鼻の黒ずみをとる方法

鼻の黒ずみを取る方法は簡単です。

鼻の黒ずみをとる方法

代謝を上げて皮脂を溶かすだけ!

「エッ!」という声が聞こえそうですが、それで鼻の黒ずみを取ることができるのです。

 

ご存知たと思いますが鼻の黒ずみの原因は皮脂が酸化したものです。

 

皮脂は体温で溶けるのですが、20度前後で固まります。

 

鼻は筋肉がないために熱が伝わりにくいので冷えやすいのです。

 

あなたのほっぺと鼻を触って体温を比べてみて下さい。
鼻が冷たく感じるはずです。

 

鼻の毛穴に排出した皮脂が溶けて排出されずにラードのように固まってしまい角質・角栓を作ってしまうのです。

 

ですので、皮脂が固まらないように代謝を上げて体温を上げることで鼻の黒ずみを取ることができるのです。

 

代謝を上げるには運動するのがいちばんです。

 

あなたの周りを見てください。
運動している人に鼻の黒ずみで悩んでいる人はいないと思います。

 

鼻の黒ずみに悩む人は、運動不足や内勤職の人が多いです。

 

しかし、簡単に運動して代謝を上げ鼻に熱を伝えるのは簡単ではありません。

 

鼻に熱を伝えるためにはジョギングで3時間、エクササイズで2時間以上行わないといけません。

 

日頃、運動しないあなたにとってとても無理な運動量ですよね。

 

でも安心してください。
誰でもが簡単にできる裏技を教えます。

鼻の黒ずみを取る裏技

皮脂が体温によって溶け出すという事はわかってもらえたと思うのですが、

 

皮脂は35〜38度の温度で溶けだし体外に排出されます。
まず、洗面器に35〜38度のお湯を張ってください。

 

次に洗面器に顔をうずめプクプクと息を吐きます。
この息が作り出す波動で皮脂を溶かすのです。

 

このやり方は肌に負担をかけないので1日に何度でも行うことができます。
ただし、お湯の温度だけは守ってくださいね。

 

皮脂は「取る」というイメージではなく「溶かす」といいうイメージでケアをしてみて下さい。

 

これを機会に、健康とダイエットと兼ねてエクササイズにチャレンジするという方はこちらをどうぞ。

 

今なら手ぶらでヨガ体験ができます。

 

 

自宅でエクササイズするなら,
いつでもどこでも流行のフィットネスレッスンが見放題のサービス

 

今なら3ヶ月たったの100円

 

LEAN BODY

 

エクササイズと正しいスキンケアを行うことで、あなたの鼻の黒ずみは短期間にそれも無理することなく取ることができるはずです。

 

角栓ケアするほど”イチゴ鼻”になる

鼻の黒ずみに悩んでいる方はどうしても洗浄力の強い洗顔料やパックなどを使いがちです。

 

しかし、これこそが”イチゴ鼻”を生む悪循環なんです。

 

もともと角栓は毛穴の中に雑菌が入り込むのを防いでくれているのです。

 

角栓を角栓パックなどで根こそぎ引き抜くと、毛穴の中に雑菌が侵入してニキビや炎症を起こしやすくなります。

 

問題は、角栓を全部引き抜くのではなく毛穴から飛び出した角栓だけをキレイにすればいい話です。

 

強めのスキンケアをすることで、肌にダメージが加わり角質が厚くなります。

 

厚くなった角質は皮脂が外に出るのをふさぎ、外に出られなくなった皮脂は毛穴の中で角質と混ざり角栓となるのです。

 

角栓が肌表面で酸化することで黒くなり毛穴が黒ずみます。

 

肌トラブルのほとんどは”洗いすぎ”が原因です。

角質を取り、汚れのないスベスベ肌を目指してやたらと洗う人がいますが、この洗いすぎが肌トラブルの元凶なんです。

 

人間の肌には、保湿成分「天然保湿因子(NMF)」「バリア成分「細胞間脂質(主成分:セラミド)」が存在し、皮脂がその上を覆って皮膚からの水分の蒸発を防いでくれています。

 

この3要素が正常に分泌されていれば肌トラブルは起こりません。

 

しかし、過剰な洗顔による洗いすぎは肌に必要な保湿因子やセラミド、皮脂も洗い流しているのです。

 

つまりは、肌が自ら分泌する潤いのお宝成分を捨てているも同然なんです。

 

これらが失われると、皮膚のバリア&保湿機能が正常に作動しなくなり肌が乾燥したり、

 

乾燥を防ぐために油分が過剰に分泌される「脂性肌」や「敏感肌」になったりします。

 

これを防ぐには、まず過剰な洗顔による洗いすぎをやめることです。

 

鼻の黒ずみをとる方法

鼻の黒ずみをとるには「油脂クレンジング」を使います。

 

角栓が気になる部分に良質な「油脂クレンジング」を載せ、5分ほど置いて洗い流すだけ

 

こすったりする必要はありません。

 

1ヶ月ほど続けたら、以降はメイク落としに油脂クレンジングを使うだけでOK。

 

様子を見ながら週に1〜2回の頻度で5分放置を続けるのもいいでしょう。

 

油脂には角栓を柔らかくする効果があり、毛穴に詰まった角栓を排出しやすくしてくれます。

 

ターンオーバーの周期は約1ヶ月なので、症状が軽ければそのぐらいで改善します。

 

角栓の根本的な原因は肌への刺激です。

 

角質除去、毛穴引き締め系の洗顔料や化粧品、強い美白成分(ビタミンCなど)は禁止です。

 

洗顔ブラシや爪で角栓を取り出すのも言語道断です。

 

クレンジング剤は「油脂」が正解

オイルクレンジングは”肌が乾燥する”は誤解です。

 

ここ数年、オイルクレンジングは肌の大敵という噂が広がり、ミルクやクリームタイプのクレンジングが人気ですが、

 

NGなのは鉱物油のクレンジングで油脂クレンジングは乾燥知らずの優良オイルなんです。

 

確かにミルクやクリーム、リキッド、ジェルなどは洗浄力が弱めなので肌には優しいのですが、その分メイクを落とすのに時間がかかります。

 

その為に、肌に必要な潤いまでも洗い流していることが多いのです。

 

クリームクレンジングは、それなりの洗浄力がありますがミネラルオイル(鉱物油)が主成分のものが多いので肌が乾燥します。
水に弱く浴室で使用すると効果が弱まります。

 

リキッドやジェルは脂分がほとんどなく、水と界面活性剤がベースなので洗浄力が弱くメイクを落すの時間がかかります。

 

皮膚を長くこするので肌に負担がかかり肌荒れを起こす人も少なくありません。

 

オイルクレンジングの鉱物油(ミネラルオイル)は刺激がない安全なオイルなのですが、脱脂力が強いので強く乾燥してしまいます。

 

その点、動植物から摂れる「油脂」は人間の「皮脂」に構造が似ていて、肌に塗ると皮脂と馴染んで潤いを守ってくれます。

 

メイク汚れはしっかり落ちて、乾燥しない優秀なオイルなのです。

 

もし肌に残っても保湿成分となってくれます。

 

皮脂と構造が似ているので、肌に残留しても皮脂が仲間として受け入れてくれるのです。

 

ただし、酸化した油は皮膚に刺激を与えるので酸化しにくい油脂を選ぶことが大事です。

 

酸化しにくい油脂は、マカダミアナッツ油、オリーブ油、ベニバナ油、アボカド油、アルガンオイル、米ぬか油などです。

 

美肌には「美容液」よりも「クレンジング」

美容液は効果が高いので少しぐらい高くてもしょうがなないわね〜。

 

という方が多いのですが、美容液には定義はなく化粧品会社が美容液と名づければ美容液になるのです。

 

美容液には、ほぼ化粧水や乳液とかわらない”自称・美容液”は山のようにあります。

 

化粧品会社に騙されてはいけません。

 

もちろん、素晴らしい美容液もあるのですが、ほんの一握りで探し出すのも難しいです。

 

そんな少ない可能性に賭けるよりも必須アイテムのクレンジングにこだわるほうが賢明です。

 

美容液に使うお金があるなら、クレンジングや洗顔料に投資しましょう。

 

鼻の黒ずみをとる方法:スキンケア基本

鼻の黒ずみは化粧やホコリなど、クレンジングや洗顔をしても取り除けなかった汚れが皮膚表面に残り、
タオルや手で顔をこすることで毛穴に少しづつ入り込むことで毛穴の皮脂と結びつき、詰まり角栓となりそれが酸化して黒くなったものです。

 

ですので、これらを意識してスキンケアしていけば鼻の黒ずみをとることができます。

 

スキンケアだけでは日数はかかるかもしれませんがエクササイズと並行して行うことで短期間にあなたの悩みは解消するはずです。

鼻の黒ずみをとる方法

ここで解説しているクレンジング、洗顔をきちんと繰り返すことで早ければ1ヶ月ほどで良くなるでしょう。

 

 

肌は何層もの肌細胞から成り立っていて、表面の古い細胞が垢となって剥がれ落ち、
その下にある肌細胞が新たに出てくることでお肌は入れ替わります。

 

この周期が約1ヶ月なのです。
よく耳にするターンオーバーのことです。

 

ですので、どんなお手入れ方法でも効果が本当に出始めるのは約1ヶ月先と考えた方が良いです。

 

鼻の黒ずみをとる方法:具体的なスキンケア方法

洗顔

鼻の黒ずみをとる方法

朝洗顔は水洗顔ですます方が多いですが、
日中よりは少ないですが、寝ている間でも皮脂や汗は分泌されています。

 

皮脂は空気に触れることで酸化し酸化することで肌に様々な肌トラブルをもたらす原因になります。

 

特に夏は汗も多くかき皮脂も多く分泌されています。

 

皮膚表面がべたつくことで空気中のホコリも付着しやすくなります。

 

水洗顔で角質汚れやほこりは落とすことができますが、油である皮脂は水では落とすことができません。

 

皮脂が皮膚表面に残って酸化するのを防ぐためにも洗顔料をつかった洗顔は欠かすことができないのです。

 

かといって夜の洗顔料と同じでは洗浄力が強すぎバリア機能である角質までも落としてしまうので、
朝は朝専用のお肌に優しい洗顔料を使うことをおすすめします。

 

洗顔後に肌がつっぱるのは必要な皮脂まで落としすぎているサインです。

 

洗顔料にも保湿成分が配合された製品もあるので、そういったものを選んでみるようにしてみてください。

 

おすすめは、洗顔料のロングセラー「どろあわわ」です。

 

「どろあわわ」特徴

 

「どろあわわ」には姉妹品の「くろあわわ」もありますが、
鼻の黒ずみがひどい方は、「くろあわわ」を使用するのがおすすめです。

 

どちらも海底泥や豆乳成分などの美容成分をふんだんに含んだ泡石けんで濃密で弾力がある泡で、
毛穴の汚れや古い角質を吸着し引き締め、大豆由来の保湿成分で肌を潤してくれます。

 

洗顔で洗いすぎると肌を傷めてしまいますが、洗浄力が弱すぎても毛穴の汚れはきれいに落ちてくれません。

 

どろあわわは、肌に刺激を与えずに汚れをこすり落とすのではなく、汚れを吸着して落としてくれる洗顔料です。

 

「どろあわわ」は潤い成分が充実していて、弾力や保湿力を高めてハリと柔軟性のあるぷるぷる肌にしてくれます。

 

「くろあわわ」は汚れ吸着成分の種類が多く配合され油汚れをよりとってくれます。

 

ニキビ肌に方にも「くろあわわ」は殺菌力もあるのでおすすめです。

 

鼻の黒ずみをとる方法【どろあわわ】公式サイト

 

 

鼻の黒ずみをとる方法【くろどろあわわ】公式サイト

 

くろあわわ

クレンジング

クレンジングをしっかりしているのに、毛穴がつまってしまう方は、クレンジングを見直す時期かもしれません。

 

肌の状態は常に変化しています。

 

今お使いのクレンジングがあなたの肌に合わなくなっていることも考えられます。

 

クレンジングの使用のポイントは肌に負担をかけないことです。

 

クレンジングによっては、肌に必要な皮脂まで落として乾燥させてしまっている場合もあります。

 

ですので、洗浄力が強いものが良いとは一概に言えません。

 

かといって、洗浄力が弱くても洗う時間が伸びれば肌に負担を与えてしまいます。

 

皮脂を落としすぎないように洗う時間が重要ですが、こすることなく短時間で落とせるクレンジング剤を洗浄力が高い順から試してみるのも、

 

あなたの肌にあったクレンジングを見つける一つの方法です。

 

おすすめのクレンジングは「ラウディ ゼロタイムクレンジング」 です。

生オイルクレンジング:ゼロタイムクレンジング

鼻の黒ずみを取るのにおすすめなクレンジングは「ラウディ ゼロタイムクレンジング」です。

 

良質な天然オイルの中でも、酸化が進みにくい“オレイン酸(ベニバナ油、オリーブ油、コメヌカ油)”が高配合され、ダブル洗顔不要です。

 

鼻の黒ずみばかりか肌に最もよくないのが肌への刺激です。

 

「ゼロタイムクレンジング」は、名前の通り洗浄力を損なうことなく、肌に乗せたあと、ゼロタイムで洗い流すことができるので、肌への負担がほとんどありません。

 

落としたいメイクや不要な皮脂汚れもしっかり落とせて、素肌が1トーンあがります。

 

メイクや不要な皮脂汚れをスルッと落とします♪

 

マツエクもOKです。

 

オイルベースなのに美容成分80%以上も含まれ、まるで美容オイルでクレンジングをしている感覚で洗い上がりもしっとりもちもち。

 

ダブル洗顔も不要なので、忙しい方や疲れた夜の味方です。

 

純度が高いオイルなのでベタベタとした後残りもありません。

 

アイメイクもスルッと落とせてベタツキも無し!

 

コスパも嬉しいですね。

 

パラペン、アルコール、鉱物油、着色料は一切配合されていません。

 

アレルギーテストも試験実施済です。

 

女性誌やSNSでも話題で、有名芸能人も使用しています。

 

「ラウディ ゼロタイムクレンジング」はオイル自体に保湿効果と美容効果があるため、クレンジング、保湿、美容液と1つで3つの働きをします。

 

保湿成分にはセラミド、シラン、ダマスローズが配合されています。

 

スキンアナライザーによる測定でクレンジング後に肌の水分が2倍以上にアップしたという結果もでています。

鼻の黒ずみを取る方法

「ゼロタイムクレンジング」使い方

鼻の黒ずみを取る方法

入浴中でも使えますか?

使えます。
塗れた手での使用もOKで、お風呂場で使用・保管することができます。

1本で何日使えますか?

適正使用量の1回3プッシュで約60日間使用できます。

朝の洗顔がわりに使えますか?

はい、使えます。

 

皮脂の分泌が多いTゾーンを中心にクレンジングすることで、メイクのノリがよくなりキメを整え潤います。

鼻の黒ずみを取る方法ラウディ ゼロタイムクレンジング

 

すすぎ

洗顔料やクレンジングでせっかく肌の汚れを落としても、すすぎが不十分だとお肌に汚れとして残ってしまいます。
ですので、クレンジンや洗顔はすすぎを丁寧にしっかり行う必要があります。

 

ただし・・・です。

 

汚れを落とすことが重要だと時間をかけ過ぎてしまうこともいけません。
強い洗浄力でお肌に大事な角質までも剥がれさせてしまうからです。

 

お肌への負担にならないように2分以内に行うようにしましょう。

 

食事

あとこれも大事です。

 

脂たっぷりのスナック菓子などを好んで食べている方は、結構クセになっている場合があります。
ストレス発散であれば、決して悪い事ではないですが量は減らすようにしましょう。

毛穴の黒ずみの原因は身体の中から出てくる分泌物です。
つまり、毛穴の黒ずみの原因は食生活にあるんです。
ここで紹介する洗顔フォームや基礎化粧品で、鼻の毛穴の黒ずみを取り除いた後は、食生活に注意しましょう。

 

鼻の毛穴の黒ずみを取る方法鼻の毛穴の黒ずみが復活しないための食生活

紫外線対策

日頃のスキンケアで紫外線対策が重要です。
紫外線は日陰にいても家に中にいても窓を通してお肌を攻撃してきます。

 

紫外線は鼻の黒ずみを進行させるばかりか、肌の奥の組織までダメージを与えます。
紫外線ケアは鼻の黒ずみケアというよりはスキンケアの基本です。

 

しかし・・・です。

 

日焼け止めには肌の負担になる鉱物由来の成分がまず含まれています。
この肌への負担はSPF やPA が大きいほど強くなります。

 

日焼け止めを塗ると「肌がごわつく」「調子が悪くなる」という方がいるのもこの成分が原因です。

 

しかし日焼け止めは、あらゆる肌トラブルの原因になるので塗らないわけにはいきません。

 

日焼け止めは落ちにくいですが、でも、しっかりとキレイに落とさなければ肌荒れの原因になったりします。

 

おすすめは天然100%由来で、石油由来成分一切不使用の日焼け止め「hanaオーガニック」です。

 

「hanaオーガニック」は石鹸で簡単に落とすことができます。

 

>>HANAオーガニック ウェアルーUV 公式ページへ

 

いつまでも鼻の黒ずみが取れない方は、間違ったケアをしている可能性が高いです。

よく黒ずみ毛穴と間違えられるメラニン毛穴は原因が全く違うので、黒ずみを取る対策も全く違ってきます。

 

鼻の黒ずみをとる方法メラニン毛穴対策はこちら

ターンオーバーを早くする裏ワザ

従来のピーリングだと古い角質だけでなく、肌に必要な生きた細胞までも取り除いてしまうために、肌に負担を与えるだけでしたが、

 

活きた細胞を傷つけずに死んだ細胞だけに反応し分解を促す角質除去パックが開発されました。

 

とても肌に優しいので使用後すぐにメイクをすることもできます。

 

今までピーリングをしたくても刺激が心配でできなかった方におすすめです。

 

⇒ ホイップピールパック(角質除去パック)

鼻の黒ずみをとる方法

鼻の黒ずみをとる方法:3大NGケア

1.クレンジング、洗顔のしすぎ

鼻の黒ずみの原因の角質の主成分はタンパク質です。
多くの方が角質の主成分は皮脂だと勘違いされています。

 

その勘違いのためにクレンジングや洗顔で一生懸命に皮脂を落とそうとしているのですが、これは鼻の黒ずみが取れるどころか反対に毛穴を詰まりやすくしているのです。

 

クレンジングで皮脂を溶かそうと鼻をこりすぎることで、必要な皮脂を取り過ぎ乾燥肌を作り出していることもあります。

 

お肌に必要な皮脂が失われたり、肌が乾燥すると皮膚を守ろうとする自衛本能が働き皮脂の分泌が今まで以上に多くなります。

2.毛穴パックのやりすぎ

鼻の黒ずみ対策として、一番手っ取り早いのが鼻用に作られた毛穴パックです。

 

毛穴パックは使用すると見事に、黒ずみなどの角栓がとれるので、びっくりするとともに効果が期待できると病みつきになる人がいます。
しかし、この方法はNGです。

 

毛穴パックは角栓だけでなく、鼻の周りの角質層も一緒にはがしてしまいます。

 

角質層には、肌の水分をキープしたり、外部からのアレルゲンの異物から肌を守る役割があります。

 

しかし、毛穴パックで角質層がはがされることで、肌の水分の保持と外部からの刺激を
防ごうとに、皮脂が余計に分泌されます。

 

またはがされた角質層を厚くしようと角化がはじまり角栓が余計にできてしまいます。

 

皮脂と角質が凝縮したものが角栓ですから、鼻パックの使用により皮脂が増え角化が早まることで、さらに角栓ができやすくなるのです。

 

3.鼻の黒ずみを絞り出す行為

つまようじ、針、シャープペンシルの先端、綿棒、あるいは自分の指で鼻の黒ずみを、絞り出す行為をする人がいますが、絶対にやめましょう。

 

雑菌が入ることになり化膿したりすることがあります。

 

また、鼻の毛穴やその周辺にダメージを与えることで黒ずみを取った跡がクレーター状に残り前よりも鼻の黒ずみの毛穴の開きが目立つようになります。

 

間違った角栓ケア

鼻の黒ずみの原因は角栓ですが、その角栓ケアで意外と間違った対策をしている方が多いので正しい鼻の角質を取る方法を説明します。

 

鼻の黒ずみは、鏡を見たときに一番目につきやすい位置にあるので、どうしても気になります。
黒ずみだけでなく、白い角栓もあります。

 

しかし、それらの角栓を無理にとろうとすると逆に肌を傷め、トラブルを引き起こすことになります。

 

角質層がはがされた時のトラブル

角質層が鼻パックによりはがされると前述のように角栓が出来やすくなるばかりでなく、バリア機能が低下しているので紫外線に弱く、シミやシワができやすくなります。

 

また、にきびや吹き出物の原因となるアクネ菌なども増殖します。
鼻パックで、毛穴が開いているところには、汚れがたまりやすく、さらに角栓に悩まされることになります。

 

これは、毛穴パックだけでなく、指や器具などで角栓を押し出しても同じことで肌にはよくありません。

鼻の黒ずみ対策ケア

鼻の黒ずみ対策は、決して毛穴を無理にこじ開けないようにすることです。

 

蒸しタオルを顔にあて自然に毛穴が開くのを待ってから、細かく泡立てた泡で洗顔をすることで角栓がたまりにくくなります。

 

それでも角栓が気になる時には、蒸しタオルで顔を暖めたあとにオイルでマッサージする方法もありますが、この方法も鼻パックと同じで角質層を傷つけてしまいます。

 

鼻の角質を取る方法:3つの勘違い

鼻の黒ずみが気になり何とか鼻の黒ずみを取ろうと悩んでいる人は多いですが、黒ずみが治らないという人の中には勘違いをしたお手入れをしている方も多く見かけます。

勘違い@

鼻の黒ずみの原因と思われる毛穴のつまりを皮脂だと勘違いしている人が多いです。

 

もちろん皮脂がゼロとは言いませんが毛穴の詰まり「角栓」は70%が古い角質(タンパク質)で皮脂は30%しかありません。

 

角質対策ではなく皮脂対策ばかりしていては毛穴の詰まりは解消できません。

勘違いA

洗顔やクレンジングで毛穴の奥まで綺麗にできると勘違いしている人がいます。
通常の洗顔やクレンジングでは毛穴の奥までは綺麗にできません。

 

洗浄力がどんなに強くても、スクラブが入っていても洗浄力は角栓の表面しか届きません。
前述のように角栓は70%がタンパク質なので、クレンジングオイルでも溶けることはありません。

 

通常の洗顔やクレンジングでは逆に水分保持力の80%を保持する角質層の細胞間脂質(セラミドなど)が溶け出して乾燥肌を作り出してしまいます。

 

黒ずみが落ちないからと、こすりすぎると摩擦による刺激で角質層にダメージを与え逆に肌の防御機能が働き、角質層が厚くなってしまいます。

勘違いB

鼻の黒ずみの原因は角栓だけではありません。
鼻の黒ずみの原因には角栓の他に次の原因があります。

  • メラニンが毛穴の入口に溜まり黒く見える
  • 肌が乾燥することで毛穴が開き黒く見える
  • 毛穴のまわりがすり鉢状になっている
  • ニキビ跡がクレーター状になっている

それぞれの原因にあわせてケアをしないと鼻の黒ずみはいつまでたっても改善はしません。

 

毛穴の開きの原因

原因@

一番の原因は、お肌の皮脂腺から出る皮脂やメイクが毛穴につまり角栓となり、それらが毛穴の中で酸化することです。

 

そのために新陳代謝が乱れ、健康な角層が成長しなくなり新しい細胞がうまれてこなくなることから毛穴が開いままになるのです。

 

体全体の老化や抗酸化力が弱っていることも考えられます。

 

原因A

洗顔時のお湯の温度が高いことで、皮脂を取りすぎることで、逆に皮脂の分泌を多くしてしまっている。
お湯の温度を24℃前後にするだけで状態がかわるはずです。

 

原因B

お肌を引き締めようと、洗顔の後に化粧水を冷やしておいて使う人もいますが、引き締まるのは一時的で、むしろ冷やすことがお肌に刺激になるのであまりよくありません。

 

原因C

毛穴の詰まりが気になるからと、ディープクレンジングなどでお肌をゴシゴシと洗浄しすぎお肌を痛めてしまう。

 

原因D

毛穴パックのしすぎで、皮膚が欠損して毛穴が大きくなってしまう。
こうなると、ケアはとても難しくクリニックに通う必要が出てきます。

 

原因E

毛穴の開きを隠すためのファンデーションが逆に毛穴をつまらせ、それが酸化して毛穴を広げてしまっている。

 

原因F

食生活の栄養のバランスが悪く不規則な生活や喫煙、極端なダイエットを続けている。
身体のホルモンのバランスが崩れることで毛穴の開きにつながります。

 

毛穴の開きの改善方法

改善方法@

食生活を改善し規則正しい生活をする。
喫煙、極端なダイエットはやめる。

 

毛穴の開きの改善には、栄養学的にはビタミンAとEがおすすめです。
食物ではアボカド、ナッツ類、カボチャ、米ぬか、大麦油、小麦種子、パーム油などに多く含まれています。

 

改善方法A

POLAのRED B.A スムージーセラムを使う。
化粧品を色々試してみたけれど、どれもあまり効果が無かったという人にお勧めです。

 

30〜40代の女性のためにポーラが徹底研究しました。
30代以降の目立つ毛穴:形状記憶毛穴を引き締める効果があります。

 

朝の乳液代わりに毛穴ケアができます。
重要なのは毛穴の数ではなく閉じているかどうかです。

 

小鼻の黒ずみの取り方

小鼻の黒ずみを取る4つの方法

毛穴パックや蒸しタオルをしても、どうしても小鼻の黒ずみだけが取れないと悩む方は多いです。

 

それぞれの症状に合わせた対策を紹介します。

まずはどうして小鼻だけ黒くなりやすいのか原因を説明しますね。

 

小鼻だけ黒くなリやすい原因

小鼻って指で触ると脂がつきませんか?
例えば腕や足を触っても脂は付きませんよね。

 

そうなんです、小鼻は身体の中でおでこと頭皮のように最も皮脂が多い場所なんです。

 

皮脂は空気に触れると酸化して肌を老化させる働きをするのです。
ですので小鼻は皮脂によるダメージを受けやすいので黒くなりやすいのです。

紫外線による黒ずみ

小鼻の黒ずみが紫外線によるものであれば美白化粧品で取る事ができます。

 

ただし、原因が紫外線でない場合は美白化粧品を使わない方が良いです。

 

なぜかというと美白化粧品は皮膚の保護膜を壊して成分を浸透させようとするので、
無理に浸透させることで肌が過敏になり敏感肌や乾燥肌になりやすいからです。

 

小鼻の黒ずみを取る一番の方法は、ターンオーバーを正常化させることです。

 

鼻の黒ずみをとる方法

ご存じのようにターンオーバーは、新しい皮膚細胞が生まれてから垢となって剥がれ落ちるまでの肌が生まれ変わるサイクルのことを言いますが、

 

小鼻に黒ずみがあるということはターンオーバーのサイクルが狂っていることが考えられます。

 

10代の若い頃はターンオーバーのサイクルは28日前後で整っていますが、

 

年齢を重ねてくると古い皮膚が垢となって剥がれ落ちないし、剥がれ落ちる前にまた皮膚がダメージを受けていることがほとんどです。

 

ですので、小鼻の黒ずみを取るには肌が生まれ変わるターンオーバーの期間を元の状態に戻してやる必要があります。

 

でも、勘違いしないで下さいね。
ターンオーバーのサイクルを無理に早めるということではないです。

 

ピーリングなどで肌表面の角質を無理に剥がすことで肌のサイクルを早める方がいますが、

 

それは一時的には良いかもわかりませんが根本的な解決にならず、水分が十分に肌を蓄えることができない未熟な肌がむき出しになってしまいます。

 

そうなると、肌がアレルギーを起こしやすくなったり赤身や痒み乾燥が現われたりします。

 

おすすめの方法は、セラミド成分配合の化粧品を使い皮膚内の角質細胞間脂質を補ってあげることで、
黒ずみがある層を皮膚の外に押し上げることです。

 

セラミド化粧品はドラッグストアには化粧水とか美容液、保湿クリームなど商品が溢れかえっているので探すのに困る事はありません。

 

ただ、肌の弱い方は余計な添加物(香り、オイルなど)が含まれているとアレルギーを起こす可能性もあるので、肌に合う物を使用するようにして下さい。

毛穴の角栓や影で黒ずんで見える場合

小鼻の黒ずみは角栓や開いた毛穴の影で黒ずんで見える場合があります。

 

鼻の黒ずみをとる方法

そんな場合は、お風呂上りや蒸しタオルで毛穴を開かせた後、少量のオリーブオイルで毛穴に入り込んだ皮脂を指先で円を描くようにクルクル回しながら優しくマッサージします。

 

掻き出すより浮かせる感じです。
根気よくすることで角栓がポロポロ取れてきます。

 

もう一度、蒸しタオルを顔にのせ浮いた油分を取り除きます。
この時にはこすらないようにしてください。

 

油分を拭き取ったら冷水で肌を引き締めます。

 

化粧水はアルコールを含まない収れん効果のないものを使用します。
アルコールが含まれていると、揮発する時に肌の水分を奪うためおすすめはできません。

 

化粧水はコットンを使用し肌表面がヒンヤリするまでパッティングを繰り返します。
その後の乳液は少量ずつ手のひらで馴染ませながらつけていきます。

 

面倒ではありますが角栓の黒ずみが薄くなってきたらオイルケアの頻度を減らしていきます。

 

例えば、週2から週1そして2週間に1回という具合です。
毛穴が引き締まるまでは朝・夜の習慣にして下さい。

 

肌の内部から瑞々しさや弾力がでることで毛穴の開きや毛穴の影は消えていきます。

 

使用する化粧水は水分を保つ成分ヒアルロン酸などが含まれているのが良いでしょう。

 

きちんとケアをするには継続が大事ですので頑張ってください。

色素沈着の場合

リキッド状のメイク落としで念入りにクレンジングをすれば落ちると思います。

 

コットンにメイク落としを馴染ませてそれを黒ずんでいるところにしばらく押し当てます。

 

これを数回繰り返します。
この時に決してゴシゴシと擦らないようにしてください。

 

メイク落としを水で流す時には液が肌に残らないように念入りに洗顔をします。

 

まずは、これで試してみてください。

シミによる黒ずみ

シミによる黒ずみだと黒ずみは取れないことはないですが、かなり期間がかかります。

 

早く黒ずみを何とかしたいならばシミの場合は残念ですが美容皮膚科にかかった方がよいでしょう。

 

自宅でシミによる黒ずみを治す場合はビタミン剤の服用とシミ取りクリームがあります。

 

ビタミン剤を服用してシミが消えることはありませんが、薄くなることがあります。
ですが個人差もありますが、あまり期待しない方が良いでしょう。

 

シミ取りクリームは市販もされているし皮膚科でも処方してもらえます。

 

皮膚科で処方されるクリームは、刺激性が強いクリームなのでピンポイントで塗らないと肌荒れを起こしたり、かぶれる場合があります。

 

 

 

私もそうでしたが、鼻の毛穴の黒ずみに悩む人が共通して陥っている大きな間違いがあります。
それは、汚れを取ればキレイになれる!と思っていることです。
しかし、汚れを取るには私の経験からいっても、パック剤を使っても、何かで強くこすっても決して鼻の黒ずみは取れません。

 

ですが、本当に鼻の黒ずみを解消したいのでしたら、大事なことは、肌の新陳代謝を活性化させて鼻の黒ずみを皮膚の内部から排出する力を付けることなんです。
なぜなら、肌を柔らかくして角質肥厚をなくし排出しやすくすることが鼻の黒ずみを無くすことになるからです。

 

鼻の黒ずみをとる重要なポイント

鼻の黒ずみを取るもっとも重要なポイントは、「洗顔」と「保湿」です。

 

そして、鼻の黒ずみを早く解消しようと無理をしないで、ゆっくり慌てずに改善していくことです。

 

鼻の黒ずみを取るには

これが、とっても大事です。

 

もちろん、今すぐに黒ずみを取りたいという気持ちはよくわかります。

 

以前の私もそうでしたから。

 

しかし、実際には鼻の黒ずみ(角栓)は簡単には取れません。

 

毎日、しっかり洗顔しても毛穴の黒ずみは多少は残ります。

 

それを気にすると、ますます黒ずみが目立って見えてしまい、ついつい即効性の効果がある方法に走ってしまいがちです。

 

しかし、そこはグッとこらえて下さい。

 

無理をしない地道なケアの継続が、結果的には肌を健康に導き鼻の黒ずみを取り除いてくれます。

 

そうすることで、黒ずみがぶり返さない、健康的な毛穴に改善されるのです。

 

1日や2日では、大きな効果は感じませんが続けることで、1週間、2週間と経過すると、

 

「あれ?」という小さなな変化がとても大きな変化に変わっていくのが実感きるはずです。

 

イッキに黒ずみの改善を求めないで根気よく続けることが、結局は「鼻の黒ずみ改善の近道」なんです。

 

「急がば回れ」何ごともゆっくりコツコツです。

 

無駄なことをやり過ぎていませんか?

 

「肌は保湿すればよい」「敏感肌にはオーガニックコスメがよい」など、

 

半ば常識化してしまった美容情報がありますが、実際にはほとんどが科学的根拠のない情報なんです。

 

昨今、「自称敏感肌」という人がものすごく増えています。

 

これは巷にあふれる間違った情報により肌を傷めつけているからなんです。

 

正しい知識を持ってスキンケアをすれば、時間もお金も今までよりもかけずに綺麗になれます。

 

正しい知識を知らないばかりに、ニキビや毛穴の黒ずみ、シミや乾燥などの肌荒れに常に悩み続けなくてはいけないなんて間違っています。

 

あなたを含め、多くの方は「無駄なことをやり過ぎています」

 

このサイトでは、具体的にどうすればいいのかを詳しい方法を書いています。

 

間違った情報に惑わされない、本当に綺麗な肌を取り戻すための正しい方法を学んでいただければと思います。

 

 

鼻の黒ずみをとる方法:TOPページ

鼻の黒ずみをとる方法 クレンジング」画像「マナラホットクレンジングゲル」特徴多くの方が使っている洗浄力が強いクレンジングは、メイクはスッキリ落ちますが石油系の海面活性剤が使用されているので、肌に必要な潤いのある油分まで根こそぎ取り除いてしまいます。「マナラ ホットクレンジングゲル」は石油系界面活性剤は使用されてなく、91.3%を占める美容成分で肌を守りながら優しくクレンジングします。温感クレンジング効果で毛穴の黒ずみもしっかり取り除いてくれるので、今まで肌の乾燥に悩んでいた人や、毛穴に悩んでいた人が多く愛用しています。また、マナラが日本で初めて採用した新成分【ケアナリア】により毛穴悩みの原因になる「悪玉皮脂」を抑え、天然のクリームと呼ばれる「善玉皮脂」を増やすことで、鼻の黒ずみや毛穴の開き、角栓にアプローチします。7つの無添加着色料、合成香料、鉱物油、石油系界面活性剤、エタノール、パラベン、紫外線吸収剤を一切不使用なので敏感肌の方も安心して使うことができます。鼻の毛穴を開かせ汚れを除去カプセル化パパイン酵素が鼻の角質を柔らかくし古い角質を除去します。その後、温感ゲルが毛穴を開かせ、オリーブ油とメドウファーム油によって溶け出した毛穴の汚れをロールアップ効果で根こそぎ絡め取ります。汚れが除去された毛穴が3種類の植物成分によって鼻の黒ずみ毛穴レスのなめらかな肌を実現します。91.4%が美容成分5つの美容成分(ヒアルロン酸、セラミド、スクワラン、ローヤルゼリー、コラーゲン)により、潤いを補給してくれます。ブースター効果クレンジング後もオリーブ油脂肪酸エチルへキシルが肌質を柔らかくし、サボテンエキスが肌の水分バランスを整え、翌朝に使用する「リメリー」の浸透をサポートしてくれます。鼻の黒ずみ美容液クレンジング【マナラホットクレンジングゲル】「マナラ ホットクレンジングゲル」は温感クレンジング市場で5割を超えるトップシェアを5年連続で維持している人気商品です。2018年6月には累計販売数が1,000万本を突破しました。15秒に1本売れている大ヒット商品です。「マナラ ホットクレンジングゲル」はW洗顔不要なのでコスパも良いです。保湿もう一つとても大事なことがあります。クレンジング、洗顔のあとは保湿をしっかりと行ってください。鼻がギトギトで困っているので脂性肌と思われている方が多いのですが、実は乾燥肌の方がほとんどなんです。肌が乾燥するので、これ以上の水分の発散を防ごうとして肌は皮脂を過剰に分泌しているのです。ですので特に乾燥しがちなクレンジングや洗顔の後はスグにしっかりと保湿ケアを行う必要があります。保湿には肌の水分の80%を構成する細胞間脂質の主成分であるセラミドが配合された化粧品がおすすめです。でも、ただ塗るだけの化粧水は潤っていると感じてもそれは表面だけ肌は常に外部からの刺激を防ぐためにバリア機能が働いていて、化粧水や美容液は簡単に肌の深層部までは浸透しないんです。一般的な保湿ケアは肌表面を潤すだけなので、潤っているようで実は肌水分量はほとんど上がっていません。保湿を効果的に高めるには「イオン導入」がおすすめです。ただつけるだけよりも、20倍にも浸透力が高まります。鼻の黒ずみをとる方法毛穴ケアにイオン導入美顔器が大注目!おすすめの保湿美容液は「ソワン」です。「ソワン」特長鼻の黒ずみをとる方法モンドセレクション2017銀賞を受賞しています。世界に確かな品質が認められた「ぱっくり毛穴ケア用美容液」です。今一番注目の毛穴美容液として「BEST BEAUTY AWARD」も受賞しています。その他、美容雑誌・新聞など数多くのメディアにも掲載されています。「ソワン」は、「保湿」と「引き締め成分」に徹底的にこだわった毛穴対策用美容液です。いちご鼻だけに効果があるわけではありません。黒いテンテン毛穴、黒・白の詰まり毛穴、ぱっくり毛穴、涙型たるみ毛穴、テカリ毛穴にも効果が期待できます。「ソワン」の6つのこだわり1.アーティチョーク葉エキス肌機能低下に大きく関係するNF−Kb(NF−カッパB)の遺伝子を「アーティチョーク葉エキス」で活性化させることで毛穴を引き締めます。鼻の黒ずみをとる方法2.ビタミンC誘導体ビタミンC誘導体の凄い浸透力でコラーゲンの生成を促進させます。毛穴の開きや黒ずみを改善しお肌に透明感が生まれます。3.皮脂量を抑制黒ずみや毛穴の開きは過剰な皮脂分泌によるものです。「ソワン」はプラセンタエキスの作用により、お肌を整え皮脂線の分泌も正常化します。4.つるつる肌に希少な「発酵ローズはちみつ」はビタミンC誘導体よりも凄い浸透力でお肌の深層まで入り込み天然マイルドピーリングで、毛穴に詰まった汚れや角栓を分離します5.お肌を収れん天然の5つの収れん成分で、長年あきらめていた毛穴の悩みを解消します。毛穴をギュッと引き締め、スッピンでも自陣がモテるお肌に変身します。6.無添加へのこだわり「ソワン」は合成香料・着色料・鉱物油・石油系界面活性剤・パラペンなどの添加物は全く配合していません。徹底的に無添加にこだわりました。お肌に優しいからずっと使い続けることができます。さらに、10種類の超保湿・超引き締め成分(ハチミツ発酵液・プラセンタエキス・アーチチョーク葉エキス・クレマティス葉エキス・セイヨウナツユキソウ花エキス・エチルヘキサン葉セチル・ヒバマタエキス・スギナエキス・セイヨウキズタ葉・ビタミンCエチル)が高濃度で配合されています。鼻の黒ずみをとる方法【ソワン】三大毛穴トラブル「開き」「黒ずみ」「角栓」専用美容液ソワン鼻の黒ずみをとる方法:体験談鼻の黒ずみに対してこんな事をしていませんか?■鼻の黒ずみの角栓を取っても取っても切りがないから、ついつい「手で直接押し出す」方法をしてしまった。(毛穴や周辺のお肌にダメージを与えるだけでなく毛穴跡がクレーター状に残ってしまい、よけいに鼻の毛穴の開きがめだつようになります。)■鼻パックをするのだけれど、パックをした後は 綺麗になっているが 鼻の毛穴が開いたまま。 キチンと収斂化粧品をつけていたのだけれど3日後にはまた再生。そしてまたパックするの繰り返し。 やりすぎると炎症ができたりして踏んだり蹴ったり。結局、鼻の毛穴対策パックは一時しのぎしかなかった。(鼻パックで無理に角栓をとってしまうと、肌が驚いて肌を丈夫にしようと固くしてしまいます。すると、毛穴は閉じないので、すぐに又、鼻の汚れが詰まるという悪循環になります。)鼻の黒ずみ■オイルクレンジングも、ポロポロとれるのだけれど、表面だけで本当に取りたい鼻の黒ずみの角栓が取れない■蒸しタオルも試してみたけれど鼻の黒ずみに対して効果が感じられなかった。■ピーリングをしたりしたのだけけれど、状況は変わらなかった。結局は指先にティッシュを巻いて、鼻の黒ずみまわりの皮膚を押しだし角栓を取っている私がいました。>私の体験談ですが、あなたも私と同じ悩みですか?鼻の毛穴が黒くポツポツと目立ってしまい、表面もボコボコになってきた。少し前からなんとかしようと毛穴専用化粧品を使っているが、鼻の黒ずみには全く効き目が感じられない。私はこのクレンジング・洗顔料を使用することで鼻の黒ずみを取ることができました。使い始めて2〜3日は少し変わったかな?という感じでしたが1ヶ月も続けているとビックリするほど鼻の黒ずみが治まったのです。そうすると俄然やる気も出てきて2ヶ月3ヶ月と使い続けました。さすがにどれもが鼻の黒ずみ専用化粧品だけあって、鼻の毛穴の開きがキレイになったのです。まるで夢みたいです。今では厚化粧もすることなく、>自信をもって人前に出ることができるになりました。また、至近近距離でも自信をもって自然な笑顔が出るようになりました。私が「朝」「夜」使用しているクレンジング・洗顔料・美容液【朝】どろあわわ洗顔料どろ豆乳石鹸。豆乳発酵液配合鼻の黒ずみをとる方法鼻の黒ずみをとる方法ソワン美容液低刺激ビタミンC誘導体による毛穴、透明肌をケア鼻の黒ずみをとる方法鼻の黒ずみをとる方法夜マナラホットクレンジングゲルクレンジング鼻の毛穴を開かせメイク・汚れを除去鼻の黒ずみをとる方法鼻の黒ずみをとる方法ソワン美容液アーチチョークエキス配合により毛穴引き締め効果鼻の黒ずみをとる方法鼻の黒ずみをとる方法これらの名前はどこかで見かけた記憶はあるのですが、今まで使用したことはありませんでした。「マナラホットクレンジングゲル」は1,000万本以上が販売され、クレンジングの売上シェアが5年連続NO.1で、使用したほとんどの人が「ずっと使い続けたい」と言っているクレンジングです。鼻の黒ずみソワンは、美肌成分の宝石箱のようなビタミンC誘導体が配合されているので、皮脂の分泌を抑え、肌の保湿もバッチリ整えてくれ、メラニンの生成も抑えてくれます。もちろん美白効果もありながら毛穴の黒ずみや角栓対策にも効果が高い美容液です。それぞれ簡単に特徴を説明しますね。鼻の黒ずみ「ソワン特徴」鼻の黒ずみ「マナラホットクレンジングゲル特徴」鼻の黒ずみ「どろあわわ特長」最近、忙しい時にはこんな隠し技(エマルジョンリムーバー)も使っています。スプレーするだけで、界面活性剤に頼ることなく毛穴の皮脂をごっそりと浮かせ、メイク落としでも落ち切れない汚れまで落とすことができます。