美容皮膚科で黒ずみ治療

鼻の黒ずみ治療は、美容皮膚科

鼻の黒ずみ 美容外科

鼻の黒ずみ対策で何を試してもお手上げ状態のときは、
エステなどで毛穴洗浄を行うしかないかとも考えたりしますよね?

 

 

しかし、お金を払っても綺麗にならない毛穴だったらと思うとなかなかチャレンジできないものです。

 

ですので、まず保険診療ができる皮膚科での治療を紹介します。

 

「面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)」

皮膚科では、皮脂や古い角質、産毛などが詰まった毛穴から汚れを取り除く「面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)」の治療をを保健適用で受けることができます。

 

1ヶ月に4回までの制限はありますが、1回数百円ぐらいの自己負担で済みます。

 

特殊な器具を使うのですが、皮膚科ではごく一般に行われている治療で、肌への負担もありません。

 

ただ、毛穴の数は無数あるので根気と回数が必要になります。

 

 

また皮膚科では毛穴治療にとても良く効く外用薬があります。

 

ニキビ治療などで処方されるのですが、毛穴に詰まりがちな皮脂を毛穴の外に排出しやすくする作用がある塗り薬です。

 

皮脂が溜まりにくくなるので開いた毛穴も小さくなる効果が期待できます。
使い方は簡単で1日就寝前に1回塗るだけです。

 

薬名は「ディフェリンゲル」や「ベピオゲル」といいますが、自己負担は約600円程度で処方してもらえます。

 

それでも黒ずみが無くならないとか、開き毛穴が小さくならないようなら美容皮膚科での処置がおすすめです。

 

 

美容皮膚科では、鼻の毛穴の黒ずみ治療の前に、患者にどんな治療が適しているのか、今後美しい肌を維持するためにどうしたら一番良いのかを総合的に判断してから治療を実施します。

 

ただ鼻の毛穴の黒ずみを治すだけでなく、その後のケアも大切にしているのです。

 

 

治療方法は後述するようにケミカルピーリングをはじめ多岐にわたります。
ですので、きっと満足できる結果が得られるはずです。

 

美容皮膚科で何ができる?

日々進歩する美容医療。知識を持って賢い利用をしましょう。

1人であれこれ悩みながら色々な鼻の黒ずみケアにお金を掛けるよりも、
いっそのこと美容皮膚科で治療した方が確実で安く済むかもしれませんよ。

 

目安は5回で25,000円です。
施術した直後でも洗顔・メイクもできるので誰にも気づかれることもありません。

美容皮膚科の施術内容

毛穴の角栓の治療

開いて目立つ毛穴を引き締めたいという人の場合はレーザーを使うのも良いでしょう。
コラーゲンを増やすレーザー(シワの治療に用いるのと同類のレーザー)を用いて肌を活性化し、周りから毛穴を引き締めていきます。

ケミカルピーリング

鼻やその周りの毛穴に黒いもの(角栓)が詰まって目立つという人の場合は、ピーリングがオススメです。

 

美容皮膚科で行うピーリングは、市販の化粧品で自分で行うものよりもしっかりと効果を出すことができます。

 

肌に溜まった古い角質を酸の力で溶かすことで、肌のターンオーバーを正常化し、肌が再生させる力を活性化させます。

 

鼻の黒ずみ 美容皮膚科

毛穴に詰まった角栓を溶かすことで、肌の修復機能を高め鼻の黒ずみを解消します。

 

特に従来のAHA(フルーツ酸)でなく、BHA(サリチル酸)を使う」ピーリングは、シミ・小じわのほか、ニキビ跡の陥没の治療にとても役立ちます。

 

市販のピーリング化粧品には、BHAはあまり含まれていないので、試してみたい人はクリニックを受けるとよいでしょう。

 

レーザーの様に、かさぶたになったりしないため、すぐにメイクして普通の生活ができるのがメリットです。

 

気になる料金ですが、1回 5,000円〜15,000円程度です。

 

ピーリングは1回では終わらないので、2週間に1回のペースで施術を受け、目安ですが合計で6回の施術は必要です。

注意
敏感肌の人は、ピーリングの施術は受けられません。
ピーリングは前述したように、酸の力で古い角質を溶かします。

 

敏感肌の人は肌のバリアが壊れている状態なので、ピーリングの施術によって、
ますます肌が弱くなり肌トラブルが起きる可能性がいです。

でも、心配しないで下さい。

 

鼻のKずみ対応の美容外科なら、ケミカルピーリング以外にも対処方法があるので、
まずは美容外科の先生に相談してみましょう。

ウルトラ美白レーザー

湘南美容外科クリニックの治療法です。
ケミカルピーリングよりも効果が高いです。

 

1回5,900円(税込)、5回で26,800円(税込)です。

 

⇒こちらでより詳しく説明しています。

 

ビタミンCイオン導入

肌に弱い電流を流してビタミンCを浸透させます。
美白効果のほか、小じわ・毛穴・ニキビ痕の赤みなどにさまざまな効果があります。
家庭用の美顔器もありますが、クリニックで受けるほうがもちろん効果的です。

 

1回5千円ぐらいから、月に1回で10回程度行います。
ピーリングと組み合わせるとさらに浸透がよいのでセットで行うクリニックもあります。

医療脱毛

レーザー脱毛は、光のエネルギーで毛根を焼いていくものです。
1〜2ヶ月おきに数回照射します。
皮膚や毛の状態で治療回数は異なり、毛が細いほど、皮膚が日焼しているほど除毛効果が下がるため、回数が必要になります。

 

⇒鼻脱毛はこちらでより詳しく説明しています。

  • 再生医療
  • 多汗症の治療
  • PPP治療
  • 水洸注射
  • エレクトロポレーション
  • 薄毛治療

上手な美容皮膚科の選び方

ポイント1

1軒ではなく必ず2,3ヶ所行ってから決める。

 

たとえば鼻の黒ずみ治療でも、初めてレーザーを受けるならば、2.3ヶ所の美容皮膚科に同じ相談をしてみてから決めましょう。

 

クリニックによって、説明や後のケアの方法など、必ず違いはあるものです。

 

金額も違いますが、少々の高い安いよりも信頼できそうなところで治療を受けましょう。

 

ポイント2

頼んでもいないことを勧めてくるクリニックには要注意

 

鼻の黒ずみの相談に行ったのに「今キャンペーン中です」と言って脱毛を勧めてくるなど、営業熱心なところがありますが、医療の良識からは外れた行為です。

 

ポイント3

責任ある姿勢があるか
説明をした医師が施術を行うかどうか、また術後に不安があったらその医師の診断をすぐに受けられるか、確認しましょう。

 

治療に自信がある医者であれば、「何か心配なことがあったらいつでも来てください。」と言うはずです。

 

鼻の黒ずみ 美容皮膚科を受ける際に確認すべきこと

もちろん、まず金額が気になりますね。
自費治療の料金はクリニックが独自に決めています。

 

鼻の黒ずみ 美容外科

レストランや美容室の設定と同じことです。

 

都心の立派なビルに入っていれば値段も高めになりますし、広告費をたくさんかけているところもその分は当然値段にのっかってきます。

 

しかし低価格のクリニックが良心的かというと、そうともいいきれません。

 

美容医療も価格競争の時代になっていて、ネット上などで激安の治療をうたうクリニックもでてきていますが、やはり最低限の治療のレベルを維持するためにかかるコストというものはあるので、あまりに安すぎる所は心配な面があります。

 

スタッフ教育や治療に用いる材料など、患者さんの目に見えないところで費用を削っているところもあるので、平均的な価格から大きくはずれているところは要注意です。

 

なお、治療を受ける際には治療費だけでなく、他にかかる費用がないか確認しましょう。
アフターケアのキットが高額である例などもあるからです。

 

次にダウインタイムを確認します。
ダウンタイムとは、治療後に赤みやかさぶたができてメイクができなくなるような期間を差します。

 

最期にリスクの管理が必要です。

 

たとえばシミのレーザー治療の場合、施術後のかさぶたを早くはがしてしまうと一時的にシミが濃くなることがあります。

 

また、肌質によっては赤みが数か月続くこともあります。

 

このような、起こりうるリスクを知ってから治療にのぞみましょう。

鼻の黒ずみ 美容皮膚科おすすめ

毛穴の開き、黒ずみを施術する美容皮膚科は少ないですが、テレビCMでお馴染みの【湘南美容外科クリニック】なら
全国展開しているし安心・安全です。

 

料金も良心会計で明確なのでとても信頼ができます。
施術内容、料金が確認できます。

 

*美容皮膚科と美容外科の違いは外科手術を行うことができるかできないかです。

 

鼻の黒ずみ 美容外科【湘南美容外科クリニック】ホームページ

 

ホームページを開いたら図の順番にすすむことで施術内容、料金が確認できます。

美容皮膚科で黒ずみ治療

美容皮膚科で黒ずみ治療

湘南美容外科は色々な施術を行っています。
こちらからも、上記とは違った鼻の黒ずみ治療方法を見ることができます。

鼻の黒ずみ 美容外科【湘南美容外科クリニック】ホームページ

 

ホームページTOP画面左側の「美容外科」をクリックしてから右上の検索窓に「鼻の黒ずみ」と入力し「検索」をクリックします。

鼻の黒ずみ 美容皮膚外科

 

画面が切り替わったら、「ウルトラ美白レーザー|湘南美容外科クリニック」をクリックします。

鼻の黒ずみ 美容皮膚外科

 

湘南美容外科オリジナルレーザー治療ページに切り替わります。

鼻の黒ずみ 美容皮膚外科

鼻の黒ずみ対策での湘南美容クリニック治療法>

鼻の黒ずみ 美容外科【湘南美容外科クリニック】ホームページ

 

ケミカルピーリングよりも効果が高いウルトラ美白レーザー治療を行います。

ウルトラ美白レーザー

755nmの波長とミドルパルスとメラニン(色素)へのレーザー照射(ホワイトニング効果)により、角質除去(毛穴縮小効果)の両方を兼ね備えたレーザーです。

 

施術時間は約30分で終了し痛みもありません。
レーザー照射した部分が温かく感じる程度です。

 

施術直後から洗顔・メイクも可能です。

料金
  • 1回:通常料金 5,900円(税込)
  • 5回:通常料金26,800円(税込)

■ウルトラ美白レーザー体験談
1〜2週間の間に5回の施術を受けました。
施術中でも痛みはなく施術部位が温かくなる程度で、施術後すぐにメイクができるので、デートの前に治療を行っても気づかれずに済みました。

 

肌のザラツキも改善し、なめらかなさわり心地になりました。

美容皮膚外科と皮膚科の違い

毛穴の黒ずみ処理のセルフケアの限界を感じた方は、専門の治療を考えると思いますが、

 

思い浮かぶ鼻の黒ずみを治療する専門の治療先だけでも、美容外科、美容クリニック、皮膚科、エステなどたくさんあります。

 

もうこれだけでもどこが良いのか迷ってしまいますが、鼻の毛穴の黒ずみ治療には美容外科が一番のおすすめです。

 

鼻の黒ずみ 美容皮膚科

エステは医療の資格がないので治療方法も限られます。

 

皮膚科と美容外科の違いなんですが、美容外科は美容の専門ということです。

 

皮膚科は保険治療ができるので安く治療ができるのですが、せっかくなら「皮膚の専門家」より「肌を美しく見せる」美容のスペシャリストにまかせた方がよくありませんか?

 

また、皮膚科でもレーザー治療を行う場合は基本的に保険は適用されません。

 

中には保険適用する皮膚科も見かけますが、医療費の不当請求ほう助など問題があるので注意が必要です。

 

毛穴の治療で美容外科の治療を受けると決めても心配事がありますよね?

 

美容外科を受診するにあたって一番心配なのは、高いお金を払って本当に毛穴の黒ずみが除去できるの?

 

ということだと思います。

 

それは心配はいりません。

 

美容外科ではいきなり治療ということはなく、カウンセリングを行いながらあなたに肌にあった適切な治療を施してくれます。

保険

美容皮膚外科と皮膚科の大きな違いは、保険で治療を受けることができるのか、できないかです。

 

皮膚科はほとんどの治療を保険が適用されますが、美容皮膚外科のほとんどの治療は保険が適用されません。

治療方法

皮膚科

鼻の黒ずみ 美容皮膚外科

皮膚科は内服治療と患部に塗布する外用的治療を行います。

 

ただ、皮膚科で処方される塗り薬では鼻の毛穴の黒ずみは治りにくいです。

 

皮膚科で処方されるニキビ治療などに使用される炎症を抑える塗り薬では鼻の毛穴の黒ずみの治療には向いていないからです。

 

炎症がない鼻の黒ずみには保湿剤が処方されるケースが多いのですが、根本的な解決は難しいです。

 

基本的には鼻の毛穴の黒ずみ治療には皮膚科は向かないというのが一般的です。

 

美容皮膚科と美容皮膚外科の違い

美を目的とした治療は同じなのですが、美容皮膚科では外科手術を行うことはできません。

 

美容皮膚外科では、メスを使った外科手術を受けることができます。

 

手術をすることに抵抗がある方でも、メスを使わない治療を受けることもできます。

 

美肌を手にするためのスキンケアや美肌施術も行っています。

美容皮膚外科と形成外科の違い

形成外科は、事故やガンなどの手術などで、変形、欠損した患部を再建治療します。

 

美容皮膚外科は、疾患ではないですが患者が気にする外的形状を美しく整えることで本人の満足を向上させます。

 

美容皮膚外科は形成外科の一部ともいえるのですが、美容外科医になるには、

 

形成外科の医局で3〜5年の研修期間で学んだあと、美容外科の研修を受け、「日本形成外科学会専門医(JSAPS)」の試験に合格する必要があります。

 

合格した後も、美容皮膚外科で研修、実践を積み腕を磨いていきます。

 

ですので、「美容外科専門医」になるには医学部を卒業しても10年は経過しないと一人前とは認めてはもらえません。

 

美容皮膚外科とエステの違い

エステでの鼻の毛穴の黒ずみ治療は、「ハンドマッサージ」や「機械で毛穴を吸引する」治療が主です。

 

しかし、医療の資格もないことから機械を使用しても美容皮膚外科よりも効果が低い所が多いです。

 

また、エステは強い薬剤を使用してのケミカルピーリングができません。

 

使用できるのは市販のピーリング剤に近いフルーツ酸(AHA)を使用するぐらいです。

 

もし、美容皮膚外科と同じ薬剤を使用すれば法律に違反することになります。

 

もちろん、エステではレーザー治療は絶対にできません。

 

鼻の黒ずみをとる方法:TOPページ