毛穴の黒ずみが取れない原因は産毛!角栓じゃない!

女性のヒゲ(産毛)対策のNOISU

産毛は、生まればかりの赤ちゃんに生えている体毛や、成長してからの人の顔や首筋などに生えているごく柔らかい薄毛のことをいいます。

 

産毛はメラニン色素を含んでいるので、産毛が生えているところは黒ずんで見えます。

黒ずみの原因は汚れじゃない!
最大の敵は角栓に潜む”産毛”!!

毛穴の黒ずみの原因は汚れだと勘違いしていませんか?

毛穴の黒ずみを取ろうとして色んなケア方法を試しても改善できなかった人は「産毛」が原因の可能性が高いです。

 

もともと、毛穴の黒ずみの原因は汚れだと勘違いしていませんか?

 

多くの美容研究によると、毎日普通に洗顔している人は毛穴の黒ずみの原因といわれている角質、皮脂による汚れはあまり見られないそうです。

 

もし、皮脂と角質が混じりあい角栓ができ毛穴に詰まったとしても、角栓そのものは白色に近い色なので黒ずみの原因にはならないのです。

 

よく皮脂が酸化して黒ずむともいいますが、それは完全な誤解といわれています。

 

毛穴に軽い炎症を起こすメラニン毛穴も、それが黒ずみの原因になるということも実証されていません。

 

いままで、当然のように言われてきた毛穴の黒ずみの3大原因

毛穴の産毛対策

  • 角栓のつまり
  • 皮脂の酸化
  • メラニン

は、どれも毛穴の黒ずみの原因だと断定はされていないのです。

 

では、なぜ毛穴が黒ずんで見えるのか?

 

唯一、毛穴の黒ずみの原因と実証されているのは「産毛」です。

 

黄色人種の日本人は白っぽい肌に黒い毛が生えているので、もともと毛穴は黒く見えがちです。

 

毛穴の産毛対策

 

産毛自体は細く短いので、あまり気にする人はいないのですが、角栓の中に産毛が詰まると黒く見えるのです。

 

角栓は毛穴の奥から詰まってきます。

 

毛穴に皮脂と角質が混じりあい角栓ができると、産毛は外に抜け出ることができなかったり、新たに生えてきた産毛が詰まったりします。

 

産毛によって角栓が成長すると毛穴が広がり、さらに黒ずみが目立ってきます。

 

つまり、本来白いはずの角栓が産毛が混じることで黒ずんで見えてしまうのです。

 

一つの毛穴から複数の産毛が生えてくることもあると、さらに黒ずみが目立つことになってしまいます。

自分で鼻の産毛の処理をする

毛穴の産毛対策

 

間違ったむだ毛処理をすると毛穴は開きます!

 

鼻や小鼻の産毛の処理を自分で行う方もいます。
多くの方がカミソリを使って処理をしているようです。

 

ただ、頬やおでこのように、なだらかではなく形状が複雑なのでなかなか難しいし危険です。
カミソリで剃ることで、後に毛が太くなる心配もあります。

 

毛穴パックをする人もいますが、その時はいいですが逆に毛穴が開いてしまうという意見もあります。
毛抜きで抜く人もいますが抜いた後が赤くなったり肌を傷めてしまい余計にひどくしてしまうこともあります。

 

中には、産毛をピンセットで抜く方もいます。

 

生えている産毛を無理やり引き抜くということは、肌に強い刺激を与えメラニン色素の生成を促進させることにもなります。

 

産毛が気になっても、無理やりピンセットで抜くことはやめましょう。

産毛を剃るデメリット

毛穴の産毛対策

産毛は先端が一番細く、根元が一番太くなっています。

 

ですので、カミソリや電気シェーバーを使って産毛を剃ることで、根元の一番太い部分が見えることで黒ずんで見えてしまうのです。

 

また、顔の産毛を定期的に剃ることを繰り返すことで、肌に負担がかかり肌が硬くなり、たるみやクスミの原因になったりします。

 

剃るという行為を定期的に繰り返すことで、肌に必要な角質も産毛と一緒に削ってしまい肌トラブルを起こすこともあります。

除毛にダメージはつきもの細心の注意を払って行うべき

毛穴の黒ずみが取れない

除毛すなわちムダ毛処理には、大きく分けて剃ると抜くの2種類があります。

 

剃る場合は表面で毛をカットすることになりますが、皮膚にも刃物が当たるのでどうしても目に見えない小さな傷がつき、そこからカミソリ負けを起こすことがあります。

 

抜く場合は毛根部分で毛をちぎることになります。

 

毛抜き、ワックス脱毛など手法はさまざまですが、抜くやり方はみな、毛根部分をひきちぎることだと思ってください。

 

毛は生きた組織ではないですが、毛根は生きていけ血管も通っています。

 

そこをちぎると毛根部分が傷つき、炎症を起こしたり化膿することもあります。

 

剃ること抜くことそれぞれ一長一短あるのですが、剃る方がまだ肌には穏やかといえます。

 

また道具の選び方や処理方法の工夫で肌へのダメージも違ってくるので除毛で肌を傷つけないようにしましょう。

除毛方法の種類と注意点

カミソリ

毛穴の黒ずみが取れない

【メリット】
手で剃るので、剃り方を調整しやすい。
肌への負担を小さくてすむ。
【デメリット】
効果が長持ちしない。
乾燥肌の人はかゆみが出る場合もあります。

シェーバー

【メリット】
深剃りでき、肌を滑らせるだけなので楽ちん。
【デメリット】
しっかり深く剃れる分、肌を傷つけやすい。

毛抜き

毛穴の黒ずみが取れない

【メリット】
剃った場合よりも毛の断面が目立たない。
【デメリット】
広範囲を処理するのには向かない。
毛穴の中が傷つき、化膿したり、色素沈着になることもあります。

ワックス・テープ

【メリット】
広範囲を一度に処理できる。
【デメリット】
広範囲を一度に処理するため、トラブルになった際のダメージも大きい。
テープは角質もはがしてしまうため、後で肌荒れを起こすこともあります。

家庭用脱毛器

【メリット】
皮膚を温めながら抜くなどの工夫がされており、毛抜きよりは肌への負担が少ない。
【デメリット】
人によっては毛穴の中が傷つき、膿んでしまうこともあります。

脱色剤・除毛剤

【メリット】
脱色はムダ毛の色を薄くして目立たなくする方法。
除毛剤は溶かす方法。毛根が傷つかない。
【デメリット】
肌に合わず、かぶれることがある。
まずは狭い範囲で試してから使うのが鉄則。

除毛後に気をつけたい肌トラブル

毛穴の黒ずみが取れない

以下のようなものに注意しましょう。

 

いずれも除毛した直後でなく、数日から数週間たって現れることもあるので、案外気づきにくいものです。

 

除毛した後の肌をよく観察し、トラブルに気づいたらすぐに対処しましょう。

毛嚢炎(もうのうえん)

ニキビのような膿んだ状態
毛穴が炎症を起こしてニキビのように腫れたもの。
抜いた場合に起こりやすいトラブルです。
そこから色素沈着(シミ)になることもあります。

カミソリ負け

肌の表面がチクチクする
表面に小さな傷がついて、かゆみが出たりかさぶたができたりします。
剃って数日してから、毛が再び生えるときのチクチク感でかゆみが出るケースもあります。
乾燥している時に剃るとよりカミソリ負けをおこしやすいので、入浴後などは常に保湿を心がけて下さい。

でこぼこ

鳥肌のように肌がボコボコする。

 

長年毛を抜き続けると、毛根が繰り返し傷ついて硬くなり、鳥肌のようにボコボコしてくることがあります。
すぐに気づいて抜くことをやめればある程度自然に治りますが、無理に抜き続けると治らなくなります。

埋没毛

産毛が毛穴に埋没してしまって、毛の色素によりその部分が黒く見えることがあります。

 

皮膚の下に毛が埋もれた状態で、皮膚の出口が傷ついてふさがり、毛が表面まで生えてこられなくなったものです。
中で毛がとぐろを巻いて腫れてしまうこともあります。
つついて毛を出しても、また埋没することもあります。

 

埋没毛ができる原因としては、皮膚の乾燥により肌の表面の角質が厚くなり毛穴を防いだり、

 

産毛処理でカミソリなどの自己処理で肌の角質までも削り落としてしまったことで、逆に皮膚の治癒能力により角質が厚くなったりすることが原因として考えられます。

 

誤って肌を傷つけたときもキズが修復するときに毛穴をふさいでしまうこともあります。

 

埋没毛があると、とても気になるものですが自分で埋没毛を掘り起こそうとしないでください。

 

皮膚にダメージを与え、場合によっては傷跡が残る場合もあります。

 

ではどうすればいいかというと、放置です。

 

埋没毛は肌のターンオーバーとともに外に押し出され再び元のようになります。

 

体内に残った埋没毛も放置しておけば自然に分解されて黒く残ることはありません。

 

ただし。埋没毛が原因で毛穴の周りに炎症が起こった場合は医療機関の治療が必要になります。

あなたの産毛処理は間違っていませんか?

毛抜きなどで毛を無理やり抜いてしまうと、その反動で肌がたるんでしまうんです。

 

知ってました?

 

また、カミソリでヒゲや産毛を剃ったりすると、肌の表面がカミソリで削られ、
そこから水分が蒸発することで乾燥肌の原因をつくってしまいます。

 

その乾燥により毛穴が大きく開いてしまうこともあります。

鼻脱毛で毛穴の黒ずみを解消!

産毛による毛穴の黒ずみがひどい「イチゴ鼻」は放置しておくと、年齢とともに、さらに毛穴が広がり酷くなっていきます。

 

鼻脱毛

遠くからでも目立ってしまうようになったら最悪です。

 

そんな自分を想像するのは恐怖しかありませんよね。
気がついた今のうちに処理をすることで将来の恐怖も避けることができます。

 

ファンデ―ションで毛穴の汚れも隠す事はできますが、厚化粧をすることでメイクが落ちにくくなり、鼻の毛穴に汚れを貯めてしまいがちになります。

 

また、産毛が濃い場合は、いくら厚化粧をしても、もう隠すことは難しくなります。

 

毛穴の黒ずみやいちご鼻が毛穴や産毛が要因になっているのなら鼻脱毛をすることで悩みを解消することができます。

鼻のブツブツが気になる人にこそ鼻脱毛は、お薦めのケア方法

色々な情報に惑わされないで、思いっきって脱毛することで、もう産毛に悩む必要はなくなります。

 

これから紹介する女性用産毛スキンケアクリーム「ノイス」以外では、少し費用はかかりますがエステでの脱毛がおすすめです。

 

いろいろ迷いながら試すことで無駄な出費がかさむことを思えば今決断する時かもしれません。

 

早く処理することで、毛穴も開きにくくなり、顔の印象も全然変わってきます。

顔の産毛対策クリーム


 

除毛クリームはたくさんありますが、女性用産毛(ひげ)スキンケアクリームは、あまり見かけません。

 

ここで紹介する「ノイス」は女性の顔専用クリームで、敏感肌の人にもおすすめです。

 

女性のひげ抑毛やスキンケアにこだわり、美意識の高いモデルや芸能人の多くの方に愛用されています。

 

満足度は98.5%で、リピート率は90%を超える実力派商品。

 

2019年モンドセレクション金賞も受賞し、販売数も500,000個を突破しました。

 

美容のプロ達の約90%が称賛の声を上げ推奨しています。

 

「ノイス」は、一度は是非使って欲しい、後悔してほしくない想いから、
無期限の全額永久返金保証も実施しています。

 

雑誌やニュースで紹介されたことで、注文が殺到し一時期販売を中止していましたが、
今は在庫も確保でき販売が再開されています。

 

女性のヒゲ(産毛)対策のNOISU

 

産毛のこんな悩みの人はノイスがおすすめ!

女性のヒゲ(産毛)対策のNOISU

  • 鼻の下のひげ、顎や口周りの産毛が気になる方
  • 頻繁に使用するカミソリや毛抜きから解放されたい方
  • 顔の産毛が気になる方
  • 顔の黒ずみやくすみが気になる方
  • メイクのノリが悪く白浮きしてしまう方
  • 毛穴の開きが気になる方
  • 青ひげが気になる方
  • 剃っても毛穴に見える黒いひげに悩んでいる方
  • パートナーからひげの濃さを指摘された方
  • ひげをシェーバーで剃ったら濃くなってしまった方
  • 産毛を毛抜きで抜いていたら肌が荒れてしまった方
  • 鼻の下のブツブツ毛穴が目立つ人

こんな悩みに苦しんでいたあなたにお薦めのスキンケアクリームが「NOISU ノイス」です。

 

「NOISU ノイス」を使用することで周りから「化粧品を変えた?」と聞かれることが多くなりますよ。

 

周りの人からの印象が大きく変わり第一印象もよくなり、

 

男性からモテるようになったり女性からも親しみやすく思われるようです。

「NOISU ノイス」の効能

女性のヒゲ(産毛)が生えるのは女性ホルモンの低下に原因があるということに着目したのが「NOISU ノイス」です。

 

「NOISU ノイス」は、女性ホルモンに似た働きをする成分が配合されていることで、毛乳頭や周辺の細胞に働きかけてひげを抑毛し毛を薄くしていきます。

 

「NOISU ノイス」は、女性のヒゲ(産毛)を抑制する以外にも、黒ずみやくすみに対しての美肌効果も期待できます。

 

女性ホルモンに似た働きをする成分

女性のヒゲ(産毛)対策のNOISU

  • イソフラボン(ダイズ種子エキス)
  • 黒ダイズエキス
  • エクオール(進化したイソフラボン)
  • ザクロエキス
  • プエラリアエキス

これらの成分の効果を高めるために、古い角質や老廃物にアプローチするタンパク質分解酵素の「パパイン酵素」も含まれています。

 

また、脱毛サロンでも注目されている、さまざまな角度から抑毛にアプローチして、毛の成長スピードを抑制してくれる、

 

肌に優しい多種類の植物由来成分を配合した成分「フェリニーブ」が配合されています。

 

こちらの成分も脱毛サロンで注目されています。

  • アルニカ花エキス
  • テンチャエキス
  • ノイバラ果実エキス
  • ゴレンシ葉エキス

毛穴をキュッと引き締め、余分な皮脂の分泌も抑制しサラすべ肌に導いてくれます。

 

特に、毛を抜いたり剃ったりして毛細血管から出血を起こし毛穴がブツブツと目立つ人には有効な成分です。

 

保湿成分

トリプルヒアルロン酸(ヒアルロン酸Na、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、加水分解ヒアルロン酸)と

 

水溶性コラーゲン(キュウリ果実」エキス、ローヤルゼリーエキス、アロエベラ葉エキス)で徹底保湿してくれます。

 

黒ずみ、くすみに効果

  • ビタミンC誘導体(リン酸アスコビルマグネシウム)
  • ヒナギク花エキス
  • ハマメリス葉エキス

この3つの成分の相乗効果で、毛穴の黒ずみを防ぎ、誰でも憧れる透明感のあるクリアな肌に近づきます。

 

「NOISU ノイス」の使い方

女性のヒゲ(産毛)対策のNOISU

 

1日朝晩の2回、洗顔後に小豆粒くらいの量を指の腹にとって、気になる部分に塗るだけです。

 

約30〜40秒クリームを優しく肌に馴染ませます。

 

乳白色のジェルは、とても伸びがよく手の温かさでとろける感じです。

 

ベタベタすることもなく、臭いも全く気になりません。

 

早い方で使い始めて1ヶ月ぐらいで効果を実感されています。

 

効果を実感できた人の大部分は3ヶ月以内ですので、3ヶ月は続けた方がよいでしょう。

 

逆に考えれば、3ヶ月続けて効果を実感できなければ返金してもらった方がいいかもしれません。

鼻の脱毛できるエステ、クリニック

一生をムダ毛をサヨナラしたいならプロの手を借りて“永久脱毛”

 

凸凹している鼻の特徴からいって、なかなか鼻の脱毛ができるサロンは少ないです。

 

脱毛機器であるレーザ―が凸凹しているために照射しずらいことと、万が一の時に責任が大きくなるので顔は引き受けないところが多いです。

 

脱毛サロンで有名な銀座カラーやミュゼ、エピレげも、鼻の脱毛は行っていません。

 

逆に顔脱毛を行っているところは、技術に自信ありという証明にもなります。

鼻の脱毛を行っている脱毛エステ、脱毛クリニック

 

◆脱毛クリニック:アリシアクリニック◆
顔の産毛をなくす全顔し放題セットがあります。

鼻脱毛

【医療レーザー脱毛】アリシアクリニック

 

アリシアクリニック

 

◆脱毛エステ:キレイモ◆
キレイモは全身脱毛なので鼻だけの脱毛はする事はできません。
全身脱毛はもう済んでいるという方にはおすすめできません。
全身脱毛も顔脱毛もこれからという方には、月額6,900円という激安料金で施術を受けることができます。

 

※ 顔もできる全身脱毛 ※ 今だけ!初月0円※

 

キャンペーンバナー

 

鼻の脱毛効果

  • 毛穴のケアの必要がなくなる
  • 化粧のノリがよくなる
  • 黒ずみが解消することで肌のトーンが上がる。
  • 毛穴が小さくなり肌がキレイになる
  • 鼻のザラツキがなくなる
  • ファンでの厚塗りが無くなる

顔脱毛自体にはコラーゲンの生成促進など美顔効果がある意外な効果もあるんです。

鼻脱毛すると毛穴は無くなる?

レーザー脱毛や永久脱毛は、一生毛がはえてこないように処理をするので、毛穴が無くなると思われている人が多くいますが、毛穴自体は無くなりません。

 

顔脱毛は毛が生えてくる毛根に刺激を与え破壊することで毛を生えてこなくさせるのですが、毛穴はふさがる事はありません。
ただ、毛穴に埋まっていた毛が無くなるので、毛穴が引き締まってみえます。

自分の鼻の状態をチェック!

正しい処理をするためにも自分の鼻の状態を正確に把握しましょう。

 

あなたの鼻の黒ずみは、メラニン毛穴(シミ)? 角栓? 産毛?
それともミックス?

 

黒ずみの原因がメラニン毛穴(シミ)だとするとハイドロキノン配合の化粧品でのお手入れか、レーザーなどの機器を使っての治療になります。

 

あるいは、規則正しい生活環境、食生活を維持し適切なスキンンケアをすることでターンオーバーを促し、シミの原因であるメラニン色素を排出することができます。

 

【関連記事】メラニン毛穴を治す方法

 

シミと産毛が黒ずみの原因というミックスの場合ですが、まずはレーザー機器による産毛の脱毛をしてからシミ対策をしようとしてもシミがある場合はレーザー脱毛をすることはできません。

 

レーザー脱毛の照射は黒い色素に反応するので、シミの肌には施術することができないのです。

 

無理に行うと、肌に負担がかかり火傷したり炎症を引き起こす可能性があります。

 

角栓が原因の場合は、このサイトで適切なスキンケア方法を紹介しているので、そちらをご覧ください。

 

【関連記事】鼻の黒ずみをとる簡単な方法。

 

よく症状の確認をしたら黒ずみの原因が角栓ではなく実は産毛だったということがよくあります。

 

自分の鼻の状態が産毛が原因とわかったら、エステなどの専門家に診断してもらい、それから適切なケアをするのも一つの方法ですが、エステなどは費用がかかります。

 

まずは、女性の産毛(ヒゲ)専用のスキンケアクリームを使って自分で産毛の処理をする方法をおすすめします。

 

女性のひげが生える原因

ホルモンのバランスの乱れ

ホルモンのバランスが崩れ男性ホルモンが優位になると、体が男性に近づこうとして女性でもヒゲが生えたり、体毛が濃くなったりします。

 

不規則な生活やストレス

不規則な生活はホルモンのバランスを崩してしまいます。

 

ストレスが続いたり溜め込んだりすると、免疫力や女性ホルモンが低下します。

 

働きすぎ

女性の社会的地位の向上で、人と競争したりエキサイティングな仕事をする機会が増えてきました。

 

こんな状態を続けていると交感神経が優位になり男性ホルモンの分泌が活発化し、ヒゲや体毛にも影響を及ぼします。

 

季節の変わり目

季節の変わり目は、気温の変化に合わせようと自律神経のバランスをとろうとするのですが、

 

交感神経と副交感神経のバランスが崩れやすい時期で女性ホルモンのバランスを崩し始めることも多くあります。

 

ホルモンバランスが崩れると毛が濃くなってきます。