鼻の黒ずみ 脂性肌

鼻の黒ずみの原因は脂性肌?いいえ、違います!

鼻の黒ずみは、脂性肌が原因と思っている方が多いのですが実はそうではないんです。

 

脂性肌は人よりも皮脂の分泌量が多いので、毛穴で角質と一緒になり角栓となりやすい。
脂性肌なので常に皮脂が分泌されるために毛穴は開きっぱなし。

 

鼻の黒ずみ 脂性肌

だから、鼻の黒ずみができやすい。
あなたはこう思っていませんか?

 

実際、こう思っている方がほとんどなので、多くの方が皮脂を取り除くために必要以上のケアをしています。

 

実は、これが間違いなんです。

 

それと、あなたは脂性肌と思っているようですが、脂性肌でないかもわかりませんよ?

鼻の黒ずみの原因は乾燥

肌は乾燥すると硬くなるのですが、毛穴も柔軟性を失い当然硬くなります。

 

すると、皮脂や角質が毛穴からスムーズに排出することができず、毛穴の内部に残り角栓となり黒ずみに変わっていくのです。

 

毛穴の詰まりは外部から毛穴の内部に入り込むということはありません。

 

全て体の内部から外に出ていくものなのです。

 

肌が乾燥していなければ、皮膚表面は水分を含んで柔らかく、いくら皮脂の分泌が多くてもきちんと外部に押し出してくれます。

 

肌は脂っぽくなりますが、毛穴に角栓が詰まり黒ずむということはありません。

乾燥肌と脂性肌、どちらが鼻の黒ずみができやすい?

脂性肌の方で皮脂の分泌が過剰でも、肌が乾燥していなければ鼻の黒ずみはできません。

 

皮脂の分泌が少なくても肌が乾燥していれば鼻の黒ずみはできます。

 

そして、皮脂の分泌が多くて肌が乾燥している方は、もっとも鼻の黒ずみができやすいです。

 

鼻の黒ずみで悩んでいる方は、このタイプがほとんどです。

肌質はお手入れで変わる

人の肌質は遺伝的な影響がないこともないのですが、その影響はとても少なく、
大きく影響するのはスキンケアです。

 

そうです、あなたが脂性肌と思っている肌質は生まれ持った肌質ではなく、今までのスキンケアによって作られた肌質なのです。

脂性肌の原因は”肌荒れ”

実は、乾燥肌も脂性肌も敏感肌も原因は、洗いすぎによる肌荒れなんです。

 

鼻の黒ずみ 脂性肌

過度の洗顔やクレンジングなどで洗いすぎると、肌の皮脂はもちろん、肌が持つ保湿成分を蓄えている細胞間脂質も根こそぎ取り除き洗い流してしまいます。

 

その後の肌は、角質層がボロボロになった肌荒れ状態です。

 

皮脂や細胞間脂質がなくなることで肌が乾燥します。
皮膚はそれをカバーするために、皮脂の分泌を増やします。

ほとんどの肌質は混合肌

鼻を含むTゾーンは皮脂線が発達しているので脂性肌と感じます。

 

Uゾーンは皮脂線が発達していないので洗いすぎにより乾燥しても皮脂を十分に補給することができず乾燥肌になります。

 

洗いすぎによる肌荒れがひどくない人は乾燥肌と感じるし、肌荒れが少しすすんで皮脂の分泌が多いと脂性肌と感じるでしょう。

 

さらに肌荒れがすすむと、色々な刺激に敏感に反応する敏感肌ということになります。

 

このように、肌質は肌荒れ状態によって決まります。
そして大半の人は、Tゾーンは脂性肌でUゾーンは乾燥肌の混合肌質です。

 

ですので、あまり自分は〇〇肌だとこだわる必要はありません。

鼻の黒ずみを無くす方法

一度、鼻の黒ずみができてしまうと酸化した角栓を取り除くのは難しいのですが、

 

それでも、洗いすぎを治すだけでターンオーバーの期間が過ぎるころには黒ずみは無くなっているはずです。

 

やることはシンプルな洗顔・クレンジング・保湿だけ。

 

こちらで詳しく説明しているにで参考にしてみてください。

 

⇒悪化した鼻の黒ずみを治す方法

注意
洗いすぎだけでなく、鼻がテカるからと「あぶらとり紙」などを多用すると、皮脂の過剰分泌を招くので注意してください。

鼻の黒ずみができるまで

もう一度、おさらいをしますね。

 

鼻の黒ずみ誕生まで
鼻がテカるからしっかり洗おう
     ↓
おかしいな?しっかり洗ったのに前よりもテカっている。
気になるなあ・・・。
     ↓
さらに「あぶらとり紙」を多用し、洗顔、クレンジングも、よりしっかり行うようになる。
     ↓
肌荒れが起き始め肌表面がボロボロになってくる
     ↓
毛穴の開きも目立ち始め、なにかブツブツしたものが見えてくる。
     ↓
朝、起きて鏡を見たら鼻の周りに黒いものができて「イチゴ」みたいになっていた。

 

あなたは、もうこんな間違いを繰り返さないで下さいね。

 

⇒悪化した鼻の黒ずみを治す方法

 

鼻の黒ずみを取る方法:TOPページ