ビタミンC誘導体で毛穴を改善

ビタミンC誘導体で毛穴が改善できる?

ビタミンC誘導体 毛穴

ビタミンC誘導体の毛穴効果

コラーゲンの合成を促進する
  • コラーゲンの合成を促すことで、たるみ毛穴に効果的です。
  • しぼんでいた肌をしっかりと保水することで内側から肌に弾力を与えてくれます。
  • その作用で毛穴が小さく引き締まっていきます。
皮脂を抑制する
  • 皮脂を抑えることで開き毛穴に効果的です。
  • 皮脂の分泌が抑制されることで毛穴が詰まりにくくなります。
抗酸化作用
  • 過酸化脂質ができるのを抑制し、細胞膜を傷つける活性酵素も除去し炎症を抑えます。
  • 皮脂の酸化を抑えてくれます。
  • 皮脂の酸化を抑制することで黒ずみが抑えられます。

ビタミンC誘導体の美肌効果

  • 過酸化脂質を抑え、細胞膜を傷つける活性酵素を除去
  • 紫外線やストレスで傷んだDNAを修復する
  • メラニンを合成しにくくするので美白効果がある
  • 肌のキメを整え、透明感をもたらす

まさに良い事ばかりです。
これだけの美肌効果を持つ成分はビタミンCぐらいでしょう。

 

ただ、ビタミンC誘導体は即効性はなく使い続けることで効果が表れてくる性質のものです。

 

ビタミンC誘導体を含んだ化粧品をつけたので、毛穴がすぐに目立たなくなるというものではありません。

 

大切なことは毎日のスキンケアで使用するということです。

 

ビタミンC誘導体とは

ビタミンC誘導体 毛穴

ビタミンC誘導体は、ビタミンCを肌に浸透しやすく改良された成分のことをいいます。

 

ビタミンCは肌をふっくらさせ押し上げる効果があります。

 

また、抗酸化作用もあり、美白効果もある万能美容成分です。

 

ビタミンCの抗酸化作用とは、ビタミンCが肌の代わりに酸化してくれることで肌の酸化を防いでくれるというものです。

 

ビタミンCは成分が不安定で、すぐに酸化し肌へ浸透しにくく、化粧品に添加された状態でも長期安定的な保存は難しいです。

 

そこでビタミンCに化合物(リン酸基など)をくっつけビタミンC誘導体に変化させることで肌への浸透率を高め、化粧品の中での品質の長期安定も可能しました。

 

ビタミンC誘導体は肌に触れると酵素反応でビタミンCに変化します。

 

皮膚は水溶性のものをはじく性質があるので、誘導体にすることで浸透力が高まるのです。

 

ビタミンC誘導体に加工できたおかげで、酸素や水分、光や熱に対してもとても強い耐性を持つことができました。

 

ビタミンC誘導体は水溶性、脂溶性、両性の3種類があります

両性

APPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)

  • 肌への浸透率は他のビタミンC誘導体の数十倍です。
  • ビタミンC誘導体の中では最も効果が高いですが、値段もそれなりに高くなります。
  • ドラッグストアで売られている安い化粧品にはまず配合されていません。
  • 肌への刺激も少なく肌質に関係なく使えます。

水溶性

リン酸アスコルビルNa、リン酸アスコルビルMg

  • 水溶性ですが脂溶性に近いため浸透率は高いです。
  • 安い化粧品(1,000円前後)には配合されず3,000円以上の化粧水に含まれています。

 

アスコルビン酸グルコシド

  • 1,000円前後の安い化粧水に、ほとんど配合されています。
  • 効果を疑問視する声もありますが、多くの化粧水に配合されていることから一定の効果はあると思われます。
  • 浸透率はここで紹介している4つの成分の中で最も低いです。

 

脂溶性

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

  • 浸透率はあまりよくなく、化粧水には配合されずオイルやクリームに配合されます。
  • 乾燥肌の人に向いています。

 

肌は脂と水の部分が存在するので、肌全体にビタミンCを浸透させるなら両方はいっているものがいいですね。

 

ただ、両性のものは直射日光や空気に触れると劣化しやすく、原料の価格が高価なため、たっぷりと配合されるには難しいというデメリットもあります。

 

ビタミンC誘導体には皮脂を抑える作用もあるので、乾燥肌の人は低濃度、オイリー肌の人は高濃度を選ぶとよいでしょう。

 

化粧品は成分の全表示義務があるので、化粧品選びの際にはビタミンCが入っているか箱やボトルの裏などを確認してください。

 

成分表示はビタミンC誘導体とは書かれていません。
これまでに紹介した成分を確認してください。

 

配合量が多い成分から順番に記載されているので、上位に表示されているほど含有量が多いことになります。

 

ビタミンC誘導体は肌を乾燥させる?

初期型の「リン酸型」ビタミンC誘導体は確かに肌を乾燥させやすく刺激性の問題もありましたが現在では大きく改善されています。

 

現在販開発されているものは、ほとんど刺激性や乾燥性はありません。

 

ただ、まだビタミンC誘導体の種類によっては、濃度が高くなると肌を乾燥させたり、刺激を感じることがあります。

 

乾燥肌や敏感肌の人は、マイルドなタイプのビタミンC誘導体から試すのがおすすめです。

 

おすすめのビタミンC誘導体入り美容液

ビタミンC誘導体は、美肌効果が高いので、色々な化粧品に配合されています。

 

ここでは「ぱっくり毛穴、黒ずむ毛穴 対策」という観点から、おすすめの美容液を紹介します。

 

よくある「オマケ配合」ではありません。
ビタミンC誘導体がメインの美容液です。

 

「開き・黒ずみ・角栓」トリプルケアができるぱっくり毛穴専用美容液【ソワン】

 

毛穴・角栓ケア商品には、肌負担の強い商品も多いのですが毛穴専用美容液【ソワン】は、【合成香料 無着色 向鉱物 パラペン不使用】で

 

敏感肌・乾燥肌の方にも安心して使うことができます。

  • 低刺激ビタミンC誘導体による毛穴、透明肌をケアします
  • 天然収れんケア成分が5種配合されています
  • 超保湿、超引き締め成分が10種類配合されています
  • 発酵ローズハチミツガ配合されているので天然マイルドピーリング効果があります
  • プラセンタエキスにより皮脂の出口を小さくし、テカリも抑えます
  • アーチチョークエキス配合により毛穴引き締め効果も期待できます

ビタミンC誘導体 毛穴三大毛穴トラブル「開き」「黒ずみ」「角栓」専用美容液

 

ソワン

Cセラム

もう一つおすすめなのがビーグレンのCセラムです。

 

良質で優れているけれどデリケートなピュアビタミンCを、
医療技術として開発された浸透技術QuSomeR(キューソーム)で包み込んでいます。

 

誘導体ではない生のビタミンCが配合された高濃度で配合されている国内唯一の美容液です。

 

つけた瞬間に肌に広がる特有の温感を感じ、じんわりと温かく肌になじみます。

 

高価なイメージですが、トライアルもあり、365日返品保障もあります。

 

ビタミンC誘導体 毛穴ビーグレン毛穴ケアセット

 

毛穴ケア(本製品)

 

鼻の黒ずみをとる方法:TOPページ