はちみつパックの毛穴ケアは効果的。ニキビケアにもはちみつパック

はちみつパック

はちみつパック

はちみつパックは毛穴ケアに効果的

「はちみつパック」はとても簡単です。

 

「生はちみつ」さえあればOKです。

 

でも、のちほど詳しく説明しますが使用する「はちみつ」間違えないで下さいね。
使用する「はちみつ」は「生はちみつ」です。

 

「加糖ハチミツ」や「精製ハチミツ」ではありません。

 

はちみつパックは、「顔」「唇」「髪」に使用することができます。

 

はちみつパックの効能

肌の保湿作用

  • 空気中の水分を集め潤いをつくります
  • 肌内部の水分を長時間キープします

抗菌・殺菌作用

  • 肌荒れを防止する
  • 肌の水分を吸収するとグルコン酸がオキシドールを作り肌を殺菌します
  • ニキビ原因のアクネ菌を抑えニキビを予防します。

消炎作用

  • 殺菌と同時に消炎作用もあるのでニキビ改善に役立ちます。

美白作用

  • ビタミンB1、B2が新陳代謝を促し、皮膚や粘膜を保護します。
  • ビタミンCがメラニンの生成を抑えてくれるので美白効果が期待できます。

ピーリング作用

  • ピーリング効果で古い角質を落としてくれるので、くすみ予防やシミの改善が期待できます。
  • 角質ケアをすることでニキビ跡の改善にも効果的です。

抗酸化作用

  • はちみつに含まれるビタミン、ミネラル、ポリフェノールなどは強力な抗酸化作用があり細胞の酸化を防いでくれます。
  • 抗酸化作用は肌の老化を予防してくれます。

はちみつパックの前にパッチテスト

はちみつパックは、市販のパックに比べてもかなり安価なのでコスパの面でも大きなメリットがあります。

 

「生はちみつ」は天然のはちみつだけなので、お肌への刺激も少ないです。

 

けれども念のために敏感肌の人はパッチテストをしてから使用した方が安心です。

 

パッチテストの方法

はちみつパック

  • 二の腕の内側など目立たないところにはちみつを適量塗ります。
  • その上に絆創膏かコットンを貼ります。
  • 約24時間経過後、赤みやかぶれが無いか確認します。

かゆみや痛みを感じたり、赤みが見られたらはちみつパックの使用はやめましょう。

 

はちみつアレルギーがある人は使用しないで下さい。

はちみつパックの方法【顔】

1.メイクを落とし洗顔をした後に、水気をタオルでしっかりと拭き取ります。

 

はちみつパック

2.はちみつを適量(約大さじ1杯)を手に取り顔全体に塗ります。

 

鼻の黒ずみなど気になる部分は、指でなぞりながら軽くマッサージするのもいいでしょう。

 

3.塗り終わったら、そのまま5分ほど放置してからぬるま湯で洗い流します。

 

4.「はちみつ」をしっかりすすいだら終了です。
洗顔料は使用しません。

 

これだけで、まずお肌がツルツルになっているのが実感できるはずです。

 

5.その後は、水分が逃げないようにクリームで蓋をします。

 

あれだけ角栓でザラザラしていた肌がツルツル、スルッスルにびっくりするはずです。

 

はちみつパックは美容系のブログで多くの方が実践報告をしています。
芸能人のIKKOさんもはちみつパック美容法を取り入れているそうです。

 

IKKOさんのはちみつパック美容法

  1. はちみつを、あごからこめかみに向かって、上に引き上げるように塗り上げます。
  2.  

  3. はちみつを塗り終わったら息ができるように鼻と口に穴をあけたラップをを顔にのせます。

    シートマスクを使うと楽です

  4.  

  5. 5分後に洗い流します。

 

「はちみつパック」で毛穴もギュッと引き締まります。

 

毛穴が引き締まることで、毛穴のたるみによるクスミも改善され、ハリやツヤがお肌に蘇ります。

 

角栓の原因となる汚れや毛穴の開きがなくなるのでニキビもできにくくなる効果が期待できます。

 

はちみつパックの方法【髪】

髪の量に合わせたはちみつ(大さじ2〜3杯)とホットタオルを用意しておきます。

  • 髪をシャワーのお湯でよくすすぎます。
  • はちみつを髪や頭皮になじませます。
  • 頭と髪全体にホットタオルを巻いて10〜15分放置します。
  • はちみつを洗い流します。
  • その後、いつも通りシャンプー・リンスをします。

髪の毛のまとまりがよくなり頭皮の乾燥を防ぎます。

 

はちみつパックの方法【唇】

  • 小さじ1杯程度のはちみつを指でとり、唇に置くようにつけます。
  • 唇に小さく切ったラップを張りつけていきます。
  • ラップをして5分待ちます。
  • その後、水を湿らせたコットンで唇のはちみつを拭き取るか、洗い流してもOKです。

皮脂線がない唇は1年中乾燥しがちですが、はちみつパックをすることで唇の潤いを保つことができます。

 

はちみつなので、万が一口の中に入っても安心です。

 

はちみつパックの注意点

はちみつを塗りすぎない

いくら美容効果が高いからと塗りすぎても、すすぎの時間が長くなったりして肌に負担をかけることで逆効果になります。

 

はちみつパックは、垂れない程度の薄さで伸ばせばOKです。

 

長く放置しない

はちみつパックをする時間は、長くすれば良いというものではありません。

 

はちみつが乾くまで放置しておくと、逆に肌の水分をどんどん蒸発させてしまいます。

 

はちみつパック時間の目安は約5分です。

 

赤ニキビがある時には使用しない

はちみつは消炎効果があるのでニキビの炎症を抑えるのですが、すでに炎症を起こしている赤いニキビが出来ている時は、そこを避けて塗るか、炎症が治まるまで待った方がいいです。

 

赤ニキビを手で触れることで逆に悪化してしまう可能性があります。

 

はちみつパックの頻度

毎日でもOKですが、体調は季節の移り変わり目や、生理前などには調子が悪くなることがあります。

 

はちみつパックの頻度は、肌が敏感になっている時は特に肌の様子を見ながら決めてください。

 

はちみつパックには「生はちみつ」

はちみつには、3つの種類があります。

  • 純粋はちみつ
  • 加糖はちみつ
  • 精製はちみつ

です。

 

生はちみつは純粋はちみつに含まれるのですが、純粋はちみつが全部生はちみつということではありません。

 

純粋はちみつ以外の加糖はちみつ、精製はちみつは、はちみつに、水あめやブドウ糖、ショ糖などが加えられたり、
加熱や減圧窯で脱色や脱臭など加工されています。

 

 

「はちみつ」に含まれている豊富な美容成分、栄養成分は加熱処理をすると35℃から栄養分が破壊され60℃を超えるとほぼ壊滅してしまいます。

 

はちみつパック

ですので、加糖はちみつ、精製はちみつには美容成分、栄養成分がほとんど入っていないので効果や効能はまったく期待ができません。

 

 

ですので純粋はちみつがおすすめなのですが、純粋はちみつであれば何でも良いというわけではありません。

 

偽者の純粋はちみつが多いのです。

 

実際には「加糖ハチミツ」や「精製ハチミツ」が純粋はちみつとして販売されているのです。

 

残念ながら日本では、人工的に加熱処理されたはちみつも全て「純粋」と表記するようになっているのです。

 

ですので生ハチミツを見つけるのは至難の業なのです。

 

日本のスーパーで売られている純粋はちみつの9割以上は加熱処理された純粋はちみつなのです。

 

(本来は加熱処理しているので純粋とは言えないのに・・・)

 

鼻の黒ずみ、毛穴ケアに必要なのは「生はちみつ」です。

 

店頭に並んでいる純粋はちみつでも「非加熱」」と表示がなければ生ハチミツとは言い難いです。

 

生ハチミツの見分け方

透明度が低い

本物の加工されていない純粋はちみつは、花粉が入っていたり酵素が発行し続けているので透明度が低いです。

 

(ただし、偽者業者の中にはわざと透明度を低くするために色を加えたりしている製品もあります)

 

結晶化して固くなっている

本物はちみつは、温度が下がると白く結晶化して固くなります。

 

加工された「加糖ハチミツ」や「精製ハチミツ」などは絶対に結晶化しません。

 

(ただし、スーパーなどは温度管理がしっかりしているので結晶化しているはちみつを見分けるのは難しいといえるでしょう)

 

生はちみつを保管しておいて、もし結晶化しても品質には問題がありません。

 

使用する時に、湯煎をして徐々に溶かせばOKです。

 

いきなり熱を加えすぎて加熱していまうと、栄養素や色味や風味が変化してしまうので注意してください。

 

生はちみつは15℃を下回ると固まりやすくなります。

 

ですので保管は冷蔵保管でなく常温保管で大丈夫です。

 

はちみつの使い方

はちみちは金属に触れると栄養素が変化しやすいので、金属製のスプーンの使用はやめて、木のスプーンやはちみつディッパーなどを使うようにします。

 

保管も移し替えるのではなく、購入した時の瓶の容器をそのまま使用します。

 

はちみつパック

 

はちみつパックにおすすめの生はちみつ

日本には、「全国はちみつ公正取引協議会」がありますが、その規約には加熱処理したはちみつも「純粋」と表記して良いことになっています。

 

また加入業者も全国の養蜂業者の数パーセントと言われ、会費を払えば誰でも入れるという噂もあるので、

 

「全国はちみつ公正取引協議会」発行の公正取引マークがついていても安心はできません。

 

おすすめは、ニュージーランド製品になりますが、ハチミツの最高級品質の「マヌカハニー」です。

 

試験分析書や、政府標準MGO/MGS認定証が付いている、無添加 非加熱 はちみつで
正真正銘のオーガニックはちみつです。

 

 

マヌカハニーは栄養価が高いのは保証済みですが、ピロリ菌や大腸菌に有効な、高い抗菌活性力をもつメチルグリオキサールが含まれていることも普通のはちみつと違う大きな特徴です。

 

はちみつパック今注目のオーガニック食品マヌカハニー

 

BeeMe

 

「はちみつ」を飲む

「はちみつ」は「食べる美容液」と呼ばれるほど美容成分が豊富に含まれています。

 

「はちみつ」には天然の栄養素、ビタミン類、葉酸、カルシウム、酵素、鉄分がなんと180種類以上も含まれています。

 

中でも美肌効果にはビタミンB群やビタミンCは欠かせません。
天然の保湿効果もあります。

 

 

はちみつに含まれる、鼻の黒ずみ、いちご鼻の原因である「角栓」をケアする成分「グルコン酸」は、
スキンケアに良いだけでなく、飲んでも体内の老廃物を体外に排出するのを補助しお肌のデトックス効果があります。

 

 

また、肝臓に絶妙な糖質が含まれているので、
眠っている間に成長ホルモンがしっかり分泌され、ターンオーバーの周期も安定します。

 

はちみつパック

ターンオーバーがしっかりすることで、角栓や黒ずみも体内から押し出され、周期が1周する約1ヶ月後には黒ずみや角栓がなくなっているはずです。

 

ただし、洗いすぎ、化粧のし過ぎによるお肌を傷つけることが無い場合です。

 

お肌を傷める毛穴ケアをしていると、皮脂が過剰に分泌され新しい角栓、黒ずみが形成されるので、悪いサイクルを繰り返すだけになります。

 

それよりも、お肌に優しく短期間で効果が現われるのが「はちみつパック」です。

 

食べてよし、塗ってよしの「はちみつ」。
ぜひ試してみてください。

 

はちみつパック今注目のオーガニック食品マヌカハニー

 

BeeMe

 

はちみつパックの毛穴効果

「はちみつ」は毛穴ケアだけでなく黒ずみ対策にも有効で万能な美容成分ということがわかってもらえたと思います。

 

毛穴ケアで使用するクレンジング、洗顔料はどれも調べれば調べるほど、お肌にはよくないことがわかってきます。

 

毛穴、黒ずみ専門のクレンジング、洗顔料でも、多少はお肌に優しいでしょうが、お肌に負担をかけていることは間違いありません。

 

かといって水洗顔をする勇気もでてこない。

 

でも、頑固ないちご鼻、毛穴の広がり、鼻の黒ずみを何とかしたいとお悩みのあなたに朗報なのが「はちみつパック」です。

 

ぜひ、「はちみつ」を使った毛穴ケアを試してみてください。

 

使ったその瞬間から、「はちみつ」効果が実感できると思います。

 

鼻の黒ずみをとる方法:TOPページ