ニキビが再発して同じ場所にできる原因、治療方法を教えます。

ニキビが再発して同じ場所にできる原因、治療方法!

ニキビ 再発 同じ 場所

 

ニキビが治ったと思っても、また同じ場所に再発するのは「ニキビ薬」が原因です。

 

ニキビ薬に頼っていると、塗った場所にニキビが再発するんです。

  • あなたは、ニキビができたらすぐにニキビ薬を使っていませんか?
  • カバンの中に常にニキビ薬が入っていませんか?
  • チョコレートが大好きではありませんか?

もし、そうならニキビの無限ループにはまり込んでしまいますよ。

 

なぜ、ニキビは同じ場所に再発するのか?

市販品にしろ、皮膚科の処方薬にしてもニキビ薬は殺菌作用や、角質剥離作用でニキビを改善するものです。

 

ニキビができると、その周辺の角質が厚くなるので角質剥離作用によって厚くなった角質を剥がすことでニキビの排出を促します。

 

しかし、薬品で無理に剥がしていることから、肌に刺激を与えていることになります。

 

ですのでニキビ薬の継続的な使用で肌が逆に硬くなり、肌のバランスも崩れ、
ニキビ薬を塗った部分だけニキビが再発しやすくなるのです。

 

肌荒れなどの肌トラブルも起きたりします。

 

ニキビ薬はニキビ肌を泥沼化させます!

 

ニキビ薬はニキビの原因とされているアクネ菌を退治するのですが、皮肉ですがこれがニキビを悪化させることにもなるのです。

 

どういうことかというと、人間の肌には常に皮膚常在菌が存在していて外部からの雑菌から肌を守ってくれています。

 

アクネ菌はこの皮膚常在菌の一種で元々は良い菌なのです。

 

ニキビ薬を塗ることでアクネ菌だけでなく他の皮膚常在菌も殺菌してしまうので、そのせいで外部の雑菌が繁殖しニキビを増やすことにもなるのです。

 

ニキビ薬を使い続けることで皮膚常在菌がどんどん減り肌のシステムが崩れることで、ちょっとした刺激でも肌トラブルが起きたりします。

 

継続使用することで肌がどんどん弱くなり、雑菌も殺菌剤に慣れてしまいより強力な殺菌剤でないと死ななくなります。

 

そうすると殺菌剤を使用しないと普通の肌が保てなくなり、次第に肌がボロボロになってしまう方もでてきます。

 

ニキビ薬を使用しないと一気に雑菌が繁殖してしまうのです。

 

この状態が続けば、何年も重症ニキビに苦しむことになります。

 

ニキビができるしくみ

ニキビは毛穴に過剰に分泌された「皮脂」がつまり毛穴の中のアクネ菌が閉じこめられ、
皮脂が大好物なアクネ菌が毛穴の中で増殖し炎症を起こすことでできます。

 

つまり、ニキビの原因はアクネ菌ではなく過剰に分泌される「皮脂」なのです。

 

通常のアクネ菌は皮脂を分解し、肌を弱酸性に保つことで雑菌の繁殖を防いでくれているのです。

 

ニキビができるプロセス

正常な皮膚の毛穴は出口が開いています。
   ↓↓↓

 

洗顔のやり過ぎによる刺激や、逆に汚れを放置していたりすると毛穴出口の角質が厚くなって出口をふさいでしまいます。
   ↓↓↓

 

毛穴出口が角質で塞がれることで、皮脂が排出されなくなり溜まることでアクネ菌が増殖します。
詰まった皮脂が酸化すると黒ニキビになります。
   ↓↓↓

 

適正な処置をしないと毛穴内で炎症が起こり毛穴周りが赤く腫れます。
これが赤ニキビです。
   ↓↓↓

 

アクネ菌を攻撃しようと、毛穴の中や周りに白血球が集まります。
赤ニキビが悪化すると膿をもつ黄ニキビ(膿疱)になります。
   ↓↓↓

 

炎症が進むことで毛穴周りの壁が壊され広がります。
炎症が強いと毛穴がクレーター状に凹みます。

 

赤ニキビや黄ニキビのように痛みや化膿を伴う吹き出物はニキビとは呼ばず「面疔(めんちょう)」といいます。

 

この状態まで症状が悪化するケースはアクネ菌が原因ではなくブドウ球菌が原因です。

 

この状態になると、殺菌剤や抗生物質の服用による治療が必要になります。

 

大人ニキビの原因

頬や顎にできる大人ニキビの原因は過剰な皮脂が原因です。

 

ホルモンの影響で皮脂が増える生理前は仕方ありませんが、それ以外では次の3つの原因がほとんどです。

  • 油分の多い食生活
  • 睡眠不足やストレスにより男性ホルモンが増加している
  • 油分が多すぎるスキンケアをしている

ニキビの正しい治し方

前述のように大人ニキビの原因は皮脂ですが、だからといって肌を乾燥させるのはよくありません。

 

肌を乾燥させると、乾燥を補おうと過剰に皮脂が分泌されるからです。

 

ニキビには逆効果なので正しい保湿をすることが大事です。

 

オイルは保湿するのではなく「保護膜」なので保湿には油分ではなく水分が必要です。

 

ニキビは特に油分が原因なので早く治すにはオイルフリーの保湿剤(化粧水、ジェルなど)を使用します。

 

赤ニキビ、黄ニキビは炎症を起こしている状態なので抗炎症剤配合のものがおすすめです。

 

顔中にニキビが広がっている重症ニキビは、誤ったケア方法のリバウンドなので正しいケア方法に変えて長期戦で臨むことになります。

 

ニキビの種類

思春期ニキビ

10代の頃のホルモンバランス変動によって皮脂が増加することで発症します。

 

一時的なものなので放置すれば自然に治ります。

 

病院に行く必要もありません。

 

ただし、前述したように「ニキビ薬」の継続使用や過剰な洗顔を行うと副作用で慢性ニキビ化することが多いです。

 

大人ニキビ

大人ニキビも思春期ニキビと同じで、皮脂の過剰分泌で出来るのですが、原因は日頃の生活環境が大きく関係しています。

 

スナック菓子などの分解しにくい脂など油の多い食品の摂取や、ストレス、睡眠不足による男性ホルモン増加などです。

 

ですので、スキンケアの改善よりも生活を正すことが一番の改善策になります。

 

化膿ニキビ

赤みや膿を伴う吹き出物は「面疔(めんちょう)」と呼びますが、風邪や睡眠不足による体力が低下しているときに発生しやすいです。

 

細菌が毛穴内部に侵入し過剰繁殖することで炎症を起こします。

 

膿が小さいうちに抗生物質や殺菌剤などで治しましょう。

 

慢性ニキビ

「ニキビ薬」の継続使用や、過剰な洗顔により皮膚の常在菌環境や皮膚代謝が異常をきたすことでニキビが慢性化します。

 

殺菌や洗浄の見直しをはかり、根気よく正しいスキンケアを続けることが大事です。

 

改善するまでには時間がかかります。

 

おすすめのニキビケア商品

思春期ニキビはもちろん、大人ニキビにもおすすめ!

 

プロアクティブ+がお買得!
なんと4900円でお試し♪
<30日セット>をチェック

 

プロアクティブ

 

慢性ニキビ跡のシミ、凸凹ケアに

ニキビ跡専用化粧水ベルブランはこちら

 

ベルブラン

 

鼻の黒ずみをとる方法:TOPページ