鼻の黒ずみ,綿棒

綿棒を使った鼻の黒ずみ解消方法!

Twitterで綿棒を使った角栓ケアが紹介されていたり、テレビCMでグノシーが「綿棒でイチゴ鼻を解消!」など広告を流しています。

 

鼻の黒ずみ,綿棒

本当に綿棒で角質ケアができたりイチゴ鼻が解消できるのでしょうか?

 

ジャジャーン!!
残念ながら綿棒だけでは角質ケアやイチゴ鼻は解消できません。

 

実は綿棒の他にもう一つ必要な物があるのです。
それはオリーブオイルです。

 

この2つが揃ってはじめて角質ケア、イチゴ鼻の原因である鼻の黒ずみが解消できるのです。

ツイッターに紹介されていたイラスト入りのツイートを紹介しますね。


画像で分かりにくい人のために文字を起こしてみました。

綿棒DE角栓スッキリマッサージ
@綿棒にオイルをしみこませる
私はマークス&ウェブのハーバルオイルを使用
A洗顔→保湿済みの状態で、鼻を綿棒でマッサージ
コロコロころがしたり
なでるようにとか
これだけで綿棒に汚れがからんで取れる
*滑りが悪ければ保湿クリームなどを鼻に塗り足す
B眉間にもいってみよう
ギュッとシワをつくってやったり
逆にピーンとのばしてやったり
これでいろんな角度からアクセス!!
C角栓は横を優しく押す
Dガンコな角栓はダブル綿棒でやさしくはさんで押す
ピカピカになるよ

 

オリーブオイルには角栓の成分にとても近い成分であるオレイン酸が約70〜80%含まれています。
ですので肌を傷めることなく角質を自然にとかしてくれるようです。

綿棒にオリーブオイルを染み込ませる方法

オリーブオイルを綿棒に染み込ませる量が少ないと綿がオイルを吸いきってパサパサになってしまいます。
またオリーブオイルが多く染み込むとすぐに綿がほぐれて駄目になってしまいます。

 

小皿の上にオイルを出して染み込ませるとやりやすいでしょう。
繰り返すことで適量と力加減がわかってきます。

注意点
  • オリーブオイルは不純物が入っていなく肌への負担が少ない純なオイルを使用する

    (エキストラバージンオイルか肌用に作られたオリーブオイル)

  • クレンジング、洗顔をし、保湿ケアを済ませた状態で行う。
  • 取れない角栓は無理して取らない

    (肌に色が赤くなったら力の入れ過ぎ)

  • 使用頻度は週に一度くらい

ここが大事

綿棒でノマッサージが終わったら、濡れたコットンなどでオリーブオイルをキレイに拭き取り、きちんと洗顔、保湿をします。
(オリーブオイルは肌への残留性が高いので洗顔はとても大事です)
オリーブオイルが肌に残っていると逆に肌への大きな負担になるので注意してください。

 

洗顔した後は、氷を包んだ冷やしたタオルなどで毛穴を引き締めます。
その後、保湿化粧水で肌の水分を整え、クリームまたは乳液でしっかりと保湿をします。

 

⇒オリーブオイル使用の注意点をより詳しく説明します

 

鼻の黒ずみ:TOPページ