鼻の黒ずみケアに効果的なクレンジングを比較しました!

ここでは鼻の黒ずみケアに効果的なクレンジングを比較しながら紹介します。

 

ネット上で、よく見かけるクレンジングの口コミやレビュー、比較、ランキング
などで必ず上位に紹介されるクレンジング4品に絞って比較しています。

鼻の黒ずみ クレンジング比較

このページの目次
  1. 鼻の黒ずみ クレンジング比較:4品に絞りこまれた理由
  2. 鼻の黒ずみ クレンジング比較項目
  3. 鼻の黒ずみ クレンジングを選ぶポイント
  4. 鼻の黒ずみ クレンジング比較:返品・初回購入価格・無添加項目
  5. 鼻の黒ずみ クレンジング比較:特長
  6. 鼻の黒ずみ クレンジング比較:口コミ
  7. 肌に良くない界面活性剤
  8. 鼻の黒ずみはクレンジングで落とす
  9. 鼻の黒ずみ クレンジング比較:クレンジングオイル
  10. ホットクレンジング8商品1回当たりの費用を比較
  11. クレンジングの種類の違い・特徴・選び方
  12. クリームクレンジング
  13. オイルクレンジング
  14. ミルククレンジング
  15. クレンジングジェル
  16. リキッドクレンジング
  17. クレンジングシート
  18. クレンジングパーム
  19. 肌にあったクレンジングの選び方
  20. 正しいクレンジングの使い方
  21. 顔にのせる順番
  22. すすぎ
  23. メイクはその日に落とします
  24. やりがちなまちがいクレンジング
  25. How to正しいクレンジング

鼻の黒ずみ クレンジング比較:4品に絞りこまれた理由

クレンジングは本当に多くの種類が販売されています。
例えば、紹介の4品を除くと

  • ファンケル マイルドクレンジングオイル
  • アテニア スキンクリア クレンズ オイル アロマタイプ
  • シュウ ウエムラ アルティム8∞ スブリム ビューティ クレンジング オイル
  • カバーマーク トリートメントクレンジングミルク
  • プレディア スパ・エ・メール ファンゴ Wクレンズ
  • カウブランド無添加 メイク落としオイル
  • エリクシール エリクシール ルフレ バランシング バブル
  • 無印良品 マイルドジェルクレンジング
  • オルビス クレンジングリキッド
  • コスメデコルテ AQ ミリオリティ リペア クレンジングクリーム

など、ほんの一部ですがこれだけあります。

 

有名メーカー商品も多いのですが、多くのクレンジングはメイク落としに主目的が置かれていてクレンジングオイルタイプが多いです。

 

鼻の黒ずみを落とすにはクレンジングオイルは絶対に使ってはいけないクレンジングです。
鼻の黒ずみが悪化することはあっても改善することはありません。

 

メイクの落としの力が強すぎてお肌に必要な皮脂や角質までも取り除いてしまうからです。

 

健康なお肌の時は問題はないのですが、鼻の黒ずみが気になる方には皮脂が過剰に分泌される原因をつくることになります。

■クレンジング剤は毛穴の黒ずみを作り出す名人■
なぜ、「クレンジング剤は毛穴の黒ずみを作り出す名人」なのか?
絶対に使ってはいけないクレンジングはオイルクレンジング。

 

詳しくはこちらで解説しています。

 

数多いクレンジングのなかで、4品に絞り込んだのは鼻の黒ずみに効果があることを第1目的に成分、効果、使いやすさ、値段、信頼感、口コミなどをチェックしていったら必然的にこの4品に絞りこまれたからです。

鼻の黒ずみ クレンジング比較項目

特徴

比較表

商品名









使

















マナラ ホットクレンジングゲル

ゲル

7

× 約2ヶ月 2,990円 45日間 無料 3,990円 3,120円
フルリ クリアゲルクレンズ

ゲル 12 約45日分 2,900円 無期限 無料 3,520円 2,990円
DUO ザ クレンジングバーム パーム

7

× 約1ケ月 1,800円 20日間 無料 3,600円 初回半額
モイストゲルクレンジング

ゲル

6

× 約2ヶ月 2,848円 14日間 無料 5,696円 初回半額
添加物比較

商品名
































|









|

フルリ クリアゲルクレンズ × × × × × × × × × × × ×
マナラ ホットクレンジングゲル

× × × × × × ×
DUO ザ クレンジングバーム × × × × × × ×
モイストゲルクレンジング

× × × × × ×

クレンジング比較

マナラ ホットクレンジングゲル

フルリ クリアゲルクレンズ DUO ザ クレンジングバーム モイストゲルクレンジング

マナラを含みホットクレンジング8商品も比較してみました。
1回当たりのコスパを比較してあります。

 

鼻の黒ずみ クレンジング比較ホットクレンジング8商品1回当たりの費用

 

鼻の黒ずみ クレンジングを選ぶポイント

化粧で選ぶ

鼻の毛穴の黒ずみを取る方法

あなたのメイクの濃さで使い分けます。

 

メイクが濃いめのときはゲル系、
ナチュラルメイクの時は、パーム系です。

 

敏感肌の人は、無添加成分が多いクレンジングがお薦めです。
メイクの濃いマスカラ・口紅部分はポイントメイク用のリムーバーを使用してください。

肌質で選ぶ

全ての肌質に合うのがパームタイプです。

 

乾燥肌の人にもお薦めですが、脂性肌の人には少しベタツキ感を感じるかもしれません。
脂性肌の人はサラッとした使用感があるゲルタイプがおすすめです。

添加物フリーを選ぶ

クレンジングにはさまざまな成分が配合されています。
デリケート肌、敏感肌の方は添加物が無配合のものが安心です。

 

もちろん、個人差はありますが香料や着色料、パラベン、アルコール・エタノール、石油系界面活性剤などは避けた方が無難です。

美容・保湿成分が配合されているか?

メイクがよく落ちるということは、裏を返せば肌への作用も強いということです。

 

肌に必要な油分、潤いまでを除去してしまうことが場合によっては起こるので保湿成分や美肌成分が配合されているものがおすすめです。

 

保湿成分の配合率が高いほど美肌効果が期待できます。

W洗顔が必要かどうか?

クレンジング剤の多くは使用後に洗顔料を使ってのW洗顔を進めていますが、
最近はW洗顔不要のクレンジング剤がふえています。

 

時間がないときなどは便利なのですが、W洗顔不要タイプにはその分多くの成分が含まれていることがあります。

 

ですのでナチュラルメイクの方や素肌に使用すると肌に必要な油分まで落としてしまう可能性もありますので注意が必要です。

 

鼻の黒ずみ クレンジングには温感タイプ

クレンジングには色々なタイプがありますが、鼻の黒ずみをとるのなら温感タイプがおすすめです。

 

肌に馴染ませるとじんわり温まってくる温熱効果でクレンジング剤とのダブル効果でメイクを落とすことができ、

 

毛穴の奥に入り込んだメイク汚れや角質も温熱マッサージをすることで毛穴がゆるみ落としやすくなります。

 

鼻の黒ずみ対策に、あまりおすすめでないのが、油性ジェルタイプです。

 

オイルを主体にしているオイルクレンジングと呼ばれるものです。

 

メイクやマスカラなどは落としやすいですが、使い方によっては地肌に必要な油分も奪ってしまうので注意が必要です。

 

鼻の黒ずみ クレンジング比較:返品・初回購入価格・無添加項目

最近では鼻の黒ずみを除去するのに良いクレンジン剤が、たくさん販売されています。

 

その中でも効果が高いと人気で評判の鼻の黒ずみ除去に良いと思われるクレンジング剤を4つ比較しました。

 

鼻の黒ずみの原因は、肌を刺激すぎることによって起こる肌の乾燥が大きな原因でもあるので、保湿成分がふくまれていて肌に負担のかからない無添加のクレンジング剤を使用するのがベストです。

 

そうはいっても、肌の質は100人100質ですので、合う合わないが出てきます。

 

最初は、トライアルなり、初期購入価格から、又、肌に合わない時に、返品に応じてくれるかどうかを基準に選べば、負担も少なくあなたに一番あったクレンジング剤を選ぶことができると思います。

 

鼻の黒ずみが気になる人は、まずクレンジング剤を見直し、毛穴の黒ずみ解消に役立てて下さい。

クレンジング比較:返品

鼻の黒ずみ クレンジング

上記の表にも載せていますが、ここで紹介しているクレンジングは4種類全部が返品を受け入れています。

 

ただ、その返品期間が微妙に違います。

  1. フルリ クリアゲルクレンズ:無期限
  2. マナラ ホットクレンジングゲル:45日間
  3. DUOクレンジングバーム:20日間
  4. モイストゲルクレンジング:14日間

クレンジング比較:初回購入価格

  1. DUOクレンジングバーム:1,800円
  2. フルリ クリアゲルクレンズ:2,900円
  3. マナラ ホットクレンジングゲル:2,990円
  4. モイストゲルクレンジング:2,848円

 

*マナラ ホットクレンジングゲルは100円モニターも募集しています。

クレンジング比較:無添加項目

  1. フルリ クリアゲルクレンズ:12個
  2. マナラ ホットクレンジングゲル:7個
  3. DUOクレンジングバーム:7個
  4. モイストゲルクレンジング:6個

鼻の黒ずみ クレンジング比較:特長

マナラ ホットクレンジングゲル

鼻の黒ずみ クレンジング比較

温感効果で毛穴スッキリ!

 

ヒアルロン酸・セラミド・ローヤルゼリー・スクワランなどの美容液成分が94.4%配合。
まるで美容液です。

 

温感ゲル効果で毛穴を開かせ、オリーブオイルとメドウフォームオイルで毛穴の中の汚れを溶かしスッキリさせます。

 

肌にのせるだけで、想像以上に温かくなるのでビックリしますよ。

 

2009年〜2018年まで10年連続モンドセレクション最高金賞を受賞

 

日本一、売れているクレンジング。販売実績が1,000万本以上。
それだけ、使用者から信頼されているということなので、安心して利用できます。

 

万が一、肌に合わなくても45日間の間なら商品代金返金保証があるのも嬉しいです。

 

クレンジング比較マナラホットクレンジングゲル公式サイト

 

フルリ クリアゲルクレンズ

鼻の黒ずみ クレンジング比較

美容皮膚科クリニック・エステサロンより誕生した毛穴クレンジング

 

医学専門誌に掲載され、たった1回の使用でも毛穴汚れ・皮脂の除去が確認できています。

 

2014年〜2018年まで5年連続モンドセレクション最高金賞を受賞している世界が認めたクレンジング。
金賞でもすごいですが、最高金賞受賞はなかなかありません。

 

ここで紹介の4商品の中で最も無添加項目が多く12項目あります。
殺菌効果のある還元力の高い水を使用することで防腐剤も使用していません。

 

「水」が持つ力を最大限活用することで肌への感触はとてもマイルドですが、洗浄力はしっかりあります。

 

日本肌再生医学界の認定も取得し、化粧品の枠を超えたクレンジングです。

 

日本全国450店舗以上で販売されていますが、
WEBからの申込みなら、初回限定17%OFF、送料無料、1本使い切っても効果が実感できなければ無期限返金保証がついています。

 

クレンジング比較フルリクリアゲルクレンズ公式サイト

 

DUOクレンジングバーム

鼻の黒ずみ クレンジング比較

モンドセレクション6年連続受賞し、2018年の上半期は@cosmeのクチコミランキングで第1位です。

 

4社の比較でも、@cosmeのクチコミではDUOクレンジングバームが総合評価5.5で一番評価が高いです。

 

W洗顔不要で、新たに
・ナノコラーゲン ・ナノヒアルロン酸 ・ナノセラミド成分が加わりました。

 

これひとつで、クレンジング、洗顔、角質ケア、マッサージケア、トリートメントの5つの役割があります。
忙しい人の時短美容には最適です。

 

毛穴より小さい極小の独自技術のナノマトリスク構造で、洗浄成分と美容成分が肌の奥深くまで浸透し毛穴の汚れをスッキリさせます。
2018年10月時点で、500万個以上の販売実績があります。

クレンジング比較

 

クレンジング比較 DUO ザ クレンジングバーム

 

モイストゲルクレンジング

鼻の黒ずみ クレンジング比較

極小こんにゃくスクラブ配合!
新感覚ゲルクレンジング。

 

こんにゃくスクラブが汚れを吸着します。
コエンザイムQ10、高分子ヒアルロン酸、水溶性ビタミンC、ビターオレンジ花油など42種類もの美容成分が配合されています。

 

これ1品で、メイク落とし、洗顔、マッサージ、導入美容液の機能があります。

 

クレンジング比較モイストゲルクレンジング公式サイト

 

鼻の黒ずみ クレンジング比較:口コミ

このページで紹介しているクレンジング4種類の@COSMEの評価を紹介します。
日本最大のコスメ・美容サイトである@COSMEの口コミ評価はクレンジング比較をするのに大いに参考になるはずです。

 

@COSMEでは、多くの口コミが寄せられていますが、実際に購入していない人の口コミも掲載されています。
ここでは、実際に商品を購入した人だけの口コミ評価を紹介します。

 

公正を期すために調査日は同じ日で調べています。

(調査日:2019年6月19日)

DUO ザ クレンジングバーム

クレンジング比較

モイストゲルクレンジング公式サイト

クレンジング比較

マナラホットクレンジングゲル公式サイト

クレンジング比較

フルリクリアゲルクレンズ公式サイト

クレンジング比較

クレンジング比較:口コミ評価

  1. 5.5:DUOクレンジングバーム
  2. 5.4:モイストゲルクレンジング
  3. 4.7:マナラ ホットクレンジングゲル
  4. 3.7:クリアゲルクレンズ

クレンジング比較:口コミ件数

  1. 1,317件:DUOクレンジングバーム
  2.   567件:モイストゲルクレンジング
  3.   438件:マナラ ホットクレンジングゲル
  4.   276件:クリアゲルクレンズ

これらの数字からクレンジング比較をしてみると、必ずしも販売数量とクチコミ件数がリンクしていないことがわかります。

 

また、口コミ評価もわかれますが、口コミ評価も肌質により人それぞれですので、
あう人もいれば、あわない人がいるわけです。

 

その見極めは難しいのですが、クレンジング比較から、口コミ評価で選ぶのか、クチコミ件数で選ぶのか、
実際の販売数量で選ぶのか、無添加成分が多いクレンジングを選ぶのかは、自己責任になります。

 

無責任なようですが、今一度自分自身の肌質を確認しながら、あなた自身に合うクレンジングを各クレンジングのホームページで詳細をよく確認することで、

 

間違いのないあなたの肌質に最も適したクレンジング選びができると思います。

クレンジング比較:用語

ゲルとジェルの違い

ゲルとジェルは同じではありません。違います。
ジェルは「ゼリー状」という意味があります。

 

ゲルよりも水分が多く含まれ柔軟性が高いです。またゲルよりもつぶれやすいです。
弾力性のあるゲルとは自然界の海藻、山芋、納豆などのネバネバ、ヌルヌルした物質に含まれている粘質のことをいいます。
この成分を抽出、応用したのがゲルクリームです。

 

バームとクリームの違い

両方に含まれている基材の違いでバームとクリームは分けられます。
クリームは、油脂と水を乳化剤で乳化した乳剤性(親水性)基剤が成分で、
バームは、水をはじく油脂性(疎水性)基材が成分です。

 

クリームは水になじみやすく、バームは疎水性が高いです。
クリームは親水性があるので、肌に浸透しやすいですが傷口があると傷口にもしみやすいです。
バームは肌を保護し浸透しにくいですが、ベトベト感があります。

 

クレンジングでマッサージはNG

クレンジングによってはマッサージ効果を謳っている物もありますが、
クレンジングでマッサージすると逆に肌を傷つけてしまいます。

 

クレンジングはどのタイプでも肌へのダメージはあります。
クレンジングを長時間肌につけたままの状態は肌を傷つけ肌への負担が高くなります。

 

クレンジングの使用時間は短時間の1分間で終わらせるようにするのが理想です。

 

*DUOクレンジングバームのように、マッサージすることなくマッサージケアと同じ効果が期待できるクレンジングは問題ありません。

肌に良くない界面活性剤

化粧品は化粧がくずれないように油分が多く含まれています。

 

油分は水やお湯では落とすことができません。
油分を落とすには界面活性剤が不可欠です。

 

水と油の境目を界面というのですが、この境目を無くすのが界面活性剤です。

 

界面活性剤は顔についた汚れや皮脂を落としてくれるのですが、肌に大事なバリア機能を持つ「角質層」も傷つけています。

 

クレンジング比較

「角質層」が傷つけられると外部からの刺戟にも弱く、また「細胞」と「細胞」の間に隙間ができその間から肌内部の水分が蒸発することになります。

 

わかりやすい例に食器洗剤があります。

 

食器洗剤には界面活性剤が含まれているのですが手袋を使用しないで毎日使っていると、手がシワシワになったり乾燥したりします。

 

酷い時には湿疹ができる場合もあります。
界面活性剤が含まれているクレンジングも食器洗剤と原理は同じなのです。

 

ただ、化粧品はその隙間に人工の保湿成分を無理やり入れることで肌を誤魔化しているのです。

 

この偽装工作に気がつかずに継続することで、乾燥肌を補おうと皮脂が過剰に分泌され毛穴が塞がれることで黒ずみの原因をつくりだしているのです。

 

ここで紹介しているクレンジング4種類はどれも肌に最もよくないとされている「石油系界面活性剤」はつかわれていません。

鼻の黒ずみはクレンジングで落とす

鼻の毛穴にできた黒ずみは、なかなか洗顔料だけでは落ちません。
黒ずみまでなってしまう汚れは結構頑固です。

 

黒ずみは酸化が起こり皮脂が黒くなったものですが、毛穴の中で固まっているので、なかなか洗顔料の泡だけでは、
固まった黒ずみを柔らかくして取り除くということはできないのです。

 

黒ずみを取り除くには、クレンジングがお薦めです。

 

鼻の黒ずみは、毛穴の中に詰まって固くなった皮脂と同時に、毛穴の周辺までも固くなっています。

 

クレンジングの洗浄成分で皮膚を柔らかくし、徐々に毛穴に詰まった黒ずみを取り除いていきます。

 

ただし、使うクレンジングはよく選ぶ必要があります。

 

鼻の黒ずみ クレンジング比較:クレンジングオイル

鼻の黒ずみの原因は、過度の洗顔とクレンジングによる洗いすぎです。

 

「クレンジング剤は毛穴の黒ずみを作り出す名人」と冒頭に紹介しましたが、

 

特に問題なのはクレンジングオイルです。

 

クレンジング比較すると、最も強力な洗浄力をもっているのがクレンジングオイルです。

 

クレンジングオイルは、名前の通り「油」に界面活性剤を混ぜたものです。

 

基になる基材は「水」と「油」の違いがありますが、クレンジングオイルは台所用洗剤と同じなんです。

 

鼻の黒ずみは、皮脂などの油分が酸化して黒く変色したものなので、クレンジングオイルを使えば良く取れるのですが、

 

台所用洗剤を使うと肌が荒れるように、クレンジングオイルを使うことで顔の皮膚も荒らされているのです。

 

でも、実際には女性の約3割の人がクレンジングオイルを使っています。

 

これは、メイクもキレイに落ちるし、簡単に水で洗い流すことができるので使い勝手がよいからだと思います。

 

クレンジンンには、オイルタイプ・クリームタイプ・ミルクタイプ・ジェルタイプ・リキッドタイプ・拭き取りタイプなど、色々ありますが、

 

その中でもクレンジングオイルは最も多くの界面活性剤がまぜられているので効果が強力なのです。

 

しかし、クレンジングオイルを使ってる間は鼻の黒ずみは解消されません。

 

では、どのクレンジングを使えばいいのかというと、「肌に優しいクレンジング」です。

 

ここで紹介しているクレンジングは肌に優しいだけでなく、保湿・美容成分も含まれているので、

 

鼻の黒ずみ対策にはバッチリのクレンジング剤です。

 

ホットクレンジング8商品1回当たりの費用を比較

全商品定期コースの比較です。

商品名 価格 内容量 使用期間 1回当たり
Rela Cle FRH

ホットクレンジングホワイトゲル

1,026円 200g 2ヶ月 17.1円
ヴィーナスラボ

ホットクレンジングジェリー

2,300円 400g 4ヶ月 19.2円
スキンビル

ホットクレンジングジェル

1,500円 200g 2ヶ月 25.0円
サンタマルシェ

ホットクレンジング

1,620円 200g 2ヶ月 27.0円
シュシュモア

ホットクレンジングジェル

1,620円 200g 2ヶ月 27.0円
ラッシュピュア

ホットクレンジングゲル ブラック

1,674円 200g 2ヶ月 27.9円
マナラ

ホットクレンジングゲル

3、283円 200g 2ヶ月 54.7円
ハレナ

オーガニックホットクレンジングジェル

2、640円 170g 1.5ヶ月 58.7円

クレンジングの種類の違い・特徴・選び方

クレンジングの種類の違い

クレンジングは肌の状態や、メイクの濃さから選ぶのがベストとされていますが、値段や口コミ、デザインなどで選んでいませんか?

 

クレンジングが肌に合っていなければ、そのあとにどんなに良いスキンケアをしても美肌にはなりません。

 

場合によっては肌荒れを起こすこともあります。

 

数多くあるクレンジングの種類の「何がどう違うのか?」違いを説明します。

 

あなたの肌にあったクレンジングを選ぶ参考にしてみて下さい。

肌への刺激の強さの順番。

  1. クレンジングシート
  2. オイルクレンジング
  3. リキッドクレンジング
  4. クレンジングジェル
  5. クレンジングパーム
  6. クリームクレンジング
  7. ミルククレンジング

メイクの濃さに合わせた順番

  1. オイルクレンジング
  2. リキッドクレンジング
  3. クレンジングジェル
  4. クレンジングパーム
  5. クリームクレンジング
  6. ミルククレンジング

基剤と乳化剤の配合割合で名称が決まる

クレンジング剤に表示されている成分表は、
「基剤」→「乳化剤」→「訴求成分」→「香料・着色料」の順番になっています。

 

「基剤」はクレンジング剤のベースになる成分で、オイルクレンジングなら基材は油です。

 

リキッドクレンジングなら「基剤」は水になります。

 

油で油性のメイクを浮かせることはできますが、水と混じり合わないのでメイクを落すことはできません。

 

また、リキッドクレンジングも水だけでは油性のメイクを落すことはできません。

 

そこで乳化剤が必要になってきます。
乳化剤は、欲に言う界面活性剤のことです。

 

界面化製剤の作用で油と水を科学的に混ざり合わせることができるにです。

 

クレンジング剤の種類は数多くありますが、つまりは「基剤」「乳化剤」のバランスによって名称が違ってくるのです。

クリームクレンジング

乾燥肌の人におすすめ

鼻の黒ずみ クレンジング クリームタイプ
適度な油分を含み、肌への優しさと洗浄力のバランスが良いタイプ。
デイリー使いにオススメ!
ただし、メーカーによっては多少バラつきがあります。

テクスチャーに厚みがあるので肌への刺激が少なく、マッサージクリームとしても使うことができます。
刺激が弱い割には洗浄力があります。
肌に優しいので昔から愛用する方が多いです。
汚れとなじむと乳化してオイル状になり、毛穴の汚れもしっかり落としてくれます。
界面活性剤の配合量により「拭き取るタイプ」と「洗い流すタイプ」があります。

 

オイルクレンジングと比べると洗浄力が弱いので目元や口元などは、ポイントメイクリムーバーを使います。
洗い上り後にベタツキ感が残る物もあります。
拭き取るタイプの方が洗い流すタイプよりも肌に優しいのですが、拭き取る際に肌を刺激し傷める心配があります。

 

オイルクレンジング

脂症肌の人におすすめ

鼻の黒ずみ クレンジング オイルタイプ
毛穴の奥から汚れが落ちるイメージがあって人気ですが、洗浄力が強いものが多いです。
ハードメイクをしたときにとどめる方がベターです。

メイクがいちばん落としやすいクレンジング
お風呂の中でも使えます
肌をこすることなくメイクを短時間で落とすことができます。
しっかりメイクでも大丈夫で、ウォータープルーフのメイクもスルリと落とすことができます。
肌に良くないクレンジングの代名詞としてもよく出てきますが、メイク落としが圧倒的にいいので、いまだにファンが多いクレンジングです。
オイルクレンジングから別のクレンジングに変えた多くの方が肌がキレイになっています。
クレンジング後のさっぱり感は一番。

 

洗浄力が強いので、肌の保湿成分も落としがちで、乾燥肌の人には注意が必要です。
界面活性剤が配合されているので肌に優しいとはいえません。
肌が乾燥することで、皮脂量が増えることもあります。
濃いメイクの時だけ使用するという使い分けをするといいでしょう。

 

ミルククレンジング

敏感肌・乾燥肌の人におすすめです。

鼻の黒ずみ クレンジング ミルクタイプ
水分が多いため、メイクとの馴染みがよく、それを補う界面活性剤が多めに配合されているものもあります。
ミルクという言葉の響きの優しさにつられないように気をつけてください。

洗い流すタイプと、コットンなどで拭き取るタイプの2種類があります。
肌への刺激が少なく肌に必要な皮脂を落としすぎることもないです。
オイルの配合分が少ないので、乾燥肌や敏感肌の人に向いています。
クリームクレンジングの次に肌に優しいクレンジングです。

 

メイク剤とのなじみがあまりよくないので、メイクの油分となじませるのに時間がかかり、洗浄力が弱いです。
短時間ではメイクが落としきれないこともあり、濃いアイメイクなどは落とすことができません。
メイクが落ちにくいので、無理に落とそうとして肌をこすりすぎて傷つけることもあります。

 

クレンジングジェル

脂症肌・敏感肌の人におすすめ

鼻の黒ずみ クレンジング ジェルタイプ
油分を含む乳化ジェルタイプはバランスがよい。
ただし、ものによっては、やはり刺激が強いものもあるので、見極めは重要です。

肌への刺激も少なく肌に伸ばしやすいです。
ニキビ肌・脂漏性皮膚炎など敏感肌の方におすすめです。
よく滑るのでマッサージに使うこともできます。
濡れた手でも使えるタイプがほとんどです。
ベタつかず、サッパリしています。

 

クレンジングジェルの中身は千差万別です。
ジェル状になっていればクレンジングジェルと呼ばれます。
中の成分によっては全く別物といっていいくらい違いがあるので、
このタイプを使用するときは、中身をよく確認することが必要です。
オイルをジェル状にしたものは、洗浄力が強いですが肌への刺激も強めです。
水溶性のタイプは、油性のポイントメイクは落ちにくいです。

 

リキッドクレンジング

脂症肌の人におすすめ

鼻の黒ずみ クレンジング リキッドタイプ
油分をほとんど含まず、界面活性剤を主体にするものが多い。
サラッとした使用感が手軽だが、毎日使うと肌の負担になることもあります。

水分をベースとし、別名「水クレンジング」「クレンジングウォーター」と呼ばれたりします。
ナチュラルメイクの人に向いています。
コットンに含ませて拭き取るだけなので、手軽に使用することができます。
オイルフリータイプならマツエクの方も使うことができます。

 

アルコール分が多く含まれているので、肌への刺激が強く乾燥しやすいです。
拭き取る際に、摩擦で肌に負担をかけることもあります。

 

クレンジングシート

鼻の黒ずみ クレンジング シートタイプ
手軽だが、摩擦で肌にこまかい傷がつき、長く使い続けると、シミができやすくなることもあります。
旅行先などでの使用にとどめてください。

ローション系のクレンジング剤がシートに初めから染み込ませてあるので、
場所を選ばずに使用することができます。
界面活性剤でメイクを溶かすタイプと、アルコールでメイクを溶かすタイプの2種類があります。

 

界面活性剤タイプは、シートに染み込んだ量だけでメイクを落とそうとするので界面活性剤の量はとても多く含まれています。
アルコールタイプは、防カビ剤やアルコールが含まれているので、肌への刺激が強く、毎日の使用には向いていません。
また、こすってメイクを落とすので摩擦により赤ら顔やシミの原因になったりします。

 

クレンジングシートは、やむを得ない時だけの使用にとどめておくのがいいでしょう。

 

クレンジングパーム

乾燥肌・脂症肌の人におすすめ

最近、話題になっているクレンジングです。
一度使い始めたら、他のクレンジングに戻れなくなったというほど人気です。
半固形状のクリーム状態で容器に入っていて、手に取ると肌の熱でジェル状のテクスチャーに変わります。
オイル成分が配合されているので、メイクの汚れはもちろん、毛穴の奥の汚れまですっきりと浮き上がらせ落としてくれます。
低刺激で洗い上りもしっとりしていて保湿力も高いです
W洗顔不要という点も魅力的です。

 

 

慣れるまで洗い流すタイミングの見極めが難しいです。

 

肌にあったクレンジングの選び方

脂症肌の方

油分の少ないクレンジング料を使います。

 

「オイルフリー」の表示があるものがおすすめです。

 

脂症肌に油分が多いクレンジングを使うと、ニキビなど肌トラブルの原因になったりします。

 

日頃のベースメイクはナチュラルを心がけることが大切です。

 

 

濃いメイクの時は、オイルクレンジングを使いたくなりますが、そんなときはホホバオイルがおすすめです。

 

ホホバオイルに含まれている「ワックスエステル」が人間の肌に近い成分が含まれているので刺激が少ないです。

 

敏感肌の方

「クレンジングミルク」「ホホバオイル」「オリーブオイル」がおすすめ

 

ナチュラルメイクのときは、「クレンジングミルク」。

 

濃いメイクのときは「ホホバオイル」「オリーブオイル」を使用します。

 

まつ毛エクステの方

油性成分が含まれているクレンジングを使うと、マツエクの接着剤が取れやすくなるので、オイルフリータイプのクレンジングを使います。

 

オイルフリーと表示のある、水性ジェルタイプ、リキッドタイプのクレンジングなどです。

 

正しいクレンジングの使い方

基礎化粧品に、どれだけお金をかけてもクレンジングでお肌の表面を傷めてしまっては期待したほどの効果がなく無駄になってしまいます。

 

美肌を維持するためにも正しいクレンジングの使い方をしましょう。

 

常に同じクレンジングを使用するのではなく、その日のメイクの程度に合わせてクレンジングは使い分けます。

 

また、どのクレンジングを使うにしても、使用量は正しく守りましょう。

 

使用量が少ないと、落ちにくいので肌をこすりすぎたり、肌にのせている時間が長くなってしまいます。

 

拭き取りタイプのクレンジングクリームでマッサージをするときは、必ず一度洗い流してから新しいクリームをのせるようにします。

 

アイメイクや口紅が濃い場合は、専用のポイントメイク・リムーバーで落としてからクレンジングを行います。

 

頑固なアイメイクを基準に顔全体のクレンジングを選ぶと肌全体に負担をかけてしまいます。

 

鼻の黒ずみ クレンジング

鼻の黒ずみ対策で、ここで紹介したクレンジングのどれを使うにしても、共通したクレンジングの正しい使い方があります。

 

まず基本の考え方が2つあります。

  • メイクは優しく丁寧にしっかり落とす
  • お肌の負担を減らすために素早く行う

具体的な使い方を順番に紹介します。

クレンジングを使う前に手は必ず洗う

クレンジングをする前に手は石鹸やハンドソープでしっかり洗います。
この時に、爪の間や指の間もしっかり洗うようにしましょう。

 

手のひらだけでなく手首まで洗うようにして下さい。
見えませんが手には常に雑菌が付着しています。

 

手を洗わないでクレンジングをすると、肌トラブルを引き起こしたり、あるべき効果が発揮されずメイクがしっかりと落ちない可能性があります。

 

ポイントメイクはクレンジングの前に落としておく

ポイントメイクをベースメイクと一緒に落とそうとすると、ついゴシゴシと力を入れてこすりがちです。

 

特に目や口の周りは皮膚が薄いので専用のリムーバーを使い先に落としておいてください。

 

クレンジングは濡れた手で使わない

クレンジングを使うときに手は乾かしておきます。
手が濡れているとクレンジングの効果が上手く発揮できないことがあります。

 

製品によっては濡れた手でもOKとしているクレンジングもありますが、基本的には乾いた手で使うことをおすすめします。

 

使用量は正確に使う

クレンジングを使うときに、量は正確に守ります。

 

少なすぎると摩擦の原因になり、多すぎても必要以上に肌に負担を与えてしまいます。

 

クリームタイプなら、さくらんぼ2個分くらいは必要です。

 

使用する前に説明書をよく堪忍しましょう。

 

顔にのせる順番

額から鼻にかけても皮脂量が多いTゾーンと呼ばれる部分から、やさしくクレンジング剤をのせ馴染ませていきます。

 

クレンジングは指の腹を使いのせていきます。

 

汚れが溜まりやすい小鼻はクルクルとマッサージをしながら馴染ませます。

 

次に乾燥しやすい顎から両頬にかけてのUゾーン、最後に目元、口元にやさしくなじませます。

 

やさしくなじませるように、優しい力加減で行います。
決してゴシゴシこすらないで下さい。

 

クレンジングは手早く終わらせる

あなたはクレンジングを行うとき、どのくらい時間をかけていますか?
しっかりとメイクを落とそうとして、長い時間をかけている方も多いのではないでしょうか。
しかし、クレンジング料が肌に触れている時間が長いほど、肌のうるおいは奪われてしまいます。

 

クレンジングの段階で、メイクアップ料を完璧に落とそうとしなくても、その後の洗顔でもある程度落とせるので問題ありません。
クレンジングをしてすすいだときに少しぬるっと残っているくらいで大丈夫。
そのまま次の洗顔へ進みましょう。

 

クレンジングの時間は長くても1分半

クレンジングは、お肌に負担をかけることになるので時間をかけすぎないことが大事です。

 

長くても1分半以内に終わらせましょう。
多少ベタツキ感が残っていても、洗顔でしっかり洗い流せば問題ありません。

 

クレンジングをしている時に、フェイスマッサージをする人がいますが、これはやめましょう。
お肌への負担が増えてしまいます。

 

フェイスマッサージをするときは専用のマッサージクリームを使うようにしてください。

 

すすぎ

メイクが浮いてきたら、ぬるま湯(約30度前後)で洗い流します。

 

この時に決して肌をこすらないようにしてください。

 

落としやすいということで熱めのお湯を使用する方がいますが、温度が高いと肌に必要な油分までも落としてしまい、肌の乾燥を招いてしまうのでやめましょう。

 

また、冷たい水でのすすぎは毛穴が引き締まるような気がしますが、クレンジング剤と汚れが混じりあったものが毛穴に固まって残ってしまうこともあります。

 

メイク落としの洗浄成分やメイク汚れが落ちきらないことがあるので冷たい水で洗うこともやめましょう。

 

洗い残しがあると肌に負担をかけてしまいます。

 

温度には注意してください。

 

洗い流しは一気に流すのではなく、両手ですくったぬるま湯を少しづつ馴染ませながら洗い流します。

 

流し忘れやすい生え際やこめかみ付近は意識的にすすぐようにしてください。

メイクの落とし残しが無いようにする

メイクが落としきれずにお肌に残ってしまうと、肌の酸化の原因になりお肌の老化を引き起こします。

 

メイクをしたところには、クレンジングを満遍なく馴染ませメイクの落とし残しが無いようにしてください。

 

唇の下や小鼻などは、メイクが残りやすいので注意しましょう。

 

すすいだ後は、清潔なタオルで優しく拭き取ります

水分を拭き取る時は、清潔なタオルを使い軽く押し当てるような感じで優しく拭き取ります。
拭き取るというよりも吸収させるという感じです。

 

決してゴシゴシこすらないでください。
吸水力があり、使用感の心地よいタオルにこだわることも大事です。

クレンジング後はすぐに保湿をする

クレンジングまたは洗顔のあとはすぐに保湿をするようにします。
5分も間をあけない方がよいです。

 

皮脂が取り除かれている状態の肌は水分の蒸発が激しく乾燥肌の原因になってしまいます。

 

メイクはその日に落とします

メイクはその日のうちに落とさないと肌に付着したホコリ、チリ、排気ガスなど、目に見えない汚れやメイク料がずっと肌に乗った状態は、肌に負担をかけます。

 

寝具に付着したりして不衛生にもなります。

クレンジングの役割とは?

メイクアップ料や日焼け止めを落とすことが目的
クレンジングの役割は、ズバリ、油性の汚れ、つまりメイクアップ料を落とすことです。

 

油性の汚れを落とすには、油分で浮かせないと落としきれません。
そのため、メイクをした日はクレンジングが必須となるわけです。
クレンジング料には、メイクを浮かす油分とともに、界面活性剤が配合されています。

 

界面活性剤と聞くと、”肌によくないもの”と認識している人も多いようですが、油分で浮かせた油性の汚れを水で流すには、界面活性剤という橋渡し役がどうしても必要になります。
界面活性剤によって、油分と水が乳化して混ざり合い、短時間でスッと簡単に水で流せるようになるのです。

 

クレンジング料には色々な形状があります。
オイルタイプやクリームタイプ、ミルクタイプなどです。

 

これらは、油分と界面活性剤、水分の配合バランスによって形状が異なり、洗浄力にも差が出てきます。
洗浄力が高いということは、肌への負担も大きくなるので、慎重に選ぶ必要があります。

 

また、実際に使うときに、正しい方法でクレンジングを行えていない人がけっこういらっしゃいます。
使い方が正しくないと肌を傷つけてしまい、肌トラブルの原因になることもあります。
自分の肌に合ったクレンジング料を選び、正しく使うことが、美肌への第一歩となります。

スキンケア用語解説
界面活性剤
油と水を混ざりやすくする物質で、油性の汚れを水で流す橋渡しの役割を果たす。
界面活性剤は多すぎると肌のうるおいを奪うので注意が必要。
そのほか、乳液やクリームをつくるときにも界面活性剤は用いられるが、この場合は乳化剤と呼ばれている。

肌に優しいのはクリームタイプのクレンジング

クレンジン料のなかで、肌に負担が少なくバランスがよいのはクリームタイプです。
油分を適度に含み、メイクを浮かせるのに適するからです。
ジェルタイプもよいですが、ジェルの場合は、油分を含んで乳化してあるものがよいでしょう。

 

いずれも硬めのテクスチャーのものが、肌をこすらないのでベターです。

 

反対に、肌に負担をかけやすいのはオイルやリキッドタイプ。
これらは界面活性剤が強いものが多いようです。
ミルクタイプも優しいイメージで最近人気ですが、ミルクは水分が多いため、メイクとのなじみが悪くなり、そこを埋め合わせるために界面活性剤を強くしてあるものもあるようです。

 

総合的に考えるとクリームか乳化ジェルがよいといえますが、これらのタイプならなんでもよいともいえません。
もちろんよしあしはあるので、自分の肌で試して、優しいものを選ぶのが、クレンジング選びのポイントです。

 

やりがちなまちがいクレンジング

なかなか自分では気づきにくいまちがい。

間違いクレンジングのベスト5。あなたは大丈夫?

NG1

クレンジング兼洗顔のアイテムを使う
クレンジングと洗顔を兼ね備えた、いわゆるW洗顔不要のアイテム(泡タイプなどに多い)は、1ステップで落とすために洗浄力が強くできています。
やはり簡単なものは何かを犠牲にしているといえます。

NG2

使う量が少ない
使う量を特に意識していない人が多いですが、量が少ないと、肌をこすってしまいまい、角層を傷つける恐れがあります。

NG3

ポイントメイクは、専用のリムーバで落としている
アイメイクや口紅のポイントメイクを落とすための専用リムーバリムーバーは、落ちがいい分、肌への刺激も強いようです。
ポイントメイクが落ちにくい人はオリーブオイルで落としましょう。

NG4

しっかり落とすために肌をこする
メイクをしっかり落としたいがために、無意識に力が入りすぎて、こすってしまっている人はけっこう多いようです。
こすると肌が乾燥するだけでなく、摩擦によって黒ずんでくることもあるので注意してください。

NG5

クレンジングしながらマッサージしている
毛穴の汚れや角栓、肌のざらつきをとるためにクレンジングでマッサージをする人がいますが、クレンジング料は界面活性剤を含むので、肌に長く触れていると肌のうるおいまで溶かし

 

出してしまいます。
1分以内でクレンジングは終らせるようにしましょう。

How to正しいクレンジング

ポイントメイク落としからスタート!

ポイントメイク落とし編

ポイントメイク落としには精製オリーブオイルを使用
一般に売られている専用リムーバ―は、刺激が強いので、薬局やドラッグストアで売られている精製されたオリーブオイルで落とすことを推奨します。

 

オイルでメイクを浮かせてから、顔全体のクレンジングを行います。
ポイントメイクを落とす際は、コットンでこすらないように注意してください。
@コットンの裏にしみるくらい塗布
クレンジングはポイントメイク落としから。
コットンの裏にまでしみるくらい、精製オリーブオイルをたっぷり含ませておきます。
これを3枚用意
A目元や口元に1分間のせておく
@で用意したコットン3枚を両目と口元にのせて密着させます。
ポイントメイクが浮いてくるまで、そのまま1分待ちましょう。
B絶対にこすらず、優しく拭き取る
コットンをゆっくり動かし、浮いたメイクアップ料をぬぐうようにして優しく拭き取ります。
少々メイクが残っていても、顔全体のクレンジングに進みます。

顔全体のクレンジング編

@適量を手のひらにとる
クレンジング料を適量手のひらにとります。
少ないと肌を摩擦して傷めるので、量は多目がベター。
クリーム状ならさくらんぼ2個、液状なら500円玉くらいが目安。
ATゾーンからのせていく
顔の中でも比較的皮膚が強い額と鼻のTゾーンにまず半量のクレンジング料をのせる。
指の腹を使ってメイクとなじませていきます。
B次のUゾーンに広げる
残りの半量を頬などのUゾーンにのばします。
肌を卵だと思って、卵を割らない程度の優しい力加減でメイクとなじませていってください。
C最後に目元や口元にもなじませて
もっとも皮膚の弱い目元や口元には最後にのばしてなじませます。
ここはすでにポイントメイクで落としているので、特にさっとなじませるだけでOK。
Dすすぎはぬるま湯で素早く!
人肌程度のぬるま湯で、素早く洗い流していきます。
多少ベタツキが残ったとしても、次の洗顔で落ちるので問題ありません。
ここまでトータルで約1分をめざしましょう。

 

鼻の黒ずみをとる簡単な方法:TOPページ

鼻の黒ずみケアにクレンジング選びはとても大事!絞り込まれた4種類!記事一覧

鼻の黒ずみ解消化粧品として、この2つのクレンジング、マナラ ホットクレンジングゲルとフルリクリアゲルクレンズは有名ですね。それぞれの違いを比較してみました。・比較表・特徴・価格・返金制度・成分・添加物・W洗顔・販売店マナラ フルリ 比較表特徴フルリクリアゲルクレンズマナラ ホットクレンジングゲル種類ノンオイルオイル(オリーブ油)形状ゲルゲル無添加12項目 7項目W洗顔推奨不要使用回数(期間)約12...

ほとんどの人が知らない!マナラホットクレンジングモニター募集!モニター100円!半額購入特典!毎週1000名!WEB限定!★マナラホットクレンジングゲル 最安値 比較表(2019年10月1日現在)販売店販売価格・価格.com3,487円・楽天(Rakuten)4,002円・Amazon3,840円・最安値.com3,670円・Yahoo!ショッピング3,456円・比較.com3,670円・PLAZ...

鼻の黒ずみ対策として使用されているクレンジングでは、フルリ クリアゲルクレンズとDUOクレンジングバームが人気です。この2つのクレンジングを比較してみました。特徴フルリ クリアゲルクレンズDUO ザ クレンジングバーム形状ゲルバーム無添加12項目 7項目W洗顔推奨不要使用回数(期間)約120回分(約45日分)1ヶ月初回価格2,900円1,800円返金保証無期限全額返金送料無料無料通常価格3,520...

フルリ クリアゲルクレンズとモイストゲルクレンジング、この2つのクレンジングは鼻の黒ずみを取る方法で人気です。この2つのクレンジングを比較してみました。特徴フルリ クリアゲルクレンズモイストゲルクレンジング種類ノンオイルノンオイル形状ゲルゲル無添加12項目 7項目W洗顔推奨不要使用回数(期間)約120回分(約45日分)約2か月分初回価格3,132円3、076円返金保証無期限14日間送料無料無料通常...

クリアゲルクレンズ 効果なし!は事実です。クリアゲルクレンズの公式サイトでも認めています。クリアゲルクレンズが行った使用者のアンケート踏査でも、6.4%の人が効果を実感していないのです。しかしですよ、どんな化粧品でも100%効果を実感できたという化粧品は今までに1つもありません。逆に言えば93.6%の人が効果を実感できたということは、凄いことではないでしょうか?実際に、累計販売数は226万本を突破...