鼻の下の黒ずみを無くす

鼻の下の黒ずみを無くす

鼻の下の黒ずみ

鼻の下の黒ずみの原因

鼻の下が黒ずむ原因はいくつかあります。

 

鼻の下から唇にかけての毛穴の黒済みの原因は、ハリ弾力の低下と、お手入れ方法のうぶ毛処理でカミソリや毛抜きを使用していること。

 

またつい鼻のしたをかきむしったり、こすったりすることで黒ずみが目立つようになります。

 

刺激

肌はカミソリなど外部から刺激を受けると肌を守ろうとしてメラニン色素を発生させます。

 

発生したメラニン色素がターンオーバーによって外部に排出されずに肌に蓄積されることで黒ずみの色素沈着が現れます。

 

カミソリで処理をした産毛の断面が見えることで青髭のようになって黒ずんで見えてしまうこともあります。

 

紫外線

あと、基本的なことですが常に紫外線にさらされているのに日焼け止めをしなかったことなども原因にあげられます。

 

紫外線も外部からの刺激になるために肌を守るために大量のメラニン色素が生成されます。

 

メラニン色素によって紫外線からは肌は守られるのですが、ターンオーバーによってそれが排出されなければ色素沈着を起こし黒ずみの原因となります。

 

加齢

ハリ弾力の低下は加齢による原因が大きいのですが、鼻の下はもともと他の場所に比べても毛穴が大きいのです。

 

その為に、ハリが失われたり乾燥がすすんだりすると肌がたるみだし重力によって下に引き伸ばされることで毛穴も大きくひろがっていくのです。

 

しかも鼻の下は汚れや角栓もたまりやすので、どうしても黒ずみがちです。

 

鼻の下の黒ずみを治す方法

内服薬

皮膚科でメラニン色素の生成を抑えたり、肌のターンオーバーを促進する、

 

ビタミン類やトラネキサム酸、ハイチオールといった成分が配合された内服薬を処方してもらうことで黒ずみが改善できます。

 

費用は1ヶ月3,000円ぐらいですが、効果が実感できるまでには時間がかかります。

 

外用薬

ハイドロキノンやトレチノイン成分が配合された外用薬を皮膚科で処方してもらいます。

 

ハイドキノンはメラニン色素を抑制し、トレチノインは角質をはがす効能があります。

 

ただ、トレチノインは日本では未認可の医薬品なので、米国の製品を使用することが多く、取り扱っていない医院も多いです。

 

並行輸入で購入する方法もありますが、医師の指導のもとに行うことをおすすめします。

 

ハイドロキノンは市販もされていますが、皮膚科で処方されるほうが濃度が高いので効果が期待できます。

 

費用的には医院によって5,000円〜40,000円とバラツキがあります。

 

市販薬はこちらで紹介しています。

 

>>メラニン毛穴 洗顔料

 

クリニック

美容クリニックや美容皮膚科でレーザー照射による治療を受ける方法です。

 

レーザー照射により黒ずみの原因になっているメラニン色素を破壊・排出します。

 

ピンポイントで照射できるので、黒ずみの範囲によって人に合わせて治療が可能です。

 

費用はこちらもバラツキがあり1回数千円〜2万円くらいします。

 

美容皮膚外科と皮膚科の違い、上手な美容皮膚科の選び方を紹介します。

 

>>美容皮膚科で黒ずみ治療

 

鼻の下の黒ずみを予防する

鼻下の産毛を処理するにしても紫外線対策をするにしても処理後は保湿ケアをしっかりすることです。

 

除湿ケアを怠り肌の水分量が不足し乾燥肌になると、ターンオーバーが乱れメラニン色素を排出することができなくなります。

 

色素沈着を起こさないために保湿ケアをしっかりして常にターンオーバーを正常に導くようにします。

 

産毛の処理で自己処理をしなくて済むように脱毛施術を行うことも一つの方法です。

 

鼻の脱毛は形状が複雑なことから施術しているサロンは少ないですが、こちらで鼻の脱毛を行っている脱毛エステ、脱毛クリニックを紹介しています。

 

>>鼻脱毛で毛穴の黒ずみを解消!

 

 

メラニン色素ではなく、加齢やハリ弾力の低下、皮脂や角質の詰まり、酸化による黒ずみケア方法も紹介します。

鼻の下の黒ずみを無くす対策

鼻の下の黒ずみを無くす対策ですが、まずクレンジングでメイク汚れをしっかりととり除くことです。

 

マナラホットクレンジングゲルは、メイクの汚れはもちろんですが、除湿成分の効果で角質層も柔らかくすることで、肌への負担をかけることなく鼻の下の毛穴の奥の黒ずみも取り除いてくれます。

 

また、ダブル洗顔をする必要もなく手間がかからないばかりか、ダブル洗顔による洗い過ぎによる肌の乾燥も防ぐ事ができます。

 

そして翌朝のスキンケアにはいつもの洗顔後、鼻の黒ずみ、毛穴のケアの為に開発された潤い成分がたっぷりの医薬部外品・高濃度美容液 Remery(リメリー)を使います。

 

ただの化粧品ではなく医薬部外品で鼻の黒ずみに特化した美容液はRemeryが唯一です。

マナラホットクレンジングゲルの特徴

2年連続クレンジング売り上げシェアNO.1のマナラホットクレンジングゲルは販売本数が600万本を突破した大勢の人に使われている優れものです。

こだわりの7つの無添加

着色料、合成香料、鉱物油、石油系界面活性剤、エタノール、パラペン、紫外線吸収剤が入っていません。

温感ゲルで鼻の下の毛穴汚れまでしっかり落とす

鼻の下の黒ずみ

マナラホットクレンジングゲルに含まれる角質を柔らかくする成分、カプセル化パパイン酵素が古い角質を除去し、さらに温感ゲルが鼻の下の毛穴を開かせます。

 

そして、同じくマナラホットクレンジングゲルに含まれるオリーブ油とメドウファーム油が、開いた鼻の下の毛穴の奥まで浸透し鼻の下の毛穴の汚れを溶かし出します。

 

溶け出した鼻の下の毛穴の奥の汚れを温感ゲルのロールアップ効果でメイク汚れ、鼻の下の毛穴の汚れをWで絡め取ります。

 

鼻の下の毛穴の汚れが取り除かれた跡には3種類の植物成分荷より鼻の下の毛穴レスの滑らかな肌を実現します。

91.4%の美容液成分が肌のうるおいを守ります

ヒアルロン酸、セラミド、ローヤルゼリー、コラーゲン、スクワランの5つの美容成分配合により、クレンジングするたびに、うるおいを補給します。

クレンジング後のスキンケアの浸透をサポート

マナラホットクレンジングゲルに含まれるオリーブ油脂肪酸エチルへキシルが、肌の表面の水分バランスを整え、肌質を柔らかく整えることで、次に使うスキンケアアイテムの浸透をサポートします。

 

鼻の下の黒ずみ

Remery(リメリー)の特徴

皮脂の分泌を抑える

皮脂は、気温の変化やエアコンによる冷暖房の風、家事や仕事のストレスなどが影響して日中に最も分泌されます。
そんな鼻の下の鼻の黒ずみの原因でもある鼻の下の毛穴の奥深くから出てくる皮脂の分泌をを朝から1日中抑えてくれます。

お肌の状況に対応します

女性の肌はデリケート、肌が敏感な状態や、生理の時などホルモンバランスの影響で肌トラブルがある時でも対応できる成分が配合されています。

幹細胞に働きかけます

新しい新鮮な肌は皮膚のターンオーバーによって維持されています。
表皮に新鮮な細胞を提供するのが基底層に並ぶ幹細胞です。

 

この幹細胞が老化すると皮膚のターンオーバーは難しくなります。
この幹細胞の老化を止めることで、常に若い肌の維持につながるのです。

 

リメリーはカモミラより抽出した成分いより表皮幹細胞に働きかけ、その寿命を伸ばします。

鼻のニキビに効果的な4つの有効成分を配合

鼻の下の黒ずみ

・抗炎症に

グリチルリチン酸ジカリウムニームエキス
・乾燥対策に
プラセンタ大豆イソフラボン
・免疫調整に
マルチEX BASAM
・アクネ菌抑制に
EPC

 

これら4つの有効成分が毛穴の奥深く入り込み鼻のニキビを防ぎます。

皮脂とアクネ菌を抑制

アクネ菌は皮脂を好物とし毛穴の奥に詰まった皮脂や汚れの中で繁殖します。
アクネ菌が皮脂を栄養とすることで老廃物(ポルフィリン)を出します。

 

この老廃物が紫外線に反応することで生ずる活性酸素が鼻のニキビの原因となります。
リメリーはアクネ菌の増殖を抑えてくれます。

徹底保湿

乾燥した肌は、硬く柔軟性を失っているため毛穴を開く事が難しくなっています。
その為に、毛穴を通じて外に排出される皮脂が毛穴の奥に詰まることで鼻のニキビができやすくなります。

 

リメリーはプラセンタ&大豆イソフラボンで肌を柔らかくし皮脂の過剰分泌をおさえます。

5種類の成分フリー

お肌に必要のない添加物や刺激となる成分、
合成香料・着色料・鉱物油・界面活性剤・パラベンを取り除いています。
乾燥肌・敏感肌・混合肌の方でも使える低刺激の美容液です。

お肌を保湿&保護

ヒアルロン酸高分子の中に、お肌を保湿&保護する3種のヒアルロン酸+カモミラエキスを凝縮しました。
・保水型
ヒアルロン酸Na
・角質吸着型
アセチルヒアルロン酸Na
・低分子浸透型
加水分解ヒアルロン酸
・肌老化に良い
カモミラエキス

 

鼻の下の黒ずみ

 

鼻の黒ずみをとる方法:TOPページ