鼻の黒ずみ セラミド

鼻の黒ずみを解消するにはセラミドは効果的です。

毛穴の開きや黒ずみを解消するには、「洗顔」と「保湿」が最も重要です。

 

洗顔については、詳しく解説しているページがあるのでそちらをご覧ください。

 

鼻の黒ずみを解消するにはセラミドは効果的です。正しい洗顔方法、まちがった洗顔方法

 

鼻の黒ずみを解消するにはセラミドは効果的です。

ここでは、保湿について解説をします。

 

毛穴の開きや、黒ずみなどの毛穴トラブルの、大きな原因はお肌の乾燥です。

 

その乾燥ケアに良いのは、最近よくスキンケア特集でも登場するセラミドです。

  • なぜ、毛穴が開いたり黒ずみができるのか?
  • なぜ、乾燥が原因なのか?
  • なぜ、乾燥ケアにはセラミドなのか?

順番に説明します。

 

毛穴の開きや黒ずみの原因

皮脂

肌の乾燥により自然治癒力が働き皮脂が過剰分泌されることで、毛穴が広がり皮脂が酸化することで黒ずみができやすくなる。

 

肌のたるみ

加齢や不規則な生活が続くことから、ターンオーバーの周期が崩れ、お肌の潤い成分が生成されにくかったり減少したりしてお肌のハリが無くなり毛穴が目立つようになる。

 

肌の乾燥

洗顔のしすぎなどにより肌が乾燥することで、皮膚の表面が弾力を失い毛穴が開き黒ずんでみえてしまう。

 

 

本当は、乾燥肌なのに脂性肌と勘違いしている方が大勢います。
乾燥から肌を守るために過剰に皮脂が分泌されている「インナードライ」状態の人です。

 

この場合も皮脂が過剰に分泌されているので毛穴が常に開いた状態です。
この場合も乾燥を改善しなければ皮脂の過剰分泌は止まりません。

 

皮膚の乾燥

セラミドとは

セラミドはもともと人間の肌の表皮のすぐ下にあり、肌の潤いを保ち、また外部からの防御膜的な役割をしています。

 

しかし、このセラミドは加齢や紫外線、刺激によって減少し、40代には20代の頃の半分の量になってしまいます。

 

鼻の黒ずみを解消するにはセラミドは効果的です。

洗顔のしすぎ、加齢とともに肌の潤いはなくなり乾燥してきます。

 

しかし、乾燥を防ぐために保湿をすればいいとクリームさえ塗ればいいと思わないで下さい。

 

クリームの塗りすぎによる脂分で肌荒れが起きるかもしれません。

 

そこでおすすめなんが「セラミド」です。

 

肌の潤い成分である「セラミド」は化粧品で補うことができます。

 

表皮のすぐ下にある成分なので、表皮を通して浸透し潤いを取り戻すことができます。

 

即効性はないのですが、継続することで効果が実感できるはずです。

 

肌が潤うことで、ふっくらした肌が毛穴を隠し、過剰な皮脂の分泌も抑えてくれます。

 

セラミド化粧品選びの注意点

セラミド配合化粧品は、かなりの数が販売されています。

 

なかには「セラミド配合」とパッケージに書いておけば売れるからと、含有量が極端に少ないものも販売されているので注意が必要です

 

セラミド化粧品なら美容液

洗顔料

洗顔料にセラミドが配合されている商品もありますが、洗顔料の本来の目的は汚れの除去です。

 

洗顔後に肌がつっぱらないようにということでしょうが、害はありませんが必要ないでしょう。

 

その分、価格も割高になります。

 

化粧水

鼻の黒ずみを解消するにはセラミドは効果的です。

セラミドは水に溶けにくい性質を持っています。

 

約9割の成分が水分という化粧水よりは美容液で補う方が効果があります。

 

美容液

セラミドにも種類があります。

  • 天然セラミド(ヒト型セラミド=バイオセラミド)
  • 天然セラミド(動物性セラミド、植物性セラミド)
  • 合成類似セラミド(疑似セラミド)

おすすめなのは、天然セラミドの中のヒト型セラミドです。

 

植物性セラミドは人間の体内にある成分とは構造が一部違うと言われています。

 

ヒト型セラミドにも1〜7までの種類がありますが、

 

特に肌に影響力を持っているといわれのが「1,2,3,5・6」です。

 

開発当初は、「ヒト型セラミド」は浸透性に問題がありましたが、近年はナノサイズにまで最小化できる技術が発達したことで問題は解決されています。

 

ヒト型セラミドのデメリット

ヒト型セラミドは生産コストがかかることから高価になります。

 

高濃度であるほど商品は高価になります。

 

高価であればいいというわけではありませんが、安価な商品はセラミドの含有量が少ないか、石油原料を化学合成した「疑似セラミド」の可能性があります。

 

「疑似セラミド」は安価で扱いやすいですが、ヒト型セラミドの代替機能を果たすまでの効果は期待できません。

 

購入の目安

価格

配合量を見極めるポイントは価格です。
1本3,000円。1ml/100円以上が目安といわれています。

 

含有量

化粧品の成分表示は配合量が多い順番に記載することになっています。

 

セラミドの表示が10番以内に記載されているのが目安です。

 

他の保湿成分が入っている

セラミド以外の保湿成分が入っていることで、保湿の相乗効果が期待できます。

 

代表的な保湿成分

  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • グリセリン

 

テクスチャー

セラミドは油性の成分なので、配合量が多い程とろみがでてきます。

 

サラッとしている商品は含有量が少ない可能性があります。

 

まとめ

セラミドは人間の体内でターンオーバーを繰り返すたびに生成されます。

 

まずは、バランスのとれた食事、質の高い睡眠、ストレスをためこまないなど、規則正しいターンオーバーを維持する生活習慣の改善が必要です。

 

しかし、全てを補おうとするのはなかなか難しいものです。

 

そこはセラミド配合化粧品で補うことで、毛穴の開きや黒ずみを解消しみずみずしい美肌を取り戻しましょう。

 

おすすめのセラミド配合美容液

前述した基準をもとにおすすめのセラミド配合美容液を選んでみました。

 

鼻の黒ずみをとる方法:TOPページ