鼻の黒ずみ除去にワセリン

鼻の黒ずみ除去にワセリンは実は逆効果?!

ワセリンパックで鼻の黒ずみが簡単に除去できると話題ですが本当でしょうか?

 

ワセリンはハンドクリーム代わりに使ったりとか、唇のひどい乾燥を治すために塗ったりするのですが、どの家庭でも1つはあるのではないでしょうか?

 

鼻の黒ずみ除去にワセリン

そんなワセリンで鼻の黒ずみが簡単に除去できるのなら是非、試してみたいですよね。

 

女性の肌の悩みで一番多いのが鼻の毛穴の黒ずみだそうです。

 

鼻は顔の真ん中にあって一番目立ちます。
多くの方はメイクで誤魔化してはいるけれど、何とかしたいと思っています。

 

では、なぜ、鼻が黒ずむのでしょうか?

 

⇒鼻の黒ずみの原因

 

ここで詳しく書かれていますが、鼻の黒ずみの原因は角栓です。

 

ワセリンはその角栓を溶かす作用があるので、鼻の黒ずみ除去にいいみたいですが、
実は違うんです。

 

詳しくは最期までお読みください。

ワセリンとは

ワセリンは石油を精製した鉱物油です。

 

石油というと肌に良くないイメージがありますが大丈夫です。
原油は天然素材だし、不純物を取り除いて精製されているので皮膚科などでも、ヤケドの治療などで処方されています。

 

ワセリンには精製純度によって種類があります。
不純物が少ない順で並べると、

 

サンホワイト>プロペト>白色ワセリン>黄色ワセリンです。

 

鼻の黒ずみ除去に使うのは、ドラッグストアなどで販売している白色ワセリンです。

 

ラベルに「第三類医薬品」や「日本薬局」と表示されているか確認してください。

ワセリンで鼻の黒ずみが除去できる根拠と方法

根拠

鼻の黒ずみの原因である角栓は皮脂がまじった脂の塊なので、油であるワセリンと角質が混じり合うことで角栓が溶かされるというものです

方法

ワセリンを鼻に塗る

就寝前に鼻全体にワセリンを薄く塗り、そのまま眠り、翌朝、ぬるま湯で洗顔をするだけです。
寝具にワセリンが付いたりするので、マスクをした方がいいです。

ワセリンパック

お風呂で洗顔後、鼻の水分を拭き取り鼻全体にワセリンを塗り、そのまま20分程放置します。

 

その後、ワセリンを洗い流すだけです。
簡単ですよね。

 

ワセリンを使った鼻の黒ずみ除去方法は、たったこれだけです。

ワセリンを使った鼻の黒ずみ除去の間違い

結論から先に言いますが、残念ですがワセリンには鼻の黒ずみを除去する効果はあまり期待できません。

 

その根拠は、ココでも詳しく書いていますが角栓は70%が古い角質(タンパク質)で皮脂は30%しかありません。

 

脂の皮脂はともかく、角栓の大部分を占めるタンパク質(角質)はワセリンでは溶かすことができないのです。

 

逆に余計に毛穴が詰まりやすくなることもあります。

 

また、使用方法でもワセリンは油なので、水では落ちません。
お湯で流しても油分を落とすことは難しく、油分が毛穴に詰まったままになってしまいます。

 

ということは洗顔をすることになるのですが、W洗顔は肌の乾燥によくないです。

 

肌が乾燥すると、肌を守ろうと皮脂が過剰に分泌させることになり、さらに角栓ができやすくなってしまいます。

 

以上のことから、残念ですがワセリンで鼻の黒ずみを除去することはできないばかりか、逆に皮脂の過剰分泌を促し、より鼻の黒ずみを悪化させる可能性もあるのです。

 

正しい、鼻の黒ずみ除去はコチラを参考にしてください。

 

鼻の黒ずみ:TOPページ