泡洗顔は肌トラブルの原因かも?

泡洗顔 効果

 

泡洗顔料のCMは多く流れるし、女性誌などでもよく取り上げられているので泡洗顔は「良い洗顔料」という印象があります。

 

しかし、それはイメージしかありません。

 

泡洗顔のデメリット

泡洗顔の後でも、しっとりした感覚が残っている時は皮脂が残っている可能性があります。

 

それで、汚れを残らず取ろうと長時間洗顔することで肌に負担をかけている場合があります。

 

肌に刺激を与えないきめ細かな濃密な泡を作るにはテクニックが必要です。

 

泡洗顔 デメリット

 

泡を上手に作れないと摩擦を起こしてしまいます。

 

泡をしっかりと泡立てるために、時間をかけていませんか?

 

この時に顔は濡れたままの状態なので、乾燥状態になっています。

 

肌表面にある水分はすぐに蒸発、乾燥してしまうのです。

 

お風呂から出た後に、風に当たったりすると痒く感じることはありませんか?

 

もし痒みを感じるのなら、肌が乾燥しているのかもしれません。

 

脂性だからといって、朝晩の泡洗顔を長年続けていませんか?

 

それ、洗いすぎかもしれません。

 

もしかしたら洗いすぎによる脂性になっているかもしれません。

 

女性ホルモンが減少し始める35歳からは、肌のかわきが起こり始めます。

 

若い時は脂性でも35歳を過ぎると若い時とは違うのです。

 

毎日、習慣になってしまっている朝晩の泡洗顔やW洗顔を見直すことも必要です。

 

とにかく泡洗顔は泡のクオリティが大切です。

 

洗顔時に手の平と肌が触れてしまうような泡洗顔では、肌をこすってしまうことで洗顔料が角質内に入り込み、必要な皮脂までも洗い落としてしまいます。

 

モコモコの泡は、それを防ぐクッションなので濃密な泡を作ることが必要で、それがきちんとできることで洗浄力もアップし洗顔料も少なくすむのです。

 

そのためにも、泡立てネットはおすすめですが、使い終わった後に、洗面所やお風呂場に吊るしっぱなしはよくありません。

 

濡れた状態では雑菌が発生してしまうので、使用後は必ず洗って外で干すようにしましょう。

 

泡立てネットを2つ用意して洗濯しながら交互に使うのがおすすめです。

 

泡洗顔の効果を最大限に引き出す洗い方!

泡洗顔は正しく行えば問題はありません。

 

洗顔方法はいろいろありますが、実際にはどんな効果があって、どんな洗顔方法がいいのでしょうか?

 

泡洗顔の効果

  • お肌と手の間に泡がクッションで入ることでお肌への刺激が少ない。
  • 泡が毛穴の奥まで入り込むことで汚れや黒ずみが落ちやすい
  • 泡洗顔の種類が多いので自分にあったものを選びやすい

ただ、この泡洗顔の効果も正しく洗顔をしないと効果が正しく発揮できないばかりか、お肌を傷める逆効果になってしまうこともあるので、

 

ただ泡洗顔で洗顔しているというだけで安心してはいけません。

 

泡洗顔の効果をを発揮する正しい洗顔方法

泡を立てるのに時間をかけない

泡洗顔をする前に、顔を濡らしていると思うのですが、泡を立てる時間が長いと、その間に顔がどんどん乾燥してしまいます。

 

泡は泡立てネットを使ったりして手早く作るようにしましょう。

 

泡洗顔 顔にのせる順番

泡には顔にのせる順番があります

  1. Tゾーン
  2. 頬、あご
  3. 目元、口元

泡洗顔は顔の中でも皮脂が多い部分からのせていき順番に顔全体に広げます。

 

泡洗顔の洗い方

泡を作って顔にのせれば毛穴の中の汚れまで落としてくれるのではありません。

 

泡洗顔は泡を作ってただのせるだけでは毛穴の中まで入り込まないんです。

 

毛穴の中まで入り込ませるには、泡を顔の上で振動させることが必要です。

 

手を小刻みにプルプルと動かせばOKです。

 

よく見かける「泡の吸着力で毛穴の中までスッキリ!」とか、

 

「泡で優しく洗う」というキャッチコピーに騙されないでください。

 

もちろん、この時に直接肌をこすってはいけません。

 

泡洗顔の時間

泡洗顔をする時間は長くても30秒以内に収めましょう。

 

泡洗顔は油汚れを分解する作用がありますが、この効果でお肌に必要な細胞間脂質も分解してしまうんです。

 

細胞間脂質は肌の水分量の80%を保湿する大事な成分です。

 

泡洗顔をする時間が長いと、お肌の表面の汚れをあらたか落としたあとに、油である細胞間脂質も洗い流し始めます。

 

洗顔料の力は強力なので、汚れの大部分はお肌にのせた最初の10秒の間に流れ落ちます。

 

ですので泡洗顔での時間が長ければ長くなるほど、お肌に悪影響を与えてしまうのです。

 

皮膚科の先生には、洗顔料を使っての洗顔は5秒でいい。という人もいるくらいです。

 

細胞間脂質はセラミド等から構成されていますが、泡洗顔の洗いすぎがセラミドを破壊してしまいます。

 

そんなことで、セラミド配合の高価な保湿化粧水を使うことにならないようにしたいですね。

 

泡洗顔 すすぎ

泡洗顔 効果

泡洗顔の後の、すすぎをしっかり行う。

 

泡洗顔のすすぎ残しがあると肌トラブルの原因になります。

 

泡洗顔で洗っている工程よりもすすぎが一番大事です

  • 髪の生え際
  • フェイスライン

などがすすぎ残しが特に出やすい場所ですので丁寧に洗い流します。

 

すすぎのお湯の温度は32度くらい(触ると少し冷たく感じる)が適温です。

 

40度前後の熱いお湯で洗い流すと、残しておきたいお肌に必要な皮脂まで落としてしまいます。

 

泡洗顔を選ぶポイント

泡洗顔は泡がたくさん立てばいいというものではありません。

 

泡がたくさん立つということは強い洗浄成分が入っているかもしれないし、発泡剤が使われているかもしれません。

 

もし、そうならお肌に優しいどころかお肌への刺激になってしまいます。

 

まずはどんな洗浄成分、界面活性剤が使われているかを確認することが大事です。

 

石鹸でも洗顔フォームでも界面活性剤は必ず使われています。

 

それが、大豆サポニンや卵黄に含まれているレシチンのような天然の界面活性剤か、肌への刺激が強い石油から作れられた界面活性剤か見極めてください。

 

洗浄成分、界面活性剤が確認できたら、あとは

  • 泡がきめ細かいか?
  • 泡が洗っているうちに崩れないか?
  • お肌と手の間でちゃんとクッションの役割を果たしてくれるか?

を確認します。

 

泡の量と洗浄力は関係しません。
泡の量よりも「質」が大事です。

 

最低でもこの3つの条件をクリアしていることが必要です。

 

鼻の黒ずみをとる簡単な方法:TOPページ