリング製品は効果はいですが、過剰に角質を取り除いてしまう危険性があります。
また肌を傷つけるとこもあるので、肌の弱い人は使用はひかえた方がいいです。

角質落とし

よく使われるクリームやジェルですが、角質を削る成分スクラブなどが入っていない製品を選びましょう。
スクラブが入っていないクリームやジェルは古い角質だけを包み込んで落としてくれる効果があります。

 

鼻の黒ずみを取る方法:TOPページ