鼻の黒ずみ(いちご鼻)はファンデーションで隠すと悪化します。

黒ずみ ファンデーション

鼻の黒ずみ、いちご鼻は、自分で鏡を見るだけでも憂鬱になるし、出かける時には絶対に目立たなく隠したいものです。

 

しかし、メイクで隠そうと頑張れば頑張るほど、鼻の黒ずみやいちご鼻を悪化させてしまうこともあるんです。

 

黒ずみをメイクで隠そうとすると思い浮かぶのはファンデーションだと思うのですが、
実はこれが逆に鼻の黒ずみを悪化せる原因になっているのです。

 

鼻の黒ずみをファンデーションで隠す⇒悪化する⇒さらにファンデーションで隠す⇒さらに悪化する

 

こんな悪循環に陥っている人を多く見かけます。

 

ファンデーションを、お肌に直接塗った場合、ファンデーションのナノ化原料が毛穴の奥まで入り込んで洗浄しても残るケースが多くあるからです。

 

鼻の黒ずみ ファンデーション

 

実は、化粧(メイク)下地で毛穴をコントロールすることでファンデーションだけよりも、鼻の黒ずみやいちご鼻をしっかりと隠しさらに美肌にも導いてくれるんです。

 

ここでは、何故ファンデーションが鼻の黒ずみやいちご鼻に良くないのか、何故、メイク下地が大事なのかを説明します。

 

鼻の黒ずみを悪化させる人

黒ずみ ファンデーション

鼻の黒ずみを悪化させる人はこんな人です。

 

鼻の黒ずみが気になるので、ファンデ―ションを大量に塗り、夕方はスキンケアが大事だと洗顔料を使った過剰の洗顔やパックを繰り返す人。

 

これを繰り返すと、やがて脂性肌の人も敏感肌になり、肌全体のツヤやハリも無くなってしまいます。

 

できれば、メイクで隠すことばかりにフォーカスするのではなく、根本から鼻の黒ずみを解決するようにしていきましょう。

 

とはいっても、人前に出る時には毛穴の黒ずみはなんとか隠したいものです。

 

また、今日だけは鼻の黒ずみを隠したいということが誰でもあると思います。

 

大丈夫です。
ここでは化粧で鼻の黒ずみをキレイにカバーする方法や、ファンデ―ションが毛穴落ちしない対策も紹介します。

 

しかし、まずその前に何故、ファンデーションが鼻の黒ずみによくないのかを理解しておきましょう。

ファンデーションは鼻の黒ずみに逆効果

鼻の黒ずみを隠そうと、ファンデーションを何度も重ね塗りや、必要以上に塗ってしまうことがあります。

 

もちろん、こうすることで鼻の黒ずみは隠すことができますが、

 

根本の鼻の黒ずみは治っていないので、日々このメイクの厚塗りを繰り返すことになります。

 

厚く塗ることで、黒ずみの原因である角質と皮脂にファンデ―ションが混じってしまい毛穴の中をとても不潔な状態にしてしまいます。

 

黒ずみ ファンデーション

ファンデ―ションの厚塗りは化粧崩れを起こしやすく、メイクで毛穴を防いでしまうために、皮脂の分泌に蓋をしてしまいます。

 

Tゾーンと呼ばれる鼻の部分は特に顔のテカリが気になる皮脂の分泌がが盛んなところです。

 

毛穴が蓋をされることで、毛穴の内部に皮脂がドンドン溜まり新しい黒ずみを生み出してしまうのです。

 

ファンデ―ションの主な成分は油分でできています。

 

鼻の黒ずみやいちご鼻の主な原因も皮脂(油)なので、ファンデ―ションが毛穴に入り込むことで、より黒ずみの原因を加速させてしまうのです。

 

ファンデ―ションは、肌の凸凹を埋めるために本来作られていません。

 

ですので、厚塗りすればするほど油分が固まり、毛穴に入り込んだ汚れが取りにくくなります。

 

また、粉性のファンデ―ションでは、粉が皮脂を吸着することで乾燥の原因になったりします。

 

黒ずみ ファンデーション

乾燥がおこると、それを補うために皮脂が分泌され、ファンデ―ションが皮脂を吸収できなくなるまで、この循環が繰り返されます。

 

そして、最後には皮脂を吸収できず化粧が崩れるのです。

 

厚く塗られたメイクは落としにくく、1度に2回のクレンジングや、ゴシゴシ洗いのW洗顔をしなくてはいけなくなり、更に肌にダメージを与えてしまいます。

 

そうすることで、さらに肌の乾燥が広がり毛穴は開き、詰まりやすくなります。

 

つまり、肌を美しく見せるファンデ―ションが黒ずみの原因だったのです。

 

メイクをしながら、鼻の黒ずみ、いちご鼻を改善

化粧下地も、毛穴に入り込んでカバーすることになるのですが、ファンデーションの脂分が入り込むのとは違い、入り込むことで毛穴のケアもしてくれる美容効果もあるんです。

 

毛穴の皮脂分泌をコントロールしながら保湿もすることで、黒ずみも改善してくれます。

 

ファンデ―ションを塗る前に、適切な下地を使用することで、オイリー肌も改善でき、テカリや鼻の黒ずみも抑えることができます。

 

化粧下地にきちんとしたものを使うことで、ファンデ―ション選びも楽になります。

 

化粧下地の特長

  • 肌を紫外線から守る
  • 毛穴にファンデーションなどの成分が溜まるのを防ぐ
  • 毛穴から分泌される皮脂を抑え化粧崩れを防ぐ
  • 毛穴に入り込んだ美容成分が黒ずみをケア

化粧下地も色々ありますが、
鼻の黒ずみ、毛穴跡のデコボコ、ニキビ跡のクレーターもこの化粧下地なら綺麗に隠せます。

 

目元の小じわ、顔のテカリ、くすみもこれで解消できます。

 

ファンデーションの前に、うす〜く塗るだけです!

 

一瞬でデコボコ毛穴が、つるん!

 

黒ずみ ファンデーション

 

おすすめは、日本一売れている化粧下地シルキーカバーオイルブロックです。

 

シルキーカバーオイルブロック

 

シルキーカバーオイルブロックを塗ることで毛穴のカバーだけでなく、真夏の汗でも一日中化粧くずれがしません。

 

たったの30秒で毛穴をカバーしてくれます。

 

毛穴をカバーしつつ、鼻の黒ずみ、いちご鼻を美容成分ケアしてくれる優秀な化粧下地『シルキーカバーオイルブロック』

 

通販限定のスキンケアアイテムを多数発売しているブランドAPROS(アプロス)の商品のひとつですが、

 

鼻の黒ずみやいちご鼻のカバーだけでなく、お肌の改善にも役立つと、息の長い人気商品です。

 

モンドセレクション5年連続金賞受賞し、
販売個数260万個突破の実績、信用、信頼の化粧下地
です。

 

プロの女優さんやモデルさんも使っています。

テクスチャー

鼻の黒ずみを隠す化粧下地

クリームやジェルのタイプではなく、ふわふわとした不思議なテクスチャーです。

 

1回の使用量は「お米つぶほど」の量を薄く伸ばすだけです。

 

保湿クリームのような入れ物に入っていて、チューブ状ではないので最後まできっちりと使い切ることができます。

毛穴を隙間なくカバー

毛穴などの肌の隙間に、さまざまな美容成分が配合された微粒子成分が入り込み密着します。

 

角栓が詰まったいちご鼻の毛穴の隙間にも、しっかりと入り込み黒ずみをカバーしてくれます。

 

隙間が埋まることで肌の凸凹が無くなりフラットになることで、ファンデ―ションのノリもよくなります。

 

下地がシワや毛穴に入り込むことで肌への影響が心配になる方もいると思いますが、

 

シルキーカバーオイルブロックは美容成分がたっぷり配合されているので、毛穴を隠すだけでなく美肌効果も期待できるのです。

 

黒ずみ ファンデーション

 

下地で肌が均一に整っているのでファンデーションは薄塗りでOKです。

 

また、洗浄後に毛穴にファンデーションが残ることはありません。

 

黒ずみ ファンデーション

鼻の黒ずみの改善効果

『シルキーカバーオイルブロック』には、肌に潤いやハリを与えるヒアルロン酸Naやプラセンタエキス、ナノ化コラーゲンやキチンキトサンなど多くの美容成分が含まれています。

 

こうした成分が、毛穴の凸凹に隙間なく埋められることで、メイクをしている間もずっと肌に潤いを与えケアをしてくれるのです。

 

また、クレンジン時にも毛穴からツルンと落ちやすい成分になっているので、毛穴に余分な成分を残すこともありません。

 

その後の化粧水や美容液の浸透もとても良いです。

 

ファンデ―ションを化粧下地なく、直接塗ることで毛穴奥に入り込んだファンデ―ションは、なかなか1度のクレンジングでは落とすことができません。

 

ファンデ―ションが毛穴に残った場合は、皮脂や角質と混じり合い角栓となってしまいます。

 

また、そこに細菌が入り込むとニキビに発展する事もあります。

 

『シルキーカバーオイルブロック』は、そうした毛穴トラブルを改善・予防してくれる化粧下地です。

 

プロのメイクアップアーティストも使っています。

最近はテレビが地デジになり、出演者の肌がはっきりとわかるようになりました。

 

これが実は女優さんやモデルさんに今、大きな悩みになっているんですね。
肌の毛穴は化粧を厚塗りすれば隠せるのですが、今度は肌のアラが目立ってしまうのですね。

 

そんな女優さんやモデルさんが使用しているのがシルキーカバーオイルブロックです。
プロも納得が行く仕上がりで女性だけでなく男性の俳優さんも使用しています。

 

テレビCMも流していますのでご覧になった方も多いと思います。

 

キチンキトサンを含んだ下地が肌のデコボコをカバーしファンデーションのノリをよくします。

 

毛穴をケアするアーチチョーク葉エキスやヒアルロン酸などの美容成分もたっぷり配合しています。

 

黒ずみ ファンデーション毛穴カバーがたったの30秒!『シルキーカバーオイルブロック』

 

シルキーカバーオイルブロック

 

鼻の黒ずみを隠すファンデ―ションおすすめ

主なファンデ―ションには、

  • パウダーファンデーション
  • ルースファンデ―ション
  • リキッドファンデーション
  • クリームファンデ―ション

があります。

 

鼻の黒ずみ(いちご鼻)は化粧で隠すと悪化します。

毛穴が開き黒ずんでいる人はリキッドタイプのファンデ―ションを使用してください。

 

液体のリキッドファンデーションは肌の表面の凸凹を滑らかになるように表面をカバーしてくれます。

 

毛穴が開いて影ができている人は、肌の色よりも少し明るめのオークル、ベージュオークルのファンデ―ションを選びます。

 

仕上げにパール入りのパウダーを仕上げに使うことで光が拡散できるので、さらに影が目立たなくなります。

 

黒ずみが目立つ人は、ベージュオークル、ベージュなどの少し暗めのファンデ―ションを選びましょう。

 

光沢が少ないのを選ぶことでさらに黒ずみを抑えられます。

ファンデ―ションを塗る前にすること

洗顔

朝の時間は、どうしてもあわただしいのですが、洗顔はしっかり行ってください。

 

これを手抜きするとメイクののりが悪くなるだけでなく、化粧崩れしやすくなります。

下地

最近は下地を必要としないファンデ―ションもありますが、それでも薄く塗ることをおすすめします。

 

やっぱり下地をつけた方が化粧ののりが違います。

塗り方

リキッドファンデーションは慣れていないと塗りムラができやすいので、スポンジやブラシなどで直接ファンデ―ションを塗らない方がいいです。

 

リキッドファンデーションを、まず手の甲にのせ、少しづつスポンジよりもブラシを使い少量づつつけていきます。

 

ファンデ―ションが毛穴落ちする原因と対策

原因

毛穴落ちがひどい人は朝メイクしてすぐに毛穴落ちする人がいます。

 

開いた毛穴にファンデ―ションが沈んでしまうのが原因だったり、、黒ずんだところだけファンデ―ションがうまくのらずに毛穴を逆に強調するケースがあります。

対策

肌に直接ファンデ―ションを塗ることで毛穴の凸凹が目立ってしまいます。

 

ファンデ―ションを直接塗るのではなく、化粧下地を使うことで解決できます。

 

また、鼻の黒ずみを隠そうとするあまり、ファンデ―ションを厚塗りしてしまうと、毛穴に落ちた部分との境目が目立ってしまいます。

直し方

化粧崩れした部分と皮脂テカリの部分をティッシュで拭い取ります。

 

そのあと、美容液をパッティングします。
メイクがヨレヨレにならないように必ずパッティングするようにしてください。

 

もしヨレた部分があれば、キレイなスポンジでなでて落とします。

 

それから塗り直すことできれいになります。

 

メイクを1日持たせることは誰でも難しいので、昼と夕方には化粧直しをするようにしてください。

 

鼻の黒ずみを解消するのに一番大切なこと

メイク落とし

鼻の黒ずみを解消するのに一番大切なことは、帰宅をしたら、しっかりメイクを落とすことです。

 

夜、寝る前にメイクが完全に落ちていなかったり、忙しいから洗顔をしないで寝てしまう。

 

これは完全にNGです。

 

きれいにクレンジングしたつもりでも、化粧品の一部が肌に残っていることがあります。

 

化粧品が肌に残っていると、ホコリや古い角質、皮脂と混じり合い、どんどん毛穴に詰まって行きます。

 

鼻の黒ずみ(いちご鼻)は化粧で隠すと悪化します。

そして酸化していくことで黒ずみがまた出来てしまうのです。

 

メイクを落とさないで寝るのは、「汚い雑巾を顔にのせているようなもの」という美容家もいるほどです。

 

どんなにあなたが疲れていても化粧が面倒でも必ずしっかり落としてから寝るようにしてください。

 

忙しい時などは、メイク落としが面倒なので拭き取りタイプのメイク落としを利用する人がいますが、お手軽ではありますが、毛穴の中の汚れまでは落とすことができないので鼻の黒ずみの原因になります。

 

クレンジングは肌に優しいことが大事ですが、メイクが落ちにくかったり、力が入ったり時間がかかるようでは肌に負担がかかるのでよくありません。

 

かといって洗浄力が強いクレンジングや洗顔料で洗うと、肌に必要な皮脂まで取り除いてしまい乾燥を引きおこしてしまいます。

 

肌は自然な防衛本能があり乾燥を感知すると肌を守ろうと皮脂を過剰に分泌します。

 

過剰に分泌された皮脂は毛穴に詰まると黒ずみやニキビを引きおこします。

 

クレンジングはメイクがしっかり落とせて、肌に優しいものを選ぶことが大切です。

 

おすすめなクレンジングは、「マナラ・ホットクレンジング」です。
W洗顔も不要で、肌に負担をかけることがありません。
そして保湿効果もバッチリで90%以上が美容成分でできています。

 

黒ずみ ファンデーションマナラホットクレンジングゲル公式サイト

 

 

メイク落としの後はしっかり保湿

クレンジング、洗顔ともに肌に負担をかけることは間違いがないのですが、その肌の負担を軽減してくれるのが美容液です。

 

洗顔によって失われた必要成分を補ってくれます。

 

美容液には数多くの種類がありますが、どれでもいいというわけではありません。

 

黒ずみ ファンデーション

選ぶのは鼻の黒ずみ専用美容液です。

 

美容液にはアルコールなどがよく使用されていますが、アルコールは肌を乾燥させるだけでなく、肌への刺激にもなります。

 

また、多くの成分が含まれている方が効果があると思いがちですが、逆にその成分が肌への大きな刺激になることもあります。

 

まず、ノンアルコール、ノンパラベン、弱酸性、界面改正剤不使用などが表記された美容液を選ぶようにしてください。

 

保湿のための美容液というと乳液タイプの方が良さそうにみえますが、通常のスキンケアなら問題はありませんが、

 

肌が荒れて鼻の黒ずみが気になる人は、乳液タイプは毛穴を塞いでしまうのでおすすめできません。

 

人気がある鼻の黒ずみ専用美容液としては「リメリ」があります。

 

保湿効果もく、皮脂の分泌量を抑える成分や鼻の黒ずみに働きかける成分も含まれています。

 

無添加で低刺激なので乾燥肌や敏感肌の方でも使う事ができます。

 

朝にケアするだけで1日化粧崩れもなく過ごせます。

 

鼻の黒ずみ(いちご鼻)が悪化して鼻ニキビができてしまってもケアしてくれます。

 

黒ずみ ファンデーション鼻の黒ずみ専用美容液「リメリ」

 

黒ずみを隠す化粧下地

鼻の黒ずみを隠す化粧下地

 

鼻の黒ずみを隠す化粧下地で、3年連続 日本一売れている化粧下地を紹介します。

 

販売実績260万個突破し、モンドセレクションも5年連続で金賞を受賞しています。

 

リピート率95%で、30日間全額返金保証も付いています。

 

化粧下地の種類はたくさんありすぎて、選ぶのに迷ってしまうという方はまず、ここで紹介する「シルキーカバーオイルブロック」を試して見ませんか?

 

美容成分がたっぷり配合されているので、メイクをしながらスキンケアもすることができます。

芸能人のメイクを担当するプロのメイクアップアーティストも現場で使っています。

ひと塗りでここまで隠せます!

鼻の黒ずみを隠す化粧下地

 

鼻の黒ずみや毛穴の黒ずみ、鼻のデコボコに悩んでいる人は、洗顔やクレンジングに力を入れていると思いますが、

 

中々効果がでなく悩んでいる人が多いのが実情です。

 

まずは、今すぐに「鼻の黒ずみや毛穴の黒ずみを目立たないようにしたい」という方には、化粧下地を使ったメイクでとりあえずは、鼻の黒ずみや毛穴の黒ずみを隠してしまいましょう。

 

鼻の黒ずみや毛穴の黒ずみ、鼻のデコボコをカバーするにはファンデーションやコンシーラーが一般的ですが、

 

成分が油分と顔料なので化粧下地をしないまま使用して毛穴の奥に残ってしまうと、ファンデーションの油分が酸化してさらに毛穴を悪化させてしまいます。

鼻の黒ずみを隠す化粧下地

ですので必ず化粧下地を塗ってからファンデーションやコンシーラーを使うようにしましょう。

 

鼻の黒ずみを隠す化粧下地の使い方ですが、毛穴の種類によって使い方が違ってきます。

 

毛穴には大きく分けると2つのタイプに分けられます。

  • 黒ずみ毛穴
  • 開き毛穴、たるみ毛穴  です。

それぞれの毛穴を隠すのに最適な化粧下地の使い方を説明します。

黒ずみ毛穴を隠す化粧下地

化粧下地の色味、テクスチャー

重要なのは自分自身の肌に合っているかどうかですが、黒ずみ毛穴のカバーにはイエロー系かベージュ系がおすすめです。

 

ピンク系のオークルは黒ずみ毛穴のカバーには明るすぎるかもしれません。

 

ただし、ピンクがかった色白の肌の方にはピンク系のオークルの方が自然に見えます。

 

黒ずみ毛穴をカバーするには、水のようにゆるいテクスチャーの化粧下地よりは、

 

より肌に吸着するクリーム状の化粧下地の方がカバーすることができます。

 

化粧下地はファンデーションの粉浮きを防ぐためにヒアルロン酸、セラミド、グリセリン、レシチンなど保湿成分が配合されたものを選びます。

 

肌が乾燥するとファンデーションが肌に馴染まないので、余計に毛穴を目立たせてしまうことになるからです。

 

特におすすめはセラミド成分配合の化粧下地です。

 

化粧下地の塗り方

  1. 洗顔をした後、化粧を始めるまえに化粧水や乳液で肌を保湿します。
  2.  

  3. 化粧下地を手の甲で馴染ませたあと、額、鼻、両頬、あごにのせていきます。
  4.  

  5. ムラにならないように薄く均等に、指の腹を使って内側から外側に伸ばしていきます。
  6.  

  7. 目元はヨレるのをふせぐために軽くポンポンと軽く叩くようにしてなじませます。
  8.  

  9. 肌についた余分な油分をスポンジを使って軽く押さえながら顔全体の肌に化粧下地が密着しやすくします。

このときに、化粧下地の厚塗りは絶対にしないでください。

 

厚く塗りこむことで毛穴の黒ずみを上手く隠せると思いがちですが、

 

直後は問題はないのですが、時間の経過とともに肌への密着度が厚塗りで低下していることから化粧が浮いて崩れてきます。

 

開き毛穴、たるみ毛穴を隠す化粧下地

シリコン成分が多く配合された化粧下地を使う

開き毛穴、たるみ毛穴には、吸着性が高く肌にピッタリと密着するシリコン系の成分が配合された化粧下地がおすすめです。

 

毛穴のデコボコを滑らかに整えてくれます。

 

また、シリコン成分は皮脂を抑える効果もあるので、皮脂の過剰分泌によるファンデーションの「毛穴落ち」や「毛穴浮き」を防いでくれます。

シリコン系成分
  • ジメチコン
  • トリメチコン
  • シクロペンタシロキサン
  • シクロメチコン
  • ポリマー

シリコンは肌に悪いという噂が流れていたりしますが、シリコンはきちんとした研究結果で安全性は保証されていて、美容整形では体内に使われるほど無害な物質です。

 

乾燥によるメイク崩れが起きないように、保湿成分が配合された化粧下地を使うことは毛穴黒ずみケアの化粧下地を選ぶときと同じです。

 

共通する化粧方法

毛穴カバーメイクの順番

  1. 化粧水や乳液
  2. 化粧下地
  3. リキッドファンデーション
  4. コンシーラー
  5. フェイスパウダー

化粧下地で毛穴の黒ずみ、デコボコを目立たなくした後、リキッドファンデーションを薄く塗ります。

 

それでも毛穴が気になるところにはコンシーラーを重ねて毛穴をぼかします。

 

最後はメイクを長持ちさせるためにフェイスパイダーを使います。

 

鼻の黒ずみを隠す化粧下地 化粧水や乳液

洗顔後、化粧水や乳液を使い肌を保湿します。

 

鼻の黒ずみを隠す化粧下地 化粧下地

化粧水や乳液などの保湿化粧品が肌に馴染むのに5分ほど待ちます。

 

すぐに化粧下地を塗ってしまうと保湿化粧品に含まれた水分や油分がまだ肌の表面に残っているので、

 

化粧下地と肌とのなじみが悪くなってしまうからです。

 

化粧下地をきちんと塗ることでファンデーションが毛穴に入り込むことを防ぐことができます。

 

毛穴は下に向かって開いているので、下から上に向かってクルクルと円を描きながら馴染ませていきます。

 

開き毛穴、たるみ毛穴には化粧下地をしっかりと塗り込むことで毛穴のカバー力が強くなります。

 

鼻の黒ずみを隠す化粧下地 リキッドファンデーション

リキッドファンデーションはパウダーファンデーションより粒子が細かいので肌への密着が良く、

 

黒ずみ毛穴、開き毛穴、たるみ毛穴のどのタイプの毛穴ケアにも向いています。

 

肌を手で触って化粧下地がベタつかなくなってからリキッドファンデーションを塗ります。

 

化粧下地が肌になじんでいないときに、リキッドファンデーションを塗ってしまうと、化粧下地とリキッドファンデーションが混じりあってしまい、

 

肌への密着が弱まりメイクが崩れやすくなるからです。

 

リキッドファンデーションは力を入れないで薄く均一に2度塗りするのがおすすめです。

 

つけ終わったら、清潔なスポンジでファンデーションのムラを吸い取り、肌にしっかりなじませてください。

 

鼻の黒ずみを隠す化粧下地 コンシーラー

リキッドファンデーションでも上手く隠すことができない毛穴はコンシーラーを重ねることでカバーします。

 

コンシーラーはピンポイントでカバーできることと、自然な肌の色に整えることができるのでおすすめです。

 

コンシーラーはパウダーファンデーションの上からつけても肌に密着しないので、
パウダーファンデーションを使うときには、コンシーラーでカバーした後に、パウダーファンデーションを塗ります。

鼻の黒ずみを隠す化粧下地 フェイスパウダー

フェイスパウダーは粉状、固形など種類が色々ありますが、好みに合わせて使えばOKです。

 

フェイスパウダーで余分な皮脂や汗を吸収することで化粧崩れを防ぎ、毛穴カバーメイクを長持ちさせることができます。

 

鼻筋にシルバーやパールが配合されたハイライトを塗ると光の拡散効果でいちご鼻が目立たなくなりますよ。

 

黒ずみを隠すおすすめ化粧下地

BBクリームやCCクリームのように毛穴をカバーし、鼻の黒ずみのケアもしてくれる優れものの化粧下地を紹介します。

 

それは、日本一売れている化粧下地シルキーカバーオイルブロックです。

 

たったの30秒で毛穴をカバーしてくれます。

 

美容成分が配合された微粒子が、角栓が詰まった毛穴の黒ずみの隙間にもしっかり入り込み、黒ずみをカバーしてくれます。

 

毛穴のデコボコが無くなり肌全体がフラットになることでファンデーションのノリもよくなり、さらに発色もよくなることで肌がワントーン明るく見える効果もあります。

 

でも、毛穴に入り込んだ微粒子が毛穴に良くない影響を与えないか心配ですよね?

 

大丈夫です。

 

『シルキーカバーオイルブロック』の微粒子成分は無香料・無着色で肌に優しく、

 

ヒアルロン酸Naやプラセンタエキス、ナノ化コラーゲンやキチンキトサンなど沢山の美容成分が配合されているので、

 

毛穴に入り込んだ美容成分が、メイクをしている間もずっと肌に潤いを与え美肌ケアをしてくれるのです。

鼻の黒ずみを隠す化粧下地

しかも、クレンジングでスルッと落ちやすい成分になっているので肌に余分な物を残すことはありません。

 

クレンジング後は毛穴がキレイさっぱりすることで、化粧水や美容液の浸透もとてもよくなります。

鼻の黒ずみを隠す化粧下地

『シルキーカバーオイルブロック』は角栓の原因となる毛穴詰まりを招くこともなく、皮脂が溜まってニキビに発展することもありません。

 

『シルキーカバーオイルブロック』はクリームやジェルでもなく白くふわふわとしたとても不思議なテクスチャー。

 

保湿クリームのような入れ物に入っているので、チューブなどと違って残量が目に見えてわかり最後の最後まで使いきることができます。

 

鼻の黒ずみを隠す化粧下地

 

シルキーカバーオイルブロック

 

毛穴の黒ずみを隠すメイク方法

鏡をのぞくと、ついつい気になる鼻の黒ずみ。

 

いろいろ黒ずみ解消ケアを試しているけれど、どうしてもスキンケアでキレイにできない場合は、メイクで隠すことができます。

 

しかし、毛穴の黒ずみを隠したいからと、ファンデ―ションを厚塗りすることは本末転倒です。

 

毛穴の黒ずみを隠すメイク方法

黒ずみを隠して、きれいなマット肌にするにはコツがあるんです。

 

まず、洗顔後には美容液や乳液で、しっかりと保湿をしてください。

 

保湿をしっかりすることで、肌がふっくらし毛穴が目立たちにくくなります。

 

肌が乾燥することで皮脂量が増え化粧崩れの原因になるので保湿はとても大事です。

 

次にメイクの順番ですが、化粧下地⇒リキッドファンデーション⇒フェイスパウダーの順でメイクをします。

 

光を分散させてくれる化粧下地は、鼻の黒ずみや毛穴の開きを目立ちにくくしてくれます。

 

鼻は皮脂がでやすいところなのでメイク崩れを防ぐためにも化粧下地はオイルコントロールできるものがおすすめです。

 

オイルコントロールできる化粧下地を使うことで毛穴の開きも抑えやすくなり、テカりによる化粧崩れも防ぐことができます。

 

リキッドファンデーションは、肌にピタッと密着するので肌をマット肌に近づけてくれます。

 

しかし、リキッドファンデーションだけだと、空気中のホコリなどを肌に吸いつけてしまうので、化粧崩れが起きやすくなります。

 

毛穴の黒ずみを隠すメイク方法

ですので、リキッドファンデーションの次にはフェイスパウダーを使用します。

 

多くのフェイスパウダーは、通常パフが内臓されていますが、黒ずみを隠すにはパフで黒ずみの上をなぜるだけでなく、
気になる黒ずみ部分に少し多めにパウダーを乗せ、大きめのフェイスブラシを使って毛穴の中まで馴染ませるようにします。

 

その時に余分な粉もフェイスブラシで丁寧に落としていきます。

 

さらに自然に仕上げるには、顔の中心よりも一段濃いパウダーで顔に陰影をつけることでより自然にみえます。

ファンデ―ションだけでは隠せない場合

鼻の黒ずみが濃い場合は、ファンデ―ションだけでは、きれいに隠せない場合があります。

 

そんな時の毛穴の黒ずみを隠す裏技がコンシーラーです。

 

コンシーラーにはスティックタイプや練りタイプ、リキッドタイプなどがありますが、これらを部分に合わせて使い分けます。

 

よく動く小鼻は薄づきで柔らかい塗り心地のリキッドコンシーラ。

 

鼻の頭のような動きが少ない部分や、しっかり隠したい部分にはスティックコンシーラーが、
毛穴がしっかり開いていてもしっかり隠すことができます。

スキンケアの手順

  1. 化粧水を手に取り、肌に押し当てるように手のひら全体でゆっくりと馴染ませます。
  2. 美容液を適量、指に乗せ化粧水と同じように肌に押し当てるようにゆっくりと馴染ませます。

    乾燥が気になるところには、重ねづけをします。

  3. 適量のクリームまたは乳液を、乾燥しやすい部分を中心に、ゆっくり手のひら全体で馴染ませます。

つけすぎは油分が多くなりすぎてしまうので、適量を薄く延ばすようにしてください。

メイク手順

化粧下地

パール大ほどの量を手の甲にだし、額・両目の下・鼻・アゴの5か所に乗せます。

  1. 広い部分の頬やおでこなどを、指の腹を使って内側から外側に向かって塗っていきます。
  2. 次に目の周りや口周りを塗っていきます。
  3. 気になる鼻の黒ずみ部分は毛穴を埋める感じで指をクルクル回しながら塗っていきましょう。
  4. 手のひらを使い下地を均一に馴染ませ、余分は下地はティッシュオフします。

化粧下地は毛穴を全部埋めようと厚塗りしがちですが、これは毛穴を消すどころか化粧崩れが起こりやすくなるので逆に毛穴が目立ってしまいます。

ファンデ―ション

  1. ファンデ―ションを手の甲に取り、片頬ずつ中指を使って、顔の中心から外側に向かって広げていきます。
  2. 額は皮脂が多くメイクが崩れやすいので、ファンデ―ションの量は頬よりも少なくします。
  3. 気になる鼻の部分も皮脂量が多く分泌される部分なので、量は少なめで薄く塗るようにします。

    小鼻はくるくる円を描くように指先で馴染ませて下さい。

  4. よく動く口元や目の周りも化粧が崩れやすいので、厚く塗らず軽く押さえるようにして馴染ませます。
  5. フェイスラインから首筋をスポンジを使って顔だけが浮いてしまわないように軽くぼかします。

フェイスパウダー

  1. パウダーがパフ全体に馴染むように手の甲で調整します。
  2. 頬・額・鼻・目の周りと口元・フェイスラインの順で乗せていきます。

まとめ

毛穴の黒ずみを隠すメイクは、とにかく「薄く」「ムラなく」が基本です。
「たっぷりと厚塗り」は逆に肌のアラをだしてしまいます。

 

特に鼻などは厚塗りをすることで、そこだけが色が違ったり周りの肌との化粧ヨレに原因にもなったりします。

 

鼻の黒ずみをとる簡単な方法:TOPページ