鼻の黒ずみ セラミド

鼻の黒ずみを解消するにはセラミドは効果的です。

鼻の黒ずみを解消するにはセラミドは効果的です。

毛穴ケアには保湿がとても重要ですが、化粧水をたっぷりとつければいいというわけではありません。

 

セラミドが含まれた保湿成分で肌の内部から水分をキープし続けることが大事です。

 

毛穴の開きや、黒ずみなどの毛穴トラブルの、大きな原因はお肌の乾燥です。

 

その乾燥ケアに良いのは、最近よくスキンケア特集でも登場するセラミドです。

 

セラミドとは

セラミドはもともと人間の肌の表皮のすぐ下にあり、肌の潤いを保ち、また外部からの防御膜的な役割をしています。

 

人間の皮膚のいちばん外側は約0.02mmの薄い角質層で覆われています。

 

角質層に下には細胞がレンガ状に積み重なった状態の顆粒層があります。

鼻の黒ずみ セラミド

このレンガの隙間を受けるセメントのような役割をしているのが「角質細胞間脂質」というのですが、
この「角質細胞間脂質」の約5割を占める主成分が「セラミド」です。

 

セラミドを含むレンガ状の「角質細胞間脂質」がぴったりと密着していることで、

 

外部から水分や異物が肌に侵入するのを防ぐともに、体内の水分を逃さないで角質層に蓄えておいてくれるのです。

 

セラミドの働きのおかげで、例えば外気が湿度が0%になっても肌に蓄えられた水分は蒸発することがありません。

 

さらには外気がマイナス20℃まで下がっても凍ることがありません。

 

それだけセラミドはあらゆる環境下でも肌の水分を蓄えておくことができる凄い成分なんです。

 

しかし、このセラミドは加齢や紫外線、刺激によって減少し、40代には20代の頃の半分の量になってしまいます。

 

洗顔のしすぎ、加齢とともに肌の潤いはなくなり乾燥していくのです。
脱脂力の強いクレンジングを使用することでセラミドを洗い流してしまうこともあります。

 

 

しかし、乾燥を防ぐために保湿をすればいいとクリームさえ塗ればいいと思わないで下さい。

 

クリームの塗りすぎによる脂分で肌荒れが起きるかもしれません。

 

 

そこでおすすめなのが「セラミド」配合化粧品です。
肌の潤い成分である「セラミド」は化粧品で補うことができます。

 

表皮のすぐ下にある成分なので、表皮を通して浸透し潤いを取り戻すことができます。

 

即効性はないのですが、継続することで効果が実感できるはずです。

 

肌が潤うことで、ふっくらした肌が毛穴を隠し、過剰な皮脂の分泌も抑えてくれます。

 

セラミド化粧品選びの注意点

セラミド配合化粧品は、かなりの数が販売されています。

 

なかには「セラミド配合」とパッケージに書いておけば売れるからと、含有量が極端に少ないものも販売されているので注意が必要です

 

セラミド化粧品なら美容液

セラミド配合洗顔料

洗顔料にセラミドが配合されている商品もありますが、洗顔料の本来の目的は汚れの除去です。

 

洗顔後に肌がつっぱらないようにということでしょうが、害はありませんが必要ないでしょう。

 

その分、価格も割高になります。

 

セラミド配合化粧水

鼻の黒ずみを解消するにはセラミドは効果的です。

保湿をするために、化粧水を2回3回とたっぷり重ねてしているとか、
オイリー肌だから化粧水しかつけないという方がいますが、これは大きな間違いです。

 

化粧水の主成分は水なので、一時はいいですが時間とともに蒸発していきます。

 

保湿を正しくするには水分を肌内部に溜めておくことができる美容液が必要なんです。

 

セラミドは水に溶けにくい性質を持っています。
約9割の成分が水分という化粧水よりは美容液で補う方が効果があります。

 

セラミド配合美容液

セラミドにも種類があります。

  • 天然セラミド(ヒト型セラミド=バイオセラミド)
  • 天然セラミド(動物性セラミド、植物性セラミド)
  • 合成類似セラミド(疑似セラミド)

おすすめなのは、天然セラミドの中のヒト型セラミドです。

 

植物性セラミドは人間の体内にある成分とは構造が一部違うと言われています。

 

ヒト型セラミドにも1〜7までの種類がありますが、

 

特に肌に影響力を持っているといわれのが「1,2,3,5・6」です。

 

開発当初は、「ヒト型セラミド」は浸透性に問題がありましたが、近年はナノサイズにまで最小化できる技術が発達したことで問題は解決されています。

 

ヒト型セラミドのデメリット

ヒト型セラミドは生産コストがかかることから高価になります。

 

高濃度であるほど商品は高価になります。

 

高価であればいいというわけではありませんが、安価な商品はセラミドの含有量が少ないか、石油原料を化学合成した「疑似セラミド」の可能性があります。

 

「疑似セラミド」は安価で扱いやすいですが、ヒト型セラミドの代替機能を果たすまでの効果は期待できません。

 

購入の目安

価格

配合量を見極めるポイントは価格です。
1本3,000円。1ml/100円以上が目安といわれています。

 

含有量

化粧品の成分表示は配合量が多い順番に記載することになっています。

 

セラミドの表示が10番以内に記載されているのが目安です。

 

他の保湿成分が入っている

セラミド以外の保湿成分が入っていることで、保湿の相乗効果が期待できます。

 

代表的な保湿成分

  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • グリセリン

 

テクスチャー

セラミドは油性の成分なので、配合量が多い程とろみがでてきます。

 

サラッとしている商品は含有量が少ない可能性があります。

 

まとめ

セラミドは人間の体内でターンオーバーを繰り返すたびに生成されます。

 

まずは、バランスのとれた食事、質の高い睡眠、ストレスをためこまないなど、規則正しいターンオーバーを維持する生活習慣の改善が必要です。

 

しかし、全てを補おうとするのはなかなか難しいものです。

 

そこはセラミド配合化粧品で補うことで、毛穴の開きや黒ずみを解消しみずみずしい美肌を取り戻しましょう。

 

セラミド化粧品ランキング5

前述した基準をもとにおすすめのセラミド配合化粧品を選んでみました。

DECENCIA アヤナス ローション コンセントレート

通常の4倍もの浸透力を持つ極小ナノサイズの人型セラミドが角質層に浸透し、乾燥肌に潤いをもたせお肌の乱れを改善します。

 

POLA(ポーラ)グループであるDECENCIAだからこそ分子をナノサイズにまで改良できました。

 

まずは化粧水、美容液、クリーム+アイクリームがセットになったトライアルセットでお値打ちに試すことができます。

 

【乾燥訴求】アヤナストライアルセット

 

アスタリフト ジェリー アクアリスタ

富士フィルムも人型セラミドのナノ化に成功した数少ないメーカーです。

 

ジェリー アクアリスタはW人型セラミド配合で2種類の人型セラミドのナノ化に成功しています。

 

美白ケアをしながら、ハリ・うるおいもキープします。

 

アスタリフトホワイト

 

ヒフミド エッセンスクリーム

セラミド1・2・3を配合し中でも、美肌効果が高い人型セラミドが4%も配合されています。

 

皮膚に存在するものと同じ構造の“天然型セラミドU”を配合することでお肌のバリア機能をダイレクトに補います。

 

製薬会社・小林製薬ならではの信頼感があります。

 

セラミド

 

エトヴォス モイスチャーライン

医学博士監修のもと医学的見地に基づいて開発されました。

 

保湿に大切な「ヒト型セラミド」、タイトジャンクションの形成を促す「POs-Ca」を配合。

 

美容液とクリームには5種類もの人型セラミドが配合されいます。

 

(ETVOS)モイスチャーライン お試しセット

 

リマーユ

このセラミド美容液なら、セラミドだけでなく豚と比べてもアミノ酸が1.2倍含まれる馬プラセンタが加水なし高濃度原液100%の「リマーユ」がお薦めです。

 

エイジング対策で注目される成分因子も含まれています。

 

今なら、初回半額2回目以降も20%OFFで購入ができます。

愛用者の声

Y・O様 47歳
年齢も40代になり、小鼻や頬の毛穴の開きが悩みです。××
この商品を化粧水と合わせてバシャバシャ使用している口コミを読み実践しています。
(化粧水は別メーカーですが・・・)
使用して60日経過しましたが小鼻に変化あり!
頬も前よりも毛穴が気にならなくなりました。
肌に伸びやすいのでもう少し使ってみようと思います。

みっちゃん様 42歳
使った翌日にふっくらしたように感じて、毛穴もめだたなくなったのは、これのおかげでしょうか?
3本使いましたがが何か」いい感じなのでリピします。

クレンジング⇒洗顔⇒ホホバオイル⇒化粧水⇒「リマーユ」⇒乳液

 


「リマーユ」⇒乳液⇒化粧下地クリーム⇒ファンデの順です?

T・U様 38歳
鼻の黒ずみ、ポツポツがずと悩みでした。><

 

「リマーユ」の存在をしり、お試しで購入したところ・・・
徐々に毛穴の黒ずみが気にならなくなってきました!!
今では、すっぴんでも鼻の周りが気になりません♪
この商品に出会えて本当に良かったと心から思います!

鼻の黒ずみ セラミド

 

毛穴の開きや黒ずみの原因

肌の乾燥

毛穴が開いたり、詰まったりする主な原因は肌の乾燥です。

 

肌が乾燥すると自然治癒力が働き皮脂が過剰分泌されることで、毛穴が広がります。
また皮脂が毛穴に詰まり酸化することで黒ずみもできやすくなります。

 

洗顔のしすぎなどにより肌が乾燥することで、皮膚の表面が弾力を失い毛穴が開くことで黒ずんでみえてしまうこともあります。

 

肌が乾燥するのは水分を保つバリア機能が低下しているために起こるのですが、バリア機能が正常に働かないと角質に水分を溜めておくことができなくなります。

 

乾燥から肌を守るために過剰に皮脂が分泌されている「インナードライ」状態なので、本当は、乾燥肌なのに脂性肌と勘違いしている方も大勢います。

 

このような肌の状態では常に皮脂が過剰に分泌されているので毛穴が常に開いた状態になっています。

 

しかし、乾燥を改善することで皮脂の過剰分泌を止めることができるのです。

肌のたるみ

加齢や不規則な生活が続くことから、ターンオーバーの周期が崩れ、お肌の潤い成分が生成されにくかったり減少したりしてお肌のハリが無くなり毛穴が目立つようになる。

 

鼻の黒ずみをとる方法:TOPページ