鼻の黒ずみを隠す化粧下地:毛穴をカバーしながら肌に潤いを与え美肌ケアをしてくれます。

鼻の黒ずみを隠す化粧下地

鼻の黒ずみを隠す化粧下地

 

鼻の黒ずみや毛穴の黒ずみ、鼻のデコボコに悩んでいる人は、洗顔やクレンジングに力を入れていると思いますが、

 

中々効果がでなく悩んでいる人が多いのが実情です。

 

まずは、今すぐに「鼻の黒ずみや毛穴の黒ずみを目立たないようにしたい」という方には、化粧下地を使ったメイクでとりあえずは、鼻の黒ずみや毛穴の黒ずみを隠してしまいましょう。

 

鼻の黒ずみや毛穴の黒ずみ、鼻のデコボコをカバーするにはファンデーションやコンシーラーが一般的ですが、

 

成分が油分と顔料なので化粧下地をしないまま使用して毛穴の奥に残ってしまうと、ファンデーションの油分が酸化してさらに毛穴を悪化させてしまいます。

鼻の黒ずみを隠す化粧下地

ですので必ず化粧下地を塗ってからファンデーションやコンシーラーを使うようにしましょう。

 

鼻の黒ずみを隠す化粧下地の使い方ですが、毛穴の種類によって使い方が違ってきます。

 

毛穴には大きく分けると2つのタイプに分けられます。

  • 黒ずみ毛穴
  • 開き毛穴、たるみ毛穴  です。

それぞれの毛穴を隠すのに最適な化粧下地の使い方を説明します。

黒ずみ毛穴を隠す化粧下地

化粧下地の色味、テクスチャー

重要なのは自分自身の肌に合っているかどうかですが、黒ずみ毛穴のカバーにはイエロー系かベージュ系がおすすめです。

 

ピンク系のオークルは黒ずみ毛穴のカバーには明るすぎるかもしれません。

 

ただし、ピンクがかった色白の肌の方にはピンク系のオークルの方が自然に見えます。

 

黒ずみ毛穴をカバーするには、水のようにゆるいテクスチャーの化粧下地よりは、

 

より肌に吸着するクリーム状の化粧下地の方がカバーすることができます。

 

化粧下地はファンデーションの粉浮きを防ぐためにヒアルロン酸、セラミド、グリセリン、レシチンなど保湿成分が配合されたものを選びます。

 

肌が乾燥するとファンデーションが肌に馴染まないので、余計に毛穴を目立たせてしまうことになるからです。

 

特におすすめはセラミド成分配合の化粧下地です。

 

化粧下地の塗り方

  • 洗顔をした後、化粧を始めるまえに化粧水や乳液で肌を保湿します。
  •  

  • 化粧下地を手の甲で馴染ませたあと、額、鼻、両頬、あごにのせていきます。
  •  

  • ムラにならないように薄く均等に、指の腹を使って内側から外側に伸ばしていきます。
  •  

  • 目元はヨレるのをふせぐために軽くポンポンと軽く叩くようにしてなじませます。
  •  

  • 肌についた余分な油分をスポンジを使って軽く押さえながら顔全体の肌に化粧下地が密着しやすくします。

このときに、化粧下地の厚塗りは絶対にしないでください。

 

厚く塗りこむことで毛穴の黒ずみを上手く隠せると思いがちですが、

 

直後は問題はないのですが、時間の経過とともに肌への密着度が厚塗りで低下していることから化粧が浮いて崩れてきます。

 

開き毛穴、たるみ毛穴を隠す化粧下地

シリコン成分が多く配合された化粧下地を使う

開き毛穴、たるみ毛穴には、吸着性が高く肌にピッタリと密着するシリコン系の成分が配合された化粧下地がおすすめです。

 

毛穴のデコボコを滑らかに整えてくれます。

 

また、シリコン成分は皮脂を抑える効果もあるので、皮脂の過剰分泌によるファンデーションの「毛穴落ち」や「毛穴浮き」を防いでくれます。

シリコン系成分
  • ジメチコン
  • トリメチコン
  • シクロペンタシロキサン
  • シクロメチコン
  • ポリマー

シリコンは肌に悪いという噂が流れていたりしますが、シリコンはきちんとした研究結果で安全性は保証されていて、美容整形では体内に使われるほど無害な物質です。

 

乾燥によるメイク崩れが起きないように、保湿成分が配合された化粧下地を使うことは毛穴黒ずみケアの化粧下地を選ぶときと同じです。

 

共通する化粧方法

毛穴カバーメイクの順番

  • 化粧水や乳液
  • 化粧下地
  • リキッドファンデーション
  • コンシーラー
  • フェイスパウダー

化粧下地で毛穴の黒ずみ、デコボコを目立たなくした後、リキッドファンデーションを薄く塗ります。

 

それでも毛穴が気になるところにはコンシーラーを重ねて毛穴をぼかします。

 

最後はメイクを長持ちさせるためにフェイスパイダーを使います。

 

化粧水や乳液

洗顔後、化粧水や乳液を使い肌を保湿します。

 

化粧下地

化粧水や乳液などの保湿化粧品が肌に馴染むのに5分ほど待ちます。

 

すぐに化粧下地を塗ってしまうと保湿化粧品に含まれた水分や油分がまだ肌の表面に残っているので、

 

化粧下地と肌とのなじみが悪くなってしまうからです。

 

化粧下地をきちんと塗ることでファンデーションが毛穴に入り込むことを防ぐことができます。

 

毛穴は下に向かって開いているので、下から上に向かってクルクルと円を描きながら馴染ませていきます。

 

開き毛穴、たるみ毛穴には化粧下地をしっかりと塗り込むことで毛穴のカバー力が強くなります。

 

リキッドファンデーション

リキッドファンデーションはパウダーファンデーションより粒子が細かいので肌への密着が良く、

 

黒ずみ毛穴、開き毛穴、たるみ毛穴のどのタイプの毛穴ケアにも向いています。

 

肌を手で触って化粧下地がベタつかなくなってからリキッドファンデーションを塗ります。

 

化粧下地が肌になじんでいないときに、リキッドファンデーションを塗ってしまうと、化粧下地とリキッドファンデーションが混じりあってしまい、

 

肌への密着が弱まりメイクが崩れやすくなるからです。

 

リキッドファンデーションは力を入れないで薄く均一に2度塗りするのがおすすめです。

 

つけ終わったら、清潔なスポンジでファンデーションのムラを吸い取り、肌にしっかりなじませてください。

 

コンシーラー

リキッドファンデーションでも上手く隠すことができない毛穴はコンシーラーを重ねることでカバーします。

 

コンシーラーはピンポイントでカバーできることと、自然な肌の色に整えることができるのでおすすめです。

 

コンシーラーはパウダーファンデーションの上からつけても肌に密着しないので、
パウダーファンデーションを使うときには、コンシーラーでカバーした後に、パウダーファンデーションを塗ります。

フェイスパウダー

フェイスパウダーは粉状、固形など種類が色々ありますが、好みに合わせて使えばOKです。

 

フェイスパウダーで余分な皮脂や汗を吸収することで化粧崩れを防ぎ、毛穴カバーメイクを長持ちさせることができます。

 

鼻筋にシルバーやパールが配合されたハイライトを塗ると光の拡散効果でいちご鼻が目立たなくなりますよ。

 

黒ずみを隠すおすすめ化粧下地

BBクリームやCCクリームのように毛穴をカバーし、鼻の黒ずみのケアもしてくれる優れものの化粧下地を紹介します。

 

それは、日本一売れている化粧下地シルキーカバーオイルブロックです。

 

たったの30秒で毛穴をカバーしてくれます。

 

美容成分が配合された微粒子が、角栓が詰まった毛穴の黒ずみの隙間にもしっかり入り込み、黒ずみをカバーしてくれます。

 

毛穴のデコボコが無くなり肌全体がフラットになることでファンデーションのノリもよくなり、さらに発色もよくなることで肌がワントーン明るく見える効果もあります。

 

でも、毛穴に入り込んだ微粒子が毛穴に良くない影響を与えないか心配ですよね?

 

大丈夫です。

 

『シルキーカバーオイルブロック』の微粒子成分は無香料・無着色で肌に優しく、

 

ヒアルロン酸Naやプラセンタエキス、ナノ化コラーゲンやキチンキトサンなど沢山の美容成分が配合されているので、

 

毛穴に入り込んだ美容成分が、メイクをしている間もずっと肌に潤いを与え美肌ケアをしてくれるのです。

鼻の黒ずみを隠す化粧下地

しかも、クレンジングでスルッと落ちやすい成分になっているので肌に余分な物を残すことはありません。

 

クレンジング後は毛穴がキレイさっぱりすることで、化粧水や美容液の浸透もとてもよくなります。

鼻の黒ずみを隠す化粧下地

『シルキーカバーオイルブロック』は角栓の原因となる毛穴詰まりを招くこともなく、皮脂が溜まってニキビに発展することもありません。

 

『シルキーカバーオイルブロック』はクリームやジェルでもなく白くふわふわとしたとても不思議なテクスチャー。

 

保湿クリームのような入れ物に入っているので、チューブなどと違って残量が目に見えてわかり最後の最後まで使いきることができます。

 

鼻の黒ずみを隠す化粧下地

 

鼻の黒ずみを隠す化粧下地

 

シルキーカバーオイルブロック

 

鼻の黒ずみを取る方法:TOPページ